ベイ吉 さん プロフィール

  •  
ベイ吉さん: ベイスターズの内面をえぐる
ハンドル名ベイ吉 さん
ブログタイトルベイスターズの内面をえぐる
ブログURLhttp://steely.seesaa.net/
サイト紹介文単にベイスターズ戦の感想を述べるのでなく、自分なりの考察をできるだけ客観的に述べたいと思っている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/06/18 19:05

ベイ吉 さんのブログ記事

  • 疑問を感じた采配
  • 2連勝のムードが生かされず、わざわざ墓穴を掘ってしまったような最悪の試合であった。折角、嶺井、田中の下位打線が好調なのに、相手投手がアンダースローなので使わないというのは正しい判断なのだろうか。調子の良い時には投手の右左など関係なく起用すべきである。どうも相手投手が右の場合、戸柱、石川を使うことに決めているようである。戸柱とは違うテンポの良いリードの嶺井がいい流れを作っている。そして田中浩も粘っこ [続きを読む]
  • 井納と嶺井のバッテリーが生んだ勝利
  • この試合の殊勲者は井納につきる。受ける相手が嶺井に変わったのが良かったようである。元々メンタルは強いとは言えないところがあり、考えすぎるために思っているのと違うところに投げてしまうという自滅的崩壊する投手であった。それが嶺井のリードは難しい所を要求せず、テンポよく投げこんできたのが良かったのだろう。ほとんどがストライクから入って有利なカウントでバッターと勝負できた。もちろん、ストレートの切れも良か [続きを読む]
  • 田中浩康の意志を感じた
  • 久々の快勝で浮かれてしまった。初先発熊原は生きのいい球を投げていたが、時折見せる高めを打たれてしまった。それでも崩れずに5回まで持ちこたえた。これは次回の登板に期待を持たせた。打線は左のジョーダンを見据えた右を並べるオーダー、嶺井、田中浩を6、7番に並べたがうまく機能した。特に田中浩の活躍は特筆に値する。3回二死一三塁、どんなボール球でも喰らいつくほど打ち気に溢れていて、ファウルを6球も粘った末のセン [続きを読む]
  • 恐ろしい筒香の帰還
  • 先発浜口の調子は悪くなかった。しかし、いい球と悪い球がはっきり分かれ、毎回のように三振を奪ったが四球も多く、ランナーを貯めては一番当たっているビシエドに回し痛打されている。安心して見ることが出来ず、5回も二死まで取るがヒットと四球で一二塁とし、業を煮やした監督は降板を命じた。当然の処置だろう。試合は怪我から復活した筒香が本物のバッティングをみせてくれた。今シーズン浮き沈みしていた調子が、ここにきて [続きを読む]
  • 今永の課題
  • この試合、ベイスターズはオーダーを変えてきた。ようやく今の状況に適応するような打順構成であった。しかしそれでも1点も取れずに負けてしまった。相手投手の出来が良すぎたからだが、こういうタイプの投手にはいつも苦戦を強いられる。特に球速がある訳でもないのに、腕を強く振って投げ込む投球フォーム、外角低めへの抜群のコントロール、スライダーの切れと苦手とする要素を沢山持っている。そして失投がない。これに対して [続きを読む]
  • 桑原の一打に勝負師としての運の強さをみた
  • 試合としては逆転という気持ち良いかたちで勝利をものにした。しかし、まだまだ修正すべき点はたくさんある。先発クラインは球威はあったが荒れ球で、それがかえって打者を翻弄した。ただ、セットポジションでのピッチングに問題がある。2回には1〜3番に連打を浴び、打者走者にも連続で盗塁されるという、モーションの欠陥を晒してしまった。ここは絶対に修正しないと他のチームも同じように攻めてくる。打の方では、筒香が不在の [続きを読む]
  • 足を引っ張る桑原、生きていない梶谷
  • 監督の考え方にとやかく言うつもりはなかったが、もう黙ってはおけない。ここまで1番桑原、2番梶谷に拘る理由は何なのか全く分からない。4番筒香は体調不良で欠場だが、そうでなければ使い続けていただろう。むしろ、体調を崩してくれてよかったとさえ思う。桑原を外さないのもそろそろ打ってくれるという希望的観測に立っていることと、信頼している事に他ならない。信頼するのは悪い事ではないが、信頼し過ぎて裏切られたときに [続きを読む]
  • リラックスした打撃
  • 何とも言えない緊張感の中、先発ウィーランドvs大瀬良の投げ合いで5回まで無得点が続く。この日もベイスターズ打線は機能せずヒットはここまで1本だけに抑えられてる。情けないぐらい打てない打線。なぜこうも同じことを繰り返すのか、怒りさえも沸いてくる。6回表、ウィーランドが打席でフルスイング。打球はレフトスタンドへ。怒りの一発という感じのする魂の一打。ウィーランドはその裏も抑えて、勝ちの権利を持って101球で降板 [続きを読む]
  • もう危険深度に達している<br />
  • 初回、一死二三塁の絶好機を筒香の内野フライにより逃して、またもや悪い雰囲気が漂う。4回も一死で宮崎が塁に出るが、このところのパターンで石川は為す術もなく二ゴロ併殺で倒れる。そんな中、先発浜口は孤軍奮闘。右打者の外角へボール気味のチェンジアップを投げると、打者が面白いように空振りを繰り返す。ストレートのタイミングと角度で投げられた球がベース付近でググッと沈み、打者は勘違いして振ってしまう。この日の一 [続きを読む]
  • ふがいない打撃陣、踏ん張れない今永
  • 試合展開が悪い。初回に効率よく2点の先取点をあげるが、次の回にあっさりと高めの直球を連続二塁打され、さらにスライダーを同じところに連投して犠飛を打たれ同点に追いつかれている。ここは絶対に抑えなければならないのが鉄則であった。3回には無死一二塁とチャンスを作るが、クリーンアップが3人とも打てない。前半でリードを取れなかったことが悪い流れを呼び込んでいる。中盤はなかなかチャンスは生まれなかったが、6回に一 [続きを読む]
  • 打線の再構成が必要
  • 9安打で1得点はいかにも今のベイスターズを象徴している。もう何度も述べているが、打線の構成が悪い。宮崎は今日も3安打と気を吐いているが、結局、自身が得点に結びついていない。2回無死ヒットで出塁、戸柱がなんとか2塁へ送ろうと外角の球を無理やりセカンド方向に引っ張るがあえなく併殺打。戸柱の心情としては、もし普通の足のランナーなら、エンドランで一三塁になる。それができないので、打ち方が狭められてしまっている [続きを読む]
  • 試合の流れを変えた采配
  • ウィーランドとバルデスの投げ合いで投手戦が予想されたが、苦手バルデスに相性のいいロペスが本塁打で先取点を上げる。しかし、それ以降ストレスのたまる攻撃が続く。3回二死満塁を筒香が凡退。4回無死二塁は下手なバントと走塁の稚拙な攻撃で無駄にする。5回も一死から9番が出塁し上位に繋げるも凡退。6回は一死一二塁を凡退。毎回のようにランナーは出すものの決定打がない状態が続いた。ところが7回、打順は下位の8番からとい [続きを読む]
  • 奇蹟的に上げた得点
  • びしっと締まった試合はやはり気持ちがいい。先発平良はさほど球速はなかったが、鞭のように腕を振って投げる様は、打者にとってタイミングが取りづらいのだろう。そして打者の手元で微妙に変化するツーシームが良く効いた。初登板だったので勝利を与えたいという親心で5回で降板させたが、あと2回ぐらい投げられるようであった。そして勝ちパターンの救援投手陣が後をしっかりと抑えて、気持ちよく勝利をものにした。打撃陣はまだ [続きを読む]
  • 選手の起用法の再考
  • この試合は途中で見るのを辞めました。選手たちに対しては失礼なのですが、それほど見るべきところがありませんでした。まず、基本的には打線の考え方に疑問を感じます。私は常々、打順の並びが悪いと思っています。梶谷2番は理想論であるが、今は使うべきではありません。なぜなら中軸以降が弱くなってしまうからです。この日も5番宮崎に4本のヒットが出たのに、一度も彼自身が得点していません。6番石川はよく働いています。しか [続きを読む]
  • 久保投手の今後の行方
  • 一人の投手が消えていこうとしている。久保投手、先日降格が告げられた。「抹消します。ただ、抹消の原因は今日のパフォーマンスではない。球速も出ていたし、そんなに悪いパフォーマンスではなかった。前々から決めていて、他の投手を使いたいというのもあったので、抹消します」公式コメントは、選手を非難しない監督なので適当な理由をつけて言葉を濁しているが、本心ではもう使わないのだろうと思う。コメントの内容はその通り [続きを読む]
  • 新しいスタイルの久保投手をみせてくれ
  • 勝率5割になりどうしても勝ちが欲しいこの試合、この日の先発久保があっけなく壊してしまいました。久保投手は去年8月中旬でファームに降格しています。そこに至るまで、私は何度も超クィックモーションはやめるべきと散々批判的な意見を述べました。そして今年、一軍に復帰してどのような改善を見せてくれるかと期待したのですが、まったく変わったところはありません。先週の登板は味方の大量点による援護によりそれなりに投げて [続きを読む]
  • 敗戦を覚悟させた石川のプレイ、そこからの逆転勝利
  • 今日は敗戦の投稿をする予定でいました。それがまさかの勝利となり驚きと喜びで胸がいっぱい。今シーズンの最高の試合でした。今永は初回、まだエンジンがかかる前にうまく山田に2ランホーマーを打たれ出鼻をくじかれます。苦手意識のある小川に対してこの日も打てません。それでもまだ調子に乗る前の初回、桑原は直球を強振し、レフトフェンス直撃の三塁打で出塁します。もう少しで本塁打となっていた惜しい当たりでしたが、逆に [続きを読む]
  • 戸柱と倉本の頑張り
  • 久々に割と余裕をもって見れる内容の試合でした。1回の畳みかけるようなエンドラン、犠牲フライ、最後に長打。5回ランナーを貯めての筒香の一発と申し分のない攻撃でした。6点の大量点に守られて、井納は危なげないピッチングを披露し、124球で完投してくれました。前日の投稿で6番梶谷をお勧めしたのですが、それはありませんでした。しかし、6番に戸柱を抜擢してきました。彼は打率は低いのですが、チャンス時に高打率を示してい [続きを読む]
  • 繋がりが悪い打線
  • なんとか巨人戦3連敗を逃れました。勝因は宮崎と梶谷の2ランで前半に大きなリードを奪い、ウィーランドの素晴らしいピッチングで逃げ切ったということです。この試合、打順を替えてきました。2番に梶谷を入れ、5、6番に宮崎、石川を起用しました。この変更が功を奏し梶谷は2安打、宮崎は3安打と良く打っています。しかし、よく見てみると宮崎が打った3本の内、2本は無駄打ちとなっています。彼が一塁ランナーになるとエンドランや [続きを読む]
  • エリアンをショートに入れ、打撃優先で打線を組むべき
  • 余りにも無残な負け方でした。勝負になってない。初先発水野はそれなりに自分の責任を全うしたと思う。中継ぎ陣もなんとか点差を広げられないように奮闘していた。しかし、打てないのはどうしてなのか。この日は2番にエリアンを入れてきた。石川は前日の出来事で外されたと思われる。自分もベテランらしからぬプレイと酷評したが、人間誰しも魔がさすことはあり、外す必要はなかったと思う。石川を外した結果、6番以降の打線の貧弱 [続きを読む]
  • 負けるべくして負けた試合
  • 好投手の投げ合いの場合、決着は大体ミスでつく。この試合もそのセオリー通り、記録上はミスにならないが、石川のベテランらしからぬ連続する2つのプレイで大勢が傾いた。4回裏一死一塁、マギーの打席でエンドランがかかり、二ゴロに逆を突かれた二塁手石川は、抜けようとする打球に懸命にすがりついた。ここでバッターの足を意識していれば慌てる必要はなかったが、ファンブルしてしまい内野安打。一死一二塁、さらに長野も二ゴロ [続きを読む]
  • 気の緩みには要注意
  • 凄まじい試合になりました。10対9。普通こういうスコアだったら痺れる打撃戦を予想しますが、これは違います。ロペスの満塁ホームランで7-0、これでワンサイドになりベイスターズはこの日の勝利を予想し、気持ちが緩んでしまったのでしょう。しかし、この時点でまだ3回です。打撃陣は4回以降攻撃が雑になり、無死でランナーを出しながらも得点を奪えません。ピッチングに専念すべき久保も余計なヒットを打ち塁に出るなど罰金ものの [続きを読む]
  • 筒香の復活
  • 先発全員安打。これは打線として当たりが出てきた証です。白崎を外したのは良い決断だと思います。下位打線に繋がりが出来ました。ただ守備位置についてはよく考える必要があるでしょう。石川のセカンドはセンターよりの当たりに対してちょっと厳しいかもしれません。私はサードの方が向いていると思います。2番に起用されて、きっちりと自分の役割を果たしています。そして4番筒香、昨夜の試合では強引に球をたたきつけてタイムリ [続きを読む]
  • 粘投 井納
  • よくぞ頑張りました。この試合の殊勲者は井納でしょう。2、4、5回と先頭打者を塁に出しながら、特に2、4回は鈴木誠也、菊池といやなランナーで、エンドランを多用されながらも、切れのある直球とフォークで粘り強く凌いだのはすばらしかった。7回に同点にされますが、終盤まで試合を作り上げて強力な中継ぎ、抑えに繋げた功績は大きかったと思います。砂田、山崎康、三上、パットンはそれぞれの役割を当然のように果たしてくれまし [続きを読む]
  • 石川の三塁起用
  • 今日の勝利は今永に尽きます。1安打完封、昨夜からの嫌な雰囲気を拭い去ってくれました。後輩濵口の直球とチェンジアップのような緩急を用いた攻略を手本にしたところは謙虚で好感が持てます。投手陣は頑張っていますが、打撃陣は心配です。まず、筒香の処遇です。主観的には先発を外すべきだと思っています。第一にチームに迷惑をかけています。第二に彼自身、このままレギュラーで出続けても、今のバッティングフォームではチャ [続きを読む]