弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜 さん プロフィール

  •  
弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜さん: 弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜
ハンドル名弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜 さん
ブログタイトル弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/bengojoshi
サイト紹介文熊谷市の女性弁護士生井澤葵の日々です。得意分野の離婚・不貞・借金問題についても時々書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供289回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2015/06/10 12:39

弁護女子。〜熊谷の女性弁護士の日々〜 さんのブログ記事

  • 中絶と慰謝料。
  • 「中絶をしたことについて、相手の男性に慰謝料請求ができますか?」そう、女性からご相談をいただくことが、これまで何度もありました。私が女性弁護士だからということもあるのかもしれません。とても繊細でプライベートな問題ですので、(人の命そして思想・信条にかかわります)ブログに書くことも少し勇気がいるのですが、悩んでおられる方の考えのヒントになれば・・・と書くことにいたしました。 合意による性交渉、合意に [続きを読む]
  • 食事作りは・・・?
  • 食事を作る時間が無駄ではないかというお話が出て、キョトンとしてしまいました女性弁護士仲間では、「ご飯作ってる?どうしてる??」「お惣菜ばっかりだよ〜」「お味噌汁作れば十分じゃない?」なんて、よく、ご飯作りの話をするのです一切料理をしませんという潔い意見も時々あります女性が外で働く時間が増えるこの時代、妻があたたかく、手の込んだ食事を作りますから、解放されていかないと大変だろうと感じますが、なかなか [続きを読む]
  • 担当する事件も変化があります。
  • 何年か前なのですが、「先生はいつも調停の待合室にいますね」と他の弁護士の方に言っていただいたことがありますその頃は、調停のご依頼がとても多く、午前も調停、午後も調停・・・ということもありましたその後、理由はないのですが、調停が1〜2件になった時期もあったのですが、最近はまた10件を超えるくらいになってきました自分で決めた変化ではないのですが、なんとなく移り変わるものなのですあまりに家庭裁判所にいる [続きを読む]
  • 趣向。
  • お酒は焼酎が好きです。ビールも好きです。それも芋が好きです。クセが強いものも大好きです。紅芋焼酎、焼き芋焼酎・・・手を出しています。赤魔王と炎魔天という焼酎が最近のヒットです。こばと法律事務所 弁護士  生井澤 葵(なまいざわ あおい)弁護士生井澤葵のホームページ:https://www.lawyer-aoi-namaizawa.net/         【プロフィール】       弁護士・中央大学法科大 [続きを読む]
  • 面会交流というテーマ。
  • 道でばったりお会いした弁護士の方と、裁判所に向かいながら話題に出たのが「面会交流について」後輩からアドバイスを求める連絡が来たのも「面会交流について」面会交流については、各ご家庭それぞれに合わせて決めていくものなので、完全オーダーメイド・・・と言いますか、フリーハンド(?)な感覚が難しい事件だと思います。バシッと審判を出さなければいけない裁判官も、かなり苦労をされる事件だと耳にしたことがあります確 [続きを読む]
  • デビュー・管財人等勉強会。
  • 埼玉弁護士会では、管財人等勉強会というしっかりとした、管財人関係の勉強会が催されています私も、弁護士1年目の時に伺わせていただいたことがあるのですが、開催されている場所が浦和で、本庁(管轄がさいたま地方裁判所になる地域)の先生方が多かったので、次第に足が遠のいてしまいましたそして1度フェードアウトしてしまうと、極めて次に伺うハードルが高くなってしまうのですよね・・・昨年末ころ、熊谷支部でもきちんと [続きを読む]
  • 蔵王キツネ村に行ってきました!
  • 弁護士ブログでプライベートなイベントのお話を書くことを、お許しください。週末なのでゆる〜い記事です。弁護士になってもう7年目なのですが、毎朝、自分が弁護士であることが嬉しいですそれでも、日によっては疲れてしまうこともありますそんな私の癒しが、蔵王キツネ村の写真でした  遠いから行くのは難しいだろうな・・・そう諦めていたのですが、何年も我慢する中で、こんなにキツネに会いたいのに、会えない人生って寂し [続きを読む]
  • 予約のお電話。
  • 法律事務所にお電話いただく時というものは、   とても緊張されると思います最初の一言もなんといえばいいか・・・難しいですよね。「相談をしたいんです」その一声で大丈夫です(※その一言でなくても当然大丈夫です)こばと法律事務所の事務局スタッフは、予約のお電話の対応に慣れておりますので、ご安心ください女性の声でマゴマゴしている者が、電話に出た場合には・・・、それは私です努力しておりますが、私はご予約ご対 [続きを読む]
  • 本:【楽しく使う会社法】
  • 本屋さんでふと見かけて、まだ購入できていないのですが、本 【楽しく使う会社法】  木俣由美著が欲しくてたまりません会社法の条文もこの本なら苦痛なく読めます高校生の時に、古典の単語帳で「ねこ単」という本があったのですが、あまりの衝撃に、愛用しまくり、古典が得意になったことを思い出しました難しい法律の本も、可愛い・面白いイラストや写真が入っていると、俄然やる気が出てしまいますこばと法律事務所 [続きを読む]
  • ぐぅ。
  • この写真のイキモノにつきましては、また後で詳しく書きたいです。こばと法律事務所 弁護士  生井澤 葵(なまいざわ あおい)弁護士生井澤葵のホームページ:https://www.lawyer-aoi-namaizawa.net/         【プロフィール】       弁護士・中央大学法科大学院実務講師・JADP認定夫婦カウンセラー       女性の弁護士ということで、夫婦の問題や、男女の問題についての相 [続きを読む]
  • 可能な限り配慮します・・・。
  • 今日の熊谷がとても暑かったです夏のような日差しでしたこれから暑くなっていくので、またクールビズが始まりますね最近は上下ビシッとスーツ・・・ではなく、ジャケットで裁判所に行くことが増えました弁護士はスーツでないと・・・そうご心配される依頼者の方がおられましたら、その方の裁判の日はそのようにしたいと思いますそれにしましても今日は暑かったです。裁判所は空調が入らない時期ですから、待合室がムンムンしていま [続きを読む]
  • 秩父の期日はダイナミック。
  • 熊谷支部の弁護士は、秩父支部に行くことがあります秩父鉄道で1本で行けるのは便利です。上長瀞の駅を出ると、この景色です毎回、窓の方に行って眺めてしまいます。桜も満開でしたこばと法律事務所 弁護士  生井澤 葵(なまいざわ あおい)弁護士生井澤葵のホームページ:https://www.lawyer-aoi-namaizawa.net/         【プロフィール】       弁護士・中央大学法科大学院実務 [続きを読む]
  • 春〜。
  • 春爛漫です。こばと法律事務所 弁護士  生井澤 葵(なまいざわ あおい)弁護士生井澤葵のホームページ:https://www.lawyer-aoi-namaizawa.net/         【プロフィール】       弁護士・中央大学法科大学院実務講師・JADP認定夫婦カウンセラー       女性の弁護士ということで、夫婦の問題や、男女の問題についての相談が集まり、        その分野の問題を多く取り [続きを読む]
  • いただいたもので作りました。
  • 牛肩ロース、おネギ、舞茸、ウニの瓶詰・・・全ていただきものですモヤシと大根だけ買って、カンタンステーキご飯です実はウニの瓶詰の扱いが分かっておらず、多量にお皿に持ったら・・・塩辛い・・・たくさんは食べられないですねこちらも、サバとホタテとおネギはいただきものです先日の湯豆腐にはまったので、またまた作りましたお出汁を取った昆布を佃煮にしました。ホタテはウニ(前日の反省を生かして)&バター炒めにしまし [続きを読む]
  • 児童手当にかかわるワザ!
  • 児童手当以前は、こども手当・・・と呼んでいたものです2月、6月、10月に支給されているのが一般的かと思いますこの児童手当は、住民票の世帯主の口座に入金されるのが一般的ですが、離婚を前提にご夫婦が別居をされた時、少し問題が出て来ることがあります特に、世帯主が夫で、妻が子らを連れて別居した場合です児童手当はお子様達のためのものですので、養育している側である妻に渡されるべきものです。しかしながら、夫の口 [続きを読む]
  • トレンチは少し・・・。
  • 季節柄か、街中でベージュのトレンチコートを着ている女性をたくさん見かけます例に漏れず私も。この時期のコートはなかなか難しいですしね何年か前に気合を入れて買った、私のトレンチコートですが・・・、着るたびに、イライラしています(本当に)。トレンチコートって、羽織って、合わせて、ボタンをいくつも止めて、ベルトを締める着るのに手間がかかりませんか・・・羽織るだけではだらしがないし、でも、バッと羽織ってでか [続きを読む]
  • 学校の空気が好き。
  • 「そこは併合罪と牽連犯で・・・」そう、男子学生の群れとすれ違った時に聞こえてきましたああ・・・ここはロースクールなんだな・・・嬉しくなって、にこにこしてしまいました。ロースクールの制度自体については色々あることは、私もよく分かっています。自分自身の体で、未修2期生として、味わったものもあります。ただ、大学の法学部では経験することができなかった、理系の学生さんのように学校でずっと法律のことを考え、友 [続きを読む]
  • 裁判所の異動。
  • 用事がございましたので、裁判所の書記官室に伺ったのですが、パッと拝見した感じでも、これまでの書記官さんがいなくなっていて、初めてお見掛けする書記官さんがおられる様子でした熊谷支部はそこそここじんまりした規模ですので、ご担当をいただく書記官さんはお顔、お名前、そして場合によってはお声まで、分かるようになるのです裁判官の異動も気になりますが、書記官さんの異動もかなり気になります。こばと法律事務所 [続きを読む]
  • 最近の弁護飯。
  • 勇気を出してマグロのさくを買いました(マグロ、高いですね・・・)まぐろのヅケ丼(ミニ)マグロのネギ炒めお味噌汁お豆腐一部を即席のヅケにして、残りは軽く素揚げした後、豪快にネギと人参で炒めました1食700円くらいになってしまっていますこの日はカブが安かったんです!!!葉っぱが青々とした丸ッとしたカブが5コで156円カブのひき肉あんかけキッコーマンのうちのご飯シリーズの、キャベツのゴマみそ炒めこの日は [続きを読む]
  • 本【リーガルクエスト 民法Ⅵ 親族・相続】!
  • 読み始めました本:【リーガルクエスト 民法Ⅵ 親族・相続】 有斐閣 ※昨日の記事では不貞の慰謝料請求の本を読んでいると書きましたが、 読み終わったので夜に買いにいってきました。 なお、昨日の記事と今日の記事は書いている日がかなり違います。1日で読み終わったわけではありません。学生さんも手に取る“基本書”ですが、手触りや、字の大きさ、空間の空きかた・・・等、フィーリングでこの本を選びましたああ、、当 [続きを読む]
  • 民事訴訟法から不貞の慰謝料請求の実務へ!
  • 長らく読了に時間がかかっておりました、本:【コンパクト版 基礎からわかる 民事訴訟法】 和田吉弘著 商事法務・・・ようやく読み終わりました受験生時代の経験から、民事訴訟法がだいぶトラウマになっている私は、既判力の章に入ると、ピタリと本を読む気になれなくなりました既判力の章には「実務ではあまり問題になることが多くない」とはじめに書かれておりました。つまり、実務経験から飛躍的に理解が深まっている章では [続きを読む]
  • 1人でルミネtheよしもと。
  • 1人行動には強い方ですが、先日、1人で、新宿のルミネtheよしもとに行ってお笑いライブを観てきましたお笑いライブそのものが生まれて初めてです色々考えることがあったのですが、私は舞台に1人で立って、「さあ笑わせてください」と待ちわびるお客さんの前で、面白いことを言うことは絶対にできないので、できる方々を観て勉強をしたいと思いました。しかしながら、私は自分の周りにいる、よき友人達で、お笑いライブに誘って [続きを読む]
  • 人訴の職権探知主義。
  • 民事訴訟法の勉強の中で、弁論主義はとても重要なテーマで、弁論主義第1テーゼから第3テーゼまでは、法科大学院の学生は一瞬にして唱えることができる筈です※どきっとした方、今覚えれば間に合います!!!ちなみに、私は歯医者さんで削られている時に、注意をそらすために・・・頭の中で弁論主義の3つのテーゼと唱え、それでも足りないと、民法177条の第三者の定義を唱えておりますそんな、みっちりと染み込ませている弁論 [続きを読む]
  • おもちゃばこ。
  • こばと法律事務所には、小さなお子様がいらっしゃることも少なくありません多くはありませんが、少しずつ、お子様用のおもちゃを増やしています何があるとよいでしょうか???お子様OKであっても、弁護士としてはお子様と遊ぶわけにはいかず、法律相談に集中しなければなりません法律相談は時間で料金が決まっておりますので、難しいところです・・・。おもちゃのチョイスも、なかなか悩みます。音が出るものは、他の相談室の方 [続きを読む]
  • 私のHP。
  • こばと法律事務所のHPをより見やすくしたいそう思い、こばと法律事務所で、主に離婚問題・不貞問題のご相談に入っております、私のHPという形で新たなサイトを作成しましたこばと法律事務所 弁護士 生井澤葵 していただきますと、HPにジャンプします!私の自己紹介も増やしております本日はエイプリルフールですが、HPの件は本当ですこばと法律事務所 弁護士  生井澤 葵(なまいざ [続きを読む]