ベイ吉 さん プロフィール

  •  
ベイ吉さん: ベイスターズの内面をえぐる
ハンドル名ベイ吉 さん
ブログタイトルベイスターズの内面をえぐる
ブログURLhttp://steely.seesaa.net/
サイト紹介文単に試合の感想を述べるのではなく、自分なりの考察をできるだけ客観的に述べたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/06/18 19:05

ベイ吉 さんのブログ記事

  • 筒香の復活
  • 先発全員安打。これは打線として当たりが出てきた証です。白崎を外したのは良い決断だと思います。下位打線に繋がりが出来ました。ただ守備位置についてはよく考える必要があるでしょう。石川のセカンドはセンターよりの当たりに対してちょっと厳しいかもしれません。私はサードの方が向いていると思います。2番に起用されて、きっちりと自分の役割を果たしています。そして4番筒香、昨夜の試合では強引に球をたたきつけてタイムリ [続きを読む]
  • 粘投 井納
  • よくぞ頑張りました。この試合の殊勲者は井納でしょう。2、4、5回と先頭打者を塁に出しながら、特に2、4回は鈴木誠也、菊池といやなランナーで、エンドランを多用されながらも、切れのある直球とフォークで粘り強く凌いだのはすばらしかった。7回に同点にされますが、終盤まで試合を作り上げて強力な中継ぎ、抑えに繋げた功績は大きかったと思います。砂田、山崎康、三上、パットンはそれぞれの役割を当然のように果たしてくれまし [続きを読む]
  • 石川の三塁起用
  • 今日の勝利は今永に尽きます。1安打完封、昨夜からの嫌な雰囲気を拭い去ってくれました。後輩濵口の直球とチェンジアップのような緩急を用いた攻略を手本にしたところは謙虚で好感が持てます。投手陣は頑張っていますが、打撃陣は心配です。まず、筒香の処遇です。主観的には先発を外すべきだと思っています。第一にチームに迷惑をかけています。第二に彼自身、このままレギュラーで出続けても、今のバッティングフォームではチャ [続きを読む]
  • パットン、高城は反省しなければならない
  • ショックの大きい負け方でした。勝利はほぼ手中にしていました。それがなぜ???。呆然として何時間か解析不能でした。というよりその場から離れるしかありませんでした。一晩経って冷静に分析してみると多少、分かってきたことがあります。まず、先発濵口は伸びのある直球とチェンジアップの強力な決め球があることで、再三のピンチを作りながらも落ち着いて要所を凌いできました。打線は5回にエンドランくずれの盗塁、送り狙いの一 [続きを読む]
  • まだまだ流れは良くなっていない
  • 昨日の試合は楽に勝てたイメージがありますが全く違います。もし、4回にクラインのタイムリーがなかったら、試合の流れはヤクルトに傾いていった可能性がありました。あのような奇蹟がないと今のチームは勢いに乗れることは出来ません。5回一死三塁での宮崎の三振、7回一死満塁からの白崎の浅い右飛、点を取らなければならないケースでの対応とは思えません。しかし、リードが取れたことにより、いい方向に傾いてた試合の流れに乗 [続きを読む]
  • 投打ともに立ち位置の変更が必要
  • 今日は良い事と悪い事が同時に起きた奇妙な試合でした。まず良い方は打のヒーローとなった乙坂と関根です。乙坂はここ一番に無類の勝負強さを発揮しました。そのままいけばヒーローインタビューでした。関根は10回裏、ドラッグバンドをびしっと決め出塁、暴投とボークで一死三塁に進みます。ここで白崎はサードゴロ、普通のランナーなら動きません。しかし関根の瞬発力は半端ではなく、疾風のように駆け、一瞬速く足でホームベース [続きを読む]
  • 筒香はファームへ行くべき
  • 久しぶりに投稿します。理由はストレスが溜まってきて、どうしても我慢できなくなったからです。このところチームはあまりぱっとしません。色々不満はありますが、大部分は打撃陣です。監督が目指す打順構成は理想図としては異論はないのですが、現時点ではまだ無理でしょう。この際、筒香は外すべきです。ファームで再調整するのが良いのではないでしょうか。彼は、ベイスターズの顔だから外せないとか、その内打ち出すとか言われ [続きを読む]
  • さあ反撃の機運は高まった
  • ようやく勝ってくれました。やはりシーズン中、軸となった投手は違います。これでさらに今永、石田と活躍した投手が続きます一方、広島はだんだん悪い投手が出てきます。それと須田投手の復活は大きいと思います。私は負傷した翌日の9/25の投稿で巨人戦前までの2週間はいい休養になるだろうと書きましたが、まさか3週間で本当に戻ってきました。凄い回復力です。さあ、打線もいい感じになってきましたし、石川、梶谷をはじめとする [続きを読む]
  • 期待している反撃
  • 久しぶりの投稿です。しばらくベイスターズを俯瞰するように見守っていましたが、この機に及んで居ても立ってもいられなくなり応援メッセージを送らせて頂きます。0勝-3敗かなり厳しい状況ですがまだ可能性はあります。特にベイスターズは投手陣は安定しているので、打線の爆発があればいけます。広島とはシーズン中ほぼ同等の対戦結果であった訳で、このまま一方的にやられるのはおかしな話です。ただ、巨人戦の死闘で燃え尽きた [続きを読む]
  • 今のベイスターズには死角がない
  • 野球は三つアウトを取らなければ攻守交代にはなりません。今のベイスターズは2アウトからの攻撃が素晴らしいです。繋げる意識が固まってきたこのチームは、もともと高い打撃力を持っているので、もはや無敵の存在でしょう。この日は6、7回の攻撃にそれが表れました。6回、梶谷、筒香の本塁打の後、宮崎の中前、後藤の四球で二死一二塁、ここで戸柱は鋭いライナーをセンターへ飛ばします。強い打球に橋本は打球をはじき二者生還。こ [続きを読む]
  • 明日に繋がる筒香の本塁打
  • 気迫と気迫のぶつかり合いとなる試合でした。先発石田はどうも直球に切れがなくピッチングに苦しみます。結局、4回しか持たず98球も投げて降板します。それでもベイスターズは1、2番が機能し、3回に桑原を二塁に置いて梶谷のツーラン、6回には梶谷を一塁に置いてロペスのツーランで同点にすがりつきます。5回からはザガースキーがいけるところまでと登板します。しかし、6回にピンチを作り降板。二死満塁の絶体絶命のピンチで登板 [続きを読む]
  • これからの対戦は重要な戦い
  • 最近のチーム状態として宮崎に当たりがみられません。しかし、CSへ向けて彼は必要な選手の一人です。彼は二塁と三塁の守備を掛け持ちしています。この二つの守備は全く異なるものを要求されます。二塁は左右の動きと遊撃手との連携、三塁は強烈な打球への対応です。すなわち、守備の精神的負担が打撃に影響しているのではないかと思うのです。主観的には三塁に固定して、エリアンあるいは白崎は二塁手として起用するべきだと思いま [続きを読む]
  • 三浦投手の引退がもたらすもの
  • 三浦投手引退。ご苦労様でした。多分、まだまだやれる自信はあるだろうし、周りの人々もそう思っているはずです。それを自分の判断で決めたところに大きな意味があります。チームの状況、これからの自分の役割を考えた時に、こういう厳しい判断を自分に課したのだと思います。我々ファンにとってはもっと見たかったというのが本音だと思います。あの闘志あふれるマウンドさばき、勝利のガッツポーズ、もう見られなくなるのは寂しい [続きを読む]
  • 雨の中でのCS決定
  • 昨日の試合で山崎康が打たれ、今日はどうなるのだろうと心配しながら成り行きを見ていました。初回、幸先よくロペスのツーランホーマーにより2点を奪います。先発今永は直球に伸びがあり、スライダーと相まって素晴らしいピッチングを披露しています。5回、失投を本塁打されますが、7回、二死二塁エルドラッドを迎えたところまで1点で抑える好投をしました。打線は4、5回無死からランナーを出しながら強行して併殺を喰らうという悪 [続きを読む]
  • CSを睨んだ選手起用
  • ベイスターズの上位打線が活躍して昨夜に続いて逆転勝利となりました。しかし、守護神である山崎康が打たれた上での勝利でしたので素直に喜べないハードでほろ苦いものとなりました。今日の先発、三島はちょっとメンタルの弱さを出しながらも無表情で好投していたと言えるでしょう。7回までで降板しましたが、まだ行けるという気迫がみられないのは残念です。得点を挙げた6回、10回はいずれも二死から1番に打順が回る展開で、桑原 [続きを読む]
  • 粘りの野球で逆転勝利
  • 序盤の拙攻不思議な試合でした。序盤の2回、無死満塁を白崎、戸柱が潰し、典型的な負け試合の様相を示していました。白崎の復調ところがシーズン終盤にして見られる不調な打者が突然打ち出すという怪奇現象、エリアンに続き第二弾が見られました。それは5回、先頭打者白崎、2-0から甘く内角に入ってきたスライダーを強振。快音を残し打球はレフト上段へ、いくら甘いとはいえタイミングはバッチリ。確かに体重が後ろにかかって早く [続きを読む]
  • 劣勢になっても跳ね返す力を持ったベイスターズ
  • 阪神3連戦の初戦、この試合を落とすと阪神は勢いに乗り3連敗を期す恐れもあるので、どうしても勝ちたい試合でした。試合は初回、先頭打者桑原の本塁打、関根四球、ロペス三振時の後逸による一気の三進、筒香犠飛とスキのない攻撃により2点を先取します。しかし、先発石田はいつもと変わらない投球をしていたのですが、勝負所で弱気のピッチングを打たれ逆転を許します。ところが今日のベイスターズは勝つ意識が強く、それが打線の [続きを読む]
  • 眠っているエリアンの能力を引き出せ
  • 石川の素晴らしいピッチングに翻弄されてしまった試合でした。散発5安打ではどうしようもありません。井納も好投しましたが、先頭打者を塁に出す悪い癖は守りのリズムを狂わせました。この試合で残念に思ったのは、なぜエリアンを6番に下げたかという事です。前の試合でいきなり3番に抜擢され驚きましたが、期待に応え素晴らしい結果を出したのは確かなことです。瓢箪から駒ではありますが、エリアンが凄い打者であることが認識で [続きを読む]
  • 待っていたエリアンの一打
  • この試合はヤクルトにとって大変重要だということ。それに対してベイスターズはレギュラーの5、6番バッターが欠場していて万全ではない状態で対戦しますが、かえってそれがいい方向に働きました。2回、倉本の粘りの一打で1点を先取します。チームの状態を認識したバッティングです。3回には桑原が低めのボール球をレフトスタンドに運びます。やはり何とかしようという気持ちを感じます。しかし、今日のヤクルトは怖い相手です。4回 [続きを読む]
  • 今こそ新鮮な風を入れて欲しい
  • 何がつまらないって打線が機能しない試合ほどつまらないものはないと主観的には思います。今日は典型的にそれに当てはまるものでした。打撃戦でも、投手戦でもベストを尽くした攻撃と守備をみせてくれれば、負けても構わないと思うし、納得できるのです。そういう意味で残念ながら今日の試合は納得できませんでした。初回、筒香のタイムリーで先取点を上げます。しかしその後はチャンスを生かせず無得点を続けます。ようやく6回、 [続きを読む]
  • 勇気ある素晴らしい決断
  • このところ厳しい試合が続いているが、この試合では先発バルデスの前に1、2番が全く機能せず打線が切れぎれになってしまっています。前にも述べていますが白崎のフォーム、重心が背中側に傾いてしまうため外角が打てないという件ですが、一向に良くなっていません。自覚はないとは思えませんが、いつまでも1軍にいられることに満足している場合ではありません。厳しいようですが最悪、来シーズン戦力外ということも考えられます。 [続きを読む]
  • 誤った投手起用の判断
  • この試合が勝負を分けたのは7回表の攻防だと言い切れるでしょう。先発石田は6回まで投げ、球の勢いの衰えから降板します。7回、登板したのは加賀でした。最初に当たるのがバレンティンであり、加賀から誰かに切り替えを予定していたという事だったのでしょう。多分、何人かで7回の1イニングを賄うつもりだったのでしょう。調子が良ければ加賀がこのイニングを投げ切る選択肢もあったと思います。しかし、一死からヒットを打たれた [続きを読む]
  • 目的意識を持ったチームの勝ち方
  • この試合も全員野球です。チームが一丸となって戦っています。先発三島は今シーズン二度目、前回惜しかっただけに満を持して臨んだ登板でした。ところが初回、いきなり四球でランナーを出し、山田に貫禄の一発を喰らうという厳しい立ち上がりとなります。ベイスターズは打線の繋がりが良く、二死から3、4、5番の連打で1点を返します。2回にも一死二塁から1、2番の連打で同点。3回には梶谷が力の抜けたスイングの本塁打で逆転。しか [続きを読む]
  • 全員野球で掴んだ勝利
  • 今日は完全にベイスターズが一枚も二枚も上のチームのようにみえました。試合内容も攻撃では1回、桑原四球、盗塁、捕逸、石川四球で無死一三塁、ロペスの叩きつけた遊ゴロで1点、一死二塁、筒香凡退後、宮崎の投手強襲一二塁間タイムリーで2点目と上手い点の取り方をします。3回は石川四球、けん制悪送球で無死二塁、ロペスの三塁線を破るタイムリー二塁打で3点目。4回は井納がレフトオーバー二塁打、桑原の左中間二塁打で4点目、 [続きを読む]
  • 後味の悪い敗戦
  • この試合も前の日と同様に投手戦になりました。今永、岩貞ともに粘り強いピッチングで連打できるような状態ではありません。唯一、2回にロペスの本塁打により1点を取るのが精一杯でした。今永はピンチはありましたが要所を抑え、7回まで無失点で投げ切ります。この時点で球数93球、続投するか、継投か、首脳陣はかなり悩んだようです。結局、今永を降板させ、連投でない条件で8回は田中に任せました。ということは9回は多分三上に [続きを読む]