有坂レイ さん プロフィール

  •  
有坂レイさん: ちりつもBL小説
ハンドル名有坂レイ さん
ブログタイトルちりつもBL小説
ブログURLhttp://109.saloon.jp/blss/
サイト紹介文偶数日の午前中に更新中。一部18禁。元彼の弟と恋人になる「別れた男の弟が気になって仕方がない」完結
自由文完結済みシリーズあり。強気受・男前受・年の差多め。基本ハピエン。リバ好き。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供178回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/06/17 06:30

有坂レイ さんのブログ記事

  • 親睦会2
  • 1話戻る→ 意識が浮上した際、聞こえてきたのは同期の友人が嫌だ止めて違うと抗うか細い声と、それを宥めているらしい甘やかな声だった。んっ、だとか、ふっ、だとか漏れ聞こえる息から、泣いているような、それでいてなんだか色っぽい […] [続きを読む]
  • 親睦会1
  •  駅まで徒歩五分なうえ職場へも徒歩十分という好立地で、平日は朝夕の食事が付くという社員寮は半分ほどが空室だ。それよりも、駅へも職場へもだいたい徒歩十五分くらいの場所にある、ワンルームマンションの社宅の方が独身者には断然人 […] [続きを読む]
  • 昨夜の記録
  •  少々遠方への二泊三日の出張が決まった時、その地方に就職した学生時代の友人に、久々に会えないかと連絡を取ったら、あっさりオッケーだったどころか最終日の金曜とその翌日の土曜はウチに泊まってけばと宿の提供まで申し出てくれた。 […] [続きを読む]
  • 合宿の夜
  •  夏合宿最終日前日の夜、連日のハードな練習で疲れきった体は重く、初日は慣れずになかなか寝付けなかった布団でも、横になって早々眠りに落ちていた。このまま朝までぐっすりコースのはずだった。なのに無理矢理意識を浮上させられた。 […] [続きを読む]
  • 兄弟に欲情しています(目次)
  • キャラ名ありません。全9話。2歳差の兄弟でセックスは弟が抱く側です。精通後ずっと弟をオカズにオナニーしている兄と、そんな兄のオナニーをオカズに抜いてた弟が、オナニーしたりアナニーしたり相互オナニーの末、セックスまで経験し […] [続きを読む]
  • 寝ている友人を襲ってしまった
  •  尿意で目覚めてしまった早朝、さっさとトイレを済ませて二度寝しようと思ったはずが、トイレから戻る時に目にしてしまったソレが気になって、ベッドに入っても再度眠気がやってくることはない。 早朝とは言え、起きた時に部屋は既に薄 […] [続きを読む]
  • 弟に欲情されています4(終)
  • 1話戻る→   目次へ→ 再度ゆっくりと熱の塊が体の中に押し入ってくる。体勢のせいかさっきより少し苦しい気はしたが、やっぱり痛みはなくて、圧倒的な圧迫感に何かが満たされていくような錯覚を起こす。「んぁああああ」 どうした […] [続きを読む]
  • 弟に欲情されています3
  • 1話戻る→   目次へ→ 親の出かけた週末、指でたっぷりと慣らされた後で弟のペニスがゆっくりと挿入されていく。 先日の宣言通り、今日は最後まで抱かれるつもで始めているので、たっぷり慣らされたとはいえイキたくて仕方がないと […] [続きを読む]
  • 二周年感謝(雑記)
  • 今日でキャラ名のない小話を書き始めて2年過ぎました。といっても昨年1周年から8月まで1ヶ月半以上更新休んだので、あんまり2年間頑張ったーって気がしていないのですけども……昨年も書きましたが、とにかく書き続けようが目的のブ […] [続きを読む]
  • 弟に欲情されています2
  • 1話戻る→   最初から読む→ 夜間に抜き合うときはそこまで時間を掛けられないし、後ろを弄って貰いながら同時に気持ち良くなるのにちょうど良いと、いわゆるシックスナインの体勢になる。 その場合、アナルを指で弄って穿って拡げ […] [続きを読む]
  • 弟に欲情されています1
  • 1話戻る→   最初から読む→ 弟からの寝るよの挨拶は壁を二回ノック。こちらからの寝るよの挨拶は一回で、二回叩けば割合すぐに向こうからも叩き返される。この場合のコンコンはもちろんオヤスミなんて意味じゃない。その意味は、今 […] [続きを読む]
  • 兄に欲情しています2−2
  • 1話戻る→   最初から読む→ ノックもせずにドアを開く。静かに開いたつもりだったが、可愛らしく喘いでいた兄の声はピタリと止んだ。あっさりバレたなと思いながらも声は掛けないまま、するりと入り込み後ろ手にドアを閉める。 部 […] [続きを読む]
  • 兄に欲情しています2−1
  • 1話戻る→   最初から読む→ ずっと兄の受験が終わるのを待っていた。終わったら絶対に夜這いしてやろうって思ってた。 部屋を分けた後、兄と抜き合えるのは週末だけだった。しかも親が揃って出かけなければ、そのわずかなチャンス […] [続きを読む]
  • 弟に欲情しています2
  • 1話戻る→   最初から読む→ 一人だけの静かで暗い部屋の中、ベッドに転がり弟の名を呼びながら自慰行為に耽る。 姉が家を出たのは半年ほど前で、それを期に自分ひとりの部屋を手に入れた。それまで同じ部屋で過ごしていた弟が、姉 […] [続きを読む]
  • 別れた男の弟が気になって仕方がない35
  • 1話戻る→   最初から読む→ 結局その目論見は失敗したけど、多分それで良かったんだと思うと言った相手は、ありがとうございますと続けた。更には、初めての相手があなたで良かったとも続ける。「でもさっき、俺に抱かれたの失敗だ […] [続きを読む]
  • 別れた男の弟が気になって仕方がない30
  • 1話戻る→   最初から読む→ 確かに嫌がる相手を抱くことはしないし出来ない。ただ、言いくるめてその気にさせて、もう一度抱くことは出来そうな気もする。抱きながら快楽で押し流すようにして、恋人になってと頼みこんで頷かせるこ […] [続きを読む]
  • 別れた男の弟が気になって仕方がない29
  • 1話戻る→   最初から読む→ あなたって勘違いな思い込み激しいですよねと、やはり呆れた口調の指摘に反論出来ない。「前に、兄の本命が俺だと思ってた、とも言ってましたし」「言ったね。あの時も、今も、色々勘違いしてゴメンな」 […] [続きを読む]