ヒツジ さん プロフィール

  •  
ヒツジさん: 聖書を毎日読みましょう!
ハンドル名ヒツジ さん
ブログタイトル聖書を毎日読みましょう!
ブログURLhttp://ameblo.jp/seisyonokotoba/
サイト紹介文真理はあなたを自由にします!(^^)!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供320回 / 365日(平均6.1回/週) - 参加 2015/06/08 15:52

ヒツジ さんのブログ記事

  • 「聖なる者たちが王国を受け」
  •  見よ,天の雲と共に人の子のような者が来るのであった。その者は日を経た方に近づき,彼らはこれをその方のすぐ前に連れて来た。そして,その者には,支配権と尊厳と王国とが与えられた。…−−−ダニエル 7:13, 14 エホバ神(*ノ´∀`)ノ^☆王権を与えよう(ダニエル7:9-28) 9? 「わたしがずっと見ていると,ついに幾つかの座が置かれ,日を経た方が座られた。その衣服は雪のように白く,その頭の毛は清らかな羊毛の [続きを読む]
  • 「四つの巨大な獣」
  •  四つの巨大な獣,それぞれ他と異なるものが,海から上って来るのであった。−−−ダニエル 7:3          (ダニエル 7:1‐8)  バビロンの王ベルシャザルの第一年に,ダニエルは床の上で夢と頭の中の幻とを見た。その時,彼はその夢を書き留めた。事の全容を彼は告げた。2? ダニエルは声を高めてこう言うのであった。 「わたしが夜,自分の幻の中で見ていると,見よ,天の四方の風が広大な海をかき立てていた [続きを読む]
  • 「キリストは神に属しています」
  •  わたしは植え,アポロは水を注ぎました。しかし,神がそれをずっと成長させてくださったのです。−−−コリント第一 3:6 王国の音信を伝える教えるエホバの導き(コリント第一 3:1‐23) 兄弟たち,それでわたしは,あなた方に対して,霊的な人に対するように話すことはできませんでした。むしろ,肉的な人に対するように,キリストにあるみどりごに対するように話しました。2? わたしはあなた方に,食べる物ではなく [続きを読む]
  • 「神の神聖な奥義」
  •  神はそれを,ご自分の霊によって,このわたしたちに啓示されたのであり,霊がすべての事,神の奥深い事柄までも究めるのです。−−−コリント第一 2:10 神の霊m(゚- ゚ )('-'*)(,_,*)霊的な人物質の人(`∀´)世の霊(コリント第一 2:1‐16) 兄弟たち,それでわたしは,あなた方のところに行った時,もったいぶった話し方や知恵を携えて行って神の神聖な奥義を告げ知らせるようなことはしませんでした。2? わたしは, [続きを読む]
  • 「分裂があってはなりません」
  •  あなた方すべての語るところは一致しているべきです。あなた方の間に分裂があってはなりません。かえって,同じ思い,また同じ考え方でしっかりと結ばれていなさい。−−−コリント第一 1:10 同じ思い、考え方ヽ(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)人(^▽^)ノ一致(コリント第一 1:1‐31) …神のご意志によりイエス・キリストの使徒となるために召されたパウロと,わたしたちの兄弟ソステネから,2?コリントにある神の会衆, [続きを読む]
  • 「ただひとり知恵のある神」
  •  あなた方が学んだ教えに逆らって分裂とつまずきのきっかけをもたらす人たちに目を留め,その人たちを避けなさい。−−−ローマ 16:17 ☆⌒(*^-゚)人(゚-^*)⌒☆「わたしの愛する兄弟姉妹」♪((o(*^∇^)X(^∇^*)o)) ♪(ローマ 16:1‐27) わたしはあなた方に,ケンクレアにある会衆の奉仕者である,わたしたちの姉妹フォイベを推薦します。2? 主にあって,聖なる者たちにふさわしい仕方で彼女を迎え入れ,どんなことで [続きを読む]
  • 「互いを迎え入れなさい」
  •  以前に書かれた事柄は皆わたしたちの教えのために書かれたのであり,それは,わたしたちが忍耐と聖書からの慰めとによって希望を持つためです。−−−ローマ 15:4 (ノ´▽`)ノ ⌒(寄付)ヽ((´∀`●))ノ゚+。*゚+。モラッテクダサィ。+゚*。+゚(ローマ 15:1‐33) ですが,わたしたち強い者は,強くない者の弱いところを担うべきであって,自分を喜ばせていてはなりません。2 ?わたしたちは各々,築き上げるのに良い事柄によって隣人を [続きを読む]
  • 「各々、自分の言い開きをする」
  •  平和に役だつ事柄や互いを築き上げる事柄を追い求めましょう。−−−ローマ 14:19 豚肉むしゃむしゃ(´〜`)モグモグ     Σ(゚д゚;)(゚Ω゚;)Σ(・ω・;|||…いいの…?(ローマ 14:1‐23) 信仰に弱いところのある人を迎え入れなさい。しかしそれは,人の内心の疑問について決定するためではありません。2? ある人は何でも食べてよいとの信仰を持っているのに対し,弱い人は野菜を食べます。3? 食べる者は食べない者 [続きを読む]
  • 「上位の権威に服しなさい」
  •  その当然受けるべきものを返しなさい。税を要求する者には税を,貢ぎを要求する者には貢ぎを,恐れを要求する者にはしかるべき恐れを,誉れを要求する者にはしかるべき誉れを。−−−ローマ 13:7 はいどうぞ(ノ´▽`)ノ ⌒(税金)    (ローマ 13:1‐14) すべての魂は上位の権威に服しなさい。神によらない権威はないからです。存在する権威は神によってその相対的な地位に据えられているのです。2 ?したがって, [続きを読む]
  • 「たゆまず祈りなさい」
  •  だれに対しても,悪に悪を返してはなりません。…すべての人に対して平和を求めなさい。−−−ローマ 12:17, 18 (/=`◇´)/≪ギャォオオオオオオオオオオオオオオオ!!     O=(´∀`) (^▽^;)ニコニコ(ローマ 12:1‐21) そのようなわけで,兄弟たち,わたしは神の情けによってあなた方に懇願します。あなた方の体を,神に受け入れられる,生きた,聖なる犠牲として差し出しなさい。これがあなた方の理性による神聖な奉仕です [続きを読む]
  • 「神のご親切と厳しさ」
  •  ああ,神の富と知恵と知識の深さよ。その裁きは何と探りがたく,その道は何とたどりがたいものなのでしょう。−−−ローマ 11:33 オリーブの木切り取られ接ぎ木された全イスラエルの救い (ローマ 11:1‐36) …では,わたしは言います。神はご自分の民を退けられたわけではないでしょう。断じてそのようなことはないように! わたしもイスラエル人であり,アブラハムの胤の者,ベニヤミン部族の者だからです。2?神は [続きを読む]
  • 「常に仕えているあなたの神」
  •  日に三度,彼はひざまずいて祈り,自分の神の前に賛美をささげるのであった。それまでいつもそのように行なってきたのである。−−−ダニエル 6:10 (`∀´)祈るとライオンの穴に投げ込むぞ! v(´∀`*v)(人´∀`*)(ダニエル 6:1‐28) それはダリウスにとって良いと思えた。それで彼は王国の上に百二十人の太守を立てた。それらは王国全土の上に立つ者たちであった。2? またその上に三人の高臣を立てた。ダニエ [続きを読む]
  • 「メネ,メネ,テケル,そしてパルシン」
  •  まさしくその夜,カルデア人の王ベルシャザルは殺され,メディア人ダリウスがその王国を受けた。−−−ダニエル 5:30, 31 ( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル((((((ノ゚?゚)ノ    Σ(・ω・;|||(ダニエル 5:1‐31) 王ベルシャザルに関して言うと,彼は自分の大官一千人のために大きな宴会を催し,その一千人の前でぶどう酒を飲んでいた。2 ?ベルシャザルは,ぶどう酒の勢いで,その父ネブカ [続きを読む]
  • 「七つの時」
  •  これは,至高者が人間の王国の支配者であり,ご自分の望む者にそれを与え,人のうち最も立場の低い者をさえその上に立てるということを,生ける者が知るためである」。−−−ダニエル 4:17 ネブカドネザルがおごり高ぶる7年後正気に戻り、神を讃える(ダニエル 4:1‐37) 「王ネブカドネザルから,全地に住むすべての民,国たみ,もろもろの言語の者へ: あなた方の平安が増し加わるように。2? 至高の神がわたしに対し [続きを読む]
  • 「崇拝いたしません」
  •  王ネブカドネザルの立てた金の像を崇拝するように。そして,だれにせよひれ伏して崇拝しない者は,即刻火の燃える炉に投げ込まれるであろう」。ー−−ダニエル 3:5, 6 (ダニエル 3:1‐30) 王ネブカドネザルは金の像を作った。その高さは六十キュビト,その幅は六キュビトであった。彼はそれを,バビロンの管轄地域内のドラの平野に立てた。2 ?そしてネブカドネザル自ら王として使いを送り,太守,長官と総督,顧問 [続きを読む]
  • 「末の日に起きるはずの事柄」
  •  それらの王たちの日に,天の神は決して滅びることのないひとつの王国を立てられます。そして,その王国はほかのどんな民にも渡されることはありません。それはこれらのすべての王国を打ち砕いて終わらせ,それ自体は定めのない時に至るまで続きます。−−−ダニエル 2:44 【バビロン】【メディア・ペルシャ】銅【ギリシャ】鉄【ローマ】鉄と粘土【英米】神の王国(ダニエル 2:1‐49)  次いで,ネブカドネザルの王政の第 [続きを読む]
  • 「繰り返し願い出た」
  •  その四人,この者たちに対して,まことの神は知識とあらゆる書物に対する洞察力と知恵とをお授けになった。−−−ダニエル 1:17 ワ━(*゚∀゚人゚∀゚*)━ィ♪!゚ *。(●´Д`人´Д`●)。* ゚(ダニエル 1:1‐21) ユダの王エホヤキムの王政の第三年,バビロンの王ネブカドネザルはエルサレムに来て,これを攻め囲んだ。2 ?やがてエホバは,ユダの王エホヤキム,およびまことの神の家の器具の一部を彼の手に渡された。そのた [続きを読む]
  • 「聖なる寄進物」
  •   それはわたしがあなた方の父祖たちに与えると誓いの手を上げた地である。この地は相続地のためくじによってあなた方に割り当てられなければならない。−−−エゼキエル 47:14 あなたの相続地です。どうぞワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ(エゼキエル47:13-23)13? 主権者なる主エホバはこのように言われた。「これはあなた方がイスラエルの十二部族のための地として,相続地のために自分たちに割り当てる領地であり, [続きを読む]
  • 「水が高くなっており」
  •  奔流のそばには,その岸に沿ってこちら側にもあちら側にも,食物のためのあらゆる種類の木が生え出る。その葉は枯れることなく,実は絶えることがない。−−−エゼキエル 47:12              (エゼキエル 46:1‐24) 「主権者なる主エホバはこのように言われた。『東に面している奥の中庭の門についてであるが,これは六日の仕事日のあいだ閉じておき,安息日に開かれるべきであり,新月の日に開かれる [続きを読む]
  • 「公正と義とを行なえ」
  •  彼らはわたしの民に聖なるものと俗なるものとの違いを教え諭すべきである。汚れたものと清いものとの違いをこれに知らせるべきである。−−−エゼキエル 44:23 霊的食物を与えます(◎^∀^)σ由プレゼントWσ(^∀^◎)ありがとう。協力します。(エゼキエル 44:1‐31)  次いで彼は,聖なる所の門,すなわち東に面している外側の門の道からわたしを連れ戻した。それは閉じられていた。2? それからエホバはわたしに [続きを読む]
  • 「わたしはひれ伏した」
  •  「人の子よ,あなたとしては,この家についてイスラエルの家に知らせよ。彼らがそのとがのゆえに辱めを受けるためである。彼らはそのひな型を測らなければならない。−−−エゼキエル 43:10 「測りなさい」回復(エゼキエル 41:1‐26) 次いで,彼はわたしを神殿に導き入れ,脇の柱を測っていった。こちらの幅は六キュビト,あちらの幅は六キュビト,それが脇の柱の幅であった。2? また,入口の幅は十キュビト,入口 [続きを読む]
  • 「信仰は聞く事柄から生じる」
  •  宣べ伝える者がいなければ,どうして聞くでしょうか。また,遣わされたのでなければ,どうして宣べ伝えるでしょうか。「良い事柄についての良いたよりを宣明する者の足は何と麗しいのだろう」と書かれているとおりです。−−−ローマ 10:14, 15 ((((((((●*’v`)ノε=ε=ε= ヾ(*~▽~)ノ─=≡Σ((( つ??ω??)つ「エホバ!」(人´∀`*)(ローマ 10:1‐21) 兄弟たち,わたしの心の善意と,彼らのために神にささ [続きを読む]
  • 「憐れみの器」
  •  その憐れみの器とは神が栄光のためにあらかじめ備えられたもの,すなわちわたしたちであり,ユダヤ人だけでなく,諸国民の中からも召されているのです。−−−ローマ 9:23, 24 「憤りの器」多大の辛抱強さをもって忍び「憐れみの器」(ローマ 9:1‐33) わたしはキリストにあって真実を語ります。偽りを述べるのではありません。わたしの良心も聖霊によって共に証ししているからです。2? わたしの心には大きな悲嘆と [続きを読む]
  • 「神の子供の栄光ある自由」
  •  創造物は切なる期待を抱いて神の子たちの表わし示されることを待っているのです。−−−ローマ 8:19 神の愛からわたしたちを引き離しえない(ローマ 8:18‐39) 18? それゆえ,今の時期のいろいろな苦しみは,わたしたちのうちに表わし示されようとしている栄光に比べれば,取るに足りないものとわたしは考えます。19? 創造物は切なる期待を抱いて神の子たちの表わし示されることを待っているのです。20? 創造物は [続きを読む]
  • 「アバ,父よ!」
  •  肉の思うことは死を意味するのに対し,霊の思うことは命と平和を意味するのです。−−−ローマ 8:6 死肉の思うこと      霊の思うこと命(ローマ 8:1‐17) こういうわけで,キリスト・イエスと結ばれた者たちに対して有罪宣告はありません。2? キリスト・イエスと結びついた命を与える霊,その霊の律法が,あなたを罪と死の律法から自由にしたからです。3? 肉による弱さがあるかぎり律法には無能力なところがあ [続きを読む]