はちどうきゅうどう さん プロフィール

  •  
はちどうきゅうどうさん: アメリカ株でアーリーリタイアを目指す
ハンドル名はちどうきゅうどう さん
ブログタイトルアメリカ株でアーリーリタイアを目指す
ブログURLhttp://america-kabu.com/
サイト紹介文米国連続増配銘柄を選択する配当成長投資戦略により、2027年の配当金生活達成を目指す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供307回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2015/06/06 14:24

はちどうきゅうどう さんのブログ記事

  • 利上げ局面での投資方針はどうする?
  • アメリカの経済指数は軒並み好調を維持している。その結果、のんびりではあるが利上げ局面に差し掛かっている。利上げ局面での投資方針はどうするか? これを考える場合、株式投資がどのようなリターンを示すのか過去データを見ておくのが良い。そこで便利なのが、J.Pモルガンのサイト。今回もここからデータを拝借する。 参考知らないと損する、JPモルガンのGuide to the Markets いまは利上げのどのフェーズか? J.Pモルガン [続きを読む]
  • 長期投資では配当が重要〜GPIF運用収益の53%が利子配当〜
  • 年金積立金の市場運用を開始した 2001(平成 13)年度から2016(平成 28)年度までの運用状況が公開された。 累積運用収益額 :53兆3,603億円累積利子・配当額:28兆 808億円 ここから単純計算すると、GPIF運用収益の53%が利子・配当となる。いかにインカムゲイン(パッシブ インカム)が重要であるのかが分かる。 市場環境とGPIF資産構成情報源はすべてGPIFホームページ。 まずは左側のグラフを見てみよう。2016年6月に、ブレ [続きを読む]
  • 米国株厳選17銘柄 配当3%で、25年連続増配【17年6月】
  • 連続増配×高配当という夢のコラボ企画。実はこのイベント、昨年から定期的に開催していた。過去記事を見ると、銘柄数が復活しているのが読み取れる。16年4月:18銘柄16年6月:16銘柄17年2月:11銘柄17年6月:17銘柄さあ、どの銘柄が選ばれたのか見ていきたい。とその前に選出基準のおさらいをする。 選出基準前回同様、下記をすべて満たす銘柄。増配年数 :25年以上配当利回り:3%以上PER   :30未満配当性向 :90%未満デ [続きを読む]
  • 米国株配当成長ポートフォリオからの受取配当金【17年6月】
  • 2017年6月の米国配当成長ポートフォリオからの受取配当金は、406.72ドルであった。日本株やNISA口座からの配当金は加味していない。とにかく、アメリカ株ポートフォリオからの配当金に焦点を当てている。 まず、給料の12.5%の配当金を目指している私名義の証券口座を3つ保有中。マネックス証券 :米国株配当成長ポートフォリオSBI証券     :インデックス投信積立楽天証券    :NISA口座、ETFがメインこのなかの赤字部分 [続きを読む]
  • 人生における分散投資 資産形成に重要な3つの視点
  • 資産運用において、分散投資の意義は広く伝えられている。例えば日本の証券会社のHPを見ると、以下のように記載がされている。分散投資は、投資対象を多様化させることで、資産運用に伴う価格変動リスクを低減させて好リターンをめざす有効な方法です。すべての資金をひとつの金融資産に集中させると、運用がうまくいかなかった場合にはマイナス影響が資産全体に及びます。けれども値動きの異なる複数の資産に分散させれば、リスク [続きを読む]
  • 資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回り の重要性
  • 資産形成したい、そのために資産運用・投資をする。そのように思う人は多いでしょう。かくいう私もその一人。 ところが資産運用のみでは資産形成は語れない。なぜなら、資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回り という式があるのだから。 これには2つの前提が存在する。関連者が健康であり、資産形成に注意を向けられる心身の余裕がある遺産相続を考慮した場合は、この限りではない 今回は、心身ともに健康であり、遺産相続 [続きを読む]
  • 「バリュー投資」はお薦め投資本 ハーバード流を学べる
  • ハーバード流ケースメソッドで学ぶバリュー投資は、アメリカ株のみならずバリュー投資に興味を持つ人ならば、とても有用な本である。 著者はエドガー・ヴァヘンハイム。投資顧問会社の会長兼CEOであり、ハーバード・ビジネス・スクール卒である。ビジネススクールで学んだケースメソッドの手法を用いて、バリュー投資について述べている。 第1章:投資アプローチ株式投資は、ホームラン級の組み合わせ 良好なリターン高い流動 [続きを読む]
  • つみたてNISA 投信運用会社の今後の対応は?
  • 金融庁のつみたてNISA説明会に参加してきた。今回の説明会は第3回。私は1~3回の全て参加していることになる。 これは、いつか子供に伝えたいお金の話の管理人、虫取りのアニキのおかげ。ブログで告知してくれるからだ。アニキのブログは要チェック。 つみたてNISAが導入される背景【現状】我が国の家計金融資産は、約半数が現預金である(900兆円)日本は米英に比し株式・投信の割合が低い日米英を比較すると日本の家計は、運用 [続きを読む]
  • シラーPERを見て、米国株価は割高か割安か考えた【17年6月】
  • 投資の最先進国アメリカにおいては、様々な研究がなされている。金融工学がもっとも発達しており、計算される数値も多い。その中で、シラーPERという指数がある。 CAPE ratioとも呼ばれている。通常のPERよりも長期的な視点でみることが出来る値である。 シラーPERとは?ノーベル経済学賞受賞者のロバート・シラー教授が考案した指数だ。なので、シラーPERと称される。またCAPEレシオとも呼ばれる。 シラーPERは株価の割高・割安を [続きを読む]
  • 株式投資のアルファとベータとは何なのか? α?β?
  • 株式投資をしていると、α(アルファ)だとかβ(ベータ)という言葉を耳にする。いったい何なのだろうか?よくわからないので調べてみた。 アルファとベータは、ノーベル賞受賞者が作ったそもそもアルファとベータは、ノーベル賞を受賞したシャープらが定義した。個別銘柄のリターンを説明する為である。株価指数・ベンチマークと比較してリターンはどうなのか?を示す言葉である。 アルファ(α)とはベンチマークに対して、どれ [続きを読む]
  • VYM 米国高配当ETFへ追加投資
  • VYM 米国高配当ETFを60株分購入した。1ドル110円とすると、約52万円分である。 さっそく年間配当金がどれだけ増額したのかを計算したい。【VYM】の分配金は連続増配銘柄のように一定ではないので、過去データを参考にする。直近一年の分配金は2.306$であった。 今回の購入により138.36$のForward Distributionを獲得したとみなす。 VYM 米国高配当ETF追加購入に至った背景現金比率をチェックポートフォリオの戦略軸比率をチェッ [続きを読む]
  • 米国株ブロガー7名のポートフォリオ内訳 資産5,000万円編
  • 誰でも出来るアメリカ株投資術私の先生、たぱぞうさんのブログの中で、「誰でもできるアメリカ株投資術、最大多数投資法を紹介する!」という記事がある。米国株ブロガーのポートフォリオをいかにして参考にするかという指南書である。 意訳すれば以下の3つに着目せよとの教えだと認識している。投資方針保有銘柄資金量 すでにKabuloveさんが米国株ブロガー10人の保有銘柄を考察している。ポートフォリオも良記事もパクる、い [続きを読む]