福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さん プロフィール

  •  
福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌さん: 福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌
ハンドル名福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さん
ブログタイトル福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/syatyo-001
サイト紹介文家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供355回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2015/06/13 10:26

福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌 さんのブログ記事

  • ベントキャップの役割…函館市〜北斗市
  • 家には必ず換気口や換気扇などが取り付けされます。外壁の空気の入り口を囲っているのがベントキャップと追われるフードです。このベントキャップから風雨が、北海道なのでは風雪の侵入があります。ベントキャップには、風雨や風雪侵入を防止させるために様々な細工を施しています。一般的に目にするのは、フードの下側にスリットを細かく設けているものです。単純なスリットだけでは風雨の侵入を防止することが困難です。だからと [続きを読む]
  • 私の祖父母は江戸時代の人…北斗市
  • 今日は難しい分野の特許出願書をほぼ半日で書き上げました。私は父(明治22年生まれ)が55歳の時の子であり、父の両親は江戸時代に生まれ育ちました。つまり私の父方の祖父母は徳川時代の人間なのです。明治22年と言えば、明治維新から22年しか経っておらず、丁髷頭の人もいたようです。もともと大会社の重役だった父ですが、高齢だったので早くに亡くなりました。私は、母子家庭の貧乏所帯で育ったのですが、喰うためにガムシャラ [続きを読む]
  • 家づくりに坪単価とは……北斗市
  • この家住宅は、坪幾らですかと書かれることが多くあります。40坪で総工費が2000万円なら2000÷40=坪当たり単価50万円となります。しかし。この2000万円の中には、冷暖房機器などが入っていない場合も。また断熱などの温熱性能は、専門数値が載っています。坪単価なるものは、小さな家なら高額になり、大きな家なら低額になります。また真四角の家なら安くなり、細長い家や複雑な形状の家は高くなります。小さな家でも、お金の掛か [続きを読む]
  • 建築資材を土に還す気配りが…東京都内
  • 寒波が襲う北海道の大地は真っ白な雪に覆われてしまいました。昨日と今日は東京都内で仕事をしておりましたが、北海道より15℃も気温が東京でも、見事だった樹木の葉っぱが舞い落ちで土に還って行く光景をみました。地球上のモノは、いずれは土に還り、その循環が命を紡いでいるのでしょう。私達の家づくりも衣服も食べ物も、役目を終えたら地球に還せるようにしたいものです。発展途上国では、地球に還すことと真逆の方向でモノづ [続きを読む]
  • 誇り高き我日本人達よ…北斗市〜函館空港〜羽田空港〜東京都内
  • 今日は氷点下6℃の北海道から+12℃の東京へと移動してきました。活気あふれる大都会東京にくると我日本国のしたたかさを実感します。一方で、嫉妬心でいがみ合い、罵り合う住宅相談も多いのも事実です。我国は大震災や台風などの災害で、大被害を受けても黙々と復興努力を行い、短い期間のうちに見事に立ち直っている現実があります。(写真は東京事務所の近く)焦土と化した焼け野原からの戦後復興は、全世界の人々が驚いたと云 [続きを読む]
  • 住宅フランチャイズ(FC)の存在とは…北斗市
  • 「年間10棟を受注できます」などのキャッチコピーに地域工務店は惑わされます。断熱性能が義務化される事などから経営不安を持った工務店経営者には、住宅FCの「10棟受注出来る」のコピーが気になります。しかし、どんなFCでも加盟しただけで受注が実現するわけではありません。ハウスメーカーは、多くのスタッフを抱え、情報収集を分析し顧客ニーズに対応しています。私達地域の小さな工務店は、限られた陣容でしか対応できないた [続きを読む]
  • リフォームは新築受注の布石となる…北斗市
  • 一般的にリフォームを地域工務店に要請して金額の大きな新築工事は、大手ハウスメーカーが良いと決めつけている建主さんも少なくはありません。地域密着工務店は、近くにいつもいるため、いつでも駆け付けられ、経営者や担当者に、定年も転勤もないのが大きな特徴なのでしょう。その小さな事を有効で上手にアピールした地域工務店で、新築工事を堅実に受注していると云う実績の裏付けもあります。小さな工務店に何千万円もの新築工 [続きを読む]
  • 継続こそ経営力なり…北斗市
  • 「10年は偉大、20年は畏敬、30年は歴史となる」との名言があります。コツコツと行いを積みあげていれば10年は続き、それこそ偉大である言う事か。継続は力なりとも云いますが、ただ漠然と同じ事を続けていても長くは続かないものです。10年続いている事は、時々の状況に対応出来るよう、様々な工夫を施しているのでしょう。時間の流れは、時代の潮流となり、関わる人々も齢を重ね、自身の身体も変化しています。その全ての事を包含 [続きを読む]
  • 新築を凌駕するファース・リフォーム…北斗市
  • 日本の住宅平均寿命は30年と建設白書に明記してあります。築30年で家は朽ち果てるわけでありませんが、無残にも叩き壊している家もあります。家は施主の熱い思い入れで建築されました。誰もが30年で粗大ゴミなると思ってもいなかった事でしょう。家が朽ち果てるのではなく、住む人のストレスが飽和状態となり、叩き壊しているのです。住む人のストレスを緩和する事が出来たら、むやみに粗大ゴミにする事はありません。家には、建て [続きを読む]
  • 国是と隣国の韓国…北斗市
  • 韓国の少女像設置には、国際社会からも批判の声が飛び交っています。政府間での相互合意を粛々と履行するのが自由主義の法治国家の原理原則。韓国のアンケート調査で、「生まれ変わったらまた韓国人で」と答えた人は25%だそうです。同じ質問で日本人は、80%が「日本人でまた生まれたい」と答えています。私は韓国に友人や知り合いも多くおります。三ヶ月に一度は、日本国内で出来ない注射鍼治療を韓国で行っています。多くの韓国 [続きを読む]
  • 家に完成はありません…北斗市
  • 今日が2017年度、弊社の仕事始めでした。今日は恒例の全社員で神棚(写真)参拝の後、新年初の朝礼を行います。デスクについたら様々な相談メールが舞い込んでいました。今日もハウスメーカー(地元スーパービルダー)に依頼した家に住むユーザーからは、不具合に対応しない住宅会社への対応策などの相談がありました。家を完成させると後は、崩壊しかありません。家は、手を加えるごとに付加価値を高めて行くのが欧米など先進諸国 [続きを読む]
  • 家づくりとアートは…北斗市
  • 人が生きるため衣食住は、その大切な要素です。私達は、その「住」を担っております。単に住むだけなら、雨風を凌げればよいのでが…いかに快適に楽しく、健康で心豊かに暮らせる住まいをつくれるかなのでしょう。いまや600万戸もの家が余っていると云われます。住宅産業は景気浮揚策で経済政策と一環として行われた経緯があります。「心豊かな家づくり」より、経済優先の家づくりであった事は歴然としています。人間が人間らしく [続きを読む]
  • 実践せずして成果なし…北斗市
  • 「犬も歩けば棒に当たる」歩かなければ棒にも餌に在り付かないと云う事でしょう。テレビを見ていて、「思っている」「考えている」と発言する人にはどうも……ただ思うだけなら、大統領や億万長者にもなれます。ただ考えるだけなら富士山やデズニーランドを自分の所有物にも出来てしまいそうです。何かを為すには、人の意見や考えを批判するより、自分なら何が出来るかを自問自答することが先決なのでしょう。そもそも、「思ってい [続きを読む]
  • 正月の開放時間には…函館市〜北斗市
  • 年末年始はテレビを見る機会、本を読む時間が多くあります。その中で「願望と欲望とは本質が異なる」と言う事が分かった気が致します。人の欲望は、際限なく湧き出てきて留まることなどありません。金銭欲は、金を集める事に執着し、生涯にわたりお金を溜め込み、その札束の上で死んで行くことになり、遺族には遺産相続の紛争を遺す、罪多き不幸の欲望です。権力欲は、支配権力に執着、多くの他人を敵にして、持った権力と同じ怨念 [続きを読む]
  • 工務店経営の正念場の年……北斗市
  • とても穏やかで平安な元旦でした。年末年始は、大きな事件の報道が多いものです。今年は全国各地が好天に恵まれただけでなく、大きな事件報道もありませんでした。しかし私達の工務店経営者には、厳しい環境の1年となりそうです。アベノミクスと云われる経済施策で何とか活況となっているのですが、すべてが建設国債の借金財政です。600万戸もの家余り状態にあります。今年のうちにしっかりと足場固めをしておかなければ淘汰の波に [続きを読む]
  • 過ぎ去って行く平成28年…函館市〜北斗市
  • 思い起こせば自分の小学校生活は6年間無遅刻無欠席で表彰された記憶があります。その分、中学では半分ほどの出席数しかありませんでした。自分の周辺の生活環境で生き方が大きく変わるのが現実です。私は、この中学までの義務教育が学校生活の全てでした。21歳、東京に出て独立し、試行錯誤しながらも充実した時期であったように思われます。31歳で北海道の郷里に転居して、家づくりの研究開発に取り組み始めました。それからは、 [続きを読む]
  • 何だかんだで1年が過ぎて行く……北斗市
  • 家中の全てを同じ温度の家づくりを行なう。それも省エネで輻射熱暖房で。写真は先日撮った大沼のゲストハウスのコントロールパネルです。これは天井裏に設置されたエアコンでの暖房空間です。それには断熱材、ガラス、換気扇、空気清浄、調湿などの機能を高め研究開発を行っています。このファースの家は、いま全国各地に建築されている。今日は、風邪気味で妻からの外出禁止令が。ゆっくりと休養しています。明日からまた研究開発 [続きを読む]
  • 頑張ってはいけない時もある…北斗市
  • 「頑張ります!!」威勢の良い「頑張ります!」は、聞いていて此方も元気が湧いてくるものです。しかし、頑張ってはいけない時もあるのです。肩の力を抜けるときは絶対に必要です。私は、自分自身に頑張って生きていると云う意識がまったくありません。だから私は、「頑張ります」と云った事もありません。私は、良い家づくりに必要な部材や技術を開発するために常に意識しています。いつの間にか、それが私のライフスタイルになっ [続きを読む]
  • 景気の気は気持ちの気から…北斗市
  • 景気動向などとの言葉をマスコミなどでは時々耳に致します。「景気」を辞書で調べると「売買取引などの経済活動状況」、「経済活動が活気を帯びている」好景気とは「景気が上向く」「景気が回復する」「景気のいい店」など使い方があり、つまりお金の周り方に活気があり、威勢の良い事の意味です。一方では出会う人が不況だと嘆く声も聞こえてきます。不況を嘆く人がいる中で飛行機やホテルはどこもいっぱいになっている現実もあり [続きを読む]
  • 省エネ基準と義務化・ZEHについて…函館市〜北斗市
  • 私達は、お施主様を純粋に「暖かい家に住んで頂きたい」の思いから様々な断熱方法の開発に取り組んできました。昭和55年に告示された省エネ基準には、見聞きしたことのない数字ばかりが書いてあり、そうする事で何処まで暖かくなるのかなど、判断出来なかったのです。当時は「省エネ基準」より「暖かさ基準」との云い方が解り易かったのかも知れません。2020年からは、私達が30年前から実践してきたその省エネ基準が義務化となりま [続きを読む]
  • 窓の結露と対策法…函館市〜北斗市
  • 私は、無料住宅相談をインターネット活用で行っています。毎日多くの方々から相談が寄せられます。今日は、四国の方から窓の結露の相談がありました。施工したビルダーは、「価格は高いが断熱性能の良いサッシなので結露などは起きませんよ」と太鼓判を押された家の窓だそうです。ところが数日前には、居間の窓ガラスとサッシ枠に流れるような結露で驚いたとの事です。結論から云って「結露の生じない家はありません」と先ずは断言 [続きを読む]
  • 快適な暖房空間の四大要素…函館市〜北斗市
  • 暖房機の周辺だけが暖かい家は、真の暖かい家とは云えません。家が暖かいとは、家中の何処へ行っても暖かいから「暖かい家」なのです。だからと云って家中の何処にでも暖房機を設置していたのでは、家が暖かいのでなく、暖房機が暖かいのです。快適暖房の四大要素で暖房快適度数が決まると云われます。1・湿度が20℃から25℃。2・湿度が40%から60%。3・空気の動きが毎秒12センチ程度。4・輻射熱量が限りなく100%に近い事。 [続きを読む]
  • 「芸術とは何か」…東京都内〜羽田空港〜函館空港〜北斗市
  • インターネットで「芸術とは何か?」と検索すると実に様々な理屈が語られています。まとめますと「芸術とは社会的な価値を創造すること」との結論に至ります。すると、その「社会的価値とは何か」も調べる事が必要となってしまいます。芸術の社会的価値で、お腹はいっぱいにならないでしょう。私は、芸術(アート)とは人間のカラダを内側から温める感性の栄養剤だと思っています。芸術(感性の栄養)を欠乏する人の多くは、背中が [続きを読む]
  • 天皇誕生日と40年の歳月…市川市〜東京都内
  • 私達は、否応なしに年齢を重ねて参ります。齢とともに身体にも衰えが生じてくるのは自然の摂理なのでしょう。私達の身体と同じように建造物や樹木などは、経年劣化するものまた同じです。しかし年月を経た建造部には、それ相応の風格や風合いを伴うものです。欧米なのでは、古い建造物ほど付加価値が高まる文化があり、我国も大いに学ぶべきです。人は、年齢を重ねて経験を積みますが、その積んだ経験を過剰発信して嫌悪されます。 [続きを読む]