瀬島修二 さん プロフィール

  •  
瀬島修二さん: 破綻ベンチャー元社長、47才、残ったのは借金15億円
ハンドル名瀬島修二 さん
ブログタイトル破綻ベンチャー元社長、47才、残ったのは借金15億円
ブログURLhttp://hatan-bankrupt.blogspot.jp/
サイト紹介文学生ベンチャー創業、バブル時代に急成長、バブル崩壊とともに時代に取り残され、最後は経営破綻。
自由文まだ戦後の香りの残る子供時代から、高度成長期の日本の変貌、パーソナルコンピュータ黎明期に学生ベンチャーを創業するまでの、20数年と、その後破綻にいたるまでの20数年を振り返り、日々ブログにつづります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/06/06 10:08

瀬島修二 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ?. 学生ベンチャー 6. 16bitパソコン黎明期
  • 2年の冬も夏の間にためたお金でスキーにいっていた。何度も通ったおかげでスキーの腕前も上達して、中級クラスでどんな急な斜面でも普通に滑れる様になった。2年の末の試験では、教養の単位が不足していて、3年に進級できるかどうかきわどかったが、なんとか単位が足りて3回生(関西では、3年生のことを3回生と読んでいた。)になった。3回生になると、1級下のI君が新しいバイト先を見つけてきた。そのバイト先は、システムハウスで [続きを読む]
  • ?. 学生ベンチャー 5. 北海道旅行
  • 2年の夏休みが近づいてきた頃、S君と2人で北海道に自転車旅行にいくことになった。函館までは、大阪発の夜行急行「急行北国」青森まで移動して、青函連絡船に乗り継いでで大阪から、22時間ほどかかった。北海道の周遊券を学割で購入したので、当時急行列車には、普通料金で乗れた。自転車は分解して輪行袋という自転車の列車持込用に袋に詰め込んで、荷物はわずかな着替えと、寝袋、自転車の修理道具と、あとは、どこでもお金が下 [続きを読む]
  • ?. 学生ベンチャー 4. 異能の者たち
  • 冬はスキーと、情報センターでのアルバイトにあけくれた。年末もS君とスキーに行っていて、年始に大阪にもどった。当時は、年始に空いている店はほとんどなく、コンビニもローソンのごく初期の店が国道沿いに1点あるだけだった。下宿屋も年末年始はまかないをしていなかったので、自炊もまったくしていなかったので、冷蔵庫もなく、年始早々食べるものがなくて困った。冬場は地元に帰る途中の峠は深い積雪があるので、自転車では戻 [続きを読む]
  • ?. 学生ベンチャー 3. コンピュータのアルバイトとスキー
  • 学園祭の頃には、下宿の先輩の紹介で、週に1回近所のレストランの掃除のアルバイトをしていた。レストランが終わる夜の10時ごろに、先輩と2人で歩いて10分ほどのところの、大きな環状線沿いのレストランにいった。机と椅子を片づけて、床をモップで水拭きしたあと、乾くのを待って、ワックスがけして、もういちど乾くのをまって、机と椅子を反対側に寄せて、もう一度水拭きとワックスがけをした。そのあと、適当にトイレの掃除 [続きを読む]
  • ?. 学生ベンチャー 2. CP/M と夏休み
  • 5月のゴールデンウィークが終わった後は、大学の講義には単位を落とさない程度に出席しながら、もっぱらマイコンに時間を費やしていた。マイコンの自作派の人たちは、コンピュータクラブ以外にもいた。その中でNさんは、デジタルリサーチ社が開発した CP/M という 8080や、Z80用のOSを使って、8インチのフロッピーディスクドライブをつないだシステムを作っていた。その当時、CP/Mはインテルの8080、ザイログのZ80等の8bitマイコン [続きを読む]
  • ?. 学生ベンチャー 1.大学入学
  • わずかな寝具と衣類の他に、自分で作った自転車と、マイコン関係の部品や工具を下宿に送った。母と下宿を見に行った時には、大家のお婆さんから、麻雀もしない真面目な方ばかりですと、いわれていたが、初めて下宿屋に泊まる日に、まかないの夕食の時の簡単な歓迎会の後、部屋に戻るとすぐに、隣の部屋の四回生の先輩から、麻雀のお誘いがあった。母どうしが友人だった同じ高校で同じ下宿屋だったM君と一緒に、初めて麻雀を教わっ [続きを読む]
  • 過去の記事 …