とーや さん プロフィール

  •  
とーやさん: 私のであった言の葉
ハンドル名とーや さん
ブログタイトル私のであった言の葉
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yayo-tom
サイト紹介文働いていたり、生活していたり、読書していたりして、何気にであった名言。ニュースなど。きっと朝礼などで
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供94回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2015/06/13 09:53

とーや さんのブログ記事

  • 能ある鷹は爪隠さず
  • HONDA創業者、本田宗一郎氏のお言葉企業で働く人、才能を出し惜しみするのは悪であるという事らしい。自分が培った力を発揮できる場所が「会社」だと考えれば、その通りかとも思う。結果を出せば報酬もあると思えば、納得ですね。 [続きを読む]
  • イヤならやめろ!
  • 昔はよく聞いた言葉だなぁと思います。実家が大工系だったんでこの手の言葉は日常茶飯事。 Amazon.co.jp ウィジェットしかし、よく会社の人と飲みに行ったりして思いますね。結局は辞める事もないのに嫌だ嫌だいうのは、効率が悪いと思いますし、聞いててもいい気持ちはしませんよ [続きを読む]
  • 考えろ、調べろ、人に聞くな
  • うちの社長がよく言う事。「どうしましょう?」という言葉は丸投げ「AとBありますどちらにしましょう?」というのが仕事をする上で大変重要な事。その為にも、調べて、考えて、現地に行ったりすることが重要である。そういったインプットが自分の血肉になるのだと最近よく思います。 [続きを読む]
  • 寝ても覚めても
  • 熱中したいこと。探さないといけないかも。毎日が同じ繰り返しでは、大変つまらないですからね [続きを読む]
  • 自由は山嶺の空気に似ている。どちらも弱い者にはたえることはできない。
  • 夏目漱石のお言葉「自由」というのは羨ましいと思う人は多いと思う。職場で自由になりたいとかしかし、いったん「自由」に仕事をしていいと言われた場合、たいていの人は途方に暮れるだろう。職場での自由。仕事なので、自由の中でも結果を出す必要がある。自分で問題を抽出し、解決できる人間にしたら自由は楽しい。自由が欲しいという前に、まず自分が何をできるか。自由という中でも生きていけるかかんがえるひつようがあります [続きを読む]
  • 焦らず、腐らず、力を蓄えることが大切。
  • 石田宏樹氏の言葉。新入社員や転職した人、部署変更になった人。その部署で力を出し切れていない日々にイライラしたりしているんじゃないでしょうか?しかし、それはまだ出番が回ってきていない為。石田宏樹氏の言葉を借りていうなら「発展途中」の為。だから今はできることを確実にこなし、力を蓄えてる期間だと思って仕事に取り組んでいきましょう。 [続きを読む]
  • 「保証がない」のを笑うのがリーダーだろ?
  • ルドルフターキーの新刊が出ておりました。早速購入。展開は、びっくりする展開でしたが・・・次も気になるこの台詞は各界のトップを傍に置くベアに対し、ルドルフが放った台詞。自分の役に立ちそうな木を育てるのではなく、他から買って傍に置く。ベアの考え方はこの考え方ですが、確かに根付可能性が高い。それよりも一緒に苦楽を共にし、育っていく方がいざ実をつけたときの価値は何倍もすごいこと間違いない。お金の使い道も人 [続きを読む]
  • ドラッガーの名言
  • 明日のエグゼクティブが学ぶべき3つの重要な事柄は、① 自分で自分の面倒がみられること、② 下(部下)のマネジメントではなくて、 上(上司)のマネジメントをすること、③ そして、経営の基本を 広く着実に身につけることである。これは、上司が嫌だと文句を言っている社会人に贈りたい。上司が嫌なときはこれを思い出して奮起する [続きを読む]
  • 口を動かす暇があるなら、行動をしろ
  • 「最近の若者の中には、口は立つが腕はからっきしが多い」と社長がふとぼやいていた。70代の社長からしたら若者をどの部類を指すのかわからないが・・。確かに社会人をして10年以上たつとよく思う。入社したての頃ってどうして、あんなに口だけだったのか・・・最近では How To本や業務のマニュアル化が進み。新人でも仕事は「知る事」はできる環境は整ってきていると思う。しかし、その一方、実際の業務というのは未知数で [続きを読む]
  • 天下の人に背くとも、 天下の人を背かせはしない
  • 三国志、"治世の"能臣・"乱世の"奸雄と称される曹操孟徳の言葉。よく、「私の意見が万民と違っていても、私の意見に染むことは許されない」と訳されています。しかし、個人的には「万民の意見が正しくても、正解とは限らない」と私は思っています。似たような言葉にソクラテスの数学の正しい答えを多数決で決めることがあるか?善悪の判断も同じことであるというものがある。民主主義という多数決で決める考えに流されることなく、 [続きを読む]