みかん さん プロフィール

  •  
みかんさん: ANOTHER DAYS
ハンドル名みかん さん
ブログタイトルANOTHER DAYS
ブログURLhttp://ameblo.jp/oraichi/
サイト紹介文吉恋、スイルム、誓いのキス等乙ゲーの二次小説中心です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供278回 / 365日(平均5.3回/週) - 参加 2015/06/18 22:01

みかん さんのブログ記事

  • 奏 (吉祥寺恋色:Short:佐東一護)
  • *********************** この曲のイメージで:「奏」 *********************** 私の書いている長編の一部分として書きました。 新年を迎えたばっかの駅は 新しい風に吹かれてざわめいていた。 いつものただ時間に追われた冷たい尖った日常とは少し違って どっかのんびりとしてる なんか浮かれてる。のくせに忙しない。 正月は過ぎたっていうのに な [続きを読む]
  • ハッピーエンド (誓いのキス:Short:鴻上大和)
  • *********************** この曲のイメージで:「ハッピーエンド」 *********************** 「ここで良いよ。」 私は玄関先でそう言って見送ってくれようとしていた大和を断った。 「…そか。」 私がきっとそう言うだろうと思っていたんだろう 靴を履きかけていた足先をすぐに引っ込めホッと小さく息を吐く。 「まぁ…なんていうか…」&n [続きを読む]
  • 待ってる人居るんかね。
  • 鮭キムチは注文済みです みかんです ども。スマホで三行書いている妄想話の続きを これからパソに向かったとして仕上げられるだろうか。うん 無理だな(・∀・)。なんとしても今週中には書いてUPしたいです。ポツポツと「この曲のイメージで」へのリクエストが増えていますがどういうわけかホント切ない曲が多いですね(流輝に至っては色が違うのだけれど)。知らない曲もあったりしてえぇ 楽しませて貰っています。ほとんどの曲 [続きを読む]
  • やっぱ女子:トイレリフォーム
  • *********************** 念願叶ってトイレをリフォームした。 元のトイレは古いわ暗いわ汚らしいわ(・∀・)。 それでも一応小綺麗にと努力はしていた。どん。 昭和な感じだわ(・∀・)。 んで、このたび壁紙やら床やら全部私好みにリフォームしました。どん。 ・°・(ノД`)・°・嬉しい、嬉しいったら… 本当は手洗いをバックではなくサイドにした [続きを読む]
  • PiNK CAT (怪盗恋の予告状:Short:柳瀬流輝)
  • *********************** この曲のイメージで:「PiNK CAT」 *********************** 誰が彼を落とせるか なんて皆で盛り上がっているわけではなさそうだった。 「はい、柳瀬さん、頼まれていた資料。修正しておきました。」 「ああ、ありがとう。…お、コピーもしてくれたのか。」 「フフ。要るかな、と思って。」 「サンキュ。助かる。 [続きを読む]
  • PRIDE:27 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before******************** 「ハ…?」 エレベーターに乗り込んだところで***からの着信に気付いた。 え、なんで… 仕事中に電話してくる事なんてない。何か急用?そう思った俺は カチャッ 「あぁ、佐東くん。」 エリに呼び出され 事務所の入っているビルに来たところだった。 「…。」 部屋に入り目線だけでエリに待ってくれと告げ 携帯に出る。 「…も [続きを読む]
  • PRIDE:26 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before********************** 「全然分かんない…」 ナナは何度目かも分からない言葉をまた呟いた。 「ナナ…」 「ホント分かんない…」 そして憔悴しきった表情で窓越し見える雑踏へと目を向けた。 今日は二人揃って夜勤明け いつもなら私はいっちゃんの家に行くのだけれど 突然タケちゃんに別れを告げられ茫然自失している親友を放っておけなくて 職場を出 [続きを読む]
  • ダサ。
  • エイプリルフールに好きな人から電話ドキドキしながらしばらく話した後「実はお前のことが好きなんだ」っていうあからさまな嘘を言われてへこんでいたら「時計見てみ?」って。時計の表示は 4月2日0:00なんてやってんな ぶっ飛ばすぞっと(・∀・)。 [続きを読む]
  • PRIDE:25 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before******************** 「なんで別れたの。」 聞いても答えはしないんだろう…分かり切った事ではあったけれどオレは剛史に聞く。 いや、 「随分身勝手な理由のようだけど?」 問い詰める…って表現のほうが合っているのかもしれない。 クロフネで***にギャアギャア言われても固く口を閉ざしたままだった剛史だ 「関係ないかもしれないけど…オレはすごく二人はお似 [続きを読む]
  • この曲のイメージで。
  • ********************* 夜は出掛けますみかんです。ども。 最近上の子に教えて貰ったアプリが最強神アプリで 無料でガンガン音楽落とせるっていうなんとも便利で画期的なものでね。 ジャニ系もK-POPも洋楽も全然OKだし 人気ランキングも常に配信されていて それごっそり落とすのも可能だし まぁ素晴らしいんですよ、なので最近常に何かしら流してるんだけど。 で、たまたま、 [続きを読む]
  • 朝まで待てない (吉祥寺恋色:Short:佐東一護)
  • ******************** やっとこぎ着けた***と二人で過ごす夏の日 「じゃ。」 「ああ。」 朝は迎えに行って 夕暮れ送り届けて…って事になるんだろうか こいつが居候しているクロフネは俺の家と駅の途中。 「また明日学校でね。」 今日は一人占め出来た笑顔 クロフネのドアを閉めながら手を振られたけど 俺は手を振り返す事は出来なくて それこそ一瞬だけクロフ [続きを読む]
  • 春がくる。
  • ********************* 一週間後には落ち着くだろうみかんです ども。 たぶん、たぶんだけど一週間後の木曜日でひとまずこの多忙な日々が一段落しそうな気がする。 それまでびっちり夜まで予定入ってる… ハァ… 年度末って忙しいですね。 まぁこの度 上の子の高校受験やら下の子のクラブ入部やらが重なったというのもあり、 仕事も [続きを読む]
  • PRIDE:24 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • before********************* 「ハァ…」 あいつを抱いた夜 終電でマンションに帰る途中 何度もため息が出た。 …結局話出来なかったし。 「…。」 桃護に本心と決意を語った勢いのまま***に伝えたかった。 それなのに何してんだ俺。いや別に抱いた事を後悔してるわけじゃねぇけど… 「ハァ…」 電車を降り 人気少ない帰路の頭上は真っ黒な空 星が瞬いて [続きを読む]
  • たとえば君と別れたら:6 (誓いのキス:Short:鴻上大和)
  • ********************** へこんでる大和を書いてみたかっただけ。 before********************** 「え…」 例えるならなんだろう ***にそう言われた瞬間 頭の中が真っ白になった。 そして目に映る***があまりにも無表情であまりにも冷めて見えて 見えない壁が一瞬にしてオレ達のあいだに立ちふさがったような 「…ねぇ、大和。今どんな気分 [続きを読む]
  • 続・小さな恋の物語
  • ******************** 3/14 ホワイトデーの日 カタッ ← 郵便ポストを開ける音 ん(・∀・)?? ピンク色の便せん一枚発見!! なになに、なんなの(・∀・)… …え( ゚∀゚ )。 手紙の主は下の子にバレンタインチョコをくれた女子だった!! 付き合ってください!! 「OK」 「空欄」 ↑どちらかに○して!! 空欄って(・ [続きを読む]
  • たとえば君と別れたら:5 (誓いのキス:Short:鴻上大和)
  • before******************** 「お前と会う半年くらい前。付き合ってた。」 やっぱり元カノ… ぽろり…と涙が落ちたのが自分で分かった。 と同時に鼻をすすり俯いてしまえば すぐにまた大和は頬を掴んで顔を上げさせる。 だから彼の指先は涙で濡れてしまう。 「ハァ…」 私は彼女が大和とどういう関係の人だったら良かったんだろうと思う。 聞きたいけど聞きたくない [続きを読む]
  • ★たとえば君と別れたら:3 (誓いのキス:Short:鴻上大和)
  • ******************** タイトル前の★しるしは多少なりとも大人表現有の意 before******************** 「ぶう子…」 「…っ」 触れただけの唇は大和が私の後頭部に手を添えグッと押し付けることで深く絡まる口づけに変わった。 最近 大和は忙しくて同じベッドに眠りはするけれど触れ合う事はなかったから 「ん…っ」 ドン こんな風に少し [続きを読む]
  • たとえば君と別れたら:2 (誓いのキス:Short:鴻上大和)
  • before******************** 「こう…あからさまに…」 愛し合ったその後…の図。 勘弁してよ大和ぉ〜… それを目の当たりにしどうしようもない程狼狽えた。 頭の中では分かっていた。大和は過去の恋愛遍歴、賑やかだったろうって。 もちろん「オレはモテる」んだって豪語もしてたし 女性には不慣れだなんて微塵も感じた事はない。 そりゃこの家に招いた女性なんて何 [続きを読む]
  • ★PRIDE:23 (吉祥寺デイズ:Long:佐東一護)
  • ******************** タイトル前★しるしは多少なりとも大人表現有の意。 before******************** 「ち、違うの、これはね!!」 バッ お茶をテーブルに置くなり 雑誌を掴み取って胸に抱いた。 「ち、違うの!!」 「違うってなにが。俺なんも言ってねーだろ。」 苦笑ういっちゃんに私はもうカァーッと頬が熱くなる。そして最もらしい言い [続きを読む]