シュージョー さん プロフィール

  •  
シュージョーさん: 旭川東法寺だより
ハンドル名シュージョー さん
ブログタイトル旭川東法寺だより
ブログURLhttp://touhouji.jugem.jp/
サイト紹介文旭川市内の寺の住職が記すブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/06/08 00:45

シュージョー さんのブログ記事

  • グリーグを弾いてみました。
  • 39才から始めたピアノの演奏です。今回は、グリーグの『ホルベアの時代より』から「プレリュード」を弾いてみました。 グリーグは、1843年に生まれた、ノルウェーの作曲家です。この曲は、同郷の文学者ホルベアの生誕200年を祝って作られました。ホルベアが生きていた時代の古い様式を使った曲となっています。弦楽合奏でよく演奏されますが、もとはピアノのための曲です。 ピアノを弾くときは、無駄に力んではいかんの [続きを読む]
  • 2月6日は常例法座の日
  •  2月6日は、13時より、本堂において常例法座を開きます。  御講師は、広島県北広島町の安養寺、小林邦顕師です。  年が明けて最初の常例法座となります。どなたでも、どうぞお参り下さいませ。 にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • あと1メートルの辛抱
  •  旭川は、-20度前後の日が続いた後、今度は大雪の日が続きました。冬真っ盛りであります。  つい先日、お参りに伺ったお宅のご門徒さんから聞いたのですが、旭川の一冬の降雪量は、トータルすると、だいたい5〜6メートル。そして、そのご門徒さんは、1日の降雪量をずっとノートに記録していて、それによると、もうすでに4メートルを超えているそうです。  つまり、「あと1メートルの辛抱」なのだそうです。  もち [続きを読む]
  • 私の姿
  •  昨日、芥川賞と直木賞の受賞作が決まったというニュースがありました。芥川賞には山下澄人さんの「しんせかい」、直木賞には恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」が選ばれたそうなのですが、ちょうどその日、私は「久しぶりに小説でも読もうか」と、近くの書店に行って、恩田さんの小説に目が留まり、購入し、読もうとしたときに、ネットニュースで受賞を知りました。おそらく今日買いに行けば、帯の「直木賞候補作」が、「直木賞受 [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  • 「私がどんなに変わっても、仏の思いはかわらない」  「年はとるもんでないわ」という言葉を時々聞きます。そう言われても、「ああ、そうですか。それじゃ年をとらないことにします」というわけにはいきません。生きている限り、年はとらなければなりませんから。  すべてのものは常に変わっていきます。それは自分自身も例外ではありません。でも、見方を変えれば、変わっていくということは、育てられていると [続きを読む]
  • 1月6日は新年初参り。
  •  1月6日午後1時より、「新年初参り」の法要をお勤めします。  布教使さんが市内の寺院を布教して回る「常例法座」は、6日までお休みなので、その日に合わせて行う、新年最初の法要です。  法話は住職がお勤めします。  明日は、かなり冷えるみたいですが、雪は降らないようです。  どうぞ、お参り下さい。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 今年もよろしくお願いします。
  •  新しい年を迎えました。  今朝、いつものように本堂でお参りして、それから、兄が住職を勤める本誓寺の修正会にお参りに行きました。朝8時からの法要に、たくさんのご門徒さんがお参りに来られていました。ご一緒にお経をいただいて、本誓寺前住職の法話をお聴聞しました。  お正月のお参りというと、世間では「自分の願いを叶えてもらうため」とか、「縁起がいいから」ととらえている方が多いかもしれません [続きを読む]
  • 夜が一番長い日
  •  21日は「冬至」。日照時間が1年で一番短い日です。ということは、夜が一番長い日、ということにもなります。 仕事によっては、日が短くなることによって影響を受ける方もおられるでしょう。  私なんかは、夏の頃に比べて、朝、目覚める時間がだいぶ遅くなったように思います。調べてみると、睡眠と日照時間とは大いに関係があって、冬になると、睡眠時間が長くなる人が多いそうです。まあ、寝られないよりはいいです [続きを読む]
  • 12月6日は常例法座の日
  •  12月6日、13時より、本堂にて常例法座を開きます。御講師は、山口県宇部市、明照寺、岡原弘和師です。  今年はどんな年でしたか?仏法を聞いて、今年を振り返り、そして自分自身を振り返ってみましょう。  今年最後の法座です。どうぞお参り下さいませ。にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 雪の下から・・。
  • 「小春日和」に、雪の下から現れたのは、秋の名残でした。  昨日から気温が上がって、積もった雪がかなり溶け、雪に埋まっていた落ち葉が姿を現し始めたのです。  今年は、葉っぱが落ちる前に雪が降り続けたので、落ち葉が片付けられずに、そのまま雪に埋もれてしまっていました。「花が全部散って、落ち葉を全部片付けてから雪が降って欲しい」というこちらの都合を全く聞いてくれないのが自然というやつです。 [続きを読む]
  • 下駄の日
  •  今日、11月11日は、1が並ぶ日。さぞかし記念日としているものがたくさんあるのだろうなと思って調べてみたら・・・、麺の日、いい買い物の日、ポッキーの日、独身の日、チンアナゴの日、たくあんの日、きのこの日、電池の日、・・・・なのだそうです。  私が以前から知っていたのは「下駄の日」。下駄そのものではなく、足跡の、「11 11」から発想したのがおもしろですね。  ところで、フランスの作曲家 [続きを読む]
  • 11月6日は常例法座の日
  •  11月6日は午後1時より、常例法座を開きます。御講師は、妹背牛町、法忍寺、渡辺雅俊師です。2度目のご縁となります。  ご覧のように、旭川はだいぶ雪が積もりました。このまま根雪になるかはまだわかりませんが、積もったり溶けたりする時が一番滑りやすいです。  どうぞお気をつけて。   にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 上川南組布教団研修会
  •  10月30日は、午後4時から、上川南組布教団研修会がありました。この研修会では、仏教以外の様々な分野で活躍されている方を御講師にお迎えしていますが、今回の御講師は、旭山動物園園長の板東元さんでありました。「伝えるはいのち つなぐはいのち」というテーマでお話してくださいました。  お話を伺っていると、動物が好きで、動物を理解して、そのすばらしさを他の人たちに知って欲しい、という板東さんのここ [続きを読む]
  • 10月26日、27日は秋の永代経法要
  •  旭川は、一時かなりの積雪となりましたが、25日にはほとんど溶けました。根雪はまだのようです。 さて、東法寺では、10月26日、27日の午後1時より、本堂にて、秋の永代経法要をお勤めします。今年の最後の大きな法要です。  御講師は、赤平市、常照寺住職、佐々木重昭師です。  ストーブの設置は完了です。あたたかい本堂で仏様の法を聞いて、身もこころも暖まりましょう! にほんブロ [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  •  「できることをしないで、できないことにあせっている」  以前、こんな記事を読んだことがあります。「Aという作曲家の作品と、Bという作曲家の作品を、楽譜を見て比べてみると、Aの方が非常に高度な技術で創られているのに対して、Bの方は割と単純であるので、明らかにAの方が作曲する力が上であることがわかる」  曲というものは、いかに人々の心を動かすか、で評価されるべきもので、易しく創られた曲で感 [続きを読む]
  • 10月6日は常例法座の日
  •  10月6日は、常例法座の日です。本堂にて13時読経開始、13時半より15時まで、ご法話とないます。御講師は、熊本県、良覚寺、𠮷村隆真師です。  常例法座は、8月はお盆、9月は報恩講でお休みとなりますが、それ以外は毎月6日に、全国各地から御講師が来られて、(1月のみ住職がお勤めします)開かれる法話会です。浄土真宗のお話をお聞きになりたい方は、どなたでもお参りお聴聞してください。お念珠、経本の無 [続きを読む]
  • 22日は秋の彼岸会
  •  22日は、13時より、本堂にて秋の彼岸会をお勤めします。  法話は住職です。  太陽が真西に沈む日に、西方浄土へいのちを向かわしめる阿弥陀仏の法を、お聴聞しましょう。   にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 報恩講
  •  東法寺では17日から19日まで、報恩講が勤まりました。  毎座毎座たくさんの方のお参りがありましたが、3日間、全ての座にお参りされた方もたくさんおられました。ありがたいことです。  そう言えば、あるお寺に勤めているとき、いつも熱心にお聴聞されている方に、「ありがたい方ですね」と言うと、「ありがたいのは私の方ではなくて、阿弥陀さんのほうでしょ」と言われたことがありました。ああ、そうで [続きを読む]
  • 仏具のお磨き
  •  報恩講前の恒例行事、「仏具のお磨き」をしました。  東法寺の報恩講は、17日、18日、19日の3日間、お勤めします。  御講師は、留萌組、西暁寺、藤 順生師です。  仏法は、私たちにとって、最も大事な問題について、説いてくださっています。是非時間を作って、一座でも多く、お参りお聴聞いたしましょう!   にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]
  • 本誓寺の御堂コンサート
  •  9月7日は、兄が住職を勤める本誓寺の報恩講初日。そして、その日の晩は、恒例となった「本誓寺公開御堂コンサート」が行われました。旭川ゆかりのプロの演奏家によるコンサート。今までに、バリトン、ピアノ、ホルンとファゴット、ヴァイオリン、フルート、の演奏会が行われましたが、今年はガラッと雰囲気が変わって、和楽器である三味線の演奏会でありました。  出演者は、今年、本場、青森県で行われた「津軽三味 [続きを読む]
  • 中を覗くと・・・
  •  昨日、1年半ぶりに、ピアノの調律をしてもらいました。 ピアノという楽器の不便なところは、気軽に持ち運ぶことが出来ないことと、調律をするときは専門の人を呼ばなければならないということ。今回も、いつもの調律師さんに来てもらったおかげで、大変いい音が響くようになりました。  ピアノが発明されたのは、300年ほど前なので、2500年前のお釈迦様も、800年前の親鸞聖人も、この楽器の音を聞くこと [続きを読む]
  • 本堂の前の街路樹が・・・
  •   先日、本堂の前にある街路樹を調べている人がいたので、「どうしたのですか?」と聞いてみたら、「市のものですが、木の枝が通行の邪魔になるということなので、何本か切りますので」という返事。歩道の建物側は大丈夫なのですが、道路側はご覧の通り。急速に成長したようです。    そして、今日昼過ぎ、外が騒がしいので、見に行くと・・・  驚くほど風景が変わっていました。   お参り [続きを読む]
  • 今月の掲示板の言葉
  •  「お参りは、亡き人をなぐさめているのではない。反対に、私の方が、仏様になぐさめられ、力づけるられているのである。」  お供え物で、時々見られるのが、口の開いた缶コーヒーです。おそらく、亡き人に飲ませてあげたい、という気持ちからなのでしょう。でも、よくよく考えれば、そこでは、仏という存在が無視されているのではないでしょうか。  仏法と出会ってこそ、自分の正体が明らかになります。おなかが [続きを読む]
  • 7月6日は常例法座の日
  •   7月6日は、13時より本堂にて、常例法座をお勤めします。  御講師は、福岡県筑紫野市、願応寺、中川一晃師です。  どうぞ、お参り下さいませ。  なお、例年のように、8月と9月は、常例法座がお休みとなりますので、よろしくお願いいたします。  にほんブログ村にほんブログ村 [続きを読む]