non さん プロフィール

  •  
nonさん: 身の丈暮らし  〜 築60年の中古住宅とともに 〜
ハンドル名non さん
ブログタイトル身の丈暮らし 〜 築60年の中古住宅とともに 〜
ブログURLhttp://minotakego.exblog.jp/
サイト紹介文無理をせず自分に必要かどうか見極められる暮らしを、築60年の中古住宅で静かに整え中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供232回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2015/06/16 23:28

non さんのブログ記事

  • 身の丈のDIY宣言
  • ログハウスの実家で刺激を受けて、東京に帰ってきました。何が良かったって、メンテナンスが行き届いているところが、最高に心地よく。弟夫婦が、普段の生活の中で、メンテナンスすることを当たり前に楽しんでいる様子が羨ましくもありました。今回は、5年ぶりの里帰りを満喫していたもので、写真を撮ることを忘れてしまい、ちょっと後悔。心に潤いを持たせてくれた... [続きを読む]
  • メンテナンスを楽しむ家 〜ログハウスの実家から〜
  • 5年ぶりの実家です。5年ぶりに見たログハウスは、以前よりも、重厚で風格のあるログハウスに変貌していました。ログハウスを愛する、弟夫婦のセルフメンテナンスで、砂・ほこり・木のヤニなどを洗浄し、耐久性に優れた外壁塗装で、安心・安全に蘇りました。家の手前の緑が、いつも送ってもらっているブルーベリーの木です。年々、実家が遠くなっていたけれど、弟たちの定期的... [続きを読む]
  • プロフィール写真も気分転換
  • クーラー要らずの、涼しい夜にぴったりの小野里奈さんの道行灯。すっかり、我が家の顔になりました。↓ 昨年の10月に書いたブログです。よろしければ、↓電源いらず、単3電池2本で、どこにでも持って行けるので、いろんなところに連れて行きます。柔らかな灯に癒されて、我が家を見守ってくれているようです。ということで、今日から、プロフィール写真に... [続きを読む]
  • 循環させる本棚 〜本の好みは変わっていきます〜 
  • 夏休みに入ると、こうして本棚の本を全部出します。心の余裕がある長期休みに、家族5人が、本当に必要な本だけを本棚に戻す作業です。末っ子が真っ先に戻すのは、今年も、学園書道漫画『とめはねっ!』いつまで、この本が1番かしら?家族それぞれの環境・生活は、年々変わって行くから、1年前は、必要と思った本でも、今年は、これだけの本が本棚に戻りませんで... [続きを読む]
  • 息子の持ち運べる本棚 〜Amazon kindle〜
  • 息子がkindleを使い始めて1年経ちました。kindleとは、Amazonが製造販売している電子書籍リーダー。無線で電子書籍をダウンロードすることができ、Amazonで展開するkindleストアで電子書籍を購入することができる為、実質、息子の『持ち運べる本棚』になっています。↓ 息子が購入したkindleは、これ。↓Amazonプライム会員になって... [続きを読む]
  • 地震に備える本棚の使い方
  • 今日は、寝室の本棚のお話。ここも、床の間的に使われていた場所ですが、リノベーションの際、地震に備えて、ちょっと工夫してみました。可動式は、快適に使うためですが、   奥行を20?から30?にしていただきました。本棚にしては、かなり奥行きのある印象です。特に、大きな本でなければ2冊置いても余裕があります。この奥行のおかげで、多少の揺れでは、本が飛び出すこ... [続きを読む]
  • 14才の麗しき愛読書 〜幸田文から学ぶ〜
  • 中学2年生の末っ子に、幸田文さんの本を薦められました。作家、幸田露伴のお嬢さんで、日本の随筆家・小説家。『向田邦子さんもいいけど、幸田文さんも素敵だよ。』母の御贔屓も認めつつ、薦めてくれた本たち、普段より図書館へ通う回数が増えた夏休みの間に、読破する勢いです。図書館に返してしまったけれど、末っ子一番のおススメは、台所のおと (講談社文庫)... [続きを読む]
  • 本は持ち物ではなく読み物 〜読んでこそ価値〜
  • 5人家族の我が家には、2つの本棚があります。どちらも、元々は床の間的な使い方をしていた場所を本棚に作り替えていただきました。どちらも、大きな本棚ではありませんが、まだまだ、余裕があります。だからといって、本を読まない家でもないのですよ。長女は、今でこそ大学の勉強が忙しく、読書量が減っていますが、高校生のころは、年間400冊読んでいたほど、今でも、ジ... [続きを読む]
  • 防災に備える本棚 〜作り付け本棚の安心感〜
  • 深夜から朝にかけて、相次いだ関東地方の地震。大きな被害はなかったようですが、寝ている場所に倒れてくるような家具はありませんか?震災時、住宅内部の被害の多くは、『家具の転倒・落下』が原因だそうです。少しでも、安全な家に住みたいですね。特に、転倒・落下が心配な本棚。我が家には2箇所あります。階段を上がった場所にある、日本画などが飾ってあった、... [続きを読む]
  • 夏休みは2学期のはじまり 〜子供の習慣〜
  • 夏休みがはじまり一週間。これまでとリズムが変わり、親も子もちょっとイライラしはじめたころでしょうか?私もそうだったなーと、今は懐かしい思い出。上2人が大学生になったからか、随分楽になりました。残るは、中学2年生の末っ子。大学生の2人は、高校生までで卒業しましたが、夏休みになると、子ども3人分の夏休みファイルを作るのが恒例でした。普段使っているフ... [続きを読む]
  • こっそりひっそりプリンタ収納 〜死角を探す〜
  • ソファの位置だけは、しょっちゅう変わる殺風景な我が家のリビング。殺風景ですが、家族が帰ってくると必然的にモノが増えるので、これが丁度いい感じなのです。ただ、どうしてもリビングに置いておきたいモノもあるので、こっそりひっそり、なるべく目に入らない場所を探して、置くようにしています。例えば、実は、プリンタが置いてあります。学生が3人いるからか... [続きを読む]
  • 香りで涼む 〜ヴェレダ シトラスフレグランス〜
  • 今日は幾分、涼しかった東京。それでも、湿度が高く快適という訳にいかないので、香りで涼しさを演出しています。ヴェレダのシトラスフレグランスミスト。フレッシュな柑橘系の香りのミストコロンで、本来は、肌に直接スプレーして使ってもいいのですが、私は、アロマ的に使っています。『ミスト』と言うだけあって、かなり細かい霧状でスプレーされるので、ルームフレグランスとし... [続きを読む]
  • ブルーベリージャムのススメ
  • 夏のお楽しみ、ブルーベリーが届きました。実家の母に『ちょっと多めに』と催促したら、今年は、3キロのブルーベリー。一度に全部は作れないので、半分は冷凍して、ながぁ〜く楽しみます。よろしければ、↓昨年のブログの記事です。↓私は、ブルーベリー1.5キロに砂糖400gで作ります。(砂糖の量は、ブルーベリーの50%ぐらい入れてもOKです。)家族のリクエス... [続きを読む]
  • 器を美術品として選ぶ 〜器の厳選法〜
  • 玉こんと新ゴボウときぬさやの炊いたん(『炊いたん』は京ことばで『炊いたもの』という意味。)この備前焼の大鉢に盛るだけで、私のごく普通のお料理も、美味しそうに見えます。かれこれ23年前、まだまだ経済的に大変な時でしたが、(今もだけど)2回目の結婚記念日に買ってもらったもの。ちょっと無理して買ってもらったけれど、今でも、この器に勝るものはありません。器は数で... [続きを読む]
  • 疲れをリセット 〜鎌倉シャツの安眠パジャマ〜
  • 末っ子が、林間学校に行っています。3泊4日の荷造りは、中学2年生の意思を尊重し、持って行きたいモノを持たせたのですが、心の中で『そんなに必要?』などと思いながら、親として見守る、我慢の荷造りに徹しました。そんな末っ子の危うい荷造りですが、絶対に持って行きたいと言ったパジャマ。先日、ご紹介した鎌倉シャツのものです。(グリーンのハンカチは、プレゼントでいただいた... [続きを読む]
  • 末っ子の心の学び場 〜地域と和太鼓〜
  • 先週末、世の中は三連休。残念ながら、我が家は、土曜日に仕事に行く主人がいたり、海の日に大学にいく長女がいたもので、いつも通りの週末となりました。おまけにお弁当作りもあったものだから、全くいつもと変わらず…唯一、中日だけは、夏を味わい、末っ子のイベントに参加。引っ越しと同時に始めた和太鼓は、控えめな末っ子に自信と、助け合う気持ちを教えてくれました。... [続きを読む]
  • ハンカチは体を表す
  • 土曜日も起床は、5時半です。3個のお弁当作りからは、解放される土曜日ですが、なるべくいつも通りのルーティンで活動します。アイロンかけは、朝がいい。ちょっと多めのハンカチ。家族5人分だけならいいのですが、主人は、毎日2〜3枚のハンカチを持ち歩きます。よく『靴と財布を見ればその人が分かる』と言われますが、私は、ハンカチもそうだと思っています。... [続きを読む]
  • 身の丈の朝仕事
  • 東京・・・暑いです。もう9日連続の真夏日に、家事も億劫になっています。そんな時の朝仕事。まずは、打ち水を、ご近所には、人生の先輩方が多くいらっしゃるせいか、朝晩、当たり前のように、打ち水をされています。ちょっとのことですが、確実にひんやりするのが実感できます。そして、ローズの香りの蚊取り線香を付けて虫よけ対策。涼しく、... [続きを読む]
  • ステンレスバットで時短プリン
  • 少し御無沙汰してしまいました。あまり忙しいと言わないように心がけているのですが・・・ちょっと忙しいです。そんな時でも、食事の楽しみだけはしっかりと整えたいので、ちょっと手抜きで、ちょっと楽してデザートを作っています。バットでプリンお砂糖は、牛乳に溶かさなければなりませんが、その他の材料は混ぜて漉して、湯煎したオーブンにボン‼厚みが無いので、時短でできあがり... [続きを読む]