はちどうきゅうどう さん プロフィール

  •  
はちどうきゅうどうさん: アメリカ株でアーリーリタイアを目指す
ハンドル名はちどうきゅうどう さん
ブログタイトルアメリカ株でアーリーリタイアを目指す
ブログURLhttp://america-kabu.com/
サイト紹介文米国連続増配銘柄を選択する配当成長投資戦略により、2027年の配当金生活達成を目指す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2015/06/06 14:24

はちどうきゅうどう さんのブログ記事

  • そういえば、米国株投資を好きな理由って何だったの?
  • アメリカ株への投資が好きだ。私のような経済・金融素人でも勝率が高いところが気にいっている。おまけに、世界的に有名な会社の株を持てるので所有欲を満たしてくれるところも良い。 私は服飾品のブランドには興味がない。それでもブランド好きな人の気持ちをよく理解できる。米国ブルーチップ銘柄を持っているだけで、ワクワクするのだから。 2015年から続けている米国株投資。それを好きな理由を考えてみたい。&n [続きを読む]
  • アメリカ株の配当王19銘柄、配当支払い月一覧
  • アメリカ企業は株主還元に積極的である。主な方法は配当支払いと自社株買い。多くの米国株は増配を繰り返し、株主へのアピールを怠らない。その代表格が、配当王だ。配当王配当王銘柄はその名が示す通り圧倒的な増配の歴史を有す。連続増配銘柄のヒエラルキーの頂点に君臨している。配当王 :19銘柄配当貴族:50銘柄25年増配:108銘柄 増配は経営者からの株主に対するメッセージである。半世紀以上も連続して配当を上げてい [続きを読む]
  • 株価下落時に準備しておく2つのこと〜お金と心〜
  • アメリカ株投資の強みの一つに、基本的に株価は右肩上がり というのがある。なので、買付タイミングを気にせずにいれる。また、ドル・コスト平均法を躊躇なく継続できる。 ところが株価が急上昇したり、下落したりすると不安になってしまうのが人間の性。なにせ貴重なお金を投資しているのだから。 今回は株価下落時に準備しておくべき事を考えてみたい。平常時にこそ有事への備えをしておくのは重要ですから。 参 [続きを読む]
  • 国別幸福度ランキング 幸せの定義は何? 【2017年版】
  • 国連の幸福度ランキング国連が国別の幸福度ランキング 2017を発表した。調査対象:155か国1位 :ノルウェー2位 :デンマーク3位 :アイスランド14位 :米国16位 :ドイツ19位 :イギリス49位 :ロシア51位 :日本79位 :中国155位:中央アフリカWORLD HAPPINESS REPORT 2017より抜粋引用(20ページ目)余計なお世話だ未だ先進国と言われている日本、経済的には恵まれている国の一つなはず。おまけに日本は安全だし、住みやすい [続きを読む]
  • 株で成功する資質を一緒に考えてみませんか?
  • 無人島に近い本ブログにたどり着いたあなた、お金や株式投資もしくはアーリーリタイアに興味があるはず。その内のひとつ、株式投資で成功する資質について一緒に考えてみましょうか。 株で成功する資質があるか忍耐強さ自主性常識苦痛についての耐久力こだわりのない自由な思考力利害に対して超然としていられる強さ根気謙虚さ柔軟性独自の調査をする意欲失敗を認める強さパニックを無視する力ピーター・リンチの株で勝つより [続きを読む]
  • サラリーマンの目標の一つ、少なく働きよりよく生きる
  • アーリーリタイアやセミリタイアといった極端な概念は日本では許容度が低い。 だが、サラリーマンならば一度は考えた事があるはず。「より少なく働き、よりよく生きる」方法はないか、と。 サラリーマンとは給与所得者を指し、労働対価として給料をもらっている者のこと。では”労働”とは何を意味するのか? 労働とは?からだを使って働くこと。(経済学)人間が自然に働きかけて、生活手段や生産手段などをつくり [続きを読む]
  • 利上げ局面に強いセクター・個別銘柄
  • FOMCが利上げ2017年3月15日、米国の連邦準備制度理事会(FRB)は金融政策を議論する連邦公開市場委員会(FOMC)を開いた。FPMCによるFACTはニュースによれば以下の通り。金利を0.25%引き上げ、年0.75〜1%とすることを決めた米国経済が堅調に拡大していると判断されている利上げは16年12月以来、3か月ぶり2017年の利上げ回数を3回と想定していると公表緩やかな利上げを進める方針を示す投票権有10名のうち、9名が利上げに [続きを読む]
  • 初心者投資家は、増配銘柄・配当銘柄を選択しておけば間違いなし
  • 私を含め、初心者投資家は配当銘柄を選んでおけば間違いない。それも米国の優良銘柄を。 配当と運用上位銘柄1957年〜2012年における運用上位銘柄Top.20を、私はシーゲル銘柄と呼んでいる。「投資家リターンの基本原則」によれば、リターンを増幅する条件は2つ。配当が支払われていること増益率が期待を上回ること 非常にシンプルである。この2つの条件を満たす対象に投資すれば良好なリターンが期待できる。リターン増幅 [続きを読む]
  • 米国製薬最大手 高配当株のファイザーには投資継続【PFE】
  • 米国製薬最大手、高配当銘柄である【PFE】ファイザーから200株分、45.94ドルの配当金を獲得した。 ファイザー【PFE】は、ダウの犬銘柄かつシーゲル銘柄という超優良企業である。一方で、2009年には配当貴族であったにも関わらず減配を実施して貴族から脱落した経験をもつ。よって、優良企業ではあるが、減配リスクを想定しておく必要がある。 指標17年3月11日時点PFE株価34.11PER29.25EPS1.17配当3.8%配当性向128.0%増 [続きを読む]
  • 米国株ヘルスケアセクター、私が注目している6銘柄
  • ヘルスケアセクターへの投資は良好な結果20世紀後半において、ヘルスケアセクターへの投資リターンは良好であった。 ジェレミー・シーゲル著の株式投資の未来によれば、1957年〜2003年のセクター別リターンのトップがヘルスケアセクター。1位:ヘルスケア:14.19%2位:生活必需品:13.36%S&P 500平均 :10.85%個別銘柄にブレイクダウンしてみると、1957年~2012年迄のトータルリターンTop.20のうち、4銘柄がヘルス [続きを読む]
  • ブレない投資方針はこうやって作れ!
  • 投資をする上では、その方針策定が重要だと言われている。プロスペクト理論によれば、感情による取引を排除する事がトータルリターン向上につながるからだ。だが、投資方針はそもそもどうやって作るのが良いのか?まずはブレない投資方針を作る方法を考察してみた。 *参考:株で損失を過剰に恐れる心理に打ち勝つ方法 知行合一知行合一(ちぎょうごういつ、ちこうごういつ)は、中国の明のときに、王陽明がおこした学問 [続きを読む]
  • 配当金狙いなら、アメリカ株投資が良い
  • 日本人の金融知識は欧米に比較し劣っているとされている。とはいえ、必ずしもそうとは言い切れない。一部の個人投資家は圧倒的な金融知識をベースにして投資している。 自身を振り返ると、金融知識はないもののとりあえず投資した方が得でしょ、でも手間暇かけてくないなぁ、よしだったら配当金狙いでいこう!そんなノリでアメリカ株への投資を開始し継続している。 簡単に言えば、投資する > しないインカムゲイン狙 [続きを読む]
  • 公的年金は配当金生活をしている老人だ!
  • 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2016年度第3四半期の運用状況を絶賛公開中。早速昨日記事投稿。よくよく確認すれば、米国個別株クラスタの巨匠こと、たぱぞう先生がGPIFについて深く考察されていらっしゃった。 私の個人的なリアルの世界では、投資についてましてや年金運用状況について会話する機会は皆無。そんな中、巨匠たぱぞう先生と同じタイミングでGPIFへのアンテナを持てていたことを嬉しく思ったりした [続きを読む]
  • 年金が不安なら現状を知れ! 平成28年度第3四半期運用状況
  • 3月3日、GPIFの平成28年度第3四半期運用状況の説明動画がYouTubeで配信されたと、Twitterで流れてきた。3月3日時点での視聴回数は90回、3月6日時点では180回となっている。備忘録も兼ねて、文字おこししたので記録しておく。第3四半期 市場環境 主要国の景況感が改善する中で、アメリカによる財政拡大期待の高まりや、OPEC総会における減産合意などもあり、米国株式が史上最高値を更新するなど、世界的に株高基調が強まりま [続きを読む]
  • たばこメーカーの世界ランキング・マーケットシェア
  • たばこメーカーは儲かっている。20世紀後半の株式トータルリターンを見れば、シーゲル銘柄第一位はたばこメーカーの巨人【PM】フィリップモリス。 更に、フィリップモリスは分社化して【MO】アルトリアグループが母体となっている。この【MO】はアメリカ株投資家の鉄板銘柄。愛煙家だけではなく、株主に対しても魅力を提供してくれる。 たばこには依存性があるのはご存知の通り。ゆえに一度始めたらやめにくい。「分かっ [続きを読む]
  • 米国高配当の注目11銘柄 連続増配25年で配当3%【17年2月】
  • アメリカには株主思いの銘柄が多い。株主還元の一つ、配当を毎年増やしている企業は数多くある。例えば、25年以上連続増配銘柄は108 その108銘柄を更に厳選してみた。まさにおススメの米国高配当銘柄たちだ。 選出基準下記をすべて満たす銘柄をピックアップ。 増配年数 :25年以上配当利回り:3%以上PER   :30未満配当性向 :90%未満時期   :17年2月28日時点 データソース: The DRiP Investing [続きを読む]