水谷功 さん プロフィール

  •  
水谷功さん: 水谷功 プルデンシャル生命を検討する
ハンドル名水谷功 さん
ブログタイトル水谷功 プルデンシャル生命を検討する
ブログURLhttp://mizutaniprudential.blog.fc2.com/
サイト紹介文水谷功が生命保険についてじっくり考えるため作ったブログ
自由文水谷功と申します。プルデンシャル生命など生命保険会社は数多ありますが、一度保険についてじっくり考えるため「水谷功 プルデンシャル生命を検討する」というブログを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/06/09 17:33

水谷功 さんのブログ記事

  • 介護終身保険
  • 水谷功です。プルデンシャル生命の介護保険は、将来において介護が必要になったときにおいて、公的な保険ではサポートされない部分に備えるのに最適な保険です。「終身介護保険」では、例えば契約年齢40歳の男性のケースでは、月々4,320円のお支払いで介護年金60万円を生涯を通じて受け取ることができます。受取方法は年金払ですので、毎年継続的にかかる費用に備えることができます。介護期間が長期化している状況を変えれば、年 [続きを読む]
  • 団体での生命保険加入
  • 水谷功です。プルデンシャル生命などの生命保険の加入を行う際に、給与より天引きして対応すると言った事となれば団体で加入する事で割引を受けたりする事など、メリットの高い加入が呼びかけられます。多くの生命保険の中で選んでいく流れとしても、やはりそれぞれのメリットを考えた時に安くて安心した保証を受ける事が出来るものであれば、かなり効果的な保険の加入として考えていく事が出来ます。それぞれの特色としてもプルデ [続きを読む]
  • プルデンシャル生命の介護保険
  • 水谷功です。プルデンシャル生命の介護保険は、将来において介護が必要になったときにおいて、公的な保険ではサポートされない部分に備えるのに最適な保険です。「終身介護保険」では、例えば契約年齢40歳の男性のケースでは、月々4,320円のお支払いで介護年金60万円を生涯を通じて受け取ることができます。受取方法は年金払ですので、毎年継続的にかかる費用に備えることができます。介護期間が長期化している状況を変えれば、年 [続きを読む]
  • 生命保険と相続税
  • 水谷功です。相続税に関する法律が改正されたことによって基礎控除が減額されました。それによって、今までは相続があっても基礎控除の範囲内に収まっていた人も税金を支払わなければならなくなりました。それまでは、相続税を支払うのはごく一部のお金持ちの人だったのですが、一般消費者の多くが対象となったと言えるでしょう。例えば事業を行っている人の場合、課税される可能性は非常に高くなってきたのです。これを見据えて事 [続きを読む]
  • マイナンバー制度と生命保険
  • 水谷功です。いよいよマイナンバー制度が始まりましたが、大切な番号ですので、日頃の管理はしっかりと行っていくことが大切です。個人番号を記載しているカードの管理を無防備にしていると思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もありますので、日頃はしっかり管理し、安易に他人に教えないようにしましょう。これからは保険会社からも番号の提出を依頼されることもありますので、各保険会社の対応はよくチェックしておきましょう。 [続きを読む]
  • 税率の引き下げと節税効果
  • 水谷功です。日本という市場に外資系企業が投資してくれない理由は、実質税率が高いからだと言われることが多くなってきました。日本はどちらかというと企業に課税して、一般消費者の税率は低くする傾向があります。このトレンドが変わりつつあると言えるでしょう。安倍政権は法人税の税率を下げる方針を示しています。このようなトレンドの中で、生命保険は節税対策として優れたものだと考えられます。というのは、利益を将来に繰 [続きを読む]
  • 受取保険金の節税対策
  • 生命保険は個人にとっても法人にとっても節税対策ができる金融商品で、掛け金による税金の控除と受け取る保険金の控除が認められています。掛金は、個人では死亡保険金については所得税の「保険料控除」があり、現在では新生命、介護医療、新個人年保険の支払い額が、最高で8万円を超えると4万円の控除が認められていて、この控除額を課税対象となる所得から差し引くことができます。法人の場合は、従業員の死亡保障にかかる部分に [続きを読む]
  • 会社の生命保険加入のメリット
  • プルデンシャル生命を検討したことは有ありますか?水谷功はまさに検討途中です。生命保険の節税対策について考えてみます。会社が契約者及び保険金受取人となり、自社の役員や従業員などを対象とした生命保険に加入することで、傷害が発生した場合や死亡した場合の経営リスクに対応できるとともに、支払った保険料が経費に計上可能となるため節税対策として利用することができます。さらにこうした保険の多くは「解約返戻金」が高 [続きを読む]
  • プルデンシャルファイナンシャルの総資産
  • 水谷功です。140年以上の長きに亘る歴史を持つプルデンシャルファイナンシャルの総資産は、2013年12月現在、1兆1,070億ドルとされています。1兆ドルを日本円に変換して、およそ100兆円とすると、プルデンシャルファイナンシャルは日本円にして、100兆円を越える資産を持っている金融機関と言えるでしょう。ちなみに2015年12月現在で、総運用資産は1兆1,840億ドル、生命保険の保有契約高は3兆5,000億ドルとなっています。プルデンシ [続きを読む]
  • 経営者ができる生命保険の節税対策
  • 水谷功です。会社が契約者及び保険金受取人となり、自社の役員や従業員などを対象とした生命保険に加入することで、傷害が発生した場合や死亡した場合の経営リスクに対応できるとともに、支払った保険料が経費に計上可能となるため節税対策として利用することができます。さらにこうした保険の多くは「解約返戻金」が高額に設定されているため、必要な時にはその保険を解約して解約返戻金を受け取ることで、退職金等の原資として利 [続きを読む]
  • プルデンシャルファイナンシャルの理念
  • 水谷功です。プルデンシャルファイナンシャルは、アメリカで最も多くの加入者を誇る保険会社です。その理由はプルデンシャルファイナンシャルの理念にあります。創業者のジョン・F・ドライデンがプルデンシャルファイナンシャルを創業した当時、アメリカは大変な時代でした。経済恐慌により景気が停滞し失業者が増大するなか、欧州各地から職やより良い未来を求めて移民らが大挙して訪れたため、都市がスラム化したのです。困難に [続きを読む]
  • プルデンシャル生命のソルベンシー・マージン比率
  • 水谷功です。プルデンシャル生命が取扱っている金融商品は、安心かどうか不安に感じている方もいるはずです。そんな方に知っておいてほしい指標が、ソルベンシー・マージン比率と呼ばれる指標です。この指標は、予想を超えて発生するであろうリスクに対してどれだけ対応する事ができるか?といった支払い余力を表すものです。プルデンシャル生命のソルベンシー・マージン比率は、2015年12月現在で784.2%と非常に高い数値を残して [続きを読む]
  • プルデンシャル生命の変額保険
  • 水谷功です。プルデンシャル生命の変額保険は、運用実績により保険金額、解約返戻金が変動する仕組みの終身保険です。終身保険ですので、死亡および高度障害時の保障が、生涯受けられます。万一の場合は、基本保険金額+変動保険金額が支払われます。基本保険金額には、最低保証があります。(解約返戻金は保証されませんので注意が必要です)一方、変動保険金額は特別勘定の運用実績に応じて変動します。したがって、最低保証を確 [続きを読む]
  • プルデンシャル生命の強み
  • 水谷功です。個人事業主は、思いがけない怪我や病気が、無収入に直結します。まず、サラリーマンであれば受給できる傷病手当金がありません。また、万一傷害が残った場合の公的年金による保障も決して手厚いとは言えません。それでは仕事ができなくなったときに必要最低限以下の生活を強いられる可能性もあります。さらに退職金もありませんので、老後への備えも必要となるでしょう。このように個人事業は、サラリーマンと比較して [続きを読む]
  • プルデンシャルファイナンシャルの始まり
  • 水谷功です。プルデンシャル生命は、エジソン生命やスター生命などAIG系の生命保険、大和生命保険を吸収合併した外資系の生保企業であります、代理店や金融機関を窓口にて個人及び団体向けの保険や年金保険料などの保険商品を取り扱う会社です。プルデンシャル生命は、世界最大級の金融や保険などを取り扱う企業であり、世界的にみても社会貢献度や信頼性の高い企業とされるプルデンシャルファイナンシャルグループの一員です。又 [続きを読む]
  • MDRT会員が多数いるプルデンシャル生命
  • 水谷功です。プルデンシャルなどの生命保険の世界でよく聞く「MDRT」とは、1927年に発足し、世界71の国と地域の470社以上で活躍する会員を有する、国際的かつ独立した組織です。この組織は、生命保険と金融サービスのプロフェッショナルとして世界中から認識されており、厳しい入会基準を満たして承認された者だけに、会員の資格が与えられる仕組みとなっています。一般的にはあまり知られていませんが、生命保険業界ではこの組織 [続きを読む]
  • 終身保険で節税対策
  • 水谷功です。プルデンシャル生命で契約していなくとも、生命保険での節税対策はほとんどの方が考えることと思います。生命保険の中でも終身保険を利用するのは節税対策の基本的な方法だと言われています。終身保険の保障内容は一生涯にわたって続きます。人はいずれ死亡するものですから、死亡したときに保険金を受け取ることができるというものですから、終身保険であれば必ず受け取ることができるという特徴があります。これは [続きを読む]
  • 必要な保険の保障とは
  • 水谷功です。プルデンシャル生命を知っていますか?生命保険の見直しとよく言いますが、年齢や家族構成によって変わってきます。もしも独身者で家族がいない場合は保険の内容は死亡保障は300万円程度でよいでしょう。ですが、病気になったとき誰も手助けはしてくれませんので通院保障や入院保障、休業補償を特約としてつけておくのがいいです。入院は1日一万円、休業補償も余裕があれば一日5000円、最低でも3000円程 [続きを読む]
  • 生命保険と相続対策
  • 水谷功です。プルデンシャルなど生命保険会社は様々ありますが、生命保険と言いますと、自分が死んだらお金を親族にあげるというコンセプトの金融商品ですから、自己の利益を最大化するという経済原則に照らしあわせて考えてみますと、あまり合理的な仕組みとは思えないものです。しかし、自分の家族や親族の利益を最大化するという観点で考えてみますと、合理的な仕組みであると言うことができます。例えば、死亡保険金には限度 [続きを読む]
  • 女性疾病入院特約とは??
  • 水谷功のプルデンシャル生命を検討するブログです。女性特有の病気、乳癌・子宮癌・子宮筋腫・子宮体癌・子宮内膜症・卵巣腫瘍・卵巣癌などで入院した場合に、特別支給金が支払われる生命保険の特約を、「女性疾病入院特約」と言います。医療保険に上乗せされて、支給されることになります。さらに、保険会社によっては女性特有の病気だけでなく、女性に多い病気にも幅広く適用される商品を提供しているところもあります。会社に [続きを読む]
  • 貯蓄型生命保険
  • 水谷功です。プルデンシャルなどの生命保険の情報を集めています。生命保険と言いますと、自分が死ななければお金を貰えないという金融商品ですから、貯蓄や投資に興味がある人にとっては、あまり関心を持てない金融商品と言えるかもしれません。つまり、こういう人達にとっては、自分が死んでから後の話には興味がないということです。でも、生命保険のなかには、このような従来の掛け捨て型の他に、貯蓄性の高い生命保険を販売 [続きを読む]
  • MDRTやプルデンシャルについて
  • 水谷功のプルデンシャル生命を検討するブログです。MDRTやプルデンシャルについてまとめました。 生命保険のプロフェッショナル「MDRT」 プルデンシャル・ファイナンシャルの歴史 プルデンシャル生命の契約者貸付の制度 言われたまま違う契約を・・・トラブル例 たくさんの資産の節税対策 生命保険料控除制度で節税対策生命保険のプロフェッショナル「MDRT」「MDRT」をご存じでしょうか。簡単に説明するならば「全世界にお [続きを読む]
  • 養老生命保険
  • 水谷功です。プルデンシャル生命の情報を公開しています。生命保険のなかには、貯蓄性の高い養老生命保険という金融商品があります。こういう貯蓄性の高い保険であれば、掛け捨てとはならないので、契約してもよいかなと思われている方も多いのではないでしょうか。ただ、この種の保険で気をつけたほうが良い点は、その高い利回りが保証されているものではないということです。例えば、バブル時代に販売されていた養老保険は、利 [続きを読む]