サラリーマン禅者 さん プロフィール

  •  
サラリーマン禅者さん: 禅者の世界観
ハンドル名サラリーマン禅者 さん
ブログタイトル禅者の世界観
ブログURLhttp://zensha.exblog.jp/
サイト紹介文悟後の修行に励む在家禅者の個人的なブログです。伝統的な坐禅修行の奥深さと卓越性をお伝えしています。
自由文ZEN...One world One universe One space... 禅・坐禅に関心のある方、真理や神を心から求めている方etc.に読んでいただければ嬉しいです。そして、日本の禅界を盛り上げることに貢献できれば何よりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供128回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/06/12 11:38

サラリーマン禅者 さんのブログ記事

  • 執着万歳!禅は人生を生き切るためのもの
  • ●要点●結局自分は真実なるものを求めようとして、行き着いたのが「全ては空なる現象」、それ以外には何もないと言う事。これの凄いところはね、「どんなものを実在させても自由って事」なんだよ。目の前の物も幻、見えないものも幻。幻影の中の実在。だから、老師は、この時計が全宇宙!言うねん。「この時計」と言う時、その人にとってはその時計が幻影の中の全実在になってるからや。・・・最愛の人が死んだら、当... [続きを読む]
  • 坐ることができるかできないか
  • ●要点●坐禅は坐ることやから。単純にな、坐ることができるかできないか、自我に勝てるかどうか。坐ることができる人は、自我に勝つ素質のある人。先輩のAさん言ってたで、禅の力はすごいって。特に目的なんてなくても、一生懸命坐るだけで、威力が出てくるし。顔が変わってくるとかね。最近、禅の深さがさらにわかってきて驚いてるよ、私も。深い。深さがわかると、やめれなくなる。 坐るだけで、真理になってくる。... [続きを読む]
  • 坐禅は全人格を救う
  • 禅者Keiと坐禅初心者AyaのチャットからKei ─(今取り組んでる公案はレベルが高い。というか、老師のレベルが高いんやろうけど。もう少しなんやけど、見解(けんげ)がなかなかパッといかない。かなり深いな。坐っても何も出て来ない..)究極のものは一つ、究極の一。「心」とか、「仏」とかはそういう究極のものの代名詞なんやけど、その究極のものは言葉で表現できないものなんや。だから仮に... [続きを読む]
  • 坐禅の真相・共通意識
  • ●要点●坐禅は基本何もしない。何もしないで座る。ひたすら無。無〜〜の働きだけ。雨の音も働き。太陽の光も働き。そしてそれら全てが意識。意識は共通。話す前から通じてる。生まれる前から通じてる。坐禅の真相には、浅い、狭い、深い、広い、などの無数の層がある。その一番根本的な層が、共通の層。そのことはみんな知っている。そもそも意識ってものは働きでしかなく、それはこの世界に一元的なもの。目の前のモ... [続きを読む]
  • 真実
  • ●要点●生死問題だけどね、人はこの肉体の生滅をもって物事の始終としたために、今のような観念が出来上がったという・・・。そう決めているから、そうなっているだけ。自分と言うのは、海自体で、波が消えても終わらない。永遠にこのままや。このままやから、この宇宙の真実というか、本当の自分になって生きないといけない。見かけは変わっても、終わる事がない。つまり始まってもいない。そういう世界に生きているのが... [続きを読む]
  • 禅の核心と摩尼宝珠
  • ●要点●我々は既に如来という答え自体でありながら、その上に更に理屈を付けたがる。如来に貼り付けた付箋を自分自身と思い込むんや、大体。でもそれはすぐに流し去られる。ムジ(無字の公案)をするとき、この付箋貼りみたいなことをしていては失敗する。ムジは、その付箋貼りではなく、如来から離れない訓練や。如来は人が意識する前の世界、つまり呼吸とかもそう、心臓の鼓動とか、太陽の輝きとか、人の意識の底に... [続きを読む]
  • これが、本当の自己に目覚めること
  • ●要点●マインドフルネスね、悪くない。深ければ、見性と同じや。「空想」に囚われている自分を、「事実」に向ける。空想を眺めると、空想だから消えて行く。このメソッドは、禅の「何もない」の世界と同じだよ。気づいていることは、ムジ(無字)と同じや。ムジになり切った時、多くに気づく。マインドフルな状態やな。固定観念。これが錯覚の元や。この固定観念の正体さえ見ればいい。坐禅、マインドフルネス、ヨガ... [続きを読む]
  • 禅と『マインドフルネス最前線』
  • ●要点●禅として言えることは、思考が受け持つ情報処理の世界(大脳の世界)は、 世界そのものとは「別」ということ。ところが、『マインドフルネス最前線』のスマナサーラ長老は「大脳こそは人間になるための機能、小脳は、生存欲と恐怖心の塊、原子脳」と言って、程度が低い扱いなんやけど、私は、本能の程度は高いと感じる。 小脳は完成度が高い。つまりね、なんでカブトムシは程度が低く、人間は高い? 私はそ... [続きを読む]
  • 悟りは、一周回って元に戻る
  • 禅者のつぶやきby Kei生地のままの自己。後天的なものができる前の、生地のままの状態。この状態なら無門を通れる。「生地のまま」って言葉が、出てきた。あらゆるものが意味付けだからね、その土台やな。その土台が生地。その生地は、不思議なものや。まるで意味不明やな。生地は、何ものでもない。それを悟るんやな。まー、すでに悟っとるけど、それは。後天的なものは、作り物やし。後天的な... [続きを読む]
  • 根本の分かれ道
  • ●要点●自分とかあなたとか、そういう分別ができるのは、そのフィールドが空やからや。空やから、自分とあなたと合わせたら、ゼロになってなくなる。つまりな、元一つ、それを二つに分けるところが始まりや。この一つとそれ以上というところが、根本の分かれ道や。二つに分けたと言っても、実物を分けたわけやないんやで。頭の中で分けただけや。実物は、今も昔もこれからも同じままや。◆◆◆禅者Keiと坐禅初... [続きを読む]
  • 無の門と悟り(2)
  • ●要点●無門について.. この事に気が付いてから、坐禅がさらに楽になった。禅定と言うより、「禅の教えるところ」やな、それに自由に触れることが出来るようになってきた。無門。この言葉は重い。大道無門。無に入るには、無門の前で全部置いて行かなあかんねん。何か持ってたら、その門は通れないねん。入った後のことを考えるより、その門の前でみんな手放すことをしないと。◆◆◆禅者Keiと坐禅初心者A... [続きを読む]
  • 無の門と悟り
  • ●要点●無の門。知性はこの門を潜り抜けることはできないし、公案全部がそうや。知性の介入で不完全に見えてしまっている世界を、ムー(無字の公案)などの公案で知性の介入を拒否る。それだけで、本来完璧であった世界に戻れる!と言うことや。一旦、無の門の中に入ってしまえば、それ見性ね、そしたら、無の門から出て知性の世界に戻るのも自由、また無の門から完璧な世界に来るのも自由ってわけや。悟りとは、知性... [続きを読む]
  • 本当の人生
  • 禅者のつぶやきby Keiさて、見解(けんげ)と言いたいところやけど、もう、見解も何もないわ。笑Aya(坐禅初心者)─ ブログの危機や〜いや、かえってグレードアップかもやで。これまでの見解の方がちょっと未熟やったのかも。幻が本質なら、それは新しい生き方や。現実を生きているとしたら息苦しい事も、幻の人生なら、さわやかやろ。(苦手な人も、相変わらず苦手な人やけど、)... [続きを読む]
  • 全てを幻と見抜けてこそ、全てが統合される
  • ●要点●悟っている人以外の人は、大なり小なり妄想の精神病、統合が出来なくなった統合失調症や。この世の出来事一つ一つが現実とすると、間違いなく統合は無理になる。その統合が無理になった出来事に翻弄される時に、その人は病気になる。但し、普通の人はそれを完全に知らなくても、本能的に知ってる・・・。だから適当にスルーしたり無視したりして、混乱しないですんでいる。全てを幻と見抜けてこそ、全てが統合... [続きを読む]
  • この幻が宝物であることを知る
  • ●要点●空、空、空で、結局何もない。でもその空は、全ての幻、既にいなくなった自分の親とか先祖とか、そういう幻を生み出す空。何もかもが幻なんやけど、この幻が宝なんやな。この頭脳が創り出すものは確かに素晴らしい。でも、幻という宝は、ことさらに追い求めるものではないような気がしてる。この幻は決して手にしようとしてはいけないもんなんや。一切何も得ることがない、それを生きるんやな。その時に初めて... [続きを読む]
  • 禅者の言う「無」の世界
  • ●要点●心身ともに、実体は無限定。有るとは言えず、これは「無い」と言う他ない。あらゆる限定が外れ始めると、それが禅者の言う「無」の世界。禅というのは恐ろしい。この皮膚に生えてる毛一本にしてもね、山に生えてる木との違いがわからなくなる。境目をつける意味がどこにあるのか。自分はどこにいて、どれなのか。自分という範囲は、あくまでも物差しの目盛りと同じで、人工的に考え出したものや。そう悟ると、... [続きを読む]
  • 悟りの入り口は、分裂症を自覚すること
  • ●要点●呼吸を把握するのに頭脳は要らない。その意味は、呼吸を把握するとは、分析ではなく、呼吸になる事だから。目の前の物になるのにも頭脳は要らない。なぜなら、頭脳の働きが一つになる事を邪魔しているから。「一つにになる」という言葉もダメだね。一つの物を頭脳が分裂して見させているから。普通の人には、分裂した世界しか見えない。頭脳の奴隷になっている。頭脳の機能は分裂症を引き起こす。解決策は、た... [続きを読む]
  • 公案は分裂症を治す技
  • ●要点●あらゆる現象は、たった一つの自己の分身。あらゆる言葉は、たった一つの自己を表現している。これは大きな見解(けんげ)や!雨音…これも自己の一つの現象。雨音という言葉は、それを表す言葉。なんで無字の公案で悟れるのかわかった。無と一つになるということは、自己が一つになること。この統一された本来の世界に戻ることができたら、あらゆるものが自己の分身とわかる。こんなに素晴らしかったのかー、とわ... [続きを読む]
  • 事実を深く知って生きること
  • 禅者のつぶやきby Kei・・・でも、この辺からがなあ。次のステップに飛躍できるかな。そこやなぁAya ─ 次のステップが見えてきたってこと?なんとなくね。この先進んで行くと、大悟徹底で、世界が変わるような。今のサラリーマン生活とか、全部変えることになるとかね。生き方が変わるというか、生き方で示すようなステップね、、マンガでわかる... [続きを読む]