lone-wolf-1 さん プロフィール

  •  
lone-wolf-1さん: 素直な気持ち
ハンドル名lone-wolf-1 さん
ブログタイトル素直な気持ち
ブログURLhttp://ameblo.jp/lone-wolf-1/
サイト紹介文両親からの虐待、兄が犯罪者という立場で、複雑な思いを抱きながら現在に至るまでを綴ったブログ。
自由文犯罪者の親族です。自分の兄が前科何犯なんだろうか…ってほど。決して受け入れられる事実ではありません。しかし、これは現実です。
そしてまた、自身の両親から虐待を受け育った私。
 批判もあるかもしれません。でも、それも覚悟です。
少しでも気持ちを共感してくださる方がいたら、いいな…なんて思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/06/05 20:55

lone-wolf-1 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 母が倒れた原因
  • 長時間待たされた。実際には数分くらいだったのかもしれない。静まり返った待合室。救急処置室からストレッチャーに乗せられ誰かが出てきた。チラッと様子をうかがうと母だった。「お母さん!」呼びかけながら近寄ったけれど反応がない。目を閉じ、口には酸素マスクをつけられ、そのまま運ばれて行く。周囲を取り囲む医療スタッフに様子を聞くが、これから検査なのでお待ちくださいの一点張り。なんの疑いなの?生きてるの?危ない [続きを読む]
  • 母が倒れる。
  • 天国のような一人暮らしにも自分なりのマイペースが出来てきていた。当時付き合い始めた彼氏ともなんだかんだ半同棲状態。休みがちだった仕事もやっぱりちゃんとしなくてはって気持ちを一新、奮い立たせ、毎日をポジティブに過ごそうと決めていた私。相変わらずな実家の働かない腐った兄にうんざりしつつ、アパート暮らしをしてある程度時間が経つと、不思議と親に対する抵抗感は消えていきつつあった。休みの日にはごくたまに実家 [続きを読む]
  • 天国のような生活。
  • ゼロから自分でコツコツと頑張って何かも揃えて初めて全てが自分のもの、時間。収入は頑張って残業しないと継続できないくらいギリギリだったけれど、うるさい親もいない。何時にお風呂に入っても、何時にご飯を食べても、何時に後かたづけしても誰も何も言わない。休みの日にいつまでもゴロゴロしていても、お洗濯物がお昼近くになって始めても、なーーーんにも言われない!!天国そのものだった、今までの暮らしに比べたら。友達す [続きを読む]
  • しばらくぶりです。
  • ブログのことは忘れていたわけではありません。この1年、色々ありました。本当にいろいろ…まぁそれは追々。実家に帰ると決めたあの日。そこからブログはストップしていましたね。そう、帰ったことを後悔するのも時間の問題でした。また戻ってきました。独身時代に受けた「召使要因生活」勝手に決められた就職先はとある病院の事務。事務職は嫌いではなかった。だから、給料が悪くても人間関係がそれなりでも楽しかった。仕事して [続きを読む]
  • 揺れる心。そして地元へ。
  • 福島県での生活も半年が過ぎようとしていた。年末年始に帰省して以来、実家から頻繁に電話がかかってくることが多くなった。内容はいつも同じ。「早くそんなところで遊んでいないで、実家へ帰って来なさい。」だ。離婚した娘をいつまでも遠く離れた地で遊ばせておくわけにはいかないっていう親の見栄なのか。それとも、刑務所から出所した相変わらず無職の兄の世話をしてほしかったのか。私の気持ちは揺れた。幼いころから親には虐 [続きを読む]
  • 出所した兄の姿。
  • 福島から年末の帰省することを決めた私。雪が深々と降り積もる中、高速道路が通行止めになる前に…と、除雪車の後ろをついていく。ノンストップで8時間はかかったかな。運転は嫌いではないので、全然苦にはならなかった。でも、気が重かった。離婚してから初めて帰る実家。薬物で服役していた兄が出所して帰ってきている実家。昔のトラウマが頭をよぎる。親にも兄にも暴力ばかり受けていた自分。なんのために実家に帰るのかな…世 [続きを読む]
  • 過去の記事 …