はちどうきゅうどう さん プロフィール

  •  
はちどうきゅうどうさん: アメリカ株でアーリーリタイアを目指す
ハンドル名はちどうきゅうどう さん
ブログタイトルアメリカ株でアーリーリタイアを目指す
ブログURLhttp://america-kabu.com/
サイト紹介文米国連続増配銘柄を選択する配当成長投資戦略により、2027年の配当金生活達成を目指す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供294回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2015/06/06 14:24

はちどうきゅうどう さんのブログ記事

  • 投資家がインデックスに勝てる確率
  • 個別株を選好している個人投資家は、インデックスを上回るパフォーマンスを期待している。ところが実際は上手くリターンを得られるわけではない。多くのアクティブファンドがインデックスを凌駕できないことからも、その困難さが推測できる。 今回はプロの投資家が運用するアクティブファンドがベンチマークに対してどれだけアウトパフォームしているのかを、あなたと一緒に学んでみたい。 プロの投資家が、指数に勝つ確 [続きを読む]
  • 投資家が株式市場に生き残れる確率
  • 個人投資家が株式市場で長期間生き残れる確率はどの程度なのだろうか?残念ながらその答えを明確に回答してくれるデータを私は知らない。通説はいくつかある。例えばトレードで勝てる個人投資家は全体の1割にも満たない株式市場に参加している個人投資家の95%は損をしている個人投資家のほとんどが市場から6か月以内に姿を消している いずれも個人投資家が目を背けたくなるような話だ。本当にネガティブなデータがあるとした [続きを読む]
  • (無題)
  • 株式を買うという行為を国民に普及するために、金融庁は積立NISA制度を設定した。もちろん対象は投資未経験者である。投資未経験者が株式投資に興味をもち、積立NISA制度上で投資信託を購入するフローを考えてみたい。その際にはどの投信を選択すればよいのかも併せて考察する。はじめての投資マッキーさんからのご質問。はじめての投資で、積み立てNISAを利用するなら、どの積立投信を購入するか? はちどうきゅうどう様、こんに [続きを読む]
  • コルゲート・パルモリーブ【CL】は歯磨き粉No.1の配当王
  • 米国個別株に興味を持ち始めると、コルゲート・パルモリーブ【CL】の名前をよく聞く。日本ではほとんど知られていないが、シーゲル銘柄かつ配当王なのだ。つまり類まれなる歴史を有し、運用リターンも優れている株主思いの企業である。 この企業を知っているとすれば、あなたは米国株投資家に違いない。そういえば投資歴26年のエルさん、【CL】を買いたいって言っていたな。 銘柄分析はプロに任せる。私はコルゲート・パ [続きを読む]
  • セルインメイへの対応方法 買いのセクターはどれ?
  • 先日、セルインメイ(株は5月に売れ)の投資格言を検証したばかりだ。月別ダウ平均株価とS&P500リターンを知り、 Sell in Mayに対する心構えは十分できた。ところが個人投資家が夏相場に直面した際どのような行動をとるべきなのか、まだ咀嚼しきれていない。よって今回はセル・イン・メイへの対応方法を検討したい。 ただ結論は先に言っておく。セルインメイの発生原因は、明らかとなっていないセルインメイ後もダウ平均の過 [続きを読む]
  • おすすめアメリカ株筆頭、P&Gが増配発表 株価は割高?【PG】
  • プロクター&ギャンブルが増配のアナウンスをした。61年連続の大記録だ。 【PG】といえば安定感抜群の生活必需品セクター所属61年連続増配の配当王銘柄日本でも馴染みの深い世界的ブランドまさに三拍子揃った優良銘柄、おすすめできるアメリカ株である。 いつ買っても良いブルーチップ。とはいえ今の株価はやや割高だと私は感じる。その理由と対応策を備忘録代わりに残しておきたい。 参考初心者投資家は、増配銘 [続きを読む]
  • 家計簿だけではダメ、資産運用と収入アップも狙え【17年1Q】
  • 他人のお金について気になる人は多いはず。そんなニーズに応えて私は投資状況だけでなく、家計簿も赤裸々に公開してしまう。 17年1月〜3月の合計額を3で除した月平均支出額がこちら。都内在住4人家族サラリーマンの家計簿 月平均で、445,240円の支出をしていた。 項目金額(円)累積割合保険100,97523%食費83,90642%教養・教育54,41754%住宅50,60065%日用品40,10574%趣味・娯楽27,16580%衣服・美容23,05785%通信費 [続きを読む]
  • セルインメイとは本当か? 個人投資家が知っておくべき真実
  • セルインメイ(株は5月に売れ)を検証株式投資をしていると相場に関する格言を耳にする。そのひとつに「株は5月に売れ」がある。そもそもこの言葉はどういった意味なのか? どのような事実に基づいて広まっているのか? を検証してみたい。 Sell in May(セルインメイ)とは?アメリカ合衆国の株式相場の格言の1つで、5月に保有しているポジションを売り払いなさいという意味。セルインメイには続きの文があり、正式には「Sel [続きを読む]
  • マネックス証券松本大が語るアメリカ株投資の6つの魅力
  • スマホde米国株投資の魅力4月初旬、マネックス証券主催セミナーに参加する機会があった。セミナー名は、「松本大と個人トレーダーが語る、スマホde米国株投資の魅力」 アメリカ株といえば松本大、というマネックス証券の戦略が見てとれる。確かに、松本社長は米国株投資を日本に広めた先導者といっても過言ではない。世界のマーケットで戦ってきた僕が米国株を勧めるこれだけの理由 という本まで出版されてますからね。  [続きを読む]
  • CVSヘルスは米国ドラッグストア最大手、120万円分購入した理由
  • ドラッグストア最大手 CVSヘルスを購入CVSヘルス【CVS】を初購入した。76.9ドル×150株 = 11,535ドル (120万円ちょっと) アメリカのドラッグストア最大手であり、簡単に言えば米国のマツキヨ。シーゲル銘柄であるし、以前から注目していた企業である。 細かい企業分析は不得意なのでプロに任せ、CVSヘルスを購入に至った経緯をみなさんと一緒に振り返ってみたい。 公認会計士の米国株ブログは必見↓【CVS銘柄 [続きを読む]
  • ヘルスケアセクターへの投資でリバランス、購入候補の8銘柄
  • ヘルスケアセクター銘柄を購入し、資産割合における株式比率を高めることにした。私の場合、株式というのはもちろんアメリカ株のことを指す。 オバマケアを廃止しようとしているとか、いまは割高だとか、利上げ局面で高配当銘柄はイマイチだとか、そんなことは関係ない。とにかくヘルスケアセクターを買う事にしたのだ。 なぜヘルスケアセクターか、という明確な理由は説明できない。あえて言うなら、なんとなく安心でき [続きを読む]
  • 米国会社四季報 2017春夏号の楽しみ方 注目企業は101社
  • 米国会社四季報 2017春夏号が届いたアップル、アマゾン、アルファベット(グーグル)、マイクロソフト、フェイスブックなど、日本でも有名な企業が掲載されている。せっかく購入したのでその概要と、私の楽しみ方を記録しておこう 掲載概要掲載銘柄は636社ニューヨーク証券取引所・ナスダック上場企業 636社日本で売買可能な米国上場ETF(上場投資信託)全254銘柄 【パラパラ眺めてみた際の心の声】はっきり言ってETF [続きを読む]
  • 金融庁の個人向け説明会に参加 積立NISAは株式投資普及の第一歩!
  • 桜満開。春の訪れを感じる2017年4月7日、金融庁が積立NISAの個人向け説明会を実施した。先着30名様限り。運よく私は参加できた。 いつか子供に伝えたいお金の話の管理人虫とりのアニキの告知タイミングにうまく乗れたからだ。ツイテル。 せっかくの機会、金融庁の説明に対して知識ゼロで臨んではもったいないと私は考えた。なので公開されているいくつかの資料を事前に読み、積立NISAに対する仮説を設定しておいた。&n [続きを読む]
  • たまにはNISAで実践の事も思い出してあげて下さい HDV購入
  • NISAの比較私が知る限り、各種NISA制度間の違いは以下の通りである。現在、現行NISAの口座数は約1000万。成人のおよそ9人に1人が口座開設している計算だ。 かく言う私も現行NISA口座を持っている。そして米国ETFを積立している。 参考:積立NISAのメリット・デメリット・比較のまとめETF積立のデメリット詳細を述べると、米国ETF特に高配当や連続増配ETFへ資金投下を私はしている。正直な話、なんちゃってドルコスト平均 [続きを読む]
  • NISAで配当が好きな人に悪い人はいない!
  • 配当金とは?配当金とは、企業が利益を出した時、利益の一部を株主に還元するお金のこと。企業が配当を実施している間は、株を持ってさえいれば安定的に受け取ることが可能。例えば米国株には毎年増配(配当金を上げている)企業が多数存在する。25年以上の連続増配を成し遂げている会社は、なんと108企業もあるのだ。 参考:米国株、注目の108銘柄は25年以上連続増配企業【2017年】 配当金は昇給率よりも圧倒的に効率が [続きを読む]
  • 投資信託は仕組みが複雑で分かりにくいので、細かいことは言うな
  • 国民のNISAの利用状況等に関する アンケート調査(2016年2月)によれば、投資信託は「仕組みが複雑」のイメージが高いとされている。積立NISAは投資信託をベースとして考えられた制度である為、上述の調査結果は制度普及への障壁となる可能性が考えられる。本日は「投資信託は仕組みが複雑」か? という点についてブログに書き残しておきたい。各金融商品のイメージ・株式、投資信託、外貨預金といった投資性商品全般で、「リスク [続きを読む]
  • NISAの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい
  • 年度がかわったこともあり心機一転、私はNISAについて学んでいる。米国株個人投資家といえども、金融庁の意向が気になるからである。ということで、私の中で今週をNISA週間に位置付けた。 きっとあなたはNISAのことはよくしっていることでしょう。それでも、NISAの置かれている状況をもう少し理解してもらいたい!今日は一緒にNISAに関するアンケート調査結果をみていこう。NISAに関するアンケート調査いったい、国民はNISAを [続きを読む]
  • 積立NISAは、誰を対象にした制度なのか? 金融資産×年齢 編
  • 貯蓄から投資への号令のもと、金融庁は気合をいれて活動している。インデックス投資ブログ界のビッグネーム、いつか子供に伝えたいお金の話の管理人虫とり小僧のアニキによれば、金融庁は個人向け積立NISA説明会まで実施するらしい。まさに肝いり制度。 米国個別株投資をメインにしている私とて、積立NISA制度がなんたるかをかじっておく必要がありそうだ。 【お陰さまで即定員満】金融庁による「積立NISA」説明会いよ [続きを読む]
  • シーゲル銘柄、いま選ぶならこの5銘柄【17年3月】
  • 私は株式投資リターンにおける再現性を重要視している。集積されたデータの中から再現性が高そうな方法を選択する。最近はとくにダウの犬銘柄、シーゲル銘柄、配当貴族にばかり注目している。 今回は20世紀後半〜21世紀初頭にかけてのリターンが良好であったシーゲル銘柄の現在の指標を見ておく。そして注目の5銘柄をピックアップしてみる。シーゲル銘柄の指標【17年3月31日時点】 銘柄株価($)P/Eβ配当(%)Payout(%)増配年 [続きを読む]