りお さん プロフィール

  •  
りおさん: 摂理の猫カフェ
ハンドル名りお さん
ブログタイトル摂理の猫カフェ
ブログURLhttp://providence-blue.com/
サイト紹介文保護猫だった摂理猫。枕と布団を奪われ、隅っこ人生を歩んでる飼い主。部屋の専有面積は摂理猫が約80%。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1023回 / 365日(平均19.6回/週) - 参加 2015/06/17 14:52

りお さんのブログ記事

  • 間違った習慣と癖ー先輩、後輩に負けてますよ。
  • 「間違った習慣と癖は悪癖病だから直しなさい」が今週の御言葉の主題。 いやー、これってもうどうしようっていうくらい降り積もってますが。 でもね、直らないことは無いんだとも教えてくださいました。各自<悪い習慣>は計画的に直さなければなりません。一か月だけちゃんとやれば直ります。間違った習慣がついたら、「自分の宝」を発見できません。悪い習慣がついたら、「損」をするようになります。悪い習慣がついたら、「死」 [続きを読む]
  • 奇跡の生還!16m下に転落 車は大破
  • 高さ16メートルから落下して助かったということですが、その高さは大よそこのくらい。四階建ての建物くらいの高さ。 実際の場所は出典:Google 大垣西ICは、この場所のようです。 この高さから落ちて助かったのは本当に奇跡的ですね! こういうことが起こるたびに、事件事故の為に祈る必要性を凄く感じます。 みなさん、祈るべきことが多すぎます。肉的な命、そのためも祈らないといけないでしょう。交通事故にでも遭ったらどれほ [続きを読む]
  • 胆のう全摘出手術ー猫の珍しい病気
  • 摂理猫とらにゃん、緊急で胆のう摘出手術を受けました。そして退院し、今のところは元気です(TT)・・・!!! 5月に命の危険があるくらい肝臓の数値が悪かったのですがそれから復活。しかし、原因不明。7月3日から症状が再び出始め、緊急手術となりました。 守ってくださった神様に本当に感謝します。以下の文章は猫に起きたことですが、人間一人一人に対しても神様がいつも命をぎゅっと守ってくださってるということを感じてい [続きを読む]
  • 合宿の下見はここをチェック!まとめ
  • 「合宿の下見に行こう!」としても、さて何を見てきたらいいのでしょう? 下見に時にチェックしないと、結局後で電話で施設に何度も確認・・・なんて記憶ありませんか?私はありますよ(笑) 以下チェック項目です。ご参考にしてください。 自分たちが使える資格があるのか例えば、スポーツ団体は不可とか、子供達メインの団体以外不可とか、茨城県限定とか、いろんな基準があるので要確認。これは電話でもいいし、下見の時に詳しく [続きを読む]
  • 日本人の韓国に対する印象悪化 一方、韓国が改善
  • 関係悪化になる要因の一つとして、相手国に友達がいないというのも大きな要因になるのではないでしょうか。 私は友達が韓国にいるから、メンバーの多くが韓国だから、悪感情はもてません。 他の国も一緒で、その国に友達ができるたびに、その国自体も友達のような感覚になります。 もちろん、友達がいない国のことももっと愛したいです。それは神様が全ての国を愛しているとおっしゃったから。 このように考えていくと、結局どの国 [続きを読む]
  • 月明洞便り 7月20日
  • 暑い夏の日、月明洞も空の青と木々の緑が、より一層美しく輝いています! 雑草といばらの山奥だった月明洞の雑草を全部なくしてきれいに作って、 石と木で満ちた神様の聖殿に開発したように、 自分の脳の腐った考えをきれいに掃除してなくし、 永遠でいらっしゃる神様と御子の御言葉でびっしり満たしなさい。 そうすると神様と聖霊様と御子がその脳を主管し、お使いになる。鄭明析牧師の明け方の御言葉より [続きを読む]
  • 鄭明析牧師 詩集「幸せは来る」韓国で出版
  • 『幸せは来る』は、鄭明析詩人が約3年ぶりに新しく出した五番目の詩集である。 この本には、計77編の詩と絵が、<恋しさ>、<人生と風>、<心を尽くして>という3種類のテーマに分けられ、収録されている。簡潔で純粋な言語でこの世界からあの世界まで貫通する、通り道のような知恵の詩編だ。 比喩的な修辞を通して神の摂理を隠密に表したり、また、隠したりもしながら、「人生」について語っている。詩人が、50年間余り聖書を研 [続きを読む]
  • 神様が下さった夢ー韓国 チュンギョン牧師
  • 皆さんが子供の頃、学生の頃、思っていた夢はなんでしょうか?! 韓国 月明洞の開発をしているチュンギョン牧師はだったそうです! 人を育てる場所を作り、そこで学んだ人達が各国に戻って活躍していき、理想的な世界を作っていく。しかし、チュンギョン牧師はその夢を「自分の夢ではなかった」と悟るようになります。それは「神様が下さった夢」だと。 チュンギョン牧師のこの映像は「平和に貢献したい」「戦争や争いの無い世界 [続きを読む]
  • 映画ハクソー・リッジー沖縄の戦火の中で
  • 映画ハクソー・リッジを見てきました。 以下、映画の内容が出てきます。 ハクソー・リッジを見ながら、「あと一人、あと一人」と命を救い続け、敵味方関係なく接する姿が強烈に印象に残りました。 最後の最後まで、銃をもつことを拒否し、丸腰のまま戦地へ行く。 以前、鄭明析牧師が教えてくれたことがあります。「映画は、実際の戦地とは異なる」もっと激しいという意味です。関連記事鄭明析牧師が ベトナム戦争に行かれた時のこ [続きを読む]
  • 月明洞便り 7月19日
  • 雨上がりの月明洞です! 多くの人が月明洞に来たら、「天国だ」とよく言います。「まず背景が天国だ」と言いますが、鄭明析牧師が神様の構想を受けて開発しておいたから「自然に天国が思い浮かぶ」と言います。山はもともとあり、石、木、水をつくって、4つをつくったので、そのようになりました。そこに鄭明析牧師が青々とした芝生をつくっておき、一部は庭に磨沙土を敷き詰めておきました。しかし、そこにいても心が天国でなけれ [続きを読む]
  • 営業-夏の服装は?女性の場合
  • 私のことを知ってる人も、あまり知らない事実?ですが(笑)私は営業をしていた時期があります。 真夏のルート営業。あれは忘れられません。 ルート営業の皆さん、本当にお疲れ様です。氷一杯の麦茶を出して差し上げたいです。 ビル街って、特別な暑さがあります。見た目からしてビル街って暑いし(笑)ビルの中に入ったら極寒だし(笑) 汗だらだらで客先に行くことは出来ないですしこの季節はとっても服装に気を使います。 営業のプロ [続きを読む]
  • 連休中の過ごし方ー教会行事編
  • 各教会、それぞれの過ごし方がありますがうちの教会はこの連休、バーベキューや対話をしながら過ごしました(^^)/ 子供達は<お泊り会>。一緒に過ごすのがとっても楽しかったそうです。修学旅行のような(笑) 男性は屋上で夜は寝るという、女性には思いつかない方法で過ごしてました。 最後にはバーベキューとスイカ割。 男性達が火おこしと焼くことに熱中してくれていました! 久々に話した人たちも多く、とても楽しかったです。 [続きを読む]
  • 逆転サヨナラ 高校野球ー負けた我が母校
  • 先日、我が母校の高校野球の試合にいって応援していた。いま全国各地で行われている甲子園の地方予選大会。私が元々マネージャーをしていたチーム。 お互い終始譲らない展開。 最後9回の裏。三点差で母校がリード。このままであれば勝てたはずだった。 しかし、相手校も最後まで譲らない。 ツーアウト満塁。あと一つアウトをとれば勝てた。 そして相手校の主将は、走者一掃のサヨナラ3点二塁打を打った。 相手校はベンチから飛び [続きを読む]
  • 最後まで信じることは強者の証
  • 最後まで神様を信じることは普通のときはできるんだけれどもそうでないときはなかなか難しい。 一瞬の不安がよぎることもある。 それでもそれを振り払う。そのときに真の勝利がつかめる。 「もう一度、この場所に命ある形で一緒に戻ってこよう。」 まるで戦場に出ていくかのように言葉をかけて共にでていった。 ひたすら主を信じた。葛藤した。でも信じた。 結果、命ある形で戻ってきた。人はそれを奇跡だと言った。 最後まで信じ [続きを読む]
  • 社会人3か月、噂を通して悟る。
  • こんにちは!はごろもです^^!!私はこの4月から精神の障がい者ということをオープンにして働いています。新卒で就職して3か月が経ちました。この3か月、大変なこともあったし、神様の愛をたくさん感じたりもしています。 慣れるまでは大変でした。精神障がい者ということを、いまでこそオープンにしていますが、はじめは言えませんでした。同期がたくさんいますが、噂で広まることが怖かったし、どんな風に思われるのか心配でした [続きを読む]
  • 亡くなった人の為の祈りー40年の闘病生活を終えた叔父
  • 先日、叔父のお葬式があった。 叔父はリウマチで、20代のころから車椅子の生活をしていた。私は歩いている叔父の姿を一度も見たことが無かった。 結婚はせず、叔父のことを親族がいろいろサポートしていた。 叔父のお葬式のときに、叔父の友人の方が若い頃の叔父の写真をもってきてくれた。私は初めて見た。まだ歩けていたころの叔父は、イケメンで芸術家だった。 家の関係で、お坊さんを目指していた叔父はお寺でいろいろ苦労した [続きを読む]
  • 人の脳の3Dスキャンー非常に精巧で美し過ぎる
  • 人間の脳をきわめて精緻にスキャンする技術を使って英カーディフ大学が抽出したデータをもとに、シーメンス社の技術者が最新コンピューター・ツールを駆使し、脳を構成する神経線維や密度、信号伝達の様などを立体画像にした。この技術によって、研究者は脳の機能を詳しく調査し、認知症やてんかん、多発性硬化症などの疾病について新たな知見を探っている。引用:BBC 神様は人間一人一人の価値があまりにも高いと言った。そしてそ [続きを読む]
  • 疲れたときの名言
  • 今日は、なんだか疲れがどっとでた。 一週間ほどいろいろあった。それがひとまず終わったからか。 先日、叔父が亡くなり、昨日はお通夜、今日はお葬式だった。 人間の生死に関わることというのは集中力をものすごく使う。お通夜やお葬式のときは、ずっと祈りながら過ごした。 終わった後は、緊張感が抜けたのかとっても眠くて横になりたかった。 そして今日夜、水曜礼拝の御言葉を聞いた。 聞いていたら、その中の言葉で「自分が疲 [続きを読む]