カステラミルク さん プロフィール

  •  
カステラミルクさん: 第二カステラミルクの練習帳
ハンドル名カステラミルク さん
ブログタイトル第二カステラミルクの練習帳
ブログURLhttp://dai2kasuteramilk.blog.fc2.com/
サイト紹介文定期更新を終了したカステラミルクの練習帳の続きです。エッセイや拙い演奏などを載せる予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供168回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/06/18 18:14

カステラミルク さんのブログ記事

  • 京都古典ギター研究会第五回練習会を開催いたしました。
  • 妻が料金の手頃な貸し会議室を見つけてきたので午後は二人で練習会。月一ペースで定例会化することに。 pic.twitter.com/M6JYMrBIxu— 第十五世椿犬三郎 (@tsubainu15) 2017年4月26日京都古典ギター研究会は第五回の今回より「定例会化」いたしました。発表会形式は当分見送りで練習会。課題曲はなく、参加の条件は、古典を大切に考えている人ということだけです。実際には、椿はフェリシダージをばりばり練習していました。 [続きを読む]
  • アンダンテ(ソル)(練習)
  • カステラミルク:あかん!こんなんあかん!590さん:カステラミルクさんにはこんな曲無理やし。やめたら?カステラミルク:もっと悲しく歌わんかい!590さん:えー?!、私のせいなん?!カステラミルク:あっ!言い間違えた!「思いなさい」やった!590さん:うざい。カステラミルク:そんな言葉づかいは止しなさい。590さん:カステラミルクさんと一緒にいたら、やさぐれちゃって。カステラミルク:そんなん、死んだら一緒やねん [続きを読む]
  • ソルのアンダンテOp.31-4について
  • 私が演奏したソルのアンダンテ(前半)で、頭痛や眩暈や吐き気に襲われた方がおられると思いますので、お詫びによい演奏をご紹介します。(今、探しました!)ジョン・メンデルさん。Jon Mendel http://jonmendle.weebly.com/Jon MendleさんのYTチャンネル https://www.youtube.com/user/jonmendleguitarFernando Sor - Study Op. 31 n 4 wonderfully performed on a Rosewood Spruce Classical Guitar私はこの方は初めて知ったん [続きを読む]
  • ホ短調プレリュード(カルカッシ)
  • なんかしようとするともたついてどうしようもないので、気持ちを切って、さっさと弾きました。なんかいらいらした演奏。こういうの直せないんです。あの方が左横にいないと。2017年4月19日追記:この曲は2月にも録音していましたね。すっかり忘れていました。。。冬眠してるみたいな録音の数々 http://dai2kasuteramilk.blog.fc2.com/blog-entry-879.html [続きを読む]
  • 病院のことや仕事のことなど。
  • 私の生活に病院は切り離せません。喘息と橋本病と子宮内膜症を持っていて、前二つは定期的な治療を受けていて後ろのひとつは、もう婦人科に行くのが嫌になってしまったので、市販されている鎮痛剤と鍼で痛みをしのいでいます。婦人科は――嫌ですね。はっきり言って、不妊治療もやりました。馬鹿なことをしたものです。50歳の今にして思えば、なんだ、どうせ子供ができないんだったら、もっと恋愛すればよかった、という感じです [続きを読む]
  • 京都古典ギター研究会第五回練習会のお知らせ
  • 日時 2017年4月26日水曜日13:30〜14:30場所 京都YWCA (アクセス http://kyoto.ywca.or.jp/access/ )課題曲 練習会なのでなし参加人数 4名まで参加費 割り勘お申し込みは京都古典ギター研究会 est8981@yahoo.co.jpすてきな場所を見つけました。古い木造の建物で音の問題があるので、語学教室の開催日時からずらして取りました。1時間でサクッと!今回二週間後と急ですが、代表2名はここが気に入りましたので、しょっち [続きを読む]
  • 会社でのエヴァンジェリン
  • 正義のための言動が、かつての仲間に、逆に悪口と取られた苦しい経験を、私の母は「先生が見てる」と言って励ましてくれました。――そう、先生が見ておられる。それどころか、いつも一緒にいる感じすらします。エヴァンジェリンについてもう少し書きます。彼女と私が勤めていた会社で、送別会が続いたことがありました。正直、お金がかかって嫌…。でも、彼女は別々にすべきだと敢然と主張しました。その後は無職になる役員と転職 [続きを読む]
  • エヴァンジェリンが話したこと。(2000年)
  • エヴァンジェリンというのは、私の感覚では、「お嬢様」という意味です。昔読んだ子供向けのアンクル・トムから引きました。私は自分のことをカステラミルクと庶民的な造語で名乗っています。つまり、彼女は特別な人です。神様が選んだ人まではいかないけれども。おそらく、最初の先生が音とリズムその他の技術を、教え切ることができた数少ない人だと思います。2000年の暮れ、私は彼女の紹介によって、最初の先生の、カルチャーセ [続きを読む]
  • ギタバナは今度。
  • 私も同じバッグを作りましたが、難しい所は失敗して、ほどいて、代わりにやってもらいました。底面の縫い代をアイロンで割る。分厚い生地は癖がつきにくい。底のタックまち。分厚く縫いにくい。できませんでした。三角マチから後ぜんぶ。夫にやってもらいました。 pic.twitter.com/qkvYREKaTY— カステラミルク,Kasuteramilk (@kasuteramilk) 2017年4月4日裏地の底の三角まち 薄い生地を縫うが厚い生地が重く縫わせまいとす [続きを読む]
  • 苦手なリズムの話(2017)
  • 口では歌えるのにギターでは弾けないの。 pic.twitter.com/frmrweBF2k— カステラミルク,Kasuteramilk (@kasuteramilk) 2017年3月31日アグアドのエチュードの録音は問題があると思いつつ、自分で修正できないので、夫に質問できる機会を伺っていました。きょうがその機会だったので、私はギターを弾く短い時間をすべて夫への質問の時間に振り替えました。その時に書いてくれたメモが上の埋め込み画像です。足でカウントを取る [続きを読む]
  • タイマーを買い替えました。
  • キッチンタイマーは、私にとってはギターの練習をする時、なくてはならないものです。ここ何年かは、これとよく似たものを使っていたのですが、壊れて音が出なくなってしまったので、買い替えました。前のタイマーはもう捨ててしまって…、写真を探しましたが、撮っていなかったみたいです。よく頑張ってくれたのに、ソルの別れもヴァイスのチャコーナも練習を助けてくれたのに、ごめんねえ。前のはたぶんこれ。↓(テンキーと分) [続きを読む]
  • パヴァーナ第一番(ミラン)(練習その1)
  • 全然ちゃんと弾けていませんが、一応最後まで弾けたという記録です。鳥さんは調べてみたら、イカルという名前みたいです。イカルと言えば…、♪いかーる、いかる、とおーしばー♪たいへん失礼いたしました。こんななんで、こういう曲を本格的に勉強するのは、無理っぽいです。 [続きを読む]
  • ミシンからハイドン。
  • だんなさんが初めてのお裁縫、初めてのミシンで、こんなものを作った。時々無性に物を作りたくなる時がある。十日間でなんとか完成までこぎ着けた。縫い目とかガタガタでこれ以上の拡大は御勘弁。チャコペーパーの線もまだ消してないし。あと、一番最後に口の周りを縫うとき糸の色を間違えてしまった、まあいいや。使い倒すことにします。 pic.twitter.com/LlfIKFnuhg— 第十五世椿犬三郎 (@tsubainu15) 2017年3月16日私も同 [続きを読む]
  • るねおと
  • きょうは夜に少しギターを弾きました。ミランのパヴァーヌ(第一番)を1ページだけ。ゆっくり止まって確かめながら、音を取って弾いているのに、どうも和音に納得がいかなくて。前に夫が座っていたので、弾いてもらいました。夫は私の疑問を察して、楽しそうに、「ルネッサンスの和音」と言いました。「聴き慣れてへんから変に思うんやろ」とも。それで、はっとしました。これは、7年前、私がソルの別れの音を取り始めた時に経験 [続きを読む]
  • アレグレット・モデラート(ソル)(練習その1)(途中まで)
  • 昨日の録音はこれで終わりです。音外したりいろいろやっちゃってますが、なんとかして、この曲は仕上げたいと思っています。好き嫌いせず、なんでも弾かせてくれた590さんも、だんだん曲を選り好みしてる感じがしてきました。もしかして、パノくんとグル?!演歌っちゅうのは、演歌っぽく弾ける人は、アマチュアの方がむしろそういう意味では、めちゃくちゃうまくて、但し、なんでもかんでも演歌みたいに弾いてしまうというのがあっ [続きを読む]
  • タレガは難しい。(再返信をかねて)
  • ブログ拍手にコメントを入れてくださったのですね。見落としていました。何にせよ、有難うございました。タレガは…タルレガと私の恩師はステージ上ではおっしゃいましたけれども、大変な難曲揃いと、私は思っています。でも初心者だろうが初級だろうが、タレガの曲はたいそうよい曲なので、押さえられさえすればどの曲でも、弾いた方がよいと思います。難しい曲は部分的に上手に弾いたらいいのですから。私は技術的に上に行くこと [続きを読む]
  • 御礼まで。(私が弾いたのではありませんが)
  • パヴァーナ(タルレガ)演奏:Dang Ngoc Longhttps://youtu.be/eh6cC9GxJhoタイムリーなコメントやお手紙などをいただきまして、おそらく私事でご心配をおかけしているからかと思います。申し訳ございません。御礼の演奏はできないので、さくっとYoutubeを見て、よいと思った演奏を拾ってまいりました。Dang Ngoc Longさん。ヴィエトナムの方です。アグアドやコストを鮮やかに演奏をされるThu Leさんもヴィエトナムの方。音楽の趣 [続きを読む]
  • 聴けるレベルの分類(仮)
  • レベルA:普通の時はたくさん聴けます。レベルB:少し苦しくなると少し聴けます。レベルC:かなり苦しくなるとほんの少し聴けます。レベルD:本当に苦しくなるとなんにも聴けなくなります。仮にこんな分類をしてみました。今の私ですか?レベルDです。過去に聴いたものを思い出していることはあります。Youtubeで遊んでいることはあります。私自身は、広く浅く遊んでいるつもりですが、最初の先生に軌道修正されてそのままなので、 [続きを読む]
  • 変な感想は過去にもありました。
  • 落し物をしたことに気づいた時みたいに愕然とした始まりの曲。こそばいフルート困ったアデリータトゥリーナの五度が火曜サスペンスのCM前(アイキャッチというそうです。)と勝手につながってしまった時期もあって、タターン!の後に、チャチャチャチャ、チャーラー!、と頭の中で続いていました。https://youtu.be/Fu8ME7XH6dYこういう小ネタは、また、思いだしたら、書きますね。 [続きを読む]