noname さん プロフィール

  •  
nonameさん: ひきこもり主婦の花道
ハンドル名noname さん
ブログタイトルひきこもり主婦の花道
ブログURLhttp://hikikomori-wife.blogspot.com/
サイト紹介文うつ病,強迫性障害,離人感があって家事も子育てもままらまない毎日だけど前を向けるように頑張るよ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/06/13 19:02

noname さんのブログ記事

  • 毒親と素敵ママの特徴を比較して涙が流れた
  • 私は毒親かもしれない……。子育て中の母親は他の母親と交流する機会にあふれている。引きこもり主婦だとしても、否が応でも他の母親と会話しなければならないときもある。そこに比較する思考が無意識に現れる。すると自虐的に自分を毒親だと思い込み、相手を素敵ママだと思い込む。ますます自分を追い込み子育てに自信を失う負のスパイラルが始まる。毒親という言葉ひとつで自分を象徴すること自体が無責任だと思うが、娘の視点か [続きを読む]
  • 精神病のひきこもり主婦は親権を渡して離婚するしかないのか
  • 精神病には、いとも簡単に人生を塗り替えてしまう力がある。旦那が、離婚の意思を含ませたような意味深な言葉をつぶやいた…――その日、向精神薬の副作用なのか?私が居間でカーペットの上で酔っ払いのごとく寝ていたのでビックリした旦那。当時、旦那はポツリと言い捨てた・・・「入院すれば?」「でも入院するお金がない」「もう終わりだな」「お前を見ていると娘もいつ戻るか分からないな……」そのとき、もう終わりだなとポツリ [続きを読む]
  • 頭ごなしに叱る母親と泣いているのに抱っこできない母親
  • いつだったか、園の懇談会で垣間見た母親が子供を頭ごなしに叱っていた。キツい物言いで子供を叱る母親だ。その母親のキャラだと言えばそれで終わる話だが、断片的に頭ごなしに叱る風景に遭遇すると、その親子の日常全てにそういう荒っぽい親子関係を想像してしまうのだった。その親子が砂場で遊んでいた・・・・・・。懇談会で子供を頭ごなしに叱っていた母親も居た。口調がきつい人だから怖くて話せなかった。悪気はないと思うんだけど [続きを読む]
  • 児童相談所の一時保護とダメママの誓い
  • 娘が児童相談所に一時保護されてから約三ヶ月間、私たち親子は?いっしょに暮らせない親子?だった。三ヶ月が短い方だと言って下さる方もいる。私は頑張れた方だからだ。精神疾患や他疾患が重くてそうもいかない人達だってたくさんいる。それは知っています。そうだとしても、私と娘は児童相談所を介して親子関係を修復した。いえいえ、私と娘ではないな……娘には何の問題も無いのだから。問題は、どうやって子供を愛すれば良いの [続きを読む]
  • 出産を後悔して子供がかわいくないと思う理由
  • 子供が生まれても喜びも感動もなかったし、正直、出産には後悔していた。だから子供がかわいいとか、子育てにイライラしても子供の笑顔にいやされる感情なんて抱かなかったのだ。産まなければ良かった…どころか、自分の子供の存在を否定しようとした私には、子供を愛せない理由があった。子供を愛さなかった母親は、その子供から生まれる子供も愛せない。親子には自然で無条件の愛情が存在するなんて誰が言ったんだろう……?世の [続きを読む]
  • 母親失格 それでも私は子育てから逃げはしない
  • 心の病気、精神疾患が原因で子育てに問題行動を発生させてしまった母親。と、これが私の属性なんだろうが言い換えればこうなる。私は母親失格です。けれど、この主原因には私の生育歴がからんでいる。つまり、私自身も?私の子育てのような育てられかた?によって育ったというもの。結論として、愛されなかった子供は子供を愛せない…となる。さらに、虐待された子供は子供を虐待してしまう…となる。では、それは許されざる結論な [続きを読む]
  • 子育てにイライラする原因は精神疾患なんだろうか
  • 子育てにイライラした経験のない母親なんているものか?とそう思う…。けれど、私の場合。子育てにイライラする原因は、精神症状とか、心の病気が中心になっているような気もする。精神疾患の母親でも子育てはできる。としても、精神症状は自分の思考を自分の意思とは無関係に混乱させてしまうことがあるから、最悪の場合、医療的に親と子が一緒に居れないと判断されてしまうことはいたしかたないことなんだろう。娘はゆっくり目に [続きを読む]
  • 頭ごなしに叱る母親を見てこわかった件
  • いつだったか、園の懇談会で垣間見た母親が子供を頭ごなしに叱っていた。キツい物言いで子供を叱る母親だ。その母親のキャラだと言えばそれで終わる話だが、断片的に頭ごなしに叱る風景に遭遇すると、その親子の日常全てにそういう荒っぽい親子関係を想像してしまうのだった。その親子が砂場で遊んでいた・・・・・・。懇談会で子供を頭ごなしに叱っていた母親も居た。口調がきつい人だから怖くて話せなかった。悪気はないと思うんだけど [続きを読む]
  • 親に愛されなかった子どもが結婚して抱えた問題
  • 母親に愛されない子どもだった。愛されずに育っただけではない。愛されていないことは虐待とかネグレストとかいう類いの問題を引き起こし、私の幼少期にいろんな問題を植え付けた。トラウマは結婚して妻となり子どもを産んで母親となった私に、精神疾患や子育て困難という問題の花を咲かせた。愛されなかったことは継承される……気がするのだ。悲しいかな…問題は受け継がれていくものである気がする。小さい頃から家事をさせられ [続きを読む]
  • 旦那にほめられたら嬉しい理由
  • 旦那にほめられたら嫁として嬉しいのではなく人として嬉しいのだ。理由はひとつだけ。親にほめられたことがないから、自分をほめてくれるのは旦那が人生初だ。もっとも、先生にほめられた経験はなくはないが、いちおう他人からほめられるのと身内からほめられるのとでは私にとっての重要度は違ってくる。人は誰かにほめてもらえると嬉しいなんて言うけれど、実は誰でも良いんじゃなくて、この人にほめて欲しいと最初っから決まって [続きを読む]
  • 怒られると笑ってしまう私は相手をさらに怒らせる
  • 怒られると笑ってしまう、ヘラヘラと……なんていうか神妙な面持ちで怒られることができないのだ。もちろん悪気はないし、ことの内容によっては心の中で深く反省している。けれど、そういう心理状態が薄ら笑いのような表情に変化して相手に伝ってしまうのだ。これは私のパーソナリティに問題があるんだろうか?怒られても笑っている態度をとられると、相手はさぞ不愉快だろうと思う。だから益々怒らせてしまい、互いにイヤな思いを [続きを読む]
  • 母親の精神疾患のせいで里親さがし
  • 心の病をかかえて子育てしている私には、やっぱり子育ては無理なのか?母親と子どもの距離を少し置いた方が良いと児童相談所に判断された頃、旦那と話し合ったことがある。旦那の意見はずばりこうだった。「お前が治るのはいつになるかわからないんだろう? 2年間、施設に子どもを預けている人がいると言ったよな? それが俺たちだったらどうだ? じゃあ、娘は4、5歳まで施設か? そんな歳になるまで施設で暮らして、いつ戻っ [続きを読む]
  • 泣いているのに抱っこできない母親
  • 子育ての悩みというより、私は子供が泣いていても抱っこしてやれないのだから母親失格なんだなと思った。普通、子供と母親は抱っこしてあげることで愛情の疎通が得られて絆が深まる?気がするけど、私の場合、心理的に抱っこできなかった。腰痛で抱っこできないとか、潔癖で抱っこできないとかじゃない。子供が泣いてママに甘えてくる姿が心理的に嫌悪感となって、抱っこできないのだ。私には母親に甘える本能を認めない、ママとし [続きを読む]
  • 職場の人間関係とストレスに負けた体験
  • 働いているとストレスがたまる。それはむしろ自然な現象だとさえ思う。しかし、ストレスとは仕事によって感じるのではなく職場の人間関係に追い込まれることによって積み上がってゆくものだと思うのだ。ストレス診断やチェックシートを使って自分の心を調整するレベルまでなら良いが、怖いほどため込まれたストレスは、もはや解消方法や原因の除去だとかの対策で解決するようなものじゃなく、職場から去ることでしか、その解決策は [続きを読む]
  • 引きこもり主婦の育児ノイローゼ
  • 育児ノイローゼの原因は私の場合トラウマだ。自分の幼少期に受けた悲しい過去が、純粋に子どもを愛する気持ちを許してくれないのだ。自分の存在を認めて欲しいのではなくて、自分の存在を許して欲しいと言う気持ち。この気持ちは、子どもの頃、虐待とかつらい体験をした人が抱く独特の感性だと思う。いつもいつも「うるさいっ」と怒鳴られて叩かれて、つぶれたゴキブリを押しつけられて…生きていてごめんなさいという気持ちを抱い [続きを読む]
  • 精神病の母親 精神症状を治療している間に子供は成長してしまう
  • 精神症状は結婚してから噴き出した。旦那は、私が発症してから本人なりに努力をしていたそうだ。私の精神症状が激しくて、普通の人から見れば?おかしな女?と目に映ったときも我慢していたそうだ。病気だから仕方がないと自分に言い聞かせるのに相当な時間が必要だったそうだ。言い聞かせても言い聞かせても、私が旦那に罵声を浴びせたり子育てを放棄したり虐待めいた行動をともなったりしたときも、我慢を重ねたそうだ。治療を続 [続きを読む]
  • 子どもが義母になつくことを恐れる私
  • 自分の子どもが義母になつくことは母親としてショック。そして恐怖でもあり自己嫌悪でもある。義母はとてもいい人……でも、だから娘が義母になつくことの恐怖は、私が抱く義母への怖さと引け目でもあったのだ。娘は私より義母になつくのではないか?そのことに修羅を燃やす私が、義母の目の前で私が狂わないだろうか?その結果、精神症状を露骨に出現させた私に驚いて、義母は私との離婚を旦那に言い聞かせはしないだろうか?そう [続きを読む]
  • 心の病気を持ちながら子育てしているママの交流会
  • 保健センターに出かけた。心の病気を持ちながら子育てをしている母親たちの交流会に参加するためだ。そうはいっても参加者は少ないだろう。数人が集まるだけだろうと思う。保健センターには早めに到着して、トイレに入ったり掲示物を眺めたりウロウロしていた。時間になって会場へと足を運ぶ。会場には進行役の心理士が数名いたが、私のような当事者がいない……どうなってんだ? と訊いてみると、今回の当事者参加は私一人だとの [続きを読む]
  • 他人に育てられる自分の子供
  • 子育ては母親が独占するものじゃない。愛情は母親からだけではなくいろんな大人から注がれながら子どもは成長するのだ。と考えれば、母親とは生んでくれたことを感謝するだけの存在?なのかもしれない、子どもを育てるのは親の仕事ではなく大人の仕事だと考えれば理解しやすい。これは児童相談所に子どもを預けたときに、旦那も交えて自分を納得させるために考えたことだ。この子は自分の子どもに間違いない。だからといって、この [続きを読む]
  • 精神病の母親のせいで一時保護される子ども
  • 児童相談所の一時保護施設に娘がいたときの話。担当のケースワーカーの許可を得て外出し、私と会う。会うと言っても一時的に帰宅するだけなのだが、家に帰っておもちゃで遊ぶ。オムツを交換しても保護前のように嫌がって逃げたり邪魔したりしないので助かる。もう保護所に戻らなければならない時間になったから「もう帰る時間、おもちゃかたづけよう」と言うと、娘は嫌がった。「まだ遊ぶ。ここで遊ぶ」という表現をしているように [続きを読む]
  • 母親の精神疾患に気を遣う子供心を感じてしまった
  • 向精神薬や睡眠薬とアルコールはNGだ。なのに昨夜、ビールを飲んでいた旦那につられて私も一杯……それでか、今朝はなかなか起きられなかった。向精神薬とお酒の相乗効果で副作用酔い? おバカな私です…さいわい、旦那がいて娘の世話をしてくれる朝だったからヨカッタ。私は8時には目は覚めていたのだが、布団でのたうちまわっていた。起きられない。その後、旦那が出勤。娘はしばらくひとりで遊んでいたのだが、9時過ぎまで寝 [続きを読む]
  • 義母が家に来たから心の病気を打ち明けた
  • 義母が家にやって来る。義母は私の病気のことを大まかだけれど知っている。旦那がこれまでの経緯を説明しているからだ。とは言え、老いた義母がうつ病だの隣人感だの解離性同一障害だのと主治医と話す内容についてウダウダ聞く耳を持っているかどうかは疑問だ。せいぜい、今の人は心が弱いのね…程度の理解ではないか?と思っている。義母の時代には精神疾患と言えば原因不明の人格崩壊とか、心の病とは暗い印象でしかないと思う。 [続きを読む]
  • 変なママの子供は変な子供ではないのだ
  • 変なママ友が話題にあがることってあるみたい。私にはママ友がほとんどいないから、変なママとして私のことが話題になる機会はあるんじゃないか?ただ、変なママの子供は変な子供ではないと思うんだが……保健師の見守り訪問を受けた。なぜか二人来る。なぜだ? まあいいや……精神的につらいと感じたとき、旦那にそのことを言えるか? と訊かれて、言えると答えた。理由は、私は義務感が強いからだ。こうして保健師の質問に正直 [続きを読む]