もりおか自由時間 ogasawarahiromi さん プロフィール

  •  
もりおか自由時間 ogasawarahiromiさん: もりおか自由時間 ogasawarahiromi
ハンドル名もりおか自由時間 ogasawarahiromi さん
ブログタイトルもりおか自由時間 ogasawarahiromi
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/goo1941_november
サイト紹介文日々の出来事を日記風に綴るシニアブログ。コメント大歓迎です!(画像はコピーガードされています)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/06/11 17:48

もりおか自由時間 ogasawarahiromi さんのブログ記事

  • 歩行者専用の中津川橋
  •  鮭がのぼる川として知られている中津川に架かった橋、歩行者専用のアーチ式のつり橋? 構造的には何んと呼ぶのか私には分かりません。散歩に出かけた時にわたるのですが、大風で倒れるのではとちょっと心配なのです。距離にしたら100m弱はありそうです。橋脚が全くないので宙に浮いている感じです。車の往来が無いので重量は少ないのかもしれません。 鮭が2匹上流のほうへ上って行くのが浅岸橋の下で確認されました。鮭の遡上 [続きを読む]
  • つつじの季節
  • 昨日、今日と日中の気温も上がり野山は黄色のヤマブキからつつじの季節に移って来ました。昨日は久しぶりの長距離のウオーキングでちょっと疲れモード。朝食後にお茶を飲みながら、ブログの投稿をしていました。 週一回は訪れる庭園の中をゆっくりと、ひと巡りする。季節の移りを感じるには最高の場所、いろいろな文章(案内、企画、手紙)の草稿にもいいですね。人によっては居酒屋さんでお酒を嗜みながら、ひらめいてくる [続きを読む]
  • リンゴの花が咲いた(北山散策道)
  •  岩手県の今週のトピックスは沿岸の釜石の山火事の延焼の話題ですね! 全国放送でも紹介されたようです。昨日の雨でやっと鎮火の方向に向かい、やっと避難解除が出て、5日間燃え続けた火事でした。結果400haを焼失した。 内陸の気温も上がり、タンポポのワタスゲが飛びかい、リンゴの花が一斉に赤い蕾から白い花に代わる。午後に1時間ほど北山散策道を通り、帰りはリンゴ農家の作業用の道を抜けて自宅に到着、一汗かきました。 [続きを読む]
  • ヤエベニシダレザクラ
  • 盛岡市の郊外、上米内にある市の浄水場は桜の名所としても知られ、この時季は特別に敷地内が開放される。場内には約30本前後のヤエベニシダレザクラが市指定保存樹木として手厚く保護されており、桜の女王の風格を見せるかのように圧巻である。存在感のある浄水場の赤レンガの建物も桜に花を添える。 連休最後の7日の日曜日で今年の公開は終わり、ちょっと雨模様ですが盛岡市の最後の桜見物としての見納めです。また来年を楽し [続きを読む]
  • 新緑とヤマブキ
  •  今日の午後は気温が25℃前後まで上がり夕方のウオーキングに出かけると一汗かきました。桜を追っかけた1週間でしたが、季節は新緑になり私が良く行く愛宕山周辺は黄色のヤマブキが色濃くなってきましたね。いろんな花の彩りで景色が賑わってきました。 [続きを読む]
  • お花見だより⑧ 小岩井一本桜
  •  丁度連休の行楽に合わせた盛岡近郊の小岩井農場のまきば園、全国的に知名度が高い農場です。岩手山を背景に広い牧草地の中に佇んでいる一本桜。もし二本だったら夫婦桜(めおとさくら)と呼ばれたのかもしれません。あくまでレバタラのお話ですが、、、  今年も盛岡近郊の桜あれこれと紹介しました。ふるさとの岩手山の雪も徐々に少なくなって来ました。来年も投稿できることを祈って日々の生活を送りましょう。 [続きを読む]
  • お花見だより⑦ 高松の池公園
  • 市民の憩いの公園、白鳥の飛来することでも知られています。歴史的に紹介されているのは、南部公が城下町建設のため沢であったこの土地に堤を築いたものが高松の池。周辺は高松公園となっていて、「さくら名所100選」に選ばれるほどの桜の名所として知られる。池の周りを囲むように桜が植えられており、遊歩道(約1.4km)を歩きながらの観賞も可能だ。ソメイヨシノの桜なのでエドヒガンが散り始めたころに満開になるので盛岡は2度 [続きを読む]
  • お花見だより⑤ 正伝寺の桜
  •  報恩寺の隣の正伝寺、広い駐車場に咲くエドヒガン桜の古木です。やはり今が満開で、報恩寺の桜と合わせてご覧いただけます。 この寺の開山・縁起はもともと天台宗であったが、文安元年(1444)曹洞宗に改宗されたと伝えられ現在に至っている。特に、本堂前に繁茂する芭蕉は岩手が北限といわれ、その昔、原敬総理大臣のころ皇居より、菩提樹である盛岡の大慈寺下賜移植され、その後株分けされたものようです。一度、ご覧になられ [続きを読む]
  • お花見便り④ 報恩寺の桜
  •  境内の中はもうちょっと時が必要ですが、立派な山門横の桜や外塀の前の桜は既に満開となっています。4月いっぱいはこの状態が続きそうで、今が見頃です。 境内には鐘楼と有名な五百羅漢があり、曹洞宗の名刹として岩手県内でも名の知れたお寺すす。以前は雲水と呼ばれた修行僧が沢山いました。その頃の寺の様子を知っている人も少なくなってきているようです。時世の移りは早いものです。 平日でも観光客が桜と五百羅漢を見 [続きを読む]
  • お花見だより③ 光台寺の桜
  •  光台寺の寺伝では、1578(天正6)年開創。良心故関の開山とされる。市指定文化財の盛岡城下絵図が所蔵されてる。また、境内には地元の伝説「むかで姫」の墓もああります。 山門近くにある桜の木、エドヒガン桜と思われますが、この地区では一番早く咲きます。既に紹介しました石割桜より5日ほど早かったような気がしています。 [続きを読む]
  • お花見だより② 龍谷寺の枝垂桜
  •  ここのモリオカシダレもやはり国指定天然記念物、近年花が少ないように思えますね。この日は北海道函館市の中学生の一団と会いました。報恩寺の五百羅漢も見てきたとのことでしたが、ちょっとした会話にほっこりした一日でした。 ふるさとガイドさんから頂いた手作りリーフレットより、ワンポイント豆知識を〜  Located on the ground of Ryukokuj temple ,the newly discovered species ofweeping cherry tree [続きを読む]
  • お花見だより① 石割桜
  •  ついに満開になりました。国の天然記念で樹齢360とか400年と言われています。これは盛岡ふるさとガイドの方との会話から聞き取った内容です。 巨石を割って出てきた生命力を感じる大木。割れ目の二カ所から伸びている後ろの木は新しく芽をだした樹齢が浅い。後ろの木の花はわずかにピンクがっています。お出かけになったら、ご自分で確認してみるのも一興でしょうかね。いつの頃か、火災に遭って後ろ半分焼け落ち、新しく芽吹き [続きを読む]
  • 清掃奉仕激励会
  •  三月も今日と明日で終わり。いよいよ忙しい4月を迎えることに。今晩は100人ほどの宴会! この忙しい時期に何の集まりかないな? 当市の老人の清掃奉仕の団体。 市内各地の老人クラブの有志で市内各地のお掃除を受け持つ、早起きは苦にならない私には運動不足解消とし役立つ。さて、宴会は市長、会長、事務局のある盛岡ガス社長、、、 50周年のくだりの後に各団体の表彰、私たちの三ツ割明老会も10年間参加したということ [続きを読む]
  • 白鳥の北帰行
  • 野鳥も旅立ちの春です。岩手県盛岡市の高松の池では、冬の間過ごしていたハクチョウの北帰行が進んでいます。多いものでは十数羽の群れをつくって池から飛び立っていました。水面すれすれから徐々に高度を上げて大空に吸い込まれていく姿は、滑走路を飛び立つ飛行機のようです。  今年のハクチョウの北帰行は先月下旬から確認されています。ハクチョウは北海道やサハリンなどでの休憩を挟みながらおよそ4000キロ先の繁殖地シベ [続きを読む]
  • 鶴が池のマンサク
  •  今朝はちょっと強い雪降りで自宅の前の雪払い、近くの火葬場に雪を踏みながら9時半の火葬に参列、やっぱり傘を忘れてきた。昼前にはすっかり雪が融けて春の陽気になりました。 春一番に咲くマンサクの花、先日盛岡城公園に行った際に撮ったものですが、手持ちのデジカメなので雰囲気だけでもと投稿してみました。  [続きを読む]
  • 今年最後のひな展示
  • 春の陽気に誘われて、盛岡歴史館でのひな祭り展を見に行ってきました。本日3月5日までの展示、最終日に滑り込駆け足で観賞しました。入り口ホールの吊るし雛も見事。盛岡市民の高齢者は入場無料、受付で聞いたら写真撮影はお断り、紹介出来ないのはちょっと残念。我が家でも孫さんの雛飾り来年まで一年間お預かりすることに。 隣の盛岡城の公園ではサッカーを楽しんでいる少年、元気でいいな〜 [続きを読む]
  • 県庁通りの今
  •  風が強いが青空がスッキリと見える。1昨日は氷点下8度前後? 今日は気温も上がり昨日降った雪もすっかり融けました。やはり春の陽射が近いようです。盛岡の中央通り、通称県庁通りの歩道脇には雪が残っています。それでも明るい通りになりました。写真左手には石割桜が雪を被っているようです。尚、この写真は公開されているNTTのライブカメラの動画を加工したものです。 [続きを読む]
  • 今日の報恩寺
  • 報恩寺の山門、中門を久しぶりにくぐり抜けました。今日は日中の気温も上がりぽかぽか陽気、もう少しで春一番のフキノトウやら福寿草も花をつけるかも? いやいや、まだまだ油断できない。東北はドカ雪と称して一晩で大雪がふるのです。盛岡市内は雪がなく除雪の労働から解放されるので、嬉しいですね。 [続きを読む]
  • 日本列島に寒波襲来
  • 全国的に強い寒波が襲来、私たちの住む東北は日本海側の青森、秋田、山形の日本海地区が雪降りが激しいようですね。盛岡市は気温が10℃以下で、強い冷え込みですが、雪は除雪車が出動するような雪ではないのです。今日午前中に強い雪が2時間ほど降りましたが、夕方には止みました。 昨日の京都での都道府県別女子駅伝、場所によっては吹雪状態での力走、雪国の岩手には有利かなと思いましたが、結果は低迷でした。結果的には乱 [続きを読む]
  • 快晴の翌日は雪降り
  • 昨日は暖かい快晴に近いお天気模様でした。愛宕山からの岩手山の眺望は素晴らしいの一言。上空にはヘリコプターの飛影もくっきりと見える。 りんご園の端しに佇んでいる「緑蔭切磨」の石碑は木陰に暑さを凌ぎ、りんご作りに切磋琢磨する。生前に建てられたご本人からお聞きしたことがあります。 翌日は早朝から雪降りとなり、やっぱり1月は冬であることを肌で感じました。雪のない正月を迎えたのもつかの間のことでした。気 [続きを読む]
  • 盛岡開運神社に初詣
  •  盛岡近隣の初詣といえば盛岡八幡宮に紫波稲荷が元旦から大勢押し掛ける。暮れの31日には雪も降ったが、積雪するほどでもない穏やかな元旦、雪のない正月を過ごすことになる。 最近は並んで八幡宮にお参りすることもなく、我が家でも若い人たちにお飾りセットを暮れに買って貰う。爺・婆はもっぱら家の中で年越しの料理、年越しそば、雑煮、すき焼き鍋を準備する係り。昔と比べて特別なしきたり行事もなくお話会と言った感じでし [続きを読む]
  • 冬至の夜
  •  冬至は夜が一番長い日なのです。今晩は夕食でカボチャを食べて無病息災を祈りましたが、ちょっと風邪気味? 昼のうたた寝が影響。今晩は暖かくして早く就寝としましょう。 巷では鳥インフル、人のインフル、さてまたノロウイルスとやっかいなことが起こってきます。正月を前に牡蠣が食べられなくなるかも!  小岩井農場まきば園のイルミミネーションは1月3日までのようですが、宮沢賢治の銀河鉄道が冬至の夜にぴったり。取 [続きを読む]