みなさぶろう さん プロフィール

  •  
みなさぶろうさん: みなさぶろう の 趣味と運動(自彊術・整体運動・・)
ハンドル名みなさぶろう さん
ブログタイトルみなさぶろう の 趣味と運動(自彊術・整体運動・・)
ブログURLhttp://minasaburo.seesaa.net/
サイト紹介文スポーツセンターでの自彊術を習っていたが、訳あって水泳に。カラオケをユーチューブで発表。
自由文中央区立総合スポーツセンターで、毎水曜日に開催している自彊術を習っていましたが、このブログが原因で辞めることになりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/06/13 22:57

みなさぶろう さんのブログ記事

  • 池田輝郎さんの 高山本線 を歌いました。
  • ユーチューブカラオケの5曲目、演歌歌手 池田輝郎さんの高山本線 を歌いました。文化センターの歌謡教室(月1回)に5月から行き始め、高山本線は6月の課題曲でした。歌謡教室はやはり女性が多いので、女性歌手の歌が多くなりますが、男性曲もあるそうで良かったです。キーは +2 で歌ってます。高音域に苦労しました(^_^;)。   [続きを読む]
  • みなさぶろうの 夕焼け雲
  • ユーチューブでのカラオケ、2曲目の夕焼け雲をアップしました。あそこがよければ、こちらが上手く歌えてない、、、と何度歌っても同じなので、この辺で妥協しました(^_^;)。来月はカラオケで一番歌っている曲、兄弟船(作詞:星野哲郎/作曲:船村徹)をアップする予定で、いつものように「楽譜ダウンロード配信サイト@ELISE」から楽譜を取得しました。   [続きを読む]
  • 水泳の基本的な泳ぎである クロールの息継ぎの練習
  • 小さい頃から海で泳ぐ時は平泳ぎばかりだったので、プールでも平泳ぎばかり。クロールで泳ごうとしても息継ぎがうまく出来ず、25メートルプールの途中で止まってしまいます。クロールで上手く泳いでいる方(70代)に話を聞いてみると、3年前にプール所属のコーチに基本を習ったそうです。初心者コースで泳いでいる、小学生や女性の方たちには、いつもコーチが付いていてクロールを習っているのを見て、やはり基本が大事なのだと、 [続きを読む]
  • 10代の時に歌った「ああ青春の胸の血は」で、YouTube デビュー
  • カラオケを好きな人が、自分で歌ったのを YouTube にアップしているのを以前から知っていましたが、私も挑戦し、舟木一夫が1964年(昭和39年)に歌った『あゝ青春の胸の血は』をYouTube にアップしました。今回アップする為に、しっかりと歌い込もうと譜面をネットでダウンロードしたら、題名の下に「明るく弾んで歌う」と書かれていました。が、当時(1964年)からずっと重く歌っていましたので、、、暗いです(^_^;)。よろしかっ [続きを読む]
  • 自彊術から水泳へ
  • 31年前に他流派の自彊術を体験し、今回1年半ほど体験した31動作と書籍をもとに描いている自彊術ブログですが、このブログを消す様に通っているスポーツセンターの支部長から言われました。自彊術はいつでも出来るがブログはもうこれ以上高齢になったら書けなくなるので、ブログを選んで自彊術教室を辞めることになりました。またいつか自彊術が出来る場所を見つけたら再開しようと考えていますが、、。今は、自彊術教室と同じスポ [続きを読む]
  • 103歳の誕生日
  • 103歳の誕生日、無事やってきました。19歳の高齢猫の舞も元気で、毎日ベッドの枕元に寄り添ってくれてます。寒くなったので病院などの用が無いと散歩に出る事がなくなり、出かける時も着替えない、パジャマの毎日になってしまいました。写真を撮るから笑ってと何度も言ったのですが、最後まで笑顔の顔を撮る事が出来ませんでした。変わりに舞ちゃんが笑ってるようです。認知症が進み意思の疎通が悪くなりました。104歳の誕生日は、 [続きを読む]
  • バイタル・リアクト・セラピーで腰痛治療
  • バイタル・リアクト・セラピーとは、カイロプラクティックの手技をコンピュータを使って行なう骨格矯正技術です。腰痛・肩こり・耳鳴りが治るそうなので、体験してみました。私はボクシングで腰痛になり、指圧・電気鍼・灸の治療を受けていましたが、知人に、カイロプラクティックが腰痛に効果があると言われ、二ヵ所の接骨院にしばらく通った事があります。 が、あまり良い結果ではなかったですね。カイロプラクティックの手技を [続きを読む]
  • 首のリンパ腺と気管を伸ばすストレッチ運動の自彊術 第6動
  • 第6動 頭を左右真横に振る運動頭を重りのようにして、はずみをつけて急激に振るのが本当だが、最初はゆっくりと振らないと、首筋を痛めたり、めまいがしたりするので、慣れるまでは静かに行うほうが良いです。自分では肩は水平のつもりで撮ってもらったが、こんなにも傾いている。昔から平行感覚がおかしいが、年齢とともに一段とバランスを崩すことが多くなった。引用文献:医学博士 近藤芳郎先生著/自彊術”その神髄と医学的 [続きを読む]
  • レーザー照射による 星状神経節ブロック療法
  • 星状神経節ブロック療法って知ってますか? 私こと みなさぶろうは、星状神経節ブロック療法なる治療を受けています。星状神経節ブロック療法を受けると、免疫力が高まるため、風邪をひかなくなります。免疫力を高めると、ほとんどの病気は治るそうです。私は耳鳴りがひどく、難聴になってしまい、初めて星状神経節ブロック療法なる治療を受けています。喉にレーザー照射するだけです。注射針を刺したりしないので、後遺症などの心 [続きを読む]
  • 肩を上下することで、僧帽筋のマッサージになる 自彊術 第4動作
  • 背後で両手をしっかり組み合わせて、ヒジをぐんと伸ばすと肩幅が開くと同時に、両方の肩甲骨が背骨に近寄ってきて、頸(くび)から肩をおおっている"僧帽筋"がおおいにゆるんできます。第4動 両手を後ろで組み合わせ、肩を上下する運動(呼吸法)首・肩のこりには、第3動と第4動を40回連続してやると効果があるそうです。この運動は肺尖(はいせん:肺臓の上部。肺が肩の方へのびている先端)を引き伸ばすのはもちろん、気管お [続きを読む]
  • 胸郭を広げて胸部臓器の伸縮をつける自彊術 第2動作
  • 第2動 肋骨を抱かえて肩を上下する運動(呼吸法)肋骨を持ち上げる時、手のひらと胸の間に隙間を作らない。手のひらがピタリと胸に密着していないと、十分に持ち上げられない。この運動の目的は、胸郭を広げて胸部臓器の伸縮をつけること。心臓病などを持っている人は、指頭が入っていかないと中井房五郎先生は説いている。引用文献:医学博士 近藤芳郎先生著/自彊術”その神髄と医学的効用” イラスト:みなさぶろう [続きを読む]
  • 訪問入浴業者をサービスの良いセントケア江東さんに統一する
  • 誤嚥性肺炎で入退院してからは身体機能が落ち、認知症もかなり進み、散歩に出る回数が減り、横になってる時間が多くなったので、機能回復にもなるかなと考え、訪問入浴を週2回に増やすことにしました。包括センターから紹介された、大手介護事業所の訪問入浴サービスを1年前から週1回利用していて、先月週2回に増やそうとしたのですが、1日の巡回数が多くて受けられないので、他の業者を当たる様に言われました。江東区のホー [続きを読む]
  • 102歳の誕生日
  • 今年は2度も誤嚥性肺炎で入院したので、102歳の誕生日は無理かもと思っていたが、大正2年11月10日生まれの義母に誕生日が来た。朝(昼のときもあるが)目覚めると「おはようございます。今日もよろしくお願いします」と、はっきりした声で言う義母。認知症がかなり進み、ほとんどの言葉が理解できなくなるほど記憶力の低下がひどいのに、律儀な性格は健在だ。  [続きを読む]
  • 経絡指圧の"証診断"体験の思い出
  • 30年ほど前、ボクシングのコーチをしていた私は指圧を学ぼうとして、医王会指圧センターで経絡指圧と言う言葉を知りました。経絡指圧は「病気を治す」ための指圧として、故 増永静人先生が創始した療法です。増永先生がまだ若くして亡くなられたのは、経絡指圧の普及の為に、治療や原稿書き、海外セミナーなどと無理をし過ぎたからだそう。自分の健康よりも、経絡の普及解明に重きを置かれたからです。経絡の 経 は縦のつながりで [続きを読む]