non さん プロフィール

  •  
nonさん: 身の丈暮らし  〜 築60年の中古住宅とともに 〜
ハンドル名non さん
ブログタイトル身の丈暮らし 〜 築60年の中古住宅とともに 〜
ブログURLhttp://minotakego.exblog.jp/
サイト紹介文無理をせず自分に必要かどうか見極められる暮らしを、築60年の中古住宅で静かに整え中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供237回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2015/06/16 23:28

non さんのブログ記事

  • 庭の成長も醍醐味 〜中古住宅の楽しみ〜 
  • 梅雨に入った途端、すくすくと成長をはじめた、業平竹(なりひらだけ)梅雨空は、ちょっと寂しいけれど、業平竹の成長が、日々の楽しみになっています。早いもので、庭師さんに来ていただいてから、もう直ぐ1年。おかげ様で、我が家の植栽たちは、すくすくと、そして美しく、私たちを楽しませてくれています。すくすく過ぎて、どんどん伸びて行く業平竹の成長を『伸びすぎてポ... [続きを読む]
  • 引き出しの乱れは心の乱れ
  • 昨日は、『置く収納』のお話をしましたが、実は、この引き出し、心のバロメーターにもなっています。この引き出しの中が乱れ始めると要注意。心に余裕が無くなっている時なのです。『気に入っているモノ』『本当に必要なモノ』『忘れたくないモノ』が、この引き出しの中に入っているのですが、それ以外のモノが入ってくると、本来の自分ではなくなっている時。自分を見つめ... [続きを読む]
  • 置く収納 〜買わずに整えませんか?〜
  • 子供の成長と共に、私の持ち物は少なくなっていきます。このキャビネットを置いてある部屋は、寝室ということもあり、『心と体を休める場所』として使いたいので、必要最小限のモノだけを置いています。多少、置いてあるモノに変化はありますが、だいたい、いつもこんな感じ。引き出しの下に敷いてあるのは、結婚した時に作った、名前入りの風呂敷。ほとんど使うことが無くなってしま... [続きを読む]
  • 収納の余裕は気持ちの余裕 〜床下収納ユニット〜
  • 築60年の我が家は、収納がちょっと少なめ。でも、割とモノも少ないので、何とかなるかなぁーと思っていたのですが、ゆっくりとリノベーションしていただいていた間に、ちょっと不安になってきました。でも、予算もアイデアもありません。『工務店T氏、収納を増やす方法ありますか?』奥の扉は、2階のトイレ。扉の前には、台所などによく使われる床下収納ユニット。... [続きを読む]
  • 魚をさばけるカッコいい男を目指す 〜息子の自立〜
  • 大学4年生の息子。意外に意外‼ あっという間に就活が終わりました。苦戦することを見越して、7月まで予定を入れないでいたもので、只今、すっごい暇です。『だったら魚さばいてみる?』特に台所育児を推奨してきた訳ではありませんが、魚がさばける男子って、ちょっとカッコいい!今回のチャレンジは、750円の金目鯛。丸魚だと、やはりお安いです。ペットボ... [続きを読む]
  • 和菓子の日に 〜もち米不要の玄米餅〜
  • 1日遅れですが、昨日は『和菓子の日』でした。正直、そんなこと全く知らなくて、夕飯時に息子が『今日、和菓子の日だよね? 何か作ったの?』と、見えない圧力をかけてきました。さて、この時間から何を作りましょうか?外はパリパリ、中はしっとりの『玄米餅』夕飯用の玄米を、やわらかめに炊いて、作り置きしていた、こし餡を使って作ります。↓こし餡については... [続きを読む]
  • 傷心を癒す贈り物 〜アロマティカス〜
  • 何十年ぶりに試験を受けて、不合格をいただきました。精神的に堪えて、胃が痛くなり、日頃、試験ばかり受けている子供たちに優しくなりました。まぁ、それだけでも経験して良かったことかもしれませんが、なかなか切り替えられなくて、この先のことは、まだ模索中です。楽しくやるか?厳しくやるか?もう少し悩もうと思います。この学び、引っ越したことで、学びの場も変... [続きを読む]
  • ホテルのアップグレードの不思議
  • 長女が大学で『熟年離婚』について学び、主人に説諭してくれます。(説諭とは、悪い行いを改めるよう言い聞かせること。)ありがたい!いい子に育った。(笑)ここ何年か続いている、年に1度のクラシックホテル旅行は、『熟年離婚回避の旅』と言っても過言ではありません。今回の富士屋ホテルもそうですが、基本、主人のお小遣いで、主人が企画します。(世の奥様方、これ、とっても... [続きを読む]
  • 休業前に 〜富士屋ホテル〜
  • ほろ酔い気分で目的の地へ、富士屋ホテル(神奈川県足柄下郡箱根町宮ノ下359)今年、創業140年目を迎える、日本を代表するクラシックホテルの1つです。2018年4月より耐震補強工事に入り、休業されるというので、どうしても、それまでに伺いたかった場所なのです。日光金谷ホテルは、2006年に耐震改修済み。万平ホテルは、昨年、一部を耐震... [続きを読む]
  • ほろ酔いの旅 〜箱根登山鉄道〜
  • やっと、やっと、念願叶って、箱根の旅に行ってきました。小田原から、珍しいスイッチバックを繰り返す『箱根登山電車』に乗って、車窓から見える、可愛いあじさいを楽しみました。あじさいの見頃はこれから。小田原から2つ目の駅、風祭駅で途中下車し、『鈴廣かまぼこの里』のかまぼこバーへ、超高級かまぼこと、お好きなお飲み物で500円の『お試しセット』(左から1,1... [続きを読む]
  • 国産スパイス1本で豪快に繊細に肉料理
  • 律儀な私の妹は、我が家に長期滞在した後、いつも、子供たちが喜ぶ、ビッグな贈り物をしてくれます。今回は、サーロインとヒレの肉の塊が2キロ。最高にテンションが上がります‼今日は、サーロイン1キロを豪快に料理。ただし、味付けは国産スパイス1本で完了。【宮島醤油】ステーキスパイス100g【ステーキスパイス】【調味料】【スパイス】【味付け】価格... [続きを読む]
  • 梅雨を穏やかに過ごす工夫
  • 東京も、いよいよ梅雨入りのようです。雨は嫌いではありませんが、足元が悪くなると、家にこもりがちになるので、少しでも、気持ちよく過ごせるよう、工夫しています。例えば、義母の描く、季節のはがき絵は、いつも、温かな気持ちにしてくれます。はがき絵は、気楽に替えられるので、季節に合わせて楽しんでいます。足元も爽快に!冬用のビルケンにはお休み... [続きを読む]
  • 外灯の蛍光灯をLEDにしなかった訳
  • 前回、自動点滅式の外灯のお話をしたばかりですが、蛍光灯の寿命がきたようです。ネジを1つ外せば、簡単に変えられるのですが・・・野外に設置しているので、虫も寄ってくるし、結構、汚れていて驚きました。それに、ちょっと蛍光灯の寿命も短いような気がします。ならばLED?いえいえ、私はあえて、一般的な蛍光灯を選びました。LED蛍光灯の寿命は、約10年と言われ... [続きを読む]
  • 受け継ぐ家 〜外灯を自動点滅式にリノベーション〜
  • コロンとした形が愛くるしい我が家の外灯。すでに生産終了となっているため、今では、なかなかお目にかかれない外灯のようです。多分、前の持ち主さんが、何度が増改築されているので、どこかの段階で、取り付けられたものでしょうが、見た目もきれいで、点検していただいたところ問題なし。ただ、防犯上、家の周りを明るくしておきたかったので、外灯の内部機器を、自動点滅式... [続きを読む]
  • フロアタイルで自由自在
  • 我が家の子どもたちは、模様替えが大好き。と言っても動かすものはベッドと机しかないので、あっという間に模様替えが終わってしまいます。夏は、エアコンの近くにベッドを移動させたり、冬は、逆にエアコンの風があたらない位置に移動させたり、時には、2台並べで一緒に寝たりと、自由自在に動かしています。こんなに簡単に模様替えができるのは、やはりフロ... [続きを読む]
  • 在庫品でもラッキーな選択 〜女子部屋の床材〜
  • がさつな息子のがさつな生活に対応するために、床材をフロアタイルにしてよかった!と思う事しばしば、(フロアタイルの使い心地は次回)提案してくださった工務店T氏には、心から感謝していますが、またまたラッキーな提案をしてくださいました。柔らかい雰囲気に仕上がった女子部屋。『フロアタイルでよかったら、在庫品があるんですが、いかがですか?』女子部屋の床材への提案... [続きを読む]
  • 秘密のイミテーション 〜リアルなフロアタイル〜
  • 息子のフランス留学中に、リノベーションを進めた我が家。息子の部屋は、勝手に進めてしまうと、後がうるさいので、LINEで連絡を取りながら調節しました。壁紙は簡単に決まりましたが、床材は種類も多く決断できず、『よく分かんないから、工務店T氏に壁紙に合わせて選んでもらってー』と、またまた信頼の選択。その選択で、こんな風に仕上がりました。予算と好みのモノをい... [続きを読む]
  • 小部屋のススメ  〜0.5部屋の『安堵の間』〜
  • 我が家の2階には、4つ部屋があります。いゃ・・・ちょっと見栄を張りました。3.5部屋かな?その0.5部屋がこの和室。3畳足らずの小さな部屋なので、1部屋と言えるかどうか、小さな小さな部屋ですが、家族には、『安堵の間』と呼ばれています。↓ 前に書いた和室のお話です。↓特別なモノは何もありません。その、何もない所が居心地がよく、ちょっと1人... [続きを読む]
  • 2階の使い心地もそろそろ
  • 2階のリノベーション写真を整理していたら、面白い写真が出てきました。見た目はそう特別ではありませんが、かなり私のわがままの詰まった2階の廊下。久しぶりに見た、リノベーション中の写真で、改めて、リノベーションが大掛かりだったことが分かります。  角度を変えて見ても・・・奥に見える窓が、和室の窓。やっぱり中古住宅で良かった。やっぱりリノベ... [続きを読む]