世界遺産ハンター さん プロフィール

  •  
世界遺産ハンターさん: 世界遺産ハンター
ハンドル名世界遺産ハンター さん
ブログタイトル世界遺産ハンター
ブログURLhttp://xn--5ck5a4gob177z170cgian33q.com/
サイト紹介文いよいよ中南米、男のロマン、超古代文明の謎に迫る!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/06/15 13:28

世界遺産ハンター さんのブログ記事

  • トリニダードとロス・インヘニオス渓谷 | キューバの世界遺産
  • 2107年1月13日〜16日ビニャーレスからハバナに戻った俺たちは、ハバナで一泊してからタクシーでトリニダードへと向かった。料金はひとり25CUC、所要時間は約5時間半。(途中で結構休憩していた)タクシー代金は、ビニャーレスまでひとり20CUCと考えると倍以上の距離のあるトリニダまで25CUCは安いような気がした。でも、実際の所、俺たち二人で50USドル相当の料金を払っているから移動費と考えると全然安くは無い。ただ、タクシー [続きを読む]
  • ビニャーレス渓谷 | キューバの世界遺産
  • 2017年1月11日〜12日ビニャーレス渓谷への行き方ハバナからビニャーレスまではバスで12CUC、コレクティーボで15CUC、タクシーでひとり20CUC、所要時間は約2時間半。俺たちの行った時期は正月の混雑が続いており、バスがなかなか取れない状況だったので、行きはタクシー、帰りはコレクティーボだった。タクシーで一人20CUCなので俺たちは、二人で40USドルも掛かった。キューバは移動費が結構辛いけれどもタクシーだと宿 to 宿なので [続きを読む]
  • キューバで見たストリートアートの写真 25枚
  • 1月8日〜18日カンクンでキューバに行こうか行くまいか悩んでいた頃、何とかモチベーションを上げる為に読んだ本が高橋慎一さんのモンド・キューバ。カンクンの宿にたまたまあった本で、パラパラ読むのに丁度いいから読んだんだけれども、この本が意外にも当たり本で、街中に溢れる強烈なグラフィティ、レコードやポスターのアートワーク等、俺にとって未知の社会主義国家、その向こう側で花開くストリートカルチャー。これはちょっ [続きを読む]
  • ハバナ旧市街とその要塞群 | キューバの世界遺産
  • 2017年1月8日〜9日重たい腰を上げてカンクンからやってきたのは、チェ・ゲバラとクラシックカーと葉巻の国、キューバ。キューバの入国にはVISAと言うかツーリストカードと言うのがあるのだけれどもカンクンの空港で20USドル、または350ペソを支払ってツーリストカードを購入出来る。ちなみにカナダからの場合、無料って言う噂で、ニューヨークからだと50ドル、マイアミ空港からだと、なんと100ドルも掛かるそうだ。社会主義で鎖国 [続きを読む]
  • メキシコの物価 | 47泊48日の旅、滞在費は30万8千円
  • メキシコの物価2016年11月22日〜2017年1月8日1ペソ = 5.5円で計算二回目のメキシコの旅、47泊48日間の総費用は約30万8千円。一日平均、二人で約6500円と相変わらず安い。一泊3000円位の宿や日本人宿に何度も泊まったり、国内便の飛行機に乗ったり、中距離を何度かタクシーで移動したり、結構な金額のシアン・カンのツアーに参加したりした割にこの料金なので、やはりメキシコは素晴らしい。使用したペソの合計55985ペソ x 5.5 = 30 [続きを読む]
  • セカンドクラスのバスでカンクンへ
  • カンクンで泊まったロサスシエテの玄関。バーベキューとか出来ちゃうこう言う空間、俺たちの基地にもこう言うみんなでワイワイ出来るような場所が欲しいな。セカンドクラスのバスでカンクンへ2016年12月31日世界遺産であるマヤ遺跡『チチェンイッツァ』のハントを終えた俺たちは、バヤドリドからメキシコ最後の目的地であるカンクンを目指す。料金はセカンドクラスのバスで113ペソ。バヤドリドからカンクンまでは、地図上だと大し [続きを読む]
  • 古代都市ウシュマル | メリダから日帰り出来る世界遺産
  • 2016年12月26日〜29日カンペチェから魔法使いのピラミッドで有名なウシュマル遺跡を見に行くために、起点となる町、メリダを目指す。ADOのバスで約3時間、料金は216ペソ(約1200円)。クリスマスシーズンの為か、年末だからか、バスのチケットを買うのにやたらと長い時間、並んだ。これから正月に向けて世界がうらやむビーチリゾート、カンクンを目指す事になる俺たちは、スムーズに移動出来るかどうか不安を感じずにはいられなか [続きを読む]
  • カンペチェ歴史的要塞都市 | メキシコの世界遺産
  • 2016年12月24日〜26日時は、少しばかりさかのぼって去年のクリスマスイブ、俺たちは世界遺産のあるパレンケからADOのバスに乗って、中世にカリブの海賊と死闘を繰り広げたカンペチェ要塞までやってきた。所要時間は約6時間、料金は479ペソ(約2700円)と距離の割に高かったが快適なバスだった。このカンペチェからユカタン半島北部、ネットが繋がらなかったキューバ編までの日記がごっそりと抜けているので今日から抜け落ちた記録 [続きを読む]
  • ボリビアの物価と治安 | 10泊11日の総費用は約8万円
  • 2017年2月8日〜18日1ボリビアーノ = 16円で計算ボリビアの物価南米、最貧国と言われるボリビアの物価は基本的に安い。ただ、観光客向けの施設や利用料は結構高めに設定されており、時と場合によっては高くつく。俺たちは観光地であるコパカバーナと首都ラパス、そしてウユニにしか行っていないが思いのほか高くついた。俺たちがボリビアで使った総費用は5056ボリビアーノ = 80896円マジで!?これ、計算した時には自分の目を疑った [続きを読む]
  • 帰国、ロサンゼルスでフラッシュバックした俺の20年
  • 2017年2月28日〜3月2日28日の早朝、事前に頼んでおいたタクシーがお宿桜子まで迎えにきてくれた。料金は50ソル(約1750円)流れ行くリマの街並を眺めながら、いよいよ俺たちの旅もいったん終わりだななんて思ったけれども特に寂しさは感じなかった。かと言って、早く日本に帰りたいとも思わないし、日本が恋しい訳でもない。ただ、いつものように、淡々と次の目的地、日本へと向かう感じだ。思い返せば何度か日本に一時帰国してい [続きを読む]
  • KBJラジオに出演しました! | 人生に必要なのは純度の高い欲求
  • 国分寺を根城に暗躍する秘密結社KBJのネットレディオ『KBJ’s Radio Heaven Vol.75』に呼んでもらいました。まぁ当たり前だけど俺、ラジオに出演するのなんて初めてだったんだよね。でも、旧友のYASHIO THE FREEDOMとSHO-HEY a.k.a Piggy Smallは、流石に75回もラジオをやっているだけあって、こなれた感じで進めてくれたのでめっちゃ楽しく収録することができた。今回は世界遺産ハンターについてのラジオなので是非聞いてみてくだ [続きを読む]
  • リマ歴史地区 | ペルーの世界遺産
  • 2017年2月25日〜28日パラカスから12:00のバスに乗って16:15に中南米の旅、最後の目的地リマへとた辿り着いた。もう帰国日も近いし、バスはペルー最高級のバス『クルスデルソル』を選択。やっぱり高いだけあって乗り心地は良い。料金は65ソル(約2300円)リマは、ペルー最大の都市だけあってメチャクチャ大きい。バスから眺めるリマ市外は、少し荒廃した感じがして、治安もあまり良さそうではなかった。俺たちは大都市があまり好き [続きを読む]
  • パラカスにあるリトルガラパゴス『バジェスタ諸島』
  • 2017年2月23日〜25日砂漠のオアシス『ワカチナ』からイカのバスターミナルまでタクシーで行き、そこからピスコまでローカルバスでわずか5ソル、所要時間は約一時間半。しかし、俺たちの目的地はピスコではなく、パラカスなのでそこから更にタクシーに乗って約30分、料金は25ソル。タクシーに乗るならピスコまで行かずに、途中にあった分岐点で降りてそこからタクシーに乗った方が近かったかもしれない。詳しくは近い内に世界遺産ハ [続きを読む]
  • ナスカとパルパの地上絵 | ペルーの世界遺産
  • 2017年2月21日俺たちはアレキパから前日の夜9:30の夜行バスに乗って、翌朝7:00にナスカに辿り着いた。バスはペルーで最上級と呼ばれる高級バス『クルスデルソル』のカマー(3列のVIPシート)で、115ソル(約4000円)。セミカマー(4列シート)だと85ソルだったが、もう帰国日も近いし、快適に過ごしたかった。俺たちの旅も終盤になり、段々と出費が激しくなってくる。ナスカとパルパの地上絵Lines and Geoglyphs of Nasca and Palp [続きを読む]
  • アレキパ市の歴史地区 | ペルーの世界遺産
  • 2017年2月18日〜20日2月15日にウユニ塩湖のデイツアーに行き、その夜に夜行バスでラパスまで行き、早朝のバスで4時間かけてコパカバーナで行ってようやくホテルで一泊。翌日の17日には、チチカカ湖に浮かぶ太陽の島『イスラデルソル』のツアーに参加して、また、夜行バスに乗って11時間もかけてようやくペルー第二の都市、アレキパに到着。コパカバーナ、アレキパ間のバス代は110ボリ(約1800円)ウユニ塩湖からアレキパまでは1泊4 [続きを読む]
  • チチカカ湖に浮かぶ太陽の島『Isla del Sol』 | コパカバーナ
  • 2017年2月16日〜17日ウユニ塩湖のデイ・ツアーを終えた後、夜8時の夜行バスに乗ってラパスまでやってきたは良いが着いたのは朝4:45だった。あまりにも早くに着きすぎてしまったので用のないラパスは飛ばし、そのまま、バスを乗り継いでペルーとの国境の町、コパカバーナまで行くことにした。6:30発のコパカバーナ行きのローカルバスに乗ってコパカバーナに辿り着いたのは11:15。料金は30ボリビアーノ。この町は、チチカカ湖の辺に [続きを読む]
  • 世界一の絶景と噂される『ウユニ塩湖』の幻想的な世界
  • 2017年2月13日〜15日ティワナクを後にした俺たちは、そのままラパスから9:25発の夜行バスに乗ってウユニまでやってきた。到着は朝7:30、料金はひとり250ボリ。バスはWi-Fiに夜食や食後のティーまで付いている高級バスだったが、バス自体は4列シートで正直、大したバスではなかった。あの価格は高すぎる。ちなみに帰りのバスは3列シートのカマーだったがわずか150ボリだった。ちなみに4列シートのセミカマーのバスは100ボリちょっ [続きを読む]
  • チチカカ湖最大のお祭り『カンデラリア祭』 in プーノ
  • 2月6日クスコからカマと呼ばれる三列シートで、VIP仕様の夜行バスに乗り、チチカカ湖最大のお祭り『カンデラリア祭』が開催されているプーノへとやってきた。夜10:15 クスコ発の翌朝5:20 プーノ着で、料金は60ソル。かなり大きなお祭りの為に普段よりもバスの料金は高かったかもしれない。だが、このVIPバスは、メチャクチャ快適だった。チチカカ湖最大のお祭り『カンデラリア祭 (Fiesta de la Candelaria) 』プーノは、ペルー南部 [続きを読む]
  • レインボーマウンテン(Vinicunca)| 標高5100mにある絶景
  • 2017年2月4日いよいよクスコでやり残した最後のミッション、レインボーマウンテンへと向かう。この山は、クスコから数時間の場所にあるVinicunca(ビニクンカ)と言う山で、近年、注目を集めている観光名所だ。今まで、マチュ・ピチュばかりが注目されていたけれども、レインボーマウンテンもかなり見応えのある場所だ。レインボーマウンテン (Vinicunca)レインボーマウンテンへの行き方は、今の所、クスコから出ているツアーに [続きを読む]
  • クスコ市街 (City of Cuzco) | ペルーの世界遺産
  • 太陽の帝国インカクスコはインカ帝国の首都だった場所で、伝説によると、創造神ビラコチャの息子マンコ・カパックと娘のママ・オクリョがチチカカ湖の「太陽の島」に降り立ち、金の杖タパク・ヤウリを投げると、杖が場所が大地のへそ(クスコ)を示した。マンコ・カパックは、クスコに太陽の神殿コリンカチャを建設し、インカ帝国を創り上げたと言われている。 ※クスコとはケチュア語で「へそ」の意味こうして西暦1200年頃からス [続きを読む]