R65 RIPEKUN さん プロフィール

  •  
R65 RIPEKUNさん: RIPES BLOG
ハンドル名R65 RIPEKUN さん
ブログタイトルRIPES BLOG
ブログURLhttp://ripe.hatenablog.jp/
サイト紹介文記事の中身は「R65」。年の功がある人(RIPE)向け。だからジャリは侵入禁止!
自由文RIPEとは成熟の意味。昔、クリントイーストウッドらが出た「スペースカウボーイ」という映画があった。ジジイ宇宙飛行士が地球を救うために宇宙に行く痛快作。由緒正しい宇宙飛行士は「ライトスタッフ」と呼ばれたが、彼らは尊敬と揶揄を込めて「ライプスタッフ」と呼ばれた。「熟年」という言葉は嫌いだが、「ライプ」はイカス!と思って命名。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/06/19 20:28

R65 RIPEKUN さんのブログ記事

  • 爺飯25 明日は山形の芋煮会
  • 明日9月17日は、台風18号の影響で各地は荒れ模様との予報。だが、秋祭りのz時季だし各地で色んな行事が予定されている。山形の「芋煮会」もその一つで断固「雨天決行」らしいが、どうなることか……。より心配なのは芋煮戦争だ。鶴岡などの沿岸部が豚肉+味噌味なのに対して庄内など内陸部は牛肉+醤油味。その正統性と旨さ競べがハンパない。日韓のごとく近隣ほど諍いは根深いものになる。ワシは味噌支持だ。 [続きを読む]
  • FB再開したものの……
  • FBやTwitter、instaといったSNSメディアは、「メッセージ」向けではなく、仲間うちの気分の「マッサージ」だと思う。人間が人間(じんかん)に生きる以上、それも必要なことはわかるが、どうにもうるさいし、時間の無駄だと思うことが多くて先々月にアカウント停止。しかし、特定の数人の消息を知りたい際には不自由でもあった。そこでアカウントを変え、人脈も大幅カットして再開したのだが、発信すべきことのなさに戸惑い……。 [続きを読む]
  • あの連中の常套手段
  • 職務質問もの番組で、必ず出てくるシャブ男たち。職質を拒んで手こずらせるが、それがワンパターン。「調べたければ(捜索)令状持ってこい」、「弁護士先生に来てもらう」、最後は仲間多数を集めて騒ぐ……。そうして数時間無駄あがきをしてみても結局、所持なり使用なりでパクられる。シャブ連中は6割以上が再犯する。社会に役立つことなんか何もしない。無駄に時間かけずに、街中をうろついただけで即逮捕という法律にするしか [続きを読む]
  • シニアの万引、なぜ多い?
  • 年間の万引被害額は4700億円。世代別では65歳以上が28000件で10代より多い。捕まるとまず言い訳「払い忘れた」「今日はぼんやりしてた」……そして泣き落とし、開き直りのパターンを踏む。だが手口は、篭脱け、持込、出戻り、入れ替え、フタ、シール貼り、と手馴れたもの。常習犯なのかクレプトマニア(窃盗症)なのかわからんが、再犯率は3割り以上。老人たちをやたらと信用してはイカンと再認識。こいつらはふだんから擬態してい [続きを読む]
  • 男視点の「シニアSEX論」
  •  週刊現代とポストが、必ず売れる企画がシニア向けのSEX記事だという。見出しも「『不倫』は罪だがナニは立つ」、「飛び出して震える四次元エロ動画」(ポスト)、「革命的エロ動画サイトを発見!」、「60歳からのSEXは『早くて強く』が気持ちイイ」(現代)と、分かる人向け。また現代の調査として、60代以上の夫婦では「月平均3.74回 1回あたり25.11分」とある。 今月末に68になる実感では、少なくとも5年前より”性力”は落 [続きを読む]
  • 70年代の日本ミュージックファン
  • 「Youは何しに」で紹介されて以来、「2ちゃん」でも話題になったのが、「大貫妙子」大ファンという米人男性。彼は、70年代の日本ミュージック=ニューミュージック・ファンでもあった。その情熱にこちらも煽られたぜ。お陰でひと晩中、ヨツベで70年代の名曲をずうっと聴いた。本当に名曲の豊作時代だったのだとわかった。次にこんな時代がくるのはいつだろう? [続きを読む]
  • 397 不思議な魅力がある男たち
  • 「みやぞん」という不思議なキャラの芸人が受けていると聞いて、色々見たが、たしかに面白い! 天然系で、誰にも感謝できて、抜群の運動神経……こういう人を皆が求める時代なんだね。全然、ジャンルも年齢も違うけど、今日取材したお爺ちゃんの経営コンサルタントもやはり不思議な魅力のある人だった。ワシは女のことは分からんが、男にはこういう人がかなりいる事を知っている。こういう日本人がもっと増えたらいいなぁ〜♪ [続きを読む]
  • 夏話 ”お化け”の節操?
  • 他人の本を代筆するプロをゴーストライターという。各界有名人の本の背後には必ずこれがいる。かくいうワシも、今日、1本やっと仕上げた。誰の代筆をしたかは死ぬまで言わぬのが掟なのに、豊田某や残間某のように掟を破ってしまうのも必ずいる。映画もあったね。 [続きを読む]
  • ニンジャになろうぜ!
  • 今日14日のニュースによると、アミューズメント施設で「忍者不足」だそうな。かなりレベルの高いパフォーマンスが要求される割にギャラが安いのが不足する原因とか。ワシも今、時流に乗じて忍者本を書いているが、将来性あるコンテンツだと思う。頭から筋肉系のアンタ、応募してみてくれ! [続きを読む]
  • 「あご髭」+ブレスレット男は怪しい
  • 今日8月10日、タクシー運賃踏み倒しで捕まったM商事社員の男も、同じく女性の胸を触った容疑の派遣社員の男も、「あご髭」+ブレスレット(またはミサンガ)。警察の御用にならなくても、どこか怪しい男はなぜかこの共通点がある。心理学分析は専門家に任せるが、偏見承知で、自分なりの簡単な判定法にしようと思うが、いかが?実は、自分もかつて鼻の下やアゴに髭を蓄えていた。頭髪が少なくなった分を補いたかった、というのはウ [続きを読む]
  • 犯罪の確率
  •  愉快犯の放火、親族を殺す、男のチン列罪、女の詐欺罪などは、貧困などの社会的環境要因が大きい犯罪や、先天的病疾患による犯罪、あるいは思想的確信犯などと違って、もう最初から何かの要因の組み合わせで、確率的に起きるもののような気がする。 ある程度の人間がいるところなら、いつ、どこでも起きる。学者の統計がどうなっているかは分からないが、犯罪白書によると全犯罪の検挙率は27年は32.5%しかない。放火は火災原因 [続きを読む]
  • 書道パフォーマンス甲子園
  • 国内有数の紙の産地・愛媛県四国中央市の県立三島高等学校書道部員たちが始めた「書道パフォーマンス」が人々の関心を集め、ついに全国規模の「書道パフォーマンス甲子園」を開催するまでになった。この大会は最大12名が演技でき、6分の制限時間内で6×4mの紙に作品を仕上げる。今日8月6日、10回大会が開催。100以上の応募、予選で20校に絞られた中で福岡県立八幡中央高校で、半紙を教室の黒板に見立て高校生の等身大の思いを [続きを読む]
  • マクロビめしの怪しさ
  • 医食同源、身土不二、スローフード、フードマイレージそしてマクロビオティック…等々の考え方には、基本的には共感するものの、それを日常的に実践することと商売にすることとは違う。こういうことに原理主義的なところのある女性と、ある町でマクロビめしを出すレストランでランチした。「普通は1800円で出しているメニューですが、ランチは1200円です」と恩着せがましい物言いのマスターに、まずカチンと来た。玄米と野菜のショ [続きを読む]
  • 「タコ焼き」は「ラヂオ焼き」だった
  • 『世界!ニッポンに行きたい』で、ドイツ娘が大坂「タコ焼き」を学びにきた。昭和8年創業の「会津屋」が大坂タコ焼き発祥の店。小麦粉が日本の食卓に上るようになり、粉に色んなモノを混ぜて焼く珍料理が続々。その中に丸く焼く「ラヂオ焼き」が登場。ラヂオはモダンの代名詞。この店が「明石焼き」を真似てタコを入れたら人気爆発。大阪中に広まった。当時はソースがなかったから、この店は今でも出汁味のみ。あ〜ぁ、喰いたい! [続きを読む]
  • FBには書けないこと
  • この数週間、いくつもの仕事を掛け持ちしてこなしているが、機械ではないので、規則正しく、毎日均等の量がこなせるわけはないし、色々と愚痴りたいことも出てくる。それでも、近しい仲間には「何とか過ごしている」日々の近況などを知らせたくてFBに投稿していた。だが、この1週間は何も書いていない。「書けないなぁ」と痛感したからだ。理由は以下のこと。①知らせたい相手でなくても読まれてしまう。②仕事しかしてないが、そ [続きを読む]
  • 「臆病モン」からの脱却
  • オランダ随一の日本研究学部があるライデン大学生ヴァレリーが、来日して四国お遍路に挑戦。88ヶ所詣でを当初は綿密に計画したが、行き交う人との触れ合いから、その不自然さに気づく。「臆病だからすべて計画しないと前に進めかった。でも、突然の出来事を愉しむことも必要だ思えるようになった」と語った。妙に共感できたが、今のワシもアンタ!も、なりゆき「ノープラン人生」に狎れ過ぎでないかい? [続きを読む]
  • 気になるデリバリー
  • 最近、四谷近辺でも「ウーバーイーツ(UBER EATS)」のデリバリーを良く見かける。タクシー手配アプリで知られた会社が食事配達。鮨や大戸屋定食、サラダ、サンドイッチ等々の名店メニューから選べば30分以内で届く。支払いもスマホでOK。配達パートナーにも興味ある。皆素人、自転車かバイクを借りてのパートワークだ。楽天デリバリーとどう違うかわからんがトライしてみたい。 [続きを読む]
  • ワシは何ポイント人間か?
  • 買い物に半日町に出たが、服屋、うどん屋、喫茶店、スーパーと至る所でポイントカードやクーポンアプリを使うことに改めて気づく。義務じゃないけど、少しでもトクするかという貧乏根性である。店だって経費がかかるだろうに、世間の趨勢だ。何だか自分の人生までポイント化されそう。死んだら誰が使うんだ? [続きを読む]
  • 語り継ぎたい人02 安西愛子
  • 今日、NHK「うたのおばさん」で親しまれた安西愛子さんが100歳で亡くなった。この人、1949年から15年間にわたってラジオで童謡を紹介した。ということは、ワシら世代はこれを聴きながら育ったことになる。学校の唱歌にない歌を今でも歌えるのは、その時のインプットかも。でも還暦過ぎてから政界に進出したのがよくわからん。同僚の松田トシさんは「スタ誕」の審査員などして最後まで歌に生きた。96歳。今、童謡で上手いのは倍賞千 [続きを読む]
  • 爺飯25 ながらごはん
  • お気楽な”チルチルミチル”(東海精機の使い捨てライター、転じて下層売文業者)のワシでもたまには切羽詰まって書くこともある。キウイとトマトと炒り卵のサラダに納豆めし。缶ビーは不可欠。これをチャチャと用意してPCの前において「ながらごはん」。でも、いざ食べだすとホッコリして「2ちゃん」なんか観てしまう。仕事してないじゃん!と反省した。 [続きを読む]