ケミストリーの実験室 さん プロフィール

  •  
ケミストリーの実験室さん: ケミストリーの実験室ブログ
ハンドル名ケミストリーの実験室 さん
ブログタイトルケミストリーの実験室ブログ
ブログURLhttp://chemistry-room.sblo.jp/
サイト紹介文HPの更新情報や身近な化合物の記事などを書いています。
自由文ケミストリーの実験室というHPを公開しています。
そのHPの更新情報や身近な化合物(プラスチック・瞬間冷却剤など)についていろいろ載せています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供3回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/06/11 23:19

ケミストリーの実験室 さんのブログ記事

  • トルエン【シンナー】
  • 「麻薬」最近名前は忘れたのですが、この名前の映画をみました。10年前に出来た映画で、現在とても有名な人達が演じていました。その中にシンナー遊びがでてきたのを思い出して、今回記事にしました。シンナーを吸うことで酔っ払ったようになり(有機溶媒により)、幻覚症状がでてきます。そして、骨がボロボロになり、妄想による二次被害も出てきます(殺されると思う→危害を加える)シンナーの主成分はトルエンです。今回はトルエン [続きを読む]
  • ペンライト【シュウ酸ジフェニル】
  • こんにちは。今日は久しぶりの更新です。最後に更新したのは一年前ですね。相当経ちました。この一年間いろいろ忙しく、更新できませんでしたが、これからはまた、再開して更新していきます!!-----早速、今回はシュウ酸ジフェニルについて書こうと思います。名前を見ると全然身近ではないと思いますが(このブログは身近でないもの多いけど...)生きてる中で一度は使ったことがあるはずです。この化合物はケミカルライトとして使わ [続きを読む]
  • 生存報告
  • 長い間ホームページとブログを休止していました。これからブログは再開りします。伝えたいことについていくつかあります。1.実験動画は終了2.ブログ再開します実験は3年間続けていきましたが、諸事情により終了することになりました。ですが、ブログは定期的に更新していきます。(過去記事のリメイク版なども)ケミストリーの実験室はいつかリメイクしていこうと思います! [続きを読む]
  • ブドウ糖の脱水縮合【ブドウ糖&デンプン】
  • 「ご飯などにはデンプンが含まれる。」とよく聞きますね。今回はデンプンとブドウ糖について書こうと思います。ちなみに、デンプンはブドウ糖がたくさんつながったものというのは聞いたことがあると思います。では、どのようにブドウ糖がつながっているのでしょうか?それは、脱水縮合です。つい最近、脱水縮合について少しだけ書きましたが、(パイナップルの匂いのエステル【酢酸エチル】)水素と酸素が2:1の割合で取り除かれ [続きを読む]
  • 石鹸作りに使われる【グリセリン】
  • 石鹸を作る時、水酸化ナトリウムとグリセリンを使います。グリセリンは薬局などで容易に入手できます。グリセリンにニトロ基が3つつくと、ニトログリセリンになります。ではグリセリンはどのような構造をしているのでしょうか。↑グリセリングリセリンには-OHがついているので三価のアルコールです。20世紀以降グリセロールと呼ばれるようになったのですが、日常的になってしまったので今でもグリセリンと呼ばれています。甘みがあ [続きを読む]
  • TNTの前の爆薬【ピクリン酸】
  • TNT通称 2,4,6-トリニトロトルエン は昨年に記事にしましたが、TNT火薬【トリニトロトルエン】今回はTNTができる前の爆薬の話です。しかし、TNTと非常に形が似ています。では、2つの化合物の構造と比較してみましょう。TNTピクリン酸違うのはベンゼン環の上についている物だけです。TNTにはメチル基-CH3ピクリン酸にはヒドロキシ基-OHになっています。なので、2つの正式名称もTNT=2,4,6-トリニトロトルエンピクリン酸=2,4,6-ト [続きを読む]
  • WHAT IF?
  • 今回の本はWHAT IF?という本です。現在自分が一番気に入っている本で、去年購入しました。表紙にも書いてあるとおり、「野球のボールを光速で投げたらどうなるか」では、とてつもないことになるそうです。気に入った内容ベスト31位 相対性野球(光速ボール)2位 ヘアドライヤー3位 元素周期表を現物で作るこの3つはどれも怖いものです・・・ちなみに、ほんの最初におことわりで、「本書に書かれている内容をご自分で実際にお試し [続きを読む]
  • パイナップルの匂いのエステル【酢酸エチル】
  • 最近、長い実験準備中の酢酸エチルの合成実験の酢酸エチルを今回、記事にしようと思います。では、酢酸エチルとは何でしょうか。化学式(示性式)は「CH3COOCH2CH3」です。化学式(示性式)を見る限り難しそうに見えますが、実際、構造式と作り方を知れば簡単に理解できます。まず、酢酸エチルはエステル結合という結合でできています。「エステルとはオキソ酸とヒドロキシ基を持ったそれぞれの化合物が脱水縮合した化合物です。」 [続きを読む]
  • 面白くて眠れなくなる元素
  • よく、書店に行き化学の本を見つけては読むのですが、これから、自分が面白い本を紹介していこうと思います。「面白くて眠れなくなる元素」です。この本を読んで118元素などの名前の仮決定を知りました。113番はNh 二ホニウムはニュースで流れてましたが、115番 Mc モスコビウム117番 Ts テネシン118番 Og オガネソンが最近仮決定されました。(案らしいですが)これで「UuO ウンウンオクチウム」などの3つの元素が118番までは、 [続きを読む]
  • 土壌汚染【テトラクロロエチレン】
  • 久しぶりのブログ更新です。さて、今回はテトラクロロエチレンについて書こうと思います。名前が似ている他の化合物では「テトラクロロジベンゾパラダイオキシン」があります。ダイオキシンの一種で名前の通りテトラ=4クロロ=塩素ジ=2ベンゾ=ベンゼンパラ=反対方向(他にオルト、メタがある)を示すダイオキシン=ジオキシンとも読み、ジ=2、オキシン=酸素である。上の構造式はテトラクロロジベンゾパラダイオキシンである。話を戻し [続きを読む]
  • メルマガ作りました!
  • ケミストリーの実験室メルマガをつくりました。主にHPの更新やHPにまだ載せていない実験や載せない実験も入れていきます。ぜひ、登録お願いしますchemistry_room / ケミストリーhttps://t.co/1cbhtgut5F↑メールマガジンを作りました。(もちろん無料です)主にHPの更新や公開準備中(実験は終了したが公開はまだ先のもの)の実験を見ることができます。また、HPに乗せていない実験も配信しようと思います。 at 05/31 02:47 [続きを読む]
  • 久しぶりのHPの更新です(生存報告)
  • 今回の久しぶり(三ヶ月ぶり)のHPの更新で新しい項目を作ってみました。硫黄です。ツイッターでも載せましたが、動画を撮っていなかったというミスがあったのでもう一度やって動画にしたいと思います。公開予定はゴム状硫黄ですが、続けて単斜硫黄も入れようと思いますがわかりません・・・実際二ヶ月前に、chemistry_room / ケミストリー単斜硫黄作った。 https://t.co/aNUckgDoiP at 03/26 03:16chemistry_room / ケミストリ [続きを読む]
  • 塩化物の融点
  • 一昨日、ツイッターの投票で3つの塩化物のうち一番融点が高いのはどれでしょうという問題を作りました。chemistry_room / ケミストリー塩化カリウム、塩化ナトリウム、塩化カルシウムの3つの塩化物の中で一番融点が高いのはどれでしょう?ちなみに、塩化ナトリウムの融解塩電解で金属ナトリウムが得られます。#化学 #投票 at 05/09 10:13答えは塩化ナトリウムです!融点は802度で3つの中で一番融点が高いです。塩化カルシウ [続きを読む]
  • 4つの粉の答え
  • 一か月ブログを更新して今せんでしたが、4つの粉の答えです。Aが水酸化カルシウム、Bが塩化カルシウム、Cが炭酸ナトリウム、Dが塩化アンモニウムです。4つの中で水溶液がアルカリ性なのは炭酸ナトリウムと水酸化カルシウムなので、その2つのどちらかがAになります。ちなみに、水酸化カルシウムはあまり水に溶けないので沈澱が少しあるAです。また、4つの中で2つ混ぜると沈殿ができるのは塩化カルシウムと炭酸ナトリウム [続きを読む]
  • 4つの白い粉
  • HPにのせる予定の実験です。4つの白い粉があります。それらの粉は「塩化アンモニウム」「水酸化カルシウム」「塩化カルシウム」「炭酸ナトリウム」のどれかです。では、どうやって見分けるでしょうか。4つの白い粉にABCDとなまえをつけます。それらを同じ量ずつ水にそれぞれ溶かしました。(これからは水溶液として判断する)すると、Aはアルカリ性だった。BとDで比較的水素イオン濃度が高かった(高ければ酸性に近くなる)の [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 2016年が始まりました。ブログの更新は最近していなかったのですが、今年は頻繁にしたいと思います。昨日、できたての実験動画を編集してアップロードしました。HPにはまだその実験のことを載せてはいませんが、YouTubeには載せてありますので動画のURLは下ですhttps://youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=rot8TrUDuZM [続きを読む]
  • マグネシウム“硫黄”二次電池【硫黄】
  • 山口大学がリチウム電池より性能がいい「マグネシウム“硫黄”二次電池」という電池を開発しました。マグネシウムも硫黄も自然界に多く存在しています。では、今回はその硫黄について書きます。硫黄の元素記号は「S」です。硫黄には同素体があります。有名なのは斜方硫黄と単斜硫黄とゴム状硫黄です。単斜硫黄と斜方硫黄の化学式はS8ですけれど、ゴム状硫黄はそれらと違い連なっているような感じです。(なので化学式で表すならSx [続きを読む]
  • コーヒーとプリン環【カフェイン】
  • コーヒーにはカフェインが入っているとよく言われますよね。もちろん、ほとんどの人はコーヒーを飲んだことはあると思います。(実は自分は飲んだことがありません…)コーヒーを飲むと眠気がなくなったりするそうですが、なぜでしょうか?眠気がなくなる原因はカフェインです。なので、今回はカフェインについて書こうと思います。まず、カフェインの化学式はC8H10N4O2で、構造は下の画像を見てください。カフェインはプリン環を [続きを読む]
  • タバコ【ニコチン】
  • タバコを燃やすと有害物質がたくさんでます。一酸化炭素、タール。また、タバコで怖いのはニコチン依存症です。今回はそのニコチンについて書きました。ニコチンの化学式はC10H14N2で、構造は上の画像のようになっています。ニコチンは即効性の神経毒です。タバコに多く含まれています。触っても危険なので、タバコの葉っぱを湿っている手で触ってしまい引き起こされる病気もありますまた、ニコチンの事故で、タバコの灰皿にたまっ [続きを読む]
  • サリン【イソプロピルメタンフルオロホスホネート】
  • 過去に、地下鉄サリン事件で13人死亡、6300人が負傷しました。また、ナチス・ドイツのヒトラーはたくさん作っているのにかかわらず、一度もつかっていません。では、サリンについてまとめます。サリンの正式名称は「イソプロピルメタンフルオロホスホネート」で化学式はC4H10FO2Pです。無色無臭の液体で特に毒性が強いです。構造は下の画像を見てください。サリンは殺傷能力が非常に高く、吸うだけでなく皮膚からも吸収されるため [続きを読む]
  • 今日聞かれた質問【パラジクロロベンゼン】
  • 今日、質問で「『パラジクロロベンゼン』という曲があるけれど、パラジクロロベンゼンとは本当にあるの?」と聞かれました。なので、今回は「パラジクロロベンゼン」ついて書こうと思います。パラジクロロベンゼンとは、有機塩素系殺虫剤に含まれていて合成防虫剤として使われています。化学式はC6H4Cl2で」、構造は下の画像を見てください。ベンゼンに2つ塩素がついています。性質は、固体で徐々に気体へ昇華します。臭いが強く、 [続きを読む]
  • シックハウスの原因物質【ホルムアルデヒド】
  • 今日はホルムアルデヒドについてです。ホルムアルデヒドの水溶液はホルマリンです。ホルマリンという言葉は聞いたことがあると思います。観察する生物の保存に使われたりする溶液です。しかし、ホルムアルデヒドはそのような便利な点がありながら、悪い点もあります。それは、ホルムアルデヒドが有害なことです。その前に、ホルムアルデヒドの性質についてまとめます。ホルムアルデヒドの化学式はHCHOです。アルデヒド基(-CHO)とい [続きを読む]