藤田貴志 解決コンサルタント さん プロフィール

  •  
藤田貴志 解決コンサルタントさん: 社長のための資金調達メソッド
ハンドル名藤田貴志 解決コンサルタント さん
ブログタイトル社長のための資金調達メソッド
ブログURLhttp://kaiketuconsul.biz/
サイト紹介文ビジョン達成、地域貢献に志を抱く社長と会社をバックアップする解決コンサルの情報サイトです。
自由文・使命:「豊かな社長が増え、躍動する会社が多々あってこそ日本を元気にする」を実現

・信念:貢献、信頼、一貫性

志高い中小企業社長に資金調達を容易にする。経営基盤強化から内在する魅力、強みを引き出し、会社を磨き上げます。事業計画策定から社員のベクトル絞込みと協力に貢献、進捗達成までのステップを社長と共に汗をかき実現します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/06/17 11:02

藤田貴志 解決コンサルタント さんのブログ記事

  • 【利益が利益であるための売掛金管理】
  • リスクは密かに売上さえ増やせば資金繰りが楽になる!広告宣伝費を多額に掛け狙いとおりに売上増加期待に胸をふくらませる。今月の支払いが終わり月末の銀行預金残高を見ると納得いかないことはありませんか?支払いは期日通りに済ませている。でも、肝心の入ってくるはずのお金が期日通りに入らないそんなことはありませんか?掛売をしていると支払条件通りに販売代金が回収できていないそんな取引先が出てきます。掛売をすること [続きを読む]
  • 【幸せは外になく 心の内からの導きにあり】
  • 1.体験先日、ある方のセミナーに参加しました。動機はとても単純で友人の勧めがあり付き合いも含めてチケットを購入したのです。会場に近づくと盛況さを感じました。800人が大きな会場を埋め尽くし凄いなと思いました。セミナーの最後に講師で主査者の方からの挨拶にラスト10日で何と半分の400名が集まったということでした。サポートスタッフの人達を壇上に集め労っていました。そこで浮かんだのが友人が掲げるコーチングタイトル [続きを読む]
  • 【好転させるゴール設定はバックキャストから】
  • 1.再生自分に期待し積極的な心構えを持って行動するなら道は開けるとあります。では、何かに迷い自分を責めている時はどうでしょうか?もしも、そのことに囚われれば囚われるほど心は内に入り込み自責の念から心を塞いでしまいませんか?塞いだ心が恐れを呼び恐れが増幅するのなら無意識のうちに思い込みとなって同様なことが起こる度に記憶が再生され同じ過ちを繰り返してしまう。そんな苦い体験ありませんか?2.置き換え苦い思い [続きを読む]
  • 【望みを叶え 潜在意識に落とせる筆記と記録】
  • 潜在意識目標を100個書いて一年後に読み返すと達成されているとあります。実際に100個目標を書き出すのは簡単ではないですね。時間もかかり、大変です。紙にペンで書くとなればパソコン、タブレットに使い慣れた私たちには引けます。筆不精な私には、ペンで書くのは好きではありません。おまけに100個も欲しいものはないから欲張らなくてもいいやと最初は思っていました。それでも、様々な自己啓発本を読むと目標を100 [続きを読む]
  • 【見たい状況を作る 思い込みからリフレームへ】
  • 原因と結果ポジティブに考えればポジティブになれる。そのポジティブな思いが希望的なことだけならどうでしょうか?ただ、思うだけでは、おわかりのとおり心の内に閉じ込められたまま欲しい結果は訪れませんね。原因と結果の法則から考えが原因となり行動が結果を作るからです。得たい結果をもたらす原因が考えであり種です。その実りを収穫した状態が結果です。種には実りの設計図があり完成形のゴールが秘められています。花や木 [続きを読む]
  • 【幸せのスパイラルは小さな習慣作りから】
  • 問題は内に先日、友人から何も問題がなさそうな顔をしていると言われました。何故、そう見えるのか聞くと私があっけらかんとした表情に見えたからだそうです。生きてるだけで丸儲けなんてそんな顔に見えるのなら大したもんだなと自分を誉めたいです。現実の私には全く問題がないわけでもなく自分なりに解決しようとHOWよりもWHYと自分に問いかけています。人間、この世に生きている限り大なり小なり問題はありますよね。但し [続きを読む]
  • 社長力強化【リピートを厚くする問題解決意欲】
  • 1.売上構成持続的なビジネスを可能にするには最初に新規客の創造と既存客の保持が不可欠ですね。既存客はすでに商品・サービスを購入したお客様で、お馴染み様もいてリピートする可能性が高い人達です。だから既存客のリピートライフタイムバリューが高いほど事業は加速度を増す環境が整えられ経営基盤が強化されてゆきます。売上は顧客数、取引額、取引回数を下記のように掛け合わせたものであり売上=顧客数×取引額×取引回数既 [続きを読む]
  • 社長力強化【ゴールに導かれる利益とキャッシュ・フロー経営】
  • 1転じてりえき、リエキ、利益と言うけれどでは、利益の元は何だろうと語源を調べてみました。利という文字は、二つの象形文字の合成です。穀物の穂先が垂れかかる象形文字「禾(のぎ)」と鋭い刃物(すき)で土地を耕す「刂(刀)」利=「禾(のぎ)」+「刂(刀)」派生、新しい意味が分かれ出て「するどい」・農耕に「役立つ」を意味する「利」になったとあります。では、益はどうでしょうか?これも象形文字から「皿に物を大きく盛り上 [続きを読む]
  • 社長力強化【欲しい未来 考え抜かれた思考の延長線に】
  • 1.実績とは社長からお聞きすることで月次決算の試算表についてこんなことがありました。もしも、お心当たりがあるのなら・・・毎月の実績をしっかりと確かめ何が原因で今月の損益結果なのか?売上を追うだではなく利益を重視する社長は会社経営のバランスを保とうと自分の考える目標に舵を切れるよう経営への意識がとても高い方たちです会社規模によってコストベネフィットの観点から経理専任者を社員で置かず経理周辺業務を税理士 [続きを読む]
  • 社長力強化【経営基盤作りは明確な基準の定義と設計から】
  • 1.妥当性売上が順調に増えても思ったより利益が増えないキャッシュが残らないと不完全燃焼の社長様へ何故、その結果になったのか係数分析していますか?スーパー勘ピューターに頼りまあ、こんなところでないかと満足しているのではないでしょうか?脳は質問や疑問があると答えを出そうと満足するまで働く習性があります。その満足の質によって会社の利益が左右されるとしたらあなたは、どう考えるでしょうか?妥当な数値算出に毎月 [続きを読む]
  • 【キングベアからの思わぬギフト】
  • 1.再会先日、私共セミナーにあるイベント型合宿セミナーでお会いした方が参加されました。久しぶりにお会いしたのですが面白いもので距離感をさほど感じませんでした。その方とはセミナー終了に昼食に行き2時間程、話し合いました。いやあ、とても楽しかったです。では、その方とは合宿セミナー中によくお会いして話し合った仲なのかと言うと決してそうではなかったのです。その合宿セミナーに参加したことのない方なら冗談もええ [続きを読む]
  • 【道を示す経営計画 霧深い不透明な時代に灯す明り】
  • 1.川の流れは絶えずしてアメリカ第一主義を唱える著名な米国不動産王ドナルド・トランプ候補が選挙戦の予想を覆しアメリカ合衆国大統領選に勝利しました。トランプ氏の言う最強のアメリカとはいかるものでしょうか?メキシコからの不法移民問題保護貿易から国内経済優先より中国や日本からの輸入品に対して関税率を高くするなどetcアメリカ製造業の保護や米国産牛肉等の輸出品関税率引き下げ等保護主義の台頭から様々な問題が起こ [続きを読む]
  • 【チャンスを呼び込む 社長の資金調達力】
  • 1.銀行融資支援銀行融資に関心を持つ社長へ社長の必須スキルに資金調達力があることはご存知のことですね。仮に今、現在会社業績が好調だから銀行員が融資セールスに来て割りと楽に銀行融資を受けているなら社長の資金調達能力が必ずしも強いとは言えるでしょうか?何故ならばそれは、ご承知のとおり銀行が貸したくて貸しているからですね。反対に、業績が落ち込み逆境に立った時はどうでしょうか?簡単に銀行から融資がおりました [続きを読む]
  • 【社長の資金繰り改善 利益のでるプロセス化】
  • 1.資金繰りから資金繰りというと何を連想しますか?お金を回すイメージでしょうか?それともお金を工面するイメージでしょうか?お金を回すとイメージをされる方は個人の生活でも会社経営であっても収入と支出のバランスが保たれている。または、常に収入が支出を上回っている。お金をコントロールできている状態ですね。計画的な支出をされているのでしょう。尚、投資と貯蓄にお金を配分するなら資産を積み増す道に進んでいますね [続きを読む]
  • 【ヒント 利益UP! 一貫性】
  • 会社経営を持続的にするのはご存知のとおり利益とお金が万全でないとよく今月の売上目標・・・と数字を発表します。でも肝心の利益は出ていますか?利益が出ないと売上代金が入金されても会社のお金は減るだけですね。正直、会社のお金が減るのは嫌ですね。辛いですね。怖いですね。危機感を覚えまね。ホント。他人事とは思えませんよ。何故、お金が減るのでしょうか?売上が伸び悩んでいるから?新規出店メジロオシでガンガンお金 [続きを読む]
  • 【チェンジ勝ちパターンへ 環境の力がチェンジさせる】
  • あなたの身近にこんな方はいませんか?社内の問題を全て自分で解決しようと頑張る人わりと中小企業の社長に多いです。社長にとって会社は手塩にかけて育ててきた我が子のようなもの全てを把握したい問題の芽を早く摘み取りたいとそう思うのは無理ありません。とは言っても会社規模が大きくなるに連れ権限の委譲を進め現場を部下の人にまかせないと何故って、理由は簡単。睡眠時間が消失してしまいます。心身共に良好であってこそ的 [続きを読む]
  • 【M&Aは善か? 後継者不在企業に】
  • 先日、異業種交流会でシステム開発会社の社長とお会いしました。私共が中小企業の皆さまに資金調達のお手伝いをしていると話すと地方の同業他社で売却案件がないか聞かれました。はて、何故、地方の同業他者をM&Aしたいかとお聞きするととてもシンプルな答えが返ってきました。商圏が重ならないし、一定数の顧客企業が有り専門性の高い社員が多ければ即戦力でキャッシュを回せると社長の年齢が70才を超えてもご家族に後継者がい [続きを読む]
  • 【資金繰り上手なフリーキャッシュ・フローの考え方】
  • お客様との融資相談に多少の誤解を持たれることがあります。それは、設備資金に関するものです。例えば、新店出店の際にテナント賃貸借契約から敷金、礼金、保証金を支払い済みで内装工事代、ショーケース、家具等什器備品の支払いに設備資金で資金を借りる際に融資金より使われるものは設備資金の使途に該当しますが既に支払った設備については融資設備資金の対象にならなく賃貸借契約をされる前に融資申込をされるようお伝えして [続きを読む]
  • 【会社の盛衰 社長の必須スキル 資金調達力】
  • 会社経営の継続そして、事業の加速化には売上を増やし、利益を稼ぎ売り上げた代金を回収して事業に再投資する拡大再生産を進めることはご存知のことと思われます。売り上げた商品代とその商品の仕入代の差額が粗利益(売上総利益)になり会社事業を継続するオペレーショナルコスト人件費や家賃、広告宣伝費等の販売費や維持管理を賄います。損益計算書では売上高から売上原価や販売費及び一般管理費を差し引いて営業利益を算出事業 [続きを読む]
  • 【道を拓く創業融資 決め手は早めに計画的に】
  • 創業期の資金繰りで大切なことは売上と利益実績が計画値との差が開くほど早めに資金繰りに手を打つことです。切羽詰まってからの融資に王道はありません。あるのは、金利の高いノンバンクです。私どもは、金利や保証料に補助があり元金据置期間や長期分割返済制度のある王道をお薦めしております。というのは、創業期にある会社は税務署に法人税申告書を提出し税務署の受付印押印がある法人税別表一ノ一に添付した確定決算書類があ [続きを読む]
  • 【見たいイメージと視覚化が晴らす経済の霧】
  • 2020年東京オリンピック後の社会は、少子高齢化から人口減少一人世帯数増加のピークが近づき世帯数の減少も始まる時が来ると一人住まいの高齢者が亡くなった戸建て住宅が空き家になる。マンション、アパート等での空き室が増えてきます。空き家、空き室が増えてくると場所により住宅価額が下がり新築物件より安価になり経済効果に広い裾野を持つ住宅建設が減少へ向かいます。経済への有効需要が相対的に減少に転じる時期が訪れ不動 [続きを読む]