尚(創作小説屋) さん プロフィール

  •  
尚(創作小説屋)さん: 創作小説屋
ハンドル名尚(創作小説屋) さん
ブログタイトル創作小説屋
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shou0530
サイト紹介文普通高校教師×超美形医師カップルの26年愛。現在その友人の恋物語連載中。その他、読切・R18、色々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供142回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/06/15 10:23

尚(創作小説屋) さんのブログ記事

  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 14 +おまけはBL
  • 【溝部視点】2017年2月20日(月)『溝部、すぐうちに来て』 夕方4時半近く、鈴木の携帯から電話があった。かけてきたのは陽太で、コソコソした声が切迫感を伝えてくる。『お父さんとおばあちゃんがこれから来るって』「え……」『それで、オレのこと引き取りたいって言ってるって、お母さんがおばあちゃんと話してて……』 何だと?!『なんか、弁護士さん?も一緒とか言ってて』「何時に?!」『5時には家にいてって言 [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 13
  • 【有希視点】2017年2月18日(土) お世話になっている出版社の担当の西嶋さんには、3月いっぱいでやめる……という方向で話をしていたのに、「鈴木さん、これ引き受けなかったら一生後悔するよ?」 これは運命。だから引き受けなさい。と、強い口調で言い切られた。 ある写真家さんが、私を指名で連載を引き受けても良いと、言ってくれたというのだ。リレー旅行記という形で、その写真家さんと毎回違うタレントやモデル [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 12 +おまけはBL
  • 【溝部視点】2017年2月18日(土) バレンタイン前日に、『明日の夜、チョコレート取りに行くから』と、鈴木にLINEしたところ、『そんなものはございません』と、速攻で返事がきた。なので、速攻で、『じゃあ、明日までに用意しといて』と、返したところ、『バカじゃないの?』と、返事がきて、それから既読がつかなくなった。 でも、既読をつけないでも読むことはできる。読んでるに違いない。そう思って、『鈴木さん [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 11−2 +おまけはBL
  • *** 二分の一成人式…… もう10歳。半成人。あと2か月で高学年になる、という自覚からか、司会も生徒たちでしていたけれど、感心するほど、皆、しっかりしていた。 運動チームの陽太は、8段の跳び箱も軽々と飛んでいた。8段に挑戦した子は3人しかいなかったので、学年でもトップクラスの『運動が出来る子』の部類に入るのだろう。その後のマット運動でも、バク転を披露して歓声と拍手を浴びていた。(これは、見にきてほ [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 11−1
  • 【有希視点】2017年2月8日(水) 今日は息子の通う学校で『二分の一成人式』が行われる。 二分の一成人式とは、ここ数年で一般的になってきた小学校行事で、小学校4年生の子供達が、10才の誓いを述べる式である。半成人式、10才式、ともいう。 この学校では、音楽チームと運動チームに分かれての発表(陽太は運動チームらしい)、将来の夢の発表、全体合唱、というプログラムで行われるそうだ。一昨年までは、式に出 [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 10
  • 【有希視点】2017年1月23日(月) 年末の飛び込みの仕事のおかげで、次の仕事がもらえることになった。実家を出るためには、収入の安定しないライターの仕事はやめなくてはならない、と思っていたけれど、これならば、貯金と養育費合わせて、当面はなんとかやっていける。そう思っていた矢先のことだった。「今月末から養育費減らすから」 月曜日の夕方、突然、元夫が訪ねてきて、とんでもないことを言いだした。「は!? [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 9 +おまけはBL
  • 【溝部視点】2017年1月9日(月) 昨日からの雨で、少年野球の練習が中止になったという陽太と鈴木を連れて、渋谷と桜井のマンションに遊びにいった。 いや、遊びではない。陽太が作文の宿題をみてもらいたい、というので、現役教師である桜井にみてもらいにきたのだ。おれはあいにく理系頭なので、文才はない。そして、母親である鈴木はライターという文章のプロなんだけれども……「本職の鈴木さんを差し置いて、おれなん [続きを読む]
  • 寝坊しましたっ
  • おはようございます。毎週火曜と金曜の朝7時21分頃更新予定のこのブログ……今日は金曜日……早起きして書こうと思ったのに、今起きてしまいまして^^;話は決まっているのであとは書くだけなんですが、さすがにあと20分では……ここは潔く諦めて、夕方までには更新、としようと思います……もし、更新を待ってくださっているなんていう奇跡のような有り難い方がいらっしゃったら申し訳ないので、取り急ぎご連絡させていただきました [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 8 +おまけはBL
  • 【有希視点】2017年1月2日「お礼は陽太と3人で横浜デート!」と、言う溝部のしつこさに根負けして、「横浜デート」をすることになってしまった。先日、陽太を一泊預かってもらったことに対するお礼だから、断固拒否はできなくて…… でも、「陽太と3人」はさすがに抵抗があるので、渋谷君と桜井君にもつきあってもらうことにした。陽太を預かってもらった時に渋谷君も溝部の家にいた関係で、陽太は渋谷君にも懐いているの [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 7 +おまけはBL
  • 『後夜祭の炎の前で手を繋いだカップルは幸せになれる』 そんな学校の七不思議のせいで、後夜祭の前後は学校中でカップルが成立しまくる。(くそー……) 高校2年生の後夜祭。 クラスで一番タイプの吉田が、隣のクラスの男と手を繋いでいるのを見かけてしまい、1人落ち込んでいた。普段仲の良い山崎は、後夜祭には参加せずさっさと帰ってしまっていて、斉藤は当然、夏休み前から付き合っている彼女と一緒で、渋谷と桜井は…… [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 6ー2 +おまけはBL
  •  真剣にプロポーズしている、という溝部。 本当に真剣な表情のまま、言葉を継いできた。「オレ、かなりのお買い得物件だぞ? そこそこ貯金あるし、40代平均年収よりも稼いでるし」「え……」「その上、顔もいいし、健康だし、深酒はしないし、煙草はやらないし、ギャンブルもやらないし、それから……」「ちょっと待って」 まだ何か言おうとしている溝部を手を振って止める。「なんだよ?」「なんだよ、じゃないでしょ。全然 [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 6−1
  • 【有希視点】2016年12月23日(金) 2週間ほど前、(もう、溝部には会わないようにしよう) そう思ったのに……… 結局また、溝部を頼ることになってしまった。 22日の夜、突然、大きな仕事が舞い込んできた。取材に行くはずだった人がインフルエンザにかかり、急遽声をかけてもらえたのだ。これを逃す手はない。 明日の午後から翌日の夜までの一泊、と言われたけれど、二つ返事で「行きます」と答えてしまった。電 [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 4 +おまけはBL
  • 【有希視点】2016年10月22日(土) 高校の同級生、溝部祐太郎。 クラスのムードメーカー的存在。テンション高めのうるさい奴で、しょっちゅう喧嘩をしていた記憶しかない。 今は、大手メーカーに勤めていて、都内に住んでいる。独身生活をお洒落に楽しんでいる『独身貴族』って感じがする。 その溝部が、なぜか最近やたらとまとわりついてきてウザイ。『鈴木さん、好きでした!』 一年以上前の同窓会でみんなの前で告 [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 3 +おまけはBL
  • 【有希視点】2016年10月10日(月) バーベキュー翌日の夜、約束通り、溝部からラインが入った。『陽太、今ゲームできる?』 伝えると、陽太は「しょうがねえなあ」といいながら、嬉しそうにゲームを立ちあげた。 溝部から誘われるかもしれないから、と、いつもは言っても言ってもなかなかやらない宿題を今日は自分から終わらせていた陽太。その点では有り難いといえば有り難いけど……。 陽太は、真剣な顔をしていたか [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 2 +おまけはBL
  • 【有希視点】2016年10月9日(日) たいして行きたくもない同級生の集まりに、二つ返事で「行く」と答えたのは、陽太の所属する少年野球チームの練習を見に行かない正当な理由が欲しかったからかもしれない。 当番じゃない親は行かなくてもいいのだけれども、ほとんどの子の父親が、お父さんコーチをしているので、母親が来なくても父親は来ている。父親がいない陽太には、私しかいない。 保護者の人達は、皆いい人ばかり [続きを読む]
  • 風のゆくえには〜現実的な話をします 1 +おまけはBL
  • 【溝部視点】2016年9月11日(日) 正直に言おう。 オレは、桜井と渋谷が羨ましい。 男同士のくせに、四半世紀もずっと想いあっていて、今も一緒に暮らしていて、ちょっと油断すると、イチャイチャしてたりして………お前らどんだけだ!どんだけだよ!羨ましすぎるんだよ! そして、斉藤も羨ましい。 さっさと結婚して、今や中学生の息子と娘がいて、息子はオレ達の母校、白浜高校を受験するために頑張っていて……オレ [続きを読む]
  • (BL小説)風のゆくえには〜秘密のショコラ(おまけ)
  • こちら、2月23・25日にアップした秘密のショコラ(前編)・(後編)のおまけの話になります。慶と浩介が住んでいるのは、201号室。中村優花さんは、302号室。5階建てです。201号室は角部屋です。マンションの前に公園があります。このマンションには元々、浩介の友人・あかねが住んでいました。今も名義はあかねで、格安で賃貸契約を結んでいます。ということで、中村優花さん視点のおまけ話。---『秘密のショコラ・おま [続きを読む]
  • (BL小説)風のゆくえには〜秘密のショコラ(後編)
  •  こちら後編になっております。 よろしければ、秘密のショコラ(前編)から先にお読みくださいませ。*** できたてのフォンダンショコラをその場で一つずついただいた。トロリと溶け出てくる濃厚チョコは、想像以上の美味しさで、生徒6人みんなで歓声をあげてしまった。(いい人達だな……) 中村さんをはじめ、同年代か少し下くらいの彼女達は、皆とても感じの良い人達だった。 後から知ったのだけれども、慶は一週間前、料 [続きを読む]
  • (BL小説)風のゆくえには〜秘密のショコラ(前編)
  • 「風のゆくえには」シリーズ目次 → こちら<登場人物・あらすじ>渋谷慶……小児科医。身長164センチ。中性的で美しい容姿。でも性格は男らしい。桜井浩介……フリースクール教師。身長177センチ。慶の親友兼恋人。高校2年生のクリスマス前日から、親友兼恋人となった慶と浩介。それから、紆余曲折ありつつも、揺るぎない愛を貫いて約25年。現在、ラブラブ同棲中。友人や職場にもカミングアウト済み。浩介の両親との長年の確 [続きを読む]
  • (BL小説)風のゆくえには〜嘘の嘘の、嘘 22(浩介視点)・完
  •  2月下旬。ライトが出場する地域対抗のバレーボール大会を見にいった。 65歳以下はアタック禁止、という変なルールがあるため、まだ17歳のライトが得点を決めるということはほぼなかったけれど、よく動いてボールを拾いまくり、キレイなトスを上げて点数獲得につなぎ……とにかく大活躍でチームを優勝に導いたため、文句なしでMVPに選ばれた。「慶君のおかげだよーありがとー」「いや、お前が頑張ったからだよ」 抱きつ [続きを読む]
  • 遅刻ー
  • ダメだっ時間切れっ今まで粘りましたが書き終われませんでしたっお昼12時までにはアップしますー用件のみ失礼しましたっ [続きを読む]
  • (BL小説)風のゆくえには〜嘘の嘘の、嘘 21−2(諒視点)
  • *今回R18です。具体的性表現があります。苦手な方ご注意ください* 彼が最後までしてくれないことを、ずっと気にしていたオレに、侑奈がとんでもない情報をくれた。「泉、諒がエッチ上手だって話を聞いちゃったらしくて、すっごい気にしてるんだよ」「………え」 な、なんだ、それは?! 誰だそんなこと言ってるの! って、したことある女子なんて何十人もいるから分からない……っ「話聞いたの、9月のことらしいんだけど [続きを読む]