サラリーマン禅者 さん プロフィール

  •  
サラリーマン禅者さん: 禅者の世界観
ハンドル名サラリーマン禅者 さん
ブログタイトル禅者の世界観
ブログURLhttp://zensha.exblog.jp/
サイト紹介文悟後の修行に励む在家禅者の個人的なブログです。伝統的な坐禅修行の奥深さと卓越性をお伝えしています。
自由文ZEN...One world One universe One space... 禅・坐禅に関心のある方、真理や神を心から求めている方etc.に読んでいただければ嬉しいです。そして、日本の禅界を盛り上げることに貢献できれば何よりです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供144回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/06/12 11:38

サラリーマン禅者 さんのブログ記事

  • 公案の話/無字の「ムーーー」と、隻手の「声」
  • 禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<Kei ─ムジ(無字の公案)の話。無字とか隻手の声とか、かなり誤解してたかもしれんな。坐れば坐るほど、内容が変わっていく。無字の「ムーーー」と、隻手の「声」とが同じものを指してる事とか、これは深く坐らないとわからんね。父母未生以前の自己、とかね、これも「ムーーー」や「声」や。結局、隻手の声って、要するに、... [続きを読む]
  • ようやく、仏の意味が見え出した
  • ●要点●十牛図の話は分かり易い。最後の布袋さんは、「首から下」、向かいにいる迷える人が「頭から上」。頭がどんなに物事を分別して解釈しようとも、首から下はそれが嘘だと見破っている。だから、それに啓発された人は、禅堂に来るんだよ。何かおかしい・・・となってね。どんな人にも最初から備わっている、見破る布袋さん。どんな人も、首から下は布袋さんなんや。ようやく、仏の意味が見え出した。ブッダとは何か、... [続きを読む]
  • 素直な心は自他がないことを知っている
  • ●要点●あなたの素直な心が、まさに宇宙の心そのものなのです。宇宙の心になりきってしまうと、人の知性の矛盾、間違いが明瞭になります。そうなると、もう知性に騙されることはなくなります。・・・Ayaさんはそのままで宇宙なのにやな、わざわざ頭でそれ以下の存在にしてしもうとる。頭でな、宇宙と自分と切り離すから、それ以下の存在になってしまう。心の方が正しい。その心は、宇宙の心そのものやから。心は自他っ... [続きを読む]
  • 六道を隅から隅まで旅して巡る勢いで生きるのがいい
  • ●要点●衆生本来仏なり。この本質。直入することが出来れば、大悟する。何もないのに、ものごとを二つも三つもくっつけて、ややこしくする。これが一個になる、これが悟り。それは、Ayaさんも既に入手している。失ったことはない。「自己しかいない」と悟る、そのための修行や、人生は。こうなったら、六道を隅から隅まで旅して巡る勢いで生きるのがいいな。天国から地獄まで。でも、これが本当の仏道やろな。さらに進... [続きを読む]
  • つぶやき
  • 禅者のつぶやきby Kei今日の見解(けんげ)。妄想も宇宙や。ただ、分別的な妄想は本当の宇宙と違うから、それで、間違っている。宇宙はこれしかなくて万物一体なのに、俺とお前みたいに別けてると間違っているから苦しくなる。これしかない万物一体なのに、自分はいつか死ぬとか思っていると、それは間違っているから苦しくなる。自分の一挙手一投足が宇宙やのに、それ以外ないのに。間違... [続きを読む]
  • 悟り・見性の落とし穴
  • ●要点●まずはね、(無字の公案の)ムジを見つける事。でもそれは、見つかっても消える運命にあるという事。最初に見る見性の落とし穴はここにある。見性したら、目の前にちゃんと仏が見える。最初だけその仏だけが特別に輝いているように見えるけども、すぐに慣れる。スピ系の人は、最初の印象にこだわる。記憶に頼る。坐禅の人は、最初の印象は捨てる。慣れた仏の世界に移行する事を貴ぶ。だから私は最近はお経を読... [続きを読む]
  • 知性は何も知る事は出来ない
  • ●要点●「仏」と呼ばれる実体は、主客の無い世界。それしかないし、生死もない。問題は、自我らしきもの。これって、その実体の上に浮かぶ夢。完全に夢なんやけど、人はそれを現実と思い込んでいる。実際には、その「仏の命」というか、それしかない。般若も、その仏の命から出てくる智慧の事やし。普通人は、自分の知性が物事を理解していると感じているけど、実はそれは間違いで、それは般若。知性は何も知る事は出来な... [続きを読む]
  • 最近の坐り
  • ●要点●結局、すごく一般的な宗教の話に立ち戻ってきた。要するに、ワンネスの実体が仏心、浄土で、そこから来てそこに帰ると。でもそれは、いつもここにあると。・・・ここ最近の座りが変わって来てね。なんていうか、以前のような硬さがなくなった。坐っていて、しっとりしている。静寂な感じ。ざわざわしたものが無い。この感じは、これまで感じたことはない。◆◆◆禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットか... [続きを読む]
  • 無意識と禅
  • ●要点●こんな言い方してたよ、ユングは。無意識の領域が、自意識の領域に流れ込む。どういうことかといえば、これは見性のことやな。うまく言えんけど、これはすごい可能性あることや。見性とは、自意識が無意識を自覚すること。禅の修行とは、自意識ベースで生きている自分が、最後には無意識ベースの自分に変わることや。無意識ね、これは結局、誰もが知りたくて、でも逆説的なんやけど、意識が届かないってことは、知... [続きを読む]
  • 人は生まれて死ぬ、この思考パターンが自我
  • ●要点●事実というのは、分かれ目がない一つのつながり。気体になった水は、姿を変えてどこかに行くけど、消えてない。森羅万象の全てがそうやん。ここからここまでがAyaさんの体というものはない。生まれる前も死んでからも同じや。これがわかったから、思考パターンが事実に一致しないことがわかった。思考は分別をする。それがパターン化されると自我や。例えば、人は生まれて死ぬ。このパターン、これが自我。その... [続きを読む]
  • 思考パターンとワンネスの正体
  • ●要点●座ってるとあらゆるものが自分の体というのがよくわかるようになってきた、リンの音とかも。思考パターンだけが違う。自分の意思で動かせるこの体が、自分だと思う…それは誰が決めたんかね?神経のつながりの範囲が自分という「思考パターン」が外れた瞬間に、ワンネスが出てくる。ワンネスの正体や。(スピ系のワンネスのような)漠然とした「ワンネス」なんてつながりはあり得ない。人がこの世で生活している限... [続きを読む]
  • 道なんか求めたら、いろんなものが壊れへんか?
  • 禅者のつぶやきby Kei最近何かとズレてる。でも、それが何なのかわからん。行きつけの食堂の人にも言われた。「何かに苦しんでるね。結構深いねっ」て。それやねんけど、それが、禅的にはオッケーなんやけど、それ以外のとこ。ほら、禅と何かが合わないって、、普通の生活と禅。普通は、良かろうが悪かろうが、みんなに合わせてジタバタせなあかんのちゃうかな。禅を生かすってのは、何か... [続きを読む]
  • 仏道とは、思考パターンの罠から人を救う事
  • ●要点●「思考のパターン」の話は、かなり重要。思考パターンによって、生と死は決まってるんや。思考パターンそのものが、その人や、自我や。そして、「身心」というのは別物や。身心はそのままで時空を超えている。時空は、思考のパターンでしかない。自分も他人も、社会も国も、全部思考のパターンでしかない。思考のパターンが問題の核心。釈迦の道は、苦悩から離れる事の出来る思考のパターンがあるよと教えてい... [続きを読む]
  • 自分の仏道は何なのか
  • ●要点●とにかくな、禅は、仏道で、人を救わないかんの。会社の中では、自我やエゴを養い育てる結果、それによって犠牲になる本来の自己がいて、それがもがき苦しむ。その結果、みんなそれからは目を背けて無きものにする。私はそれができん。だから、人の世には、やっぱり六道があって、そこから超出してしまう道が無いと救われないんやな。六道の外にある仏道。そして、毎朝9時には餓鬼道に入り、夜になれば仏道に戻る... [続きを読む]
  • 生きる意味は、救う事
  • 禅者のつぶやきby Kei見解(けんげ)、ステップアップは確実や。でも少し禅との向き合い方も考えねばとも思う。Aya(坐禅初心者)─ どういうこと?ある程度見えてきたから、ペースを考え直す必要もあるかもということ。─ まさかのペースダウン?ダウンではないけどね。禅をやってて見えてきたことを、日常にそのまま生かしたいというかね。生き方が変わる事に繋がるのかもね、こ... [続きを読む]
  • 悟りは二元を嫌う
  • ●要点●至道無難唯嫌揀択(しどうぶなん ゆいけんけんじゃく)・・・悟りが「有無」や「好き嫌い」を嫌ってる。悟りは二元を嫌うんや。ワンネスが答えなんじゃなく、ワンネスは二元対立を嫌う。これでわかった。スピ系の違和感とか、禅との違いがね、、禅は絶対的な一元が前提。二元を嫌ってるんや。一元になってハッピーやったら、おかしい。 ・・・「今ここ」の事は禅だけや。無我は「今ここ」にしかないから、やっぱ... [続きを読む]
  • 禅・道元の食事作法とマインドフルネスの違い
  • ●要点●鈴木大拙さんの「金剛経の禅」「禅への道」、これな、かなりドンピシャな事言うとる。禅ていうのはとにかく「今」というものをどうつかむかや。今というのは、過去現在未来の「現在」じゃなくて、これら全部を含んだ「今」。もっと言えば、太古なんてない、未来なんてない、どこをどう見ても今ここが全部でしかあり得ない。これは実感した時に、おーーーーー!ってなるね。マインドフルネスは、それになり切る... [続きを読む]
  • 禅という重石
  • ●要点●禅が日常に占める割合ね、それが一定のレベルを超える人じゃないと、座れないし、見性もない。とにかく、この日常の中で、深く禅に取り組んでいる人と、そうでない人には、大きな違いがでるよ。・・・ストレスだらけの仕事をしている今の私に「禅」という重石がないと、結構大変かなと思う。禅はどんな時にも、無根拠の安定感を与える。誰にも理解されなくても、禅があるということが、最大の救いになるよ、これか... [続きを読む]
  • 「禅」とは、皆が期待しているようなものではない
  • ●要点●結局、禅というものは、皆が期待しているようなものではなく、本当に自分自身にのみ関わることで、それじゃないことは禅とは言えない。禅というのは、実際に車にはねられそうな時に「うわーーー!」と叫んで、頭の中の想像ではなくて、「心」が実際にその状況になっている時の事を言うんだよ。・・・こうなると凄いことが起こってくる。音は聞くものなんてとんでもない。音は有る。見える。人間と同じ次元の存在。... [続きを読む]
  • 仏も迷う.. 衆生無辺誓願度
  • ●要点●仏にとって対象はない。救われた者と、救う者がおらん。だから、悟らないんだよ。誰かが泣くと、仏も泣く。笑うと、仏も笑う。迷うと、仏も迷い、悟ると、仏も悟る。こうなってんねん。だから、みんなが悟るまで悟らんて、当たり前や。Ayaさんの迷いは、私の来世や。禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<Aya─ 禅とか悟りは慈悲やね。あぁいう話を聞くと、一... [続きを読む]
  • 迷いも悟りも、頭脳が創り出す影
  • ●要点●動物は悟れない。迷う事の出来る人間だけが悟れる。「迷い=頭脳で影を追いかける事」。頭脳で悟りを追いかけても無駄や。それは影や。そうじゃなくて、影と迷いの関係を見抜く事や。影を追いかけると迷う。影を追いかけているから、悟りがあるように思えている。その影を追いかけている自分に気が付く事や。その気付きが悟りや。迷いも悟りも影。求めても得られない。その影は頭脳が創り出す。◆◆◆禅者... [続きを読む]
  • 無所得、「無限の宇宙と一体」という見解
  • ●要点●無限の宇宙と一体という見解(けんげ)。音とこの体との違いが無いとか。音とこの皮膚との違いが無いとか。そして、その音が宇宙に響き渡っている感じとか。とにかく、この体って、あれだよ、十牛図に出てくる布袋さんが、周囲の山川の象徴といった感じの、あの感覚。・・・だんだん自我が薄くなってきてるな、確かに。「自分の何々」っていうのが消えていくね。無所得っていうんやな、これ。禅者Keiと坐... [続きを読む]
  • 公案修行は無我の歩み
  • ●要点●公案修行は、凄いよ、ほんとに。見えているという事がまず大事なんやけど、その次に、見たものをどう伝えるか。この「どう伝えるか」が、こんなに問題を含んでいるとは知らなかった。・・・自我や。自我が見たままを表現するのを邪魔する。こういうことが、禅の訓練、修行やな。禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから <<<Kei ─公案の見方が変わってきたよ。前回... [続きを読む]
  • 未完の道元
  • ●要点●あの正法眼蔵って本は、完成されたものじゃないみたいやで・・・つまり、ブログや、あれ。だから、道元さんの最終的な見解(けんげ)が書かれているわけではない。禅は分別から離れるんやから、完成したらおかしい。常に、途中であるべきや。だから、座り続ける事がいいのや。どこまでも。あの坐禅の形は意味が深いね。禅者Keiと坐禅初心者Ayaのチャットから [続きを読む]