佐竹正浩 さん プロフィール

  •  
佐竹正浩さん: Balance 税務、会計、仕事、ITに関する情報を発信
ハンドル名佐竹正浩 さん
ブログタイトルBalance 税務、会計、仕事、ITに関する情報を発信
ブログURLhttp://balance-blog.com/
サイト紹介文京都市三条釜座で働くキャッシュフローコーチ・税理士佐竹正浩のブログです。
自由文税理士佐竹正浩が仕事や家事の効率化、会計や税金、ITに関する記事を掲載します。
平日毎日更新しています。

ブログの方針についてはこちら
http://balance-blog.com/balance
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供380回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2015/06/09 11:21

佐竹正浩 さんのブログ記事

  • 顔を合わせる、からこそ分かること、伝わること。
  • やはり大事かと。 定期的にお会いさせて頂くことが基本です 税理士の顧問としての仕事だったり経営のサポートをさせて頂く仕事では、定期的に毎月とか2ヵ月に1回お会いさせて頂くことを基本にしています。 税理士の顧問契約でも年に1回だけ会って決算や税金の申告書を作る。 このような契約形態もありますが通常はお断りしています。 定期的にお会いさせて頂くことでこちらの価値も提供でき [続きを読む]
  • 伝えたいことをマインドマップでまとめるといいこと
  • 効果を実感するようになってきました。 マインドマップ初心者でもメリットを感じますマインドマップをきちんと勉強したわけでないのですが、マインドマップを作るメリットは感じています。 セミナーを行うとき、プレゼンを行うときスピーチを行うとき。 こんなときにいきなりPowerPointのスライドを作ったり、話しをする原稿を作る前にまずマインドマップを作ることから始めるようになりました。 マイン [続きを読む]
  • 現場に出るか出ないかを決めること。将来のビジョンの決め方。
  • 自分がどうしたいかを確認してみましょう。 引退するまで現場に出る ある経営者の方のことばが印象に残っています。 「今後もずっと現場に出ますよ」 将来の方向性をお聞きする中で、従業員さんを増やして経営に専念することがあるのかを聞いてみたところ、返ってきたことばです。 現場での仕事を続けるというよりは、現場での仕事を見続けることが必要だというお話しでした。 現場に出 [続きを読む]
  • 目標達成のその先の見える化ができるといいな
  • どこに流れて行くか知りたいですよね。 社員向けお金の授業でお伝えすること 「社員向けお金の授業セミナー」 最近、ご依頼を頂く機会が増えてきました。 このセミナーでどんな話しをするのかというと、社員さんに会社のお金の構造を理解して頂くために、いきなり会社の話しをするのではなくご自身の家計のお金の構造を確認して頂くことから始まります。 ご自身の家計を理解した後、その家計の収入 [続きを読む]
  • Web会議室Zoomで利益アップ!ITを活用する理由。
  • まずはやってみよう!の気持ちからです。 Zoomでの相互コーチングを実施しました!昨日は私が所属している日本キャッシュフローコーチ協会のメンバーと3名で相互コーチングを実施致しました。 とはいってもどこかに集まるのではなく、集まったのはこちら。 Web会議室のZoomに集合。 https://zoom.us/ つまりPCやiPad使ってネット上に集まったということ。 3人のそれぞれの顔が見える状 [続きを読む]
  • 歩み寄り、できていますか?相手からか自分からか。
  • 待つより動くタイプです。 従業員の立場として嬉しいこと最近、改めて感じることです。 従業員の立場から考えると、経営者や上司のちょっとした行動が嬉しかったりするんですよね。 今は自分の立場は事業主という立場で、従業員さんがいるわけではありませんが。 それまでは、従業員の立場で仕事をしてきました。 当時のことを考えると、経営者であったり、上司であったりが気にかけてくれて、ひと [続きを読む]
  • 自分や自社の中の優先順位を優先する!
  • 今、どんな優先順位を持っていますか? 優先順位がハッキリしていると行動しやすい自分の中の優先順位って決まっていますか? たとえば、仕事と家族との優先順位。 家族より仕事が優先する人もいれば、仕事よりまずは家族を優先する人もいるでしょう。 仕事と自分の家族の優先順位を同等に置く、人もいます。 優先順位がハッキリしていると行動がしやすくなります。 仕事の優先順位が高 [続きを読む]
  • 心の中の矢印はどちらに向いていますか?
  • 走り出す向きで結果は大違いですよね。 矢印はどっちを向いていますか?お客さまのために、相手のためにと思って行っていることでも実は相手のためになっていなかった。 そんなことってありませんか? お客さまのために、といって始めた新しいサービスでもそのサービスがお客さまのためよりも自社の都合のためだったり。 ほかにもある会社が人のお困りごとを解決するために社会保険労務士と [続きを読む]
  • メリット・デメリットだけで会社を設立しない!
  • 何のために会社にしますか? 会社設立のご相談をよく頂きます 個人事業主の方から会社設立のご相談を頂くことが多いです。 「そろそろ会社にした方がいいですか?」 「会社にした方がメリットありますか?」 その個人事業主の方の周りには既に会社を設立した方などもいて 「会社にした方がいいよ」 「まだ会社じゃないの?」 なんて言われたりするこもあるようです。 でも、私の場合 [続きを読む]
  • 魅力は身近なところにある!はず。作るのではなく、見つける。
  • あるものを見つけるほうが近道ですよね。 テーマパークより路線バス先日のゴールディウィークの最終日は長男のリクエストに応えてのおでかけでした。 どこへ出掛けたかというと、実はどこへというわけでもなく。 京都市内で1路線だけ走っているJRの路線バスに乗るというコト。 京都市内の中心部から栂ノ尾という山あいの終点まで行って、そのまま終点で折り返すJRバスに乗って中心部に戻ってくる [続きを読む]
  • お客さまの声の大切さ。ズレの修正力にあります。
  • ズレを修正しないと意味がない。 お客さまの声はとても嬉しい仕事をしていてとても嬉しいことがあります。 それはお客さまからの声を頂けたときのこと。 「○○の問題が解決した」 「方向性が定まった」 「今後のヒントになった」 など、直接、声を掛けて頂く以外にもブログだったり、手紙だったり、別の方を経由してだったり。 いろんなパターンはありますが、どんな方法にせよ、そんな [続きを読む]
  • オープンにすること。お客さまを思い、責任を持つ!
  • 外から見えるようにオープンに。 メニューのアレルギー表示最近少しずつですが、外食に出掛けた際、次男もお店のメニューにあるものを食べる機会が増えてきました。 それまでは家から持参したお弁当を食べさせることが多かったんです。 1歳の次男だと、まだ食べることができないものもあるので、外食先の料理よりも持参したお弁当の方が安心なんです。 けれど、外食先のメニューを次男にも食べさ [続きを読む]
  • 視点の勝負。京都市動物園の視点。
  • どんな視点を持つかは大切ですね。 広さでは勝てない 昨日に続いて動物園ネタです。。 京都市動物園の特徴の1つが園の広さにあります。 広さといっても、広大な敷地がある!というわけではありません。 とてもコンパクト、つまり狭い動物園なのです。 面積は4.1ヘクタール。 天王寺動物園は約11ヘクタール、上野動物園は14.2ヘクタール旭山動物園は約15ヘクタール。 全国の主 [続きを読む]
  • 東映太秦映画村の変化に感じたこと。変化とお金。
  • 両輪が揃ってこそですね。 GW後半初日は東映太秦映画村へ 最近、忍者にも興味を持ち始めた長男が喜ぶだろうと太秦の映画村に行ってきました。 私自身は小学生のころ以来約30年ぶりの映画村。 当時は時代劇がメインのテーマパークで正直なところ小学生の私にとっては何度も通いたいと、感じることはありませんでした。 けれど、今の映画村は様変わりしていましたね。 立派になったチケッ [続きを読む]
  • ワクワク感、ありますか?ワクワク感のために必要なこと。
  • ワクワクするほうに進んでいきたいですね。 非日常から生まれるワクワク感先日、会員制スーパーのコストコに行ってきました。 行ったことがある方はご存じだと思いますが、アメリカにあるような倉庫型の大型スーパーです。 店舗のサイズに比例して大容量サイズの日用品やキロ単位の食料品が取りそろえられています。 あくまで大型スーパーに行くだけなんですが、コストコに行くだけでワクワクしま [続きを読む]