Kiko さん プロフィール

  •  
Kikoさん: Kikoのアメリカンモダンファミリー
ハンドル名Kiko さん
ブログタイトルKikoのアメリカンモダンファミリー
ブログURLhttp://modernfamily.blog.fc2.com/
サイト紹介文アメリカで暮らして28年。アメリカでの仕事、恋愛、子育て、ファッションのブログ。
自由文アメリカで暮らして28年。 アメリカの大学を出て、大手銀行の国際部で14年働き、現在は、某メーカーの国際営業部で8年が経とうとしてます。 アメリカ人と結婚、離婚を経験。子供が二人。 でも、幾つになっても恋愛を楽しみたいと満喫中。 好きな事は、サイクリングのクラスとヨガのクラス。 後は、映画。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/06/13 05:51

Kiko さんのブログ記事

  • 桃ちゃん2ヶ月
  • 今日で、桃ちゃんが家の子になって、2ヶ月が経った。 可愛くってしょうがない。 きっと私に懐いてるからも有るからだろうけど。 明日は、獣医さんで検診予約が入ってるけど、怒るだろうなぁ。??にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 6月は、色んな思い出が有る
  • 今月は、色んな思い出が詰まった月。人生を変えた月でも有る。先ずは、子供たちが産まれた月。 人生が、上下360度回転したどころか、正直言って、子供たちから人生の色んな事を学んだ。 今の温暖な性格になったのも子供たちのおかげ。子供たちの為に良い人間になりたいなぁと思ったもの。次は、アメリカ市民権を取った月。 あれから、4年が過ぎた。ここに至るまで、長く決心出来なかったけど、いざ市民権を取った今は、これで良 [続きを読む]
  • あれから3年か〜
  • 日本へ遊びに行ったのは、3年前。 時間が経つのは、早い。子供たちの成長が眼に見える様なフォト。 これが、今日のFacebookの思い出に出てきた。 背が私より高いけど、それでも今の様に187センチ無かったから、一緒に居ても圧倒感が少なかった。今では、2人の後ろを追う様に歩いている私。 だって、2人とも歩くのが早い。 2人が目の前にいると前が、見えないのよね〜〜。 こんな事って、日本で育った時は、背の高めの私には [続きを読む]
  • 夏休み初のバケーション
  • 今年の夏休みは、バケーションを取るつもりは、無かった。 と言うのも子供たちが、6月の終わりにイタリアへ8日間行くからだ。 教会のユースグループの20人ほどが一緒に行くのだが、過去に2年間、資金調達で色々と頑張ったが、それでも個人負担は、1,700ドルは、掛かっている。 うちは、2人だから3,400ドル。 それにお小遣いや必要な物を合わせてもドッと4,000ドルくらい掛かってしまった。だから、今年の夏休みは、バケー [続きを読む]
  • 桃ちゃんの怒り爆発
  • 元主人の犬を先週末預かった。 桃ちゃんと上手くいくのか心配だったが、意外と大丈夫だった様。どちらも興味津々で、お互いを見つめていた。エルビスから見れば、『何だ? 何だ? 今までこんな子居なかったじゃないか? 何処から来たんだ?』って感じでしょうか? 桃ちゃんから見れば、『ウワッ〜何これ? いきなり私の家に来たわけ? 近寄らないでよ。』って感じかなぁ。 そんな2匹が、衝突する事なく無事にやっていたので、何 [続きを読む]
  • とても悲しいお知らせがあった
  • 違う部署だけど、同僚で47歳の男性が、心臓発作で土曜日に亡くなった。彼は、とにかく愛嬌あって、優しいクマさんの様な人だった。 ボディービルダーでも有り、常に食事と健康に気を使っていたのだが、医者が、『余り、ウェイトリフティングに励むのは、体の負担になるから控える様に』と言っていたらしいが、身体をずっと鍛えている人には、エクササイズを控えろと言われても難しいんだよ。 でも、どうもこのボディービルダーと [続きを読む]
  • 夏休みだね〜
  • いよいよ、息子たちの夏休みが始まった。 8月27日までの長い夏休みなのだが、それでも、子供たちなりに忙しい休みとなりそうだ。 2人共、17歳だから、働かせるかとも思ったが、クルマの運転ができないし、スケジュール的に無理っぽいと言うか、2人のスケジュールを調整して、私のスケジュールもそれに合わせるのかと思うと気が遠くなったので、もうちょっと待った方が良いのかなとも思ってる。今週は、クーパー君と彼の親と息 [続きを読む]
  • どんどん変化してる
  • 猫の桃ちゃんを家で飼ってから、7週目が終わろうとしている。 もう可愛くってしょうがないの。 私が、『桃ちゃん!』って呼べば、ちゃんと返事するし、大体は、走って私の元へやってくる。 そして、私の行く所へ一緒について来るしね〜〜。もう私とは、ラブラブの世界。ちょっと前までは、息子たちがいる時は、絶対、桃ちゃんの存在が無かったのだが、それが、ここ1〜2週間で変わり始めている事だ。 数日前に息子たちと一緒にリ [続きを読む]
  • 子供達の誕生日
  • 何時も学期末テストが有る週に子供たちの誕生日がやって来る。 だから、前もって1番楽そうな夜に祝うようにしている。それが、今日。 元主人と彼のお母さんと叔母さんと子供たちで、『チーズケーキファクトリー』で夕食を食べる事に。正直言って、あっという間に17歳になってしまった感じがする。 こんなに小さかったのにこんなに大きくなって、後、1年で高校を卒業するなんて信じられないわ。この2人から、学んだ事が沢山有る [続きを読む]
  • あとちょっと
  • この時期になると大体、学校に飽きてきて、後、数日と言う所で、誰かが馬鹿な事件をおかして、学校側があたふたしている。今朝は、17歳の生徒がバスから降りたら、銃で脚を撃たれたという事で、周りの3件の学校がロックダウンされた。 つまり、息子たちの学校も当然ながら、朝7時半からロックダウン。学期末テストまで、後、1日だよ。 もう直ぐ夏休みなんだよ。 なのにこんな事件ですか?ギャングが関わっていたとか、或いは、 [続きを読む]
  • 日本人のお友達とドーナツデート
  • 土曜日の朝は、日本人のお友達のChachaさんとドーナツとコーヒーのデートでした。このブログを通して知り合って、偶然、クーパー君の家から近い事もあって、年に何度か会ったりできる仲となった。 なんせ、Chachaさんは、ナースだから、毎週末に休みとかになる事もないから、予定が合わない事もあって。 それにどうせ話せるなら、日本語がイイしとカボさんとクーパー君に悪いけど、2人で会える日を選び(私が勝手に決めてる)、土曜 [続きを読む]
  • 桃ちゃんと1ヶ月記念
  • 桃ちゃんが、私達の家の猫ちゃんになって1ヶ月以上が経った。 初めて来た時から比べると物凄く進歩したよね〜。もう私が、会社から帰って来ると甘えて、甘えて、可愛いものよ。 夜も私さえ居たら、幸せって顔してる。寝る時も私の隣にピッタリくっ付いている。 絶対、一緒に寝るのを反対していたくせに。 桃ちゃんを甘やかしているって、クーパー君に言われるけど、甘やかしたくなる顔してるのよ。体重だって、3キロないし。 丸く [続きを読む]
  • 学年末のバンドのコンサート
  • 高校9年生と10年生が多いシンフォニーのクラスと高学年が多いWind アンサンブルのクラスのコンサートがあった。まずは、シンフォニーのクラスの演奏から。 なんか迫力が欠ける。 悪くは、ないが、眠くなる様な演奏。 元々、音楽の才能ない私には、分かるわけないんだろうけどさ。その後は、高学年の多いWindアンサンブルのクラスの演奏。やはり、素人の私が聴いても上手だなぁと思った。息子から、1番前のステージに向かって右 [続きを読む]
  • ある少年
  • 息子たちの通っている高校のシニアの生徒で、素晴らしい少年がいる。 絶対、将来、アメリカを背負って行く人間の1人だと私は、見ている。 この少年の名前は、マイルズ君。 親を見たことないので分からないけど、多分、黒人と白人のハーフであろう。 でも、そんな事が言いたいのでない。 実は、マイルズ君とは、去年、学校で会ったのです。 私が、キャンパスをキョロキョロと歩いているとマイルズ君が、やって来て、まずは、自己紹 [続きを読む]
  • バンドの学年末パーティー
  • あっという間に息子たちの高校11年生も終わりに近づいてる。 信じられないくらいの勢いで、時間が過ぎてるけど、今も1日って24時間だよね。 と疑う程、早く時が過ぎる。歳を取ると時間が経つのが早く感じると言うけど、息子たちもそう言うから、年齢に関係ないのかなぁ。昨夜は、全てのバンド系の学年末パーティーがあった。うちの息子だけ、妙に大きいのだが。 卒業する女の子たちは、プロムで着たドレスなんかを着て、益々、大 [続きを読む]
  • ホワイトハウスでなくなった
  • これをフェースブックで見かけた。 まさにその通り。現在の荒れ狂ったアメリカ政府。アメリカを動かしているのは、あのろくでなしの親父でなく、プーチンであったのだ。次回発行のタイムの雑誌だ。 偉い。 言いたい事を言えない事が多い中、堂々とこの表紙の雑誌を販売するらしい。 偉いぞ〜。にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 息子たちと日本語
  • 全米日本語協会から、2人とも認定書を頂くことになりました。日本語の成績の優秀で、全科目の成績も有る程度、良いシニアの4人とジュニアの7人が認定されたのです。フットボールの息子は、どの科目も成績優秀だから、先生も貰えると始めから分かっていたのか、認定書が金縁の本物。マーチングバンドの息子は、カラフルな成績なので、ギリギリまで分からなかったのでしょうか、本物の金縁の認定書は、後で送られるとか。キンダー [続きを読む]
  • 世話係ですから
  • 私って、結構、友達の世話を焼くのが好きなんかもと良く思う。 お節介なのかなぁ? 好きな友達にも幸せになって貰いたいと手助けしたりするのが、好きだ。 実は、日本人男性の友達のYさんとアメリカ人女性の友達のSさんを会わせたいなんて思ってる。 Yさんは、現在、元奥さんと離婚交渉中。 Sさんは、今年、離婚したシングル。どちらも私の好きな友達だ。 2人とも性格が明るく、親しみやすい。 普通に生活していれば、絶対、接点 [続きを読む]
  • 友達のケリーが働きだして
  • 私の働いている会社で、空きのポジションが出来たので、友達のケリーを紹介したら、何と上手くトントン拍子に就職が決まった。うちの会社で空きのポジションなんて、滅多にないの。 だって、多くの人が、一生涯働く様な会社だから。 つまり、毎年、何人かの人が、30年、40年や45年勤務アニバーサリーを祝う事もある。 日本企業もビックリでしょ? 私なんて、この会社に入って、10年目だから、まだまだヒヨッコ。だから、ケ [続きを読む]
  • 猫の気持ち
  • 益々、分からない桃ちゃんの気持ち。可愛く愛嬌を私に振り撒いたかと思えば、『誰? このおばちゃん?』って感じで、あっち向いてる桃ちゃん。しかし、やっと私には、気を許し出してきた。 子供たちが居るときは、絶対、姿を現さずに子供たちのベッドルームで隠れてるか、キャビネットの中で隠れてるかだから、桃ちゃんって、永遠にこんな感じなのかなぁと思っていたのね。そしたら、先週末に子供たちが居ない間、私が1人で家に居 [続きを読む]
  • アメリカの高校のクラス
  • よ〜くよ〜く分からないのが、アメリカの学校制度。 この辺りには、物凄い数の小学校(70校くらい)があって、どこも子供たちでギュウギュウ詰め。大体において、異常な教育熱心親とほったらかしの親とに分かれる。 異常に熱心な親は、学校に何度も顔を出して、先生の邪魔をするか、学校のアドミンに色々と文句を言う。 子供たちが、小学生だった頃、小学校の先生に毎日、子供たちに揉まれて大変ですね〜〜と言ったら、『子供たちは [続きを読む]
  • 何で私が緊張するわけ?
  • 今朝は、子供たちのSATのテストがあるんで、早くから起きて2人を送って来た。学校へ行くのが好きだったが、テストが大っ嫌いだった私。 今でもテストと聞くとテストを受けない私が、何故か緊張する。この子供たちのテストだが、大学へ入学するには、必要なテストだ。 しかも忍耐の限界以上の5時間くらい掛かるテストだ。 受けるのに1人47ドル掛かる。昔、アメリカの大学に入る為にTOEFLと言う英語の能力を測るテストを何度も受け [続きを読む]
  • シャイどころかかなりの頑固者
  • お嬢様は、かなりの頑固者の様です。そして、自分の思う様になるまで、しぶとく何度も催促するタイプ。日中は、飲まず食わずで雲隠れ。 皆んなが寝閉まる頃にしなしな〜と何処からともなく出てきて、暴れまくっています。私の家に戻ってきた数日間は、私のベッドルームとバスルームを自由に行ける様にしたのですが、お気に召さなかった様です。 明け方の4時から、大騒ぎで、バタバタと駆け回り、餌を一口ほどつまんで、水をちょっ [続きを読む]
  • 胆石の検査結果
  • 医者が、私の受けたMRIを見て、ガッカリしたかは、定かでないけど、検査結果は、胆石が一個だけ胆嚢に有るだけだそうなの。もっと有ったのかもしれないけど、自然と流れたのかなぁ。 残りの胆石は、一個だけとなり、何もせずに様子を見ましょうと。 他の内臓も調べましたが、全て大丈夫ですよと。ここが、日本だったら、『ああああ〜良かった。』となるのだろうが、アメリカの様に保険がきいても医療費が高いと『えええ〜それだけ [続きを読む]
  • 恐怖のMRI
  • ついに怖かったMRIを受けた。初めてMRIを受けたのは、20年前だった。 あの時に2時間半もあの恐ろしいマシーンを目の前にして、パニックアタックらしきものを感じた。 しかし、若かったから、何度も深呼吸を繰り返し、落ち着け〜〜と唱えながら、辛うじて2時間半の長いMRIを終えた。 眼を閉じてジッとしてればイイものの。 そうなると余計に眼を開けたくなるもので、大きなマシーンが、ドーンと眼の前に有り、ただただ、圧迫感を [続きを読む]