jimuママ さん プロフィール

  •  
jimuママさん: 中学受験ほんねブログ
ハンドル名jimuママ さん
ブログタイトル中学受験ほんねブログ
ブログURLhttps://chuugakujyuken.jimdo.com/
サイト紹介文塾の事務職についています。 伝えたいことがたくさんあるので書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/06/12 10:22

jimuママ さんのブログ記事

  • 【中学入試速報】首都圏で倍率が上がったのはここだ!
  • 中学受験では、大学付属校の人気が高まっているという。今春の中学入試で志願者数が増えた学校はどこか? 中学受験情報誌「カンペキ中学受験2018」(朝日新聞出版)より、首都圏の私立中学受験の最新傾向をお伝えする。 *  *  *  首都圏中学模試センターによると、2017年の首都圏の中学受験率は15.12%で、前年比0.44ポイントの微増だった。中学受験生数も4万4150人で450人増加した。3年連続の [続きを読む]
  • 「灘中高」は異次元の数学授業で秀才を育てる
  • 名門進学校で実施されている、一見すると大学受験勉強にはまったく関係なさそうな授業を実況中継する本連載。第9回は関西の名門「灘」の人気授業を追う。 この記事の写真を見る ■中学3年分の数学を1年で終えてしまう  「灘1位、日比谷2位」。1968年3月、新聞の見出しに、日本中が衝撃を受けた。戦前を含めてつねに東大合格者数1位だった日比谷高校の牙城を最初に崩したのは、開成でも筑駒(筑 [続きを読む]
  • 経済的困難な子に入学枠 学芸大付属中、品川区と協定
  • 東京学芸大学(東京都小金井市)と品川区は12日、経済的に厳しい家庭の子の学習や進路選択の機会を充実させる協定を結んだ。就学援助を受給する家庭の小学6年生40人を対象に学生が学習支援をするほか、同大付属竹早中(文京区)への入学枠も設ける。  学習支援は9月から始まる。大学貸与のタブレット端末を使って週2回70分、学芸大の学生がオンラインによる個別の学習支援をするほか、月1、2回程度、 [続きを読む]
  • 「早稲田塾」が大量閉鎖を推し進める真の狙い
  • ■1990年代から映像授業配信に着手  大学受験予備校の「東進ハイスクール」「東進衛星予備校」、中学受験塾の「四谷大塚」などを展開するナガセは6月6日、大学受験予備校「早稲田塾」の11校舎を閉鎖することを発表した。全23校舎の約半数について8月末をメドに一気に閉めるということで、衝撃的なニュースとして伝えられている。  これが何を意味するのか。(ちなみに芦田愛菜ちゃんが通っていたのは早稲 [続きを読む]
  • ひき逃げ容疑 同志社女子中高の教諭逮捕
  • 日本テレビ系(NNN)5/29(月)  京都市で28日、歩行者をひいてそのまま逃げたとして、同志社女子中学・高校の教諭が逮捕された。  ひき逃げなどの疑いで逮捕されたのは、同志社女子中学・高校の教諭・木村裕行容疑者(49)。木村容疑者は28日、京都市北区を車で走行中に歩行者の男性と接触して右腕に軽傷を負わせ、救護せずに逃走した疑いが持たれている。  警察によると、男性 [続きを読む]
  • 【中学受験2018】浜学園 上位校偏差値
  •  関西を中心に中学進学教室を展開している浜学園より、2017年の中学入試結果偏差値の提供を受け、男女別に、偏差値55以上の難関校の学校名・偏差値(合格率80%)・入試型を、偏差値順にまとめた。共学校について(男子)もしくは(女子)と記してあるものは男女別の偏差値、何も記していないものは男女共通の偏差値となる。 ◆【2018中学受験】浜学園 男子 偏差値(2017年結果) ◆【2018中学受験】浜 [続きを読む]
  • 海城中高、生徒ら8千人の情報紛失 USB忘れる
  • 私立海城中学高校(東京都新宿区)は21日、在校生や卒業生ら計約8千人の個人情報を記録したUSBメモリーを男性教員(47)が校外に無断で持ち出し、紛失したと発表した。個人情報の不正利用は確認されていないという。  同校によると、紛失したのは、1998年度〜今年度の生徒約6300人と、同校の採用試験受験者ら約1700人の氏名、住所、電話番号、生年月日などを記録したメモリー。教員が15日 [続きを読む]
  • 右へならえ!の中学受験は、受験産業のカモ?
  • 教育や子育てに関する数多くのベストセラーを持つ、教育環境設定コンサルタントの松永暢史さん。数多くの子どもたちを超難関校に合格させた実績を持つ「受験のプロ」が、あえて私立中学受験に警鐘を鳴らします。真に子どもを賢くする教育とは何か? 松永さんならではの「ネットで書けるギリギリの」メッセージを、連載でお送りします。 ■私立中学に入れることで子どもは賢くなるのか?  連載のテー [続きを読む]
  • 中学受験はコスパがいいのか 難関校、中下位校の違いは?
  • 2016年、17年と中学受験する人が2年連続で増えている。1都3県(東京、千葉、神奈川、埼玉)では13%、公立小卒業生の8人に1人が受験している計算だ。  費用もかさむ中学受験。それに見合うだけのメリットはあるのだろうか。  文科省の調査によると、幼稚園から高校卒業までの15年間の学習費総額は、すべて公立だと計約523万円。小学校のみ公立で幼稚園、中高が私立だと計約1041万円、幼稚園からすべて私 [続きを読む]
  • 偏差値38だった女子校が人気校になれた理由
  • 名門進学校で実施されている、一見すると大学受験勉強にはまったく関係なさそうな授業を実況中継する本連載。第6回は東京の女子校「鷗友」の「深イイ授業」を追う。 ■「園芸」は創立直後からの伝統科目  鷗友学園女子中学高等学校は東京都世田谷区の閑静な住宅街の中にある。1980年代には中学受験の偏差値が38前後にまで下がったこともあった。1986年から学校改革に取り組み、いまや偏差値60超の人気進 [続きを読む]
  • 桐蔭学園、男女共学に 高校と中等教育学校に再編
  •  1964年に開校した伝統校の桐蔭学園(横浜市青葉区)が、中学や高校を再編し共学化することになった。「多様化する社会に生きる力を育むには、共学がより効果的」と同学園は話し、時代を見据えた変革であると強調している。  桐蔭学園には高校と中学、さらに中高一貫教育を進める中等教育学校の3校がある。高校と中学では現在、それぞれ男子部と女子部が並立する別学の方式を取っている。一方、中等教育学 [続きを読む]
  • 速報!2017年 首都圏中学入試の傾向と分析
  • 2017(平成29)年の首都圏中学入試には、どんな傾向が見られたのでしょうか。 森上教育研究所主催のセミナー「平成29年首都圏中学入試の結果と分析」での発表をもとに、受験生の動向と、2017年入試のトピックについてお伝えします。 <受験生の動向> ■中学受験生は増えている? 2017年の首都圏入試の受験者数は2016年の99.6%で、全体として横ばいとなりまし [続きを読む]