サトウ純 さん プロフィール

  •  
サトウ純さん: 添加物の健康への危険性とは?食品・日用品の知っ得裏情報
ハンドル名サトウ純 さん
ブログタイトル添加物の健康への危険性とは?食品・日用品の知っ得裏情報
ブログURLhttp://tenkabutu01.com/
サイト紹介文健康生活のための食品添加物・日用品の有害成分の裏情報。表示だけではわからない落とし穴があるかも…!?
自由文アレルギーや原因不明の体調不良でお悩みの方、子育て中の方に見ていただけると嬉しいです^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/06/10 19:02

サトウ純 さんのブログ記事

  • 抗菌靴下を履いても水虫になってしまう理由
  • 今や日用品、衣料品、電化製品とあらゆるものに抗菌加工が施されています。思い起こせば抗菌加工の一番最初の商品は、男性対象の靴下であったように思います。匂う靴下を匂わない靴下に加工し、瞬く間に大ヒット商品となりました。靴下メーカーはこぞって抗菌・防臭加工を施し、今では抗菌・防臭加工をしていない靴下の方が少ないかもしれません。 この抗菌・防臭加工のヒットの後、さまざまな抗菌・防臭・防カビ加工の製品が次々 [続きを読む]
  • ビタミンCーレモン○○個分はどうやって作っているの?
  • スーパーに行くとこれはどのような仕組みになっているのだろうと、不思議に思う食品を目にすることがあります。例えばビタミンCがレモン50個分というソフトドリンクがあります。ペットボトルたった一本、500mlや1ℓの中に、どのようにしてこんなにたくさんのビタミンCを入れるのでしょうか。お菓子売り場のキャンディーではビタミンCー5000個分という文字も目に入ります。こちらもたった一袋の飴の数は限られているのに、ビタミン [続きを読む]
  • シロアリ駆除による健康被害ー悪徳業者に騙されかけた体験談
  • 成分があまり知られていないもののひとつに、シロアリ駆除があります。多くは家を建てた時、そして築年数が経ってきた時にも駆除される方は多いと思います。 業者に勧められたからとか、キャンペーンをやっていて安く施工出来るからと、その説明もよく理解しないままに工事をお願いすることもあるのではないでしょうか。そのシロアリ駆除は人体に危険はないのでしょうか? 猛毒のシロアリ駆除剤 クロルピリホス 以前はシロアリ駆 [続きを読む]
  • カフェオレを健康的に飲むなら原材料をまずチェック
  • カフェオレを初めて飲んだ時は、一口惚れと言うのでしょうか、その美味しさの虜になりました。ホットでもアイスでも、その美味しさは変わりませんね。 しかしそのカフェオレですが、中には注意した方が良い成分が含まれている場合もあります。 カラメル色素入りのカフェオレに注意 カフェオレの中には、注意したい添加物が入っていることがあります。カラメル色素です。カラメル色素の種類は4つあり、そのうちのⅢとⅣには1日の摂 [続きを読む]
  • エアコンのカビ・ハウスダスト対策は安全なものなのか
  • 最近はアレルギーの人が多いように感じます。生まれた時からアトピー性皮膚炎だとか、花粉症の人も大勢いらっしゃいます。アレルギーの原因は人によって様々ですが、小麦、大豆などの食品の他によく耳にするのはハウスダストです。一般的にエアコンの中にカビやハウスダストが溜りやすいと言いますが、年中使われるご家庭もあるのではないでしょうか。 我が家ではエアコンは夏だけ使っています。クーラーのフィルターは小まめに主 [続きを読む]
  • 室内に残るゴキブリ燻蒸剤の殺虫成分 危険性はないのか
  • 都会で困る害虫と言えば、蚊、ハエ、ゴキブリがまず頭に浮かびます。ゴキブリは特に一匹いればその30倍居るとも言いますね。戸建てに住んでいる場合、シロアリ駆除をして5年ほどはゴキブリも出てきません。それほどシロアリ駆除の薬剤は強力です。それでもゴキブリは徐々に出没してくるんですよね。そこで薬品名も分からずにゴキブリの燻蒸剤を年に一度は使っていました。強い薬剤なのだろうと思いながらも、ゴキブリを退治したい [続きを読む]
  • 手作り燻製〜スモークチキンとスモークサーモン〜
  • 自家製の手作り燻製にハマっていまして、王道の豚バラ肉のベーコンはもう何度も作りました。こうなってくると他の食材も試してみたくなります。と言うことでいくつか作ってみたのでご紹介したいと思います^^ スモークチキン 年に一度クリスマスシーズンにだけ販売される、トントンさんのスモークチキンを以前は楽しみにしていたのですが、少し前から取り扱いがなくなりさみしい思いをしていました。トントンさんのスモークチキン、 [続きを読む]
  • 調味料の優等生トマトケチャップ 保存料の必要なし
  • 調味料は料理に欠かせません。いつでもどこでも誰にでも、安心できる調味料が手に入れば良いですね。しかし添加物の有無や安全性を確かめるために毎回成分表示をチェックするのは、少し面倒に思うこともしばしばです。そんな中で、恐らくどの製品でも添加物がほとんど使われていない調味料があります。それはトマトケチャップです。 醸造酢が保存の役目も果たしているトマトケチャップ トマトの風味と適度な酸味を持つケチャップ [続きを読む]
  • 健康のためなら料理酒は無添加を選ぶ。塩も含まれないものが理想
  • 和食に料理酒は欠かせません。煮物に使ったり、魚の臭みを取ったり、お手製の味噌漬け、粕漬を作る時など活躍の場は様々です。私は結構どんな時にも入れてしまいます。料理にコクが出て深い味になるように思うからです。 そんな料理酒の健康面から見た善し悪しはどこで見分けるのか、今回は探っていこうと思います。 塩と添加物入りが多い料理酒 料理酒はお酒なのでもともと高い保存性を持っています。なので保存料のような添加物 [続きを読む]
  • みりんとみりん風調味料の違いとは?選び方のポイント
  • みりんとみりん風調味料はどこがどう違うのか分かりにくいですね。以前は恐らくみりんが本物で、みりんに似たようなものがみりん風調味料なのかと単純にそう思っていました。 本みりんとみりん風調味料の違い みりん(本みりん)とみりん風調味料ではまず原材料が違います。みりんは酒税法で決められた原料のみを使っています。そして一番大きな違いは、アルコール度数です。 出典 全国味淋協会 みりんはアルコール分が約14%ほど [続きを読む]
  • 酢を選ぶ時の基準は?ほとんど添加物の要らない調味料の優等生
  • 調味料で一番古い歴史があるのは、ひょっとしたら酢かも知れません。酢は紀元前5千年頃にはその製造の記録がありました。有名なヒポクラテスは病気の治療に酢を使ったと記されています。クレオパトラも美しさを保つため、酢に真珠を溶かして飲んでいた話も有名です。健康に良いイメージですが、今回は酢の中でもどんな酢を選んだら良いのか検証してみます。 時間とコストをかけない酢が多い? 最も普及していると見られる穀物酢の [続きを読む]
  • 塩は海水から作られたミネラル入りを選びたい
  • 調味料の中でも塩は基本中の基本かもしれません。毎日のように使う調味料は安全なものを選びたいですね。自然食品を扱う店などでいつでも質の良い塩を購入できると安心ですが、選ぶのに困るほど塩はどのスーパーでも所狭しと並んでいます。その中のどれを選んだら良いのでしょうか。 一番普及している食塩 人類の歴史の中でも、塩を入手するという事はかなり重要なことだったに違いありません。野生の動物でも塩分を必要とし、岩塩 [続きを読む]
  • 砂糖を選ぶ時は成分表示を確認したい。原料だけの砂糖がベスト
  • 毎日のように使う調味料は安全なものが一番だと思います。自然食品を扱う店や安全な食材を扱う団体などからいつでも購入できると安心ですね。しかし少しお値段が高めだったり、うっかり切らしてしまった時は、近くのスーパーやコンビニで買うことになるでしょう。どこでも安心安全な調味料が手に入ると嬉しいですよね。今回は添加物が入っていない、誰でもどこでも購入できる調味料選びのポイントを見ていきます。「さ(砂糖)し( [続きを読む]
  • 救世主太陽熱…世界中の電力を賄えるクリーンなエネルギー
  • 前回記事(太陽熱を最大限に利用すれば、お湯や料理もエコに作れる)の続きです。「太陽熱で温水を作る、料理をする」というワークショップがあるというので参加してきました。しかしそれがただ単に、そんな事が出来ると言うだけの単純なものではなく、地球を救える可能性を秘めた素晴らしい内容だったので、続けてお話したいと思います。前回、太陽エネルギーだけでお湯を沸かしたり調理したりといった体験をさせて貰いました。そ [続きを読む]
  • 太陽熱を最大限に利用すれば、お湯や料理もエコに作れる。
  • 以前、「家庭菜園するみたいにベランダで太陽光発電しよう!」という楽しいワークショップに参加しました。(その時の記事はこちら↓ 自宅で「ベランダ発電」?太陽光発電を自作体験)今度は「太陽熱で温水を作る、料理をする」という案内を頂き、太陽熱で料理ができるなんてどんな事をするのだろうと行ってきました。行ってみるとそれは単に料理が出来るだけの単純なものではなく、その可能性の先が地球の救いになるような素晴ら [続きを読む]
  • カット野菜の洗浄技術に安心・納得 健康優先の技術
  • 安心安全を求める人にとって、以前のカット野菜は次亜塩素ナトリウムで何度も殺菌された後にpH調整剤に浸されてシャキッと感を出したものであり、とても安心して食べられるものではありませんでした。次亜塩素ナトリウムと言えば、漂白剤や学校のプールに入れる消毒薬と同じです。取り扱いにも十分な注意が必要な化学物質ですね。そんな危険な化学成分の入ったものでカット野菜は消毒され、更にpH調整剤の入った水溶液でパリッとさ [続きを読む]
  • アレルギー対策に掃除機を吟味…我が家の結論は三菱風神
  • 主婦の私は日々料理に洗濯に掃除に励んでいます。そして毎日の主婦業が出来るだけ簡単に、ストレスにならないように、楽しくできるように、何か良い工夫はないかなとよく考えています。そんな折に去年、主人が少しアレルギーがあると家庭医に言われたと言うのです。これがアレルゲンだと特には限定されていませんが、埃やダニには気をつけるように言われました。まさかこんな年齢になってアレルギーと言われるなんて思いもしません [続きを読む]
  • カロリー0・オフに多く使われる添加物には危険が伴う?
  • 前回は、カロリー0が厳密にはカロリーが全くの0というわけではないという話と、カロリーをカットできる甘味料は、魅力的ですが危険性を伴うものだというお話でした。(詳しくは前回記事へ カロリー0・オフは本当にカロリーがないのか?健康への影響はどうなる) 今回は危険のある甘味料アスパルテーム、スクラロースに続く、様々な製品に入っているアセスルファムKを見てみようかと思います。 合成甘味料のアセス [続きを読む]