ヒツジ さん プロフィール

  •  
ヒツジさん: 聖書を毎日読みましょう!
ハンドル名ヒツジ さん
ブログタイトル聖書を毎日読みましょう!
ブログURLhttps://ameblo.jp/seisyonokotoba/
サイト紹介文真理はあなたを自由にします!(^^)!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/06/08 15:52

ヒツジ さんのブログ記事

  • 「エホバからの露のように」
  •  アッシリア人がわたしたちの土地に入る時,その者がわたしたちの住まいの塔を踏みにじるその時,わたしたちもこれに対して七人の牧者を,いや,人の中から八人の君侯を起こさねばならない。−−−ミカ 5:5 「長老」゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o“アッシリア”(ミカ 5:1‐15) 「この時,侵入の娘よ,あなたは自分の身に切り傷をつける。彼はわたしたちに向かって攻囲を敷いた。彼らは杖をもってイスラエルの裁き人のほ [続きを読む]
  • 「エホバの名によって歩む」
  •  末の日に,エホバの家の山はもろもろの山の頂より上に堅く据えられ,もろもろの丘より上に必ず高められる。もろもろの民は必ず流れのようにそこに向かう。−−−ミカ 4:1 (メ`へ´)/爻\(`へ´彡)  握手(*σ▽σ)=O=( ̄▽ ̄*)仲直り(ミカ 4:1‐13) そして,末の日に,エホバの家の山はもろもろの山の頂より上に堅く据えられ,もろもろの丘より上に必ず高められる。もろもろの民は必ず流れのようにそこに向かう。2 [続きを読む]
  • 「エホバはそれに答えない」
  •  だが,このわたしのほうは,エホバの霊のもとに力に満たされ,また公正と力強さとに満たされた。それは,ヤコブに対しその反抗について,イスラエルに対しその罪について告げるためであった。−−−ミカ 3:8 (。+・`ω・´)≪≪≪「司令者たちよ、公正を行いなさい!」(ミカ 3:1‐12) それからわたしは言った,「さあ,聞くように。ヤコブの頭たち,イスラエルの家の司令者たちよ。公正を知ること,それがあなた方の務め [続きを読む]
  • 「エホバがその先頭を行く」
  •  イスラエルの残っている者たちを間違いなく集め寄せる。わたしは彼らを,囲いの中の羊の群れのように,牧場の中央の畜群のように一つにならせる。そこは人でにぎわう。−−−ミカ 2:12 (ミカ 2:1‐13) 「床の上で有害な事柄をたくらんでいる者,悪を習わしにしている者は災いだ! 朝の光によって彼らはそれに取りかかる。それが自分たちの手の力のうちにあるからである。2? こうして彼らは畑を欲してそれを奪った。 [続きを読む]
  • 「はげをつくれ」
  •  ユダの王ヨタム,アハズ,ヒゼキヤの時代に,モレシェトのミカに臨んだエホバの言葉。サマリアとエルサレムに関して彼が幻で見たものである。−−−ミカ 1:1 (。+・`ω・´)≪≪≪「エホバの裁きがあります」ウワァァ━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━ン!!(ミカ 1:1‐16) ユダの王ヨタム,アハズ,ヒゼキヤの時代に,モレシェトのミカに臨んだエホバの言葉。サマリアとエルサレムに関して彼が幻で見たものである。 2? 「聞け,もろも [続きを読む]
  • 「彼は怒りに燃えた」
  •  では,わたしとしても,大いなる都市ニネベを,右も左も全くわきまえない十二万以上の人々に加えて多くの家畜もいるこの所を惜しんだとしても当然ではないか」。−−−ヨナ 4:11 (^∇^)ヾ(。`Д´。)ノ「12万人の人々を惜しんだのは当然」( ̄_ ̄ i)そうか・・・(ヨナ 4:1‐11) だが,ヨナにとってそれは大いに不愉快な事であった。彼は怒りに燃えた。2? それで彼はエホバに祈ってこう言った。「ああ今,エホバよ,わた [続きを読む]
  • 「悪の道から立ち返った」
  •  すると,ニネベの人々は神に信仰を置くようになり,断食をふれ告げて粗布をまとい,その最も大なる者から最も小なる者までがそうするのであった。−−−ヨナ 3:5 (*゚ノO゚)(ヨナ 3:1‐10) その後エホバの言葉が再度ヨナに臨んでこう言った。2 ?「立って,大いなる都市ニネベに行き,わたしがあなたに語る布告をふれ告げよ」。 3? そこでヨナは,エホバの言葉のとおりに立ってニネベに行った。さて,ニネベは神にと [続きを読む]
  • 「救いはエホバのもの」
  •  しかしわたしは,感謝の声をもってあなたに犠牲をささげる。 自分の誓約したことをわたしは果たす。救いはエホバのものである」。やがてエホバはその魚に命じ,それはヨナを陸に吐き出した。−−−ヨナ 2:9, 10 m(゚- ゚ )「救いはエホバのもの」(uωu人)・*:..。o○感謝(*。◇。)ハッ!(((o(*゚▽゚*)o)))(ヨナ 2:1‐10) その時ヨナは魚の内部から自分の神エホバに祈って,2 ?こう言った。 「自分の苦難の中からわたしは [続きを読む]
  • 「逃げて行くのであった」
  •  「わたしを抱え上げて,海の中に投げ込んでください。そうすれば,海はあなた方のために静まるでしょう。…−−−ヨナ 1:12 「宣べ伝えなさい」((((((ノ゚?゚)ノ「嫌だ〜」  ((>д<))(*。◇。)ハッ!(ヨナ 1:1‐17) そして,エホバの言葉がアミタイの子ヨナに臨むようになって,こう言った。2? 「立って,大いなる都市ニネベに行き,彼らの悪がわたしの前に達したことをふれ告げよ」。 3? ところがヨナは立って,エホ [続きを読む]
  • 「エサウの家は刈り株となる」
  •  ユダの子らが滅びの日にあるのを見て歓ぶべきではない。彼らの苦難の日に大口を開けているべきではない。−−−オバデヤ 12 「いい気味だ」γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o「兄弟」の災いを笑うな!(オバデヤ 1‐21) オバデヤの幻: これは主権者なる主エホバがエドムに関して言われたことである。「わたしたちがエホバから聞いた知らせがある。諸国民の中に遣わされた使節がいる。『あなた方は立ち [続きを読む]
  • 「ダビデの仮小屋を起こし」
  •  わたしは自分の民イスラエルの捕らわれ人たちを再び集め,彼らは荒廃した都市をまさしく建て直してそこに住み…−−−アモス 9:14 「み名のための民が集められた」ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ(アモス 9:1‐15) わたしは,エホバが祭壇の上方に位置しておられるのを見た。そうしてこう言われた。「柱の頭を打って,敷居まで激動するようにせよ。そして彼らを,そのすべてを頭のところで切り断て。そうすれば,その [続きを読む]
  • 「見よ,その日が来る」
  •  そしてわたしはその地に飢きんを送り込む。パンの飢きんではない。水の渇きでもない。エホバの言葉を聞くことの飢きんである。−−−アモス 8:11 「エホバの言葉の飢きん」─=≡Σ((( つ??ω??)つどうぞ ⌒⌒ポイッ「いらない」ヽ(`∀´ヽ)(アモス 8:1‐14) これは,主権者なる主エホバがわたしに見させてくださった事柄である。見よ,夏の果実を入れたかごがあった。2? そしてこう言われた。「アモスよ,何を見 [続きを読む]
  • 「行って…預言せよ」
  •  わたしは預言者ではなく,預言者の子でもなかった。わたしは牧夫であり,エジプトいちじくの実をはさむ者であった。−−−アモス 7:14 (`∀´)≪「陰謀をたくらみました」キーーーッヾ(*`Д´*)ノ"彡☆「預言してはならない」(アモス 7:1‐17) これは,主権者なる主エホバがわたしに見させてくださった事柄である。見よ,神は後の種まきによって生え出て来るその始めにいなごの群れをまとめておられた。そして,見よ, [続きを読む]
  • 「象牙の寝いすに横たわり」
  •  ゆえに今,彼らは流刑になる者たちの先頭に立たされて流刑にされる。寝そべる者たちの浮かれ騒ぎは過ぎ去らねばならない。−−−アモス 6:7    ゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o(アモス 6:1‐14) 「シオンで安逸に過ごしている者,サマリアの山を頼みとしている者たちは災いだ! 彼らは国々の民の主要な部分のうちの際立った者たちであり,イスラエルの家はその者たちのもとに来た。2 ?カルネに渡って行って,見よ。 [続きを読む]
  • 「わたしを捜し求めて生きつづけよ」
  •  悪ではなく,善を捜し求めよ。あなた方が生きつづけるためである。また,それによって,あなた方の述べたとおり,万軍の神エホバがあなた方と共にいるようになるためである。−−−アモス 5:14 ε=ε=(>Д<)ノノ助けてぇ!! ε=ε=(>Д<)ノノ助けてぇ!! (アモス 5:1‐27) 「イスラエルの家よ,あなた方に関しわたしが哀歌として述べるこの言葉を聞け。 2? 「処女のイスラエルは倒れた。 再び立ち上がることは [続きを読む]
  • 「神に会う用意をせよ」
  •  見よ,山々を形造った方,風を創造した方,地の人にその思っている事柄を告げる方,…,万軍の神エホバがそのみ名である」。−−−アモス 4:13 (アモス 4:1‐13) 「サマリアの山にいるバシャンの雌牛たちよ,この言葉を聞け。立場の低い者からだまし取り,貧しい者を打ち砕き,その主人たちに,『さあ持って来い,共に飲もう』と言う者たちよ。2? 主権者なる主エホバは自らの神聖さにかけてこう誓われた。『「見よ, [続きを読む]
  • 「言い開きを求める日」
  •  主権者なる主エホバは,内密の事柄を自分の僕である預言者たちに啓示してからでなければ何一つ事を行なわないのである。−−−アモス 3:7 「主権者なる主エホバが語った」「預言せよ」「はい!」─=≡Σ((( つ??ω??)つ(アモス 3:1‐15) 「イスラエルの子らよ,あなた方に関し,わたしがエジプトの地から携え上った全家に関してエホバが話されたこの言葉を聞け。こう言われた。2 ?『わたしは,地上のすべての家 [続きを読む]
  • 「わたしはそれを翻さない」
  •  それなのにあなた方はナジル人にぶどう酒を飲ませ,預言者に命令を課して言った,「あなた方は預言してはならない」と。−−−アモス 2:12 「モアブ」「ユダ」「イスラエル」゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o(アモス 2:1‐16) 「エホバはこのように言われた。『「モアブの三つの反抗のゆえ,また四つの反抗のゆえに,わたしはそれを翻さない。彼が石灰のためにエドムの王の骨を焼いたからである。2? それでわたしはモアブ [続きを読む]
  • 「エホバはこのように言われた」
  •  テコアの牧羊者たちの中にいたアモスの言葉。−−−アモス 1:1 ゚・゚*・(゚O゚(☆○=(`◇´*)o「反抗のゆえに」(アモス 1:1‐15) テコアの牧羊者たちの中にいたアモスの言葉。それは,ユダの王ウジヤの時代,イスラエルの王ヨアシュの子ヤラベアムの時代,地震の二年前に,イスラエルに関して幻で見たものであった。2? そして彼はこう言った: 「エホバはシオンからとどろき,エルサレムからその声を発せられる。牧者た [続きを読む]
  • 「決定の低地平原」
  •  群がる民,群がる民が決定の低地平原にいる。エホバの日が近く,決定の低地平原に臨んでいるからである。−−−ヨエル 3:14 (-(-д(-д(`д´)д-)д-)-)(-(-ω(-ω(`・ω・´)ω-)ω-)-)(ヨエル 3:1‐21) 「見よ,その日,わたしがユダとエルサレムの捕らわれ人たちを連れ戻すその時に,2? わたしはまたあらゆる国民を集め寄せ,これをエホシャファトの低地平原に下らせる。わたしはそこで,彼らが諸国民の中に散 [続きを読む]
  • 「エホバの名を呼び求める者」
  •  聖会を召集せよ。民を集めよ。会衆を神聖にせよ。年寄りたちを集合させよ。子供たち,また乳を吸う者たちを集めよ。花婿はその奥室から,花嫁はその婚姻の間から出よ。−−−ヨエル 2:15, 16 ハルマゲドン「エホバ‼‼」≫m(゚- ゚ )(ヨエル 2:1‐32) 「シオンで角笛を吹き鳴らせ。わたしの聖なる山で戦いの叫びを上げよ。この地に住むすべての者よ,動揺せよ! エホバの日が来るから,それが近いからである。2 ?そ [続きを読む]
  • 「ああ,その日よ!」
  •  毛虫が食い残したものは,いなごがこれを食べた。いなごが残したものは,はい回る翼のないいなごがこれを食べた。そして,はい回る翼のないいなごが残したものは,ごきぶりがこれを食べた。−−−ヨエル 1:4      (ヨエル 1:1‐20) ペトエルの子ヨエルに臨んだエホバの言葉: 2? 「年長者たちよ,これを聞け。この地に住むすべての者よ,耳を向けよ。このような事があなた方の日に,いや,あなた方の父祖たちの [続きを読む]
  • 「唇の若い雄牛をささげます」
  •  賢くて,これらの事を理解する者はだれか。思慮があって,これを悟り知る者はだれか。エホバの道は廉直であり,そこを歩む者は義にかなう。−−−ホセア 14:9 ε=ε=(*~▽~)≪ ε=ε=(*~▽~)≪ ε=ε=(*~▽~)≪(ホセア 14:1‐9) 「イスラエルよ,さあ,あなたの神エホバに帰れ。あなたは自分のとがのためにつまずいたからである。2? あなた方は言葉を携えてエホバのもとに帰れ。あなた方はみな神に言え,『とがを [続きを読む]
  • 「心は高ぶるようになった」
  •  サマリアは罪科のある者とされる。自分の神に反逆しているからである。剣によって彼らは倒れる。−−−ホセア 13:16 「心が高ぶった」(ホセア 13:1‐16) 「エフライムが語ると,そこにはおののきがあった。彼はイスラエルで重責を担った。しかし彼はバアルに関して罪科のある者となって死んでいった。2? そして今,彼らはさらに罪を重ね,自分たちのために銀で鋳物の像を作った。それはみな彼らの理解による偶像であ [続きを読む]
  • 「彼らを自分の腕に抱いた」
  •  イスラエルが少年であった時,わたしはこれを愛した。エジプトからわたしは自分の子を呼び出した。−−−ホセア 11:1              (ホセア 11:1‐12) 「イスラエルが少年であった時,わたしはこれを愛した。エジプトからわたしは自分の子を呼び出した。 2? 「人々は彼らを呼んだ。その分だけ彼らはその前から離れて行った。バアルの像に彼らは犠牲をささげるようになった。彫像に向かって犠牲の煙を [続きを読む]