minimalist's microcosm さん プロフィール

  •  
minimalist's microcosmさん: ミニマリストの小宇宙
ハンドル名minimalist's microcosm さん
ブログタイトルミニマリストの小宇宙
ブログURLhttp://astudyinscarlet.hatenablog.com/
サイト紹介文20代後半/ シンプルが心地良い。 考えたこと、暮らし、本、持ち物、ワードローブなど紹介しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/06/05 13:30

minimalist's microcosm さんのブログ記事

  • シンプルであることはなぜ美しいか
  • わたしはわりと安易に「シンプル」と言ってしまうのですが、一方で、「シンプル」という言葉を軽く扱うことに少し抵抗も感じています。とはいえここを突き詰めると深みにはまりそうなので、これからも気軽に「シンプル」という言葉を使うと思います。(以下、いつ書いたか覚えていない記事ですが、そのまま載せます)坂口安吾の「日本文化私観」というエッセイに、わたしがずっと考えてきたことがとても鮮やかに書いてあ [続きを読む]
  • ウチに来ても何もないよ。
  • またか。どんなに恐ろしいことも、2度目となると多少は冷静でいられるようだ。 前にも一度同じことがあった。換気扇の中に誤って入ってしまった鳥が、出られなくなってもがいている。そんなにウチの換気扇は魅力的かね?前のときは、どんな生き物がどこにいるのかも分からなかったから、わたしはひたすら恐ろしいことばかりを想像し、姿の見えない相手に怯えていた。羽ばたきが起こす振動から、鳩やカラス程度の質量はあ [続きを読む]
  • つまらない飲み会の楽しみ方
  • 最近、面倒なことからも意味を見出せるようになっている。例えば会社の飲み会。以前は時間の無駄としか思っていなかったのが、最近では自分なりの楽しみ方を見つけた。話が合わない人の話こそ聞く、ということだ。本もネットも好きなものばかり読んでいるから、たまに「気の合わない」人の意見を聞くのはとても有意義なことなのだ。ネットを見ていると、自分の興味のある情報ばかりに囲まれるから気が付かないうちに [続きを読む]
  • 【シンプルに装う】ユニクロのTシャツ×デニム
  • 最近気に入っている休日の服。白のTシャツとデニムの、これ以上ないくらいシンプルなコーディネートです。Tシャツ丨UNIQLOデニム丨UNIQLOパンプス丨Crocsデニムはずっと着ているもの、Tシャツは今年買ったもの。いたってシンプルな、プレーンなTシャツです。コンパクトなシルエットで気に入っています。昔から「Tシャツ×デニム」に憧れはありましたが、自分には似合わないような気がして、あまり着ることはありませんで [続きを読む]
  • あえて「モノ」で買うもの、その理由。
  • かつて新しい音楽は、銀色の円盤によってもたらされた。あの頃オレンジレンジが好きだと言っていた彼女らは今何を聞いているのだろうCDは、一度すべて手放しました。すべてのCDを手放した「感銘を受けた本」は手放していい本については、これまでも電子書籍を利用することがありましたが、最近は音楽についてもデータで買うことを覚えました。「その曲だけ聞きたい」場合には、「データで1曲だけ購入する」というのが向 [続きを読む]
  • 「習慣を断ち切る」方法
  • astudyinscarlet.hatenablog.com今年の1月から、ラジオを全く聴かなくなった。これまで四六時中ラジオを聴いているような生活だったから、多少はさみしくなるかと思ったが、何のことはない、至って平気で楽しく忙しく過ごしている。結局これも習慣なのであろう。習慣、特に悪い習慣を断ち切ることについては、いろいろの自己啓発本が黙っていないところである。(ラジオを聴くのが悪い習慣だという気はない。TVもゲームも同 [続きを読む]
  • 「時間を奪うもの」を断ってみる
  • (今年の2月に書いた記事です)ラジオが好きで、ほぼ毎日聞いていたのですが、数日前から一切聞くことをやめました。時間がなくなるから、というのがその理由です。少し前に、タイムフリー(タイムシフト)機能というものが始まりました。1週間分の番組が遡って聞けるという、なかなか革命的な変化です。テレビは録画できますが、ラジオだと、仕事に行っていたり寝ていたりする時間帯のものはなかなか聞くことができま [続きを読む]
  • 毎日使うもの・無印良品のヘアブラシ
  • わたしが朝起きてまずすることは、スマートフォンのアラームを止めること。アラームより先に目が覚めた場合は、スマートフォンで時間を確認すること。どちらにしろ、起きてまず手にとるものはスマートフォンです。次にすることは、髪をとかすことです。仕事の日も休みの日も変わりません。特に意識はしていなかったのですが、ヘアブラシが「朝起きて、スマホの次に手に取るもの」だったことにふと気が付きました。このヘ [続きを読む]
  • インターネットで生き方を調べる
  • 「インターネットで生き方を調べる」「行き方」の誤変換でできたこの一文に思わず手を止めた。今はそういう時代なのかもしれない。わからないことはなんでも検索エンジンに質問。それ以外の方法なんて知らない。それにしても、「生き方を調べる」というのはいかにも現代風の発想だ。試しに、「生き方」と入力してみると、予測キーワードで「生き方 わからない」というものが出た。生き方がわからないと言いながら生きる人 [続きを読む]
  • 電子マネーで香典を出す日
  • 電子マネーで香典を出す日は来るか。通夜の席でそんな不謹慎なことを考えていた。結婚のご祝儀などはまだハードルが高いが、もう少しラフなもの、出産祝い、入学祝い、就職祝いなどでは、お祝いにギフトカードを送ることにそれほど違和感はない。入学祝いに図書券などはむしろ定番であると言える。「現金」ではなく「もの」で渡すことも多いお祝いの場合、ギフトカードなどを送ることも非常識とは思われない。金券の類は、「お [続きを読む]
  • 服の数を数えることに意味はない、のかもしれない
  • 以前に一度服の数を数えてみましたが、あれからいろいろと買ったり手放したりで変わっています。しかしもう数えるのはやめました。持っているトップス全部(14枚・オールシーズン)持っているボトム全部(7枚・オールシーズン)手放すときこそ学ぶとき/手放す服について、その理由を考えるそもそも持っている服の数なんて、ブログを書いていなかったらたぶん数えていません。数というのは人に説明するためにはとてもわ [続きを読む]
  • リピート買いする『夏の愛用品』
  • 夏の時期の愛用品。といっても消耗品です。おそらく2年ぐらい前からリピートしていると思います。ひざ下ストッキングです。秋冬はほぼ黒のタイツを履いていますが、夏はそうもいきません。種類に特にこだわりはありませんが、手に入れやすいのでだいたいいつもこのメーカーのです。ストッキングはあまり好きではないのですが、これは靴下のような感覚で楽に履けます。伝線もしにくいです。(これには、脱ぎ履きの回数が少 [続きを読む]
  • 捨てるきっかけ。映画を見たらモノを捨てたくなった話
  • 最近は「持ち物の多寡」ということにあまりこだわりがなくなり、積極的に捨てたり手放したりということをしていなかったのですが、あるきっかけで少しモノを捨てました。きっかけというのは、映画です。わたしは映画が苦手で、ほとんど見ません。見ても理解できないことが多いのです。「捨てられないものには、その人のコンプレックスがあらわれる」説について先日レンタルで「シン・ゴジラ」を見ました。今更ですが、おそ [続きを読む]
  • オシャレとの距離感/結局ユニクロのシンプルに落ち着く。
  • 今年はけっこう服を買いました。が、買った服のいくつかはすでに手放しています。きれいな服を着るのは気分が良いですが、疲れました。デスクワークが中心ではありますが、動きにくい服では、ちょっと立ち上がるのもおっくうに感じます。どんなにきれいでも、好みでも、似合っても、ダメです。服を着て、仕事や生活をしなければいけない以上、動きにくいことはストレスとしてずっとつきまといます。ちょっとした動作にも服の [続きを読む]
  • 職場で服がかぶる話。服がかぶったら、客観的に見るチャンス
  • 少し前の話になりますが、職場の人とよく服がかぶっていました。かぶるのは「ユニクロのボーダー」です。「ボーダーがかぶる」ということだけでなく、ユニクロの、全く同じ服。彼女はわたしより少し年上、普段のファッションはわたし以上にカジュアルですが、きちんとすべきときにはきれい目な服を着こなしています。わたしの印象では、ユニクロ率は低め。シンプルな服でも、それなりにいいものを選んで着ているようです [続きを読む]
  • 6月のモネの池 & あじさいロード
  • 睡蓮が咲いているのを見たかったので、再び「モネの池」を訪れました。このあたりは紫陽花が有名とのことで、6月はいちばん良いシーズンかもしれません。 周辺の景色 根道神社 あじさい園 モネの池(朝) あじさいロード モネの池(昼)周辺の景色前回来たときより、田んぼの稲が育っています。青々としてきれい。根道神社まずは神社へ。これまでは池だけ見ていたので、参拝するのは初めてです。池はタ [続きを読む]
  • 5月・初夏のモネの池
  • 「そのうちまた訪れたい」と思った場所でも、その後本当に訪れることは少ない。機会があれば、と思った歌舞伎にも、あれから足を運んでいない。初心者の歌舞伎鑑賞しかし2度目があることもある。去年訪れたモネの池。季節が巡ったので再び訪れることにした。わたしの写真では魅力があまり伝わらなかったかもしれないが、それだけ惹かれる場所なのだ。今回は写真を撮ることが目的ではない。(とはいえそれなりに撮 [続きを読む]
  • 12月・冬のモネの池
  • 去年の12月、行きたかった場所に行ってきた。岐阜県関市にある根道神社の池、通称「モネの池」。この場所を知ったのはその時からちょうど1年前、2015年の忘年会の席だった。たまたま隣に座った、いつもは会わない部署の人が写真を見せてくれたのだ。ぜひ行ってみたいと思ったものの、特に行動することもなくそのまま忘れてしまった。年の瀬になり、「何かやり残したことはないかな」と考えていて、ふと思い出したのがこの場 [続きを読む]
  • 「定番」と「外し」
  • 少し前に、「定番のヘアスタイル」を決めました。クリップでアップにする、というもの。 ヘアスタイルを定番化。髪型はワンパターンが快適&合理的最近は、定番から外れて、ポニーテールにすることが多いです。元気な感じではなくて、低い位置で落ち着いた感じにします。飾りのない黒いゴムでシンプルに結ぶのが好きです。ヘアアクセサリーはわりと好きで、以前はaccaとかコレットマル―フとかのちょっと高めのも [続きを読む]
  • ブログを読むことは「価値観のインストール」
  • 最近とても忙しい。忙しいといっても仕事などではなく、娯楽に忙しいのである。数日前にとても好みのブログを見つけてしまった。わたしは完璧主義というべきか貪欲というべきか、気に入ったブログはすべての記事を読まないと気が済まない。もちろん、「すべての記事を読む」ほど夢中になるブログというのはそれほど多いわけではないが、それでもこれまでに20近くはあったかと思う。本当に気に入れば1000記事あっても最初 [続きを読む]