福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さん プロフィール

  •  
福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌さん: 福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌
ハンドル名福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さん
ブログタイトル福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/syatyo-001
サイト紹介文家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2015/06/13 10:26

福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さんのブログ記事

  • 空気清浄調湿材ファースシリカとは…北斗市
  • ファースの家の、家中の空気を洗浄し、空気汚染物質を吸着する空気清浄材、更には200リッターにも及ぶ水の給排水キャパシティーを持つ調湿材、その双方の役目の果たすのがファースの家専用空気清浄調湿材「ファースシリカ」です。ファースの家専用の「空気調湿材」の今までは、「スカットール」の名称で供給して参りました。5月1日発送分からは「空気清浄調湿材・ファースシリカ」として供給されます。このようなシリカゲル素材は [続きを読む]
  • ご縁は奇特もの…東京都内〜羽田空港〜函館空港〜北斗市
  • 私達のような小規模工務店は、総合展示場にモデルハウスを出展している訳でもなく、テレビCMを放映している訳でもありません。それでもコンスタントにファースの家を受注出来ているのです。その殆どがファースの家のお施主様が、ご縁の繋がる気遣いを行ってくれるからです。構造見学会や竣工見学会の時などは、ファースの家のユーザー様が説明役になって頂く事が多くあります。良いご縁は、次の良いご縁を結んでくれるものです。今 [続きを読む]
  • 零細企業経営者と大企業経営者…東京都内
  • 私達零細企業の経営者は、荒波を小舟で進んでいるようにも思えることがあります。常に仕事繰り、人繰り、資金繰りに奔走し、そのどちらかに失敗した段階で倒産のリスクをはらんでいます。私達零細企業経営者は、毎日が緊張感の連続なのです。大企業は、まさに大型タンカーで大海原を悠々と航海しているように見えます。私達のような零細企業経営者と異なり、大企業は組織力やブランド力を有し、優秀な社員を確保でき易い環境にあり [続きを読む]
  • 偏差値80の東京大学とは…北斗市〜函館空港〜羽田空港〜東京都内
  • 昨年まで東京大学が学位を与えたノーベル賞授賞者は11名も存在するそうです。東京大学は、まさに偏差値80近い学生が学ぶ大学です。このような高名な研究者を生み出す大学なのですが、創設時の動機が不明確だそうです。明治維新で政府は、幕府直轄だった昌平坂学問所や医学所を統合して大学校を建設する。1877年・明治10年に文部省所管の官立東京大学が創設されたとあります。1886年の帝国大学令に従い、帝国東京大学と改称したとす [続きを読む]
  • 波風をたてる奇人変人とは…北斗市
  • 穏やかで平穏な日々を過ごすため、「波風をたてないように」と注意された事があります。穏やかで平穏な暮らしでは、自分自身が安泰なのでしょう。しかし仕組みや装置などの周辺状況は時間を経るごとに劣化して行く事になりそうです。波風をたてなければ、周辺状況が少しずつ、淀み煤けて行く事でしょう。奇人変人と云えば「変わりモノ」と、言っても間違いはなさそうである。私も振り返るといつの間にか、ずいぶん様々な波風を巻き [続きを読む]
  • 電力自由化で電化住宅が得なのは…函館市〜北斗市
  • 原発事故以後は、再生可能エネルギーを推進するため電力自由化制度を施行し始めました。その制度に乗って次々に新電力事業者(PPS)が設立され約390社が政府から電気小売り事業者として認可を受けております。新電力事業者は、北海道電力や東京電力の従来の電力会社送電線に自社が販売する電力の送電・配電を任せる「託送」という仕組みをとっています。ソフトバンクなどの携帯電話企業から電気を購入した場合は、スマートフォン、 [続きを読む]
  • 家づくりはハードとソフトの一体化が…北斗市
  • ハード(家の性能)と、ソフト(人の真心)は、それが一体となって家が構成されます。ハードが伴わなければ、寒い、暑い、カビ、経済性、耐久性、耐震性など住まいしてからお施主様にストレスを与え続けます。一昨日と昨日の二日間開催のFAS検査員講習は、新規加盟店と既存工務店の技術、営業担当者などを対象に、年2回、この本部で行っています。(写真は昨日の講習風景で研究開発室の若手研究員、藤木の講義)「ファース検査員」 [続きを読む]
  • エアコンの冷暖房メカニズムとは…北斗市
  • エアコンの中には、暖房時にヒーターなどの熱源が入っている訳ではありません。また冷房時には冷たい氷などを入れている訳でもありません。ワン で暖房、冷房に切り替わるのは、エアコンのそのメカニズムを知る事が必要です。今日は、FAS検査員講習(写真)を行いました。ファースの家は、天井裏エアコンで全館輻射冷暖房空間を構築しています。受講者様には、そのエアコン稼働と家の断熱気密性能が大きく関わっている事を [続きを読む]
  • FAS加盟工務店が熱計算を勉強する…函館市〜北斗市
  • 今日は、北海道から九州まで17名の参加者を対象に、厚さ100?のグラスウール断熱材があり、その断熱材がどれだけの断熱性能なのか等を計算で解きほぐす勉強を行っています。断熱材はグラスウールの他にもセルロースファイバー、スチレンフォーム、ウレタンフォームなどがありますが、それぞれの特性を見極めて計算を致します。現在は、熱計算ソフトを使えば、一瞬で計算し尽くしてしまうのですが、その中身を知って施工するとの知 [続きを読む]
  • 家の断熱・気密性能とは…北斗市
  • 「建築業者には暖かい家に住みたいので断熱材を多く入れてください」このように要請して普通の家の3倍もの厚さのグラスウール断熱材を入れたそうです。それにも拘わらずこの冬は、寒くて辛い思いをしたとのメール相談がありました。今日は日曜日の休養日ですが、出社して回答させていただきました。写真は私も回答者を務めるNPO法人住宅110番の事務局スタッフが描いたイラストです。断熱性能を計算する時は、断熱材の厚さを熱伝導 [続きを読む]
  • モノづくりはプロジェクトで…北斗市
  • 今朝の日本経済新聞の経済面トップに弊社 株式会社 福地建装・ファース本部が行っている「雪の積もらない屋根」の記事がトップ掲載されておりました。元々ファースの家は、天井裏にエアコンを設置し、その熱を集熱ホッパーから床下に送って床を温め、その暖気を、外皮のインナー通気層を上昇させて輻射熱で冷暖房しています。天井裏にもう一台屋根融雪用のエアコンを設置し、簡易な施工で「雪の積もらない屋根」が出来ることになり [続きを読む]
  • ピンクのランドセル…東京都内
  • 今日は日本全国の学校の多くが入学式を行ったようです。フェイスブックの記事でも、入学式の様子が多く投稿されておりました。私が学校評価委員を務める上磯中学校も今日の入学式でした。本来は学校評価委員として上磯中学校入学式に出席しなければいけませんでした。今日、東京事務所で大切な仕事の打ち合わせもあり、学校に無理を云って上京しています。午前中は孫娘が入学する世田谷区の小学校での入学式に参加しました。3人の [続きを読む]
  • 暴れる木造建築の魅力…北斗市
  • 私は元々鉄骨トビ職であり、鉄骨ほど丈夫な建造物はないと自負しておりました。40年前に建てた自分の家も鉄骨で今も住んでおり、いまだにファースの家に住めておりません。研究開発にはとてもお金が掛かり、社屋や自宅の建築より研究開発が優先されてきました。自分のファースの家は、無垢の木材、漆喰塗り壁材、珪藻土仕上げ材などで仕上げたいと思います。いずれも自然吸湿、有機ガスの吸着作用などがあり、自然環境と住む人に優 [続きを読む]
  • ある家族の家と夢と現実と断熱リフォーム物語…北斗市
  • アパート住まいは、狭い空間、子供達が走り回れば、即刻階下の人からクレームが入ります。家賃を払い続けて、出るときは補修費用を支払い、いつまで自分達に残るモノはありません。長期ローンをくめば今より少しだけ高い金額を支払う事で、家も土地も自分達のものに。このご家族は、気付いた翌日から子供達と一緒に、楽しい家づくりの準備に奔走します。夫婦は、住宅展示場を巡り、建材や設備のショールームを見学し、子供達と一緒 [続きを読む]
  • 小さな工務店だから出来る事…北斗市
  • 先般のハウス・オブ・ザ・イヤー・エナジー2016では、1地域から7地域まで本州全地域での授賞が叶いました。しかしファースの家は、特別優秀賞が最高位でした。最高の「大賞」を受賞するには年間100棟以上もの供給量も審査対象だそうです。ファース・グループの工務店は絶対に「大賞」を受賞する事が出来ません。ファースの家の受注棟数を私達ファース本部が厳しく戒めているからです。家は、竣工してお施主様がお住まいしてから本 [続きを読む]
  • 本日4月1日は創業50年日…東京都内〜羽田空港〜函館空港〜北斗市
  • 私が、15歳で鉄骨トビ職に弟子入りし工事現場の宿舎で暮らし始めたのが昭和35年です。トビ職の親方に仕込まれ、19歳の時に日当から、請負仕事を行うようになりました。林道の橋梁を掛け終えたら請負金の10万円が貰え、そこから仲間の給金を支払い、残った金額が自分の取り分となります。これが請負仕事です。昭和42年3月には、トビ職の親方から「お前は独立しろ」と印籠を渡されました。見込みのあるトビ職人を独立させることが親 [続きを読む]
  • 家づくりを生業にするモノの幸福感とは…東京都内
  • 厳しい現状があり、その厳しさを乗り越えてこその幸福感なのでしょう。つまり幸福の中には真の幸福など在り得ないのです。私達は、誰もが起伏のない、平坦な道を淡々と歩みたいものです。しかし平坦で起伏が全くない事は、無機質で彩のない人生とも云えそうです。そして掴んだ幸福に満たされている生活が、いつまでも継続するとも限りません。私達の家づくりは、施工工務店、協力業者、建主さんも、良くて出来て当たり前なのです。 [続きを読む]
  • 何もしなければ衰退、何かすると失敗もする…北斗市
  • IT時代となり、昨年購入した携帯電話の機種は、既に幾つも機能変更になっています。そのスピードは著しく速さを増しているのです。このように時代は、いつも変動し、移り変り、大きな潮流となって押し寄せてきます。黙ってこの潮流に身を任せていると、いずれその激流に呑まれてしまう事でしょう。100兆円近い国家予算が国会で論議されております。予算委員会では、森友学園問題に多大な時間を割いておりましたが、国家予算委員会 [続きを読む]
  • 地震対策と家の揺れ方…函館市〜北斗市
  • 3・11の大震災から数年の採月が流れ、その後においても各所で大地震が勃発しています。否応なしに家づくりでは、地震対策を講ずることが必須となりました。耐力壁とは、云う筋交いや合板などで壁を剛性に保つほど上部になるとの考え方です。ところがこのような剛性の高い建造物を、同じく岩盤のように固い地盤の上に建築すると、地べたと一緒に建造物が激しく揺れてしまいます。つまりは地盤の揺れ特性と構造の揺れ特性を合致させ [続きを読む]