角刈り さん プロフィール

  •  
角刈りさん: 色弱でもイラストは描けるのか?
ハンドル名角刈り さん
ブログタイトル色弱でもイラストは描けるのか?
ブログURLhttp://illustkaku.blog.jp/
サイト紹介文色覚異常者(色弱)でもイラストを描くことはできるのか、挑戦中です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/06/20 16:21

角刈り さんのブログ記事

  • On Your Mark の”天使”
  • 漫画制作の途中ですが、行き詰っているので気分転換に描きました。ジブリの隠れた(?)名作の『On Your Mark』に登場する天使さんです。以前から描こうと思っていましたが、金曜ロードショウにジブリばかりでしたので描きたくなる気持ちが大きくなりました。様々なメッセージや想像を与えるこの作品ですが、小さな頃に見たこの作品の印象は単純に綺麗だと思いましたね。自動で線画に着色を行ってくれるサイトが流行っているとのこ [続きを読む]
  • コタツが恋しい季節なのです
  • 暖かい冬だと思っていたのですが...雪は困りますね。通勤が車ですので月曜の朝が不安です(汗)現在進めているマンガ制作の最初の一コマ目です。CLIP STUDIO PAINT PROで描いています。基本的な設定はソフトの初期設定で行っています。コタツっていいですよね。複数人で囲むコタツ、石油ストーブの匂い、ミカンとテレビ。懐かしい過去を思い出します(笑)2次創作は初期設定等がある程度決定しているので、初めてマンガを描くには [続きを読む]
  • 今年の抱負
  • あけましておめでとうございます。2017年、今年もお絵描き続けていきます。新年らしいイラストは描いておりません(汗)上の画像は「NieR:Automata」というゲームのキャラクター「2B」です。現在進めているイラストのラフとなります。 イラストの空気感(?)の様なものに行き詰まっているので、次回の記事にしたいですね。今年の抱負さて新年ということで今年の抱負は、「表現のバリエーションを増やす」です。現在、どうに [続きを読む]
  • 701日目〜800日目
  • 701日目から800日目の練習をまとめます。ある程度環境の変化に慣れ、自分の練習を自分のペースで続けています。やりたいこと、やりたい練習が沢山ありますが3年近く続けてきた今までの「続ける経験」を活かし、焦らず一つ一つこなしていきます。 続きを読む [続きを読む]
  • 淡い色合い
  • 淡い色合いが好みかもしれません。今までの色塗りではイラスト全体の色合いをあまり考えられていなかった印象です。濃い色の区別がつきにくいのは色弱と関係があるかは定かではありませんが、私自信苦手意識があります。今回は試験的に淡い、つまり彩度が薄く、明るい色で統一して塗ることにしました。 キャラクターは艦これの時津風です。 続きを読む [続きを読む]
  • 機械系をうまく描けるようになりたい!
  • キャラクターは艦これの時津風です。12月のクリスマスまでにもう一枚描きたいのですが、好きなキャラクターだけに拘ってしまい時間がかかっています(汗) 最後にトリミングして画像を縦長にしようと考えています。キャラクターの横にフリースペースを作り、自由に落書きできるようにしました。その日気になった事柄を描いたりしています。機械系を立体的に描きたいですね。仕事柄作図をよくするのですが、どうにも時間がか [続きを読む]
  • くせっ毛 + 今後の方針
  • くせっ毛の女の子を一度も描いていませんでした。キャラクターは艦これの「睦月」です。髪の毛は顔の印象の大部分を占めているらしいです。様々な髪を描いていきたいですね。描いてみて思ったのですが、くせっ毛、好きですね。活発な印象です。続きを読む [続きを読む]
  • ランダムお題
  • まだ顔に苦手意識が残ります。キャラクターの命である顔を自分のイメージに少しでも近づけるようにしたいものです。今回はランダムでお題を出題させて描いていきました。重点課題として頭部の立体把握表情のバリエーションを増やすスピードアップ(描き手順の確立、1時間内)描くキャラクターを誰かわかるようにするを上げました。ランダム性を持たせ、得意な構図や表情ばかり描かないようにしています。キャラクターは「艦これ」 [続きを読む]
  • 塗りのレイヤー分けが面倒なのです!
  • 塗りのレイヤー分けが常々面倒だと感じていました。様々な講座を参考にしてレイヤー分けをしてきましたが、その意味を考えていない事に気づきました。修正の度にレイヤーを探したり、フォルダに統一したりと無駄に時間がかかることも多く、いっそ一枚のレイヤーで色を付けてみようと考えました。その方がレイヤーの必要性も改めて感じられそうですしね。使用しているペイントソフトはクリスタです。続きを読む [続きを読む]
  • ミクさん9周年イラストが全く間に合わない!
  • ええ。全く間に合いませんでした。ミクさんの誕生日が8月31日で、描き始めたのが8/30ですからね。1日では今の私では厳しいです(汗)今も描いていますから、来年は3週間前から準備します(笑) 途中経過です。ラフと仮塗りが終わりました。今回はラフに時間をかけています。線画はもういいかなと思っていたりします。 試験的に動画を撮ってみました。髪のラフをカットして繋げています。動画を単純に8倍速で流しているだけで [続きを読む]
  • 完成絵をたくさん描く!
  • 長らく悩みました。また考えが変わるかもしれませんが、これからの練習を一本化していこうと思います。練習方法は『完成絵をたくさん描く!』 です。数を描く。これは当たり前ですね。しかし、今までの様な参考書の模写練習であったり、適当に描いた絵ではなく、一つ一つ実力を全てぶつけた完成絵を描いていこうと思います。もちろん息抜きで落書きはしますが(笑)続きを読む [続きを読む]
  • 頭部のいろいろ
  • 引き続き、頭の解剖学について学んでいきます。参考は『アーティストのための美術解剖学(マール社)』です。頭蓋骨をある程度暗記して、次に筋肉を頭蓋骨につけていきます。ここで気付いたのですが、頭の筋肉と頭蓋骨はセットで覚えていくと両方とも覚えやすいですね。筋肉の形から骨の形を再確認できますし、筋肉の付き方に違和感があれば骨に間違いがあることがわかります。リアルな顔というのはどうしても気持ち悪くなってしま [続きを読む]
  • 頭蓋骨を覚える 2
  • 頭蓋骨を描き続けています。参考は『アーティストのための美術解剖学(マール社)』です。人体の中で最も目立ち複雑なのは顔だと思います。その顔の基礎である骨や筋肉はある程度時間をかけてしっかり記憶しておきたいです。描けば描くほどに疑問に思う所や理解ができない位置関係が出てきます。顎から描いたり、鼻筋から描いたり、決まった場所から描かないようにすると発見が沢山出てきますね。デフォルメ絵と頭蓋骨を比べて仮説 [続きを読む]
  • 頭蓋骨を覚える
  • 頭をしっかりと描いてみたいと思い、様々な角度で頭を描いていました。しかし、こうして描いているとどうしても理解が及んでいない部分があるように感じます。頭の角度によって変わる頬のラインは顔のどの部分の輪郭線なのか頭の角度によって変わる鼻筋はどこに位置するのか頭の角度と口の見え方の変化目や眉、鼻などのパーツの位置関係による顔の立体感絵を描いてきて丸2年が経ちます。この2年間で描いてきたのはマークによる顔の [続きを読む]
  • スケッチブックと色鉛筆
  • スケッチブックで練習です。今回から色鉛筆を使用しています。色鉛筆は身体、服、髪の下書きとして使いました。色分けすると鉛筆で描くのが楽になるのでいいですね。集中力が続く時と続かない時の差が激しいですね(汗)時間を気にしてしまうといけません。色鉛筆は下書きで使っていますが、影や質感、塗りにも使っていきたいところです。さらさらという音が心地いいので落ち着きます。スケブを机に置いて描きたいのですが、机に置 [続きを読む]
  • 想像模写
  • 「想像模写」と私が言っているだけですが、イラスト情報サイトなどで紹介されていてかねてから効果がありそうだと思っていた練習をやりました。やり方は①自分の手を机に置き、ブックスタンドなどで見えないように隠す②見えない手を想像しながら紙に描く ③答え合わせとしてブックスタンドを取り、見えている手を模写する画像では小さな手が想像で描いた手で、その下の大きな手が模写(デッサン?)した手です。想像で描いて [続きを読む]