みっちゃん さん プロフィール

  •  
みっちゃんさん: 笑顔に満ちた人生を
ハンドル名みっちゃん さん
ブログタイトル笑顔に満ちた人生を
ブログURLhttps://ameblo.jp/michimorioka/
サイト紹介文ヨガや笑いヨガ、瞑想、呼吸を通して、毎日を笑顔で生きるためのヒントや気づき、ツールを投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/06/20 17:06

みっちゃん さんのブログ記事

  • パラレルワールド
  • ここ最近、チャネリング瞑想を立て続けに記録しましたが(録音したり書き留めたり…)、自分で考えているわけではないので、私自身、いまいち意味が分からないこともあります。爆例えば、8月10日に投稿した瞑想。前日8月9日の午前中にヨガダンスセッションを開催して、超久しぶりに会う地元の友達や、県外の笑いヨガ仲間や、生徒さんやクラブのメンバーさん等、大好きな人たちで満員御礼となり、最高の時間を過ごして、おいしいう [続きを読む]
  • お仕事復帰!
  • 今日からお仕事復帰しましたー今日はPTA連絡協議会さん主催の笑いヨガ。車椅子でリード8月26日(土)に二週間絶対安静を言い渡され、自分の中で勝手に、9月9日(土)からの仕事復帰を決定。ところが昨日再びレントゲン撮ったら、骨がまだくっついてなくて、ギプスが取れませんでした昨日近所を少し運転してみたけど、やはり右足ギプスでの運転は無理!と気づき、急遽、家族会議。議題は、今後ギプスが取れるまでの二週間(恐らく。 [続きを読む]
  • 満月の瞑想(チャクラの浄化)
  • 今日は満月ですね。地球がちょうど太陽と月の間にある日地球は80%水で、20%が陸。そして、その水が月の引力の影響を受けて、海の干潮満潮が起こります。(太陽の影響もちろんありますが)ということは、70%水分でできている私たち人間も月の影響を受けないはずはなく、敏感な人はいろんな変化を感じる日だと思います。満月の日は出生率も増えるし、出血も増えるそう。満月には外科手術を控える国もあるようです。ヨガ的にいうと、 [続きを読む]
  • 犬とロバートが捉えている世界 (*^^*)
  • 今年も(というか、気が付いたら今月!)ロバート・リベストが来日します。アメリカのラフターヨガマスタートレーナーその他、経験・経歴いろいろ詳細はイベント主催者の一人、まきさんのブログで見てね彼とのエピソードです。まだ遠慮しがちな表面的な付き合いだった頃。スカイプで電話があり、私はお風呂上がりで、パジャマ姿、髪をタオルで巻いている…そんな姿だったので、ビデオオフで電話に出ました。ロバート:「顔見た方が [続きを読む]
  • 骨の瞑想
  • 人生初の骨折を経験してから三週間。瞑想中、どうしても骨にエネルギーを送りたくなりました。しかも骨折箇所だけではなく、全身の骨に…。私は誘導がないと瞑想しづらいので、「自分用に録音しよっ」と思ったのですが、こういうサインが降りてきた時って、絶対に他にも必要としている人がいるんですよね。ということで、一般公開させていただきました。その名も、骨の瞑想(そのまま!笑)現在、超真面目に(!?爆)絶対安静して [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございまーす(≧∇≦)
  • 皆さま明けましておめでとうございまーーーーす今日も新たな日が明けましたねー(≧∇≦)しかも新たな月(9月)が!ミスが起こらないように、狂いがないように、毎日毎日気を配って、確認して、点検して、再確認してスピード設定して、タイマーかけて…ってしてるわけではないのに、毎日毎日同じスピードで確実に地球は自転して毎日毎日陽は昇るこの自然の叡智私たちはなーんの心配もせず、恐れず、ただ地上で生きていたらいいだ [続きを読む]
  • 我々は皆勇者だ!!
  • 「私は勇者だ!!」って思いながら生きている人ってどのくらいいるのかなー?とふと思いました。笑日本記念日協会により、11月11日が勇者の日と認定されたそうです。元になったのは、ミュージシャン、作家、画家等であるAKIRAさんの歌:勇者の石以下歌詞の一部人はこの世に生まれるまえに自分で背負う石を決める生まれ変わるたび挫折を重ねきみの魂は強くなるだいじょうぶだよきみならできるから運ぶ命を運命と呼ぶAKIRAさんがアメ [続きを読む]
  • 人生で起こる全ての出来事に…意味はない
  • 出来事、物事、状況そのものには、よいも悪いも、幸も不幸もない意味もない物事はただ起こるそこに意味を与えるのは私たち一人一人ただ、自分が「どう感じるか?」のみだから同じことが起こっても同じ経験をしても「素晴らしい」と思う人もいれば、「最悪!」と感じる人もいるし、自分自身の中でも、「最悪!」と思っていた経験が「実は人生最大の幸運だった」と、見方が変わったり、「極上の幸せ」と思っていた出来事が、のちに、 [続きを読む]
  • 2017年8月9日チャネリング瞑想
  • チャネリング瞑想、シェアします。音声は(まだ)ないです。ちなみに瞑想とは、修行とか、絶対やりましょうとか、お行儀よくしましょうとかいうものではありません。けれど、やはり忙しい、めまぐるしい現代に生きる私たち。いろんなところで、エネルギーが漏電することもあるので、充電が必要。私個人的には食事や睡眠だけでは充電が不十分と感じることもあり、瞑想はそこを補ってくれる素晴らしいツールなのです。だから、たくさ [続きを読む]
  • 嬉しい!楽しい!心地よい!安心!
  • 今日は満月で、月食で、惑星の配列も強力な日。そんな特別なパワフルな今日、是非ブログで紹介したかったのが、今年11月のプログラム魂のミュージシャンPintu Mallick(ピントゥ・マリック)をまた、日本に呼びます (*^^*)宇宙の流れがどんどん強力になり、加速し続けている今、いろんな情報や人の生き方・発信に左右されず、自分の人生を自分らしく生きてほしい。だからたくさんの人にPintuに会ってほしいんです。自分の人生を生 [続きを読む]
  • 前にも後ろにも左にも右にも上にも下にも感謝
  • 今この瞬間、目の前にある様々なものを見てください。豊かさ、ありがたさに気づけると思います。そもそもこうやって今この記事を読んでくださっているということは、目の前に、パソコンやスマホなどのデバイスを持っているということだし (*^^*)では、後ろを振り返ってください。そこにもきっと、当たり前のようでありがたい何かが、素晴らしい何かがありますよね左を見ても、何かがあるし、右を見ても、何かがあるし、上を見たら [続きを読む]
  • 生きれるのは自分の人生だけ
  • ドイツから帰って来て8日が経ちました。いまだに感動と驚きが続いていて何を書いたらいいのかよく分かりませんが(笑)、とにかく…皆さま、ありがとうございます登壇が決まった時から始まり、現在まで続いている数々の応援や励ましのお言葉、お気持ち、見守り、ハグ、Facebookやブログでの投稿等、形のないものから、お手紙、お花、各種お守り、写真、のど飴、入浴剤、アクセサリー等、形のあるものまで。非常にたくさんの「愛」 [続きを読む]
  • 春分の日&夏至のチャネリング瞑想 2017年
  • 自然の一部である私たちは、気づいていても気づいていなくても、宇宙の流れの中で、その影響を受けながら生きています。そのエネルギーの流れに大きく関係するのが、太陽の動き。一年には、春分の日、夏至、秋分の日、冬至という大きな節目が四回あります。この四日は、その後のエネルギーの流れを決める重要な転換期なのですが…、私は今年何と、春分の日=本来の自分に還るハワイツアー最終日夏至=繋がりラフターヨガ in ドイツ [続きを読む]
  • 自分本来のパワーを思い出す
  • 水曜日に、ドイツに向けて出発します第一回ラフターヨガ世界大会へ出席、そして、登壇させていただくため (*^^*)魂の仲間たちである、ハピわこちゃん主催池ちゃん&樹里ちゃん協力の繋がりラフターヨガ in ドイツツアーご参加者は総勢22名さらに現地合流の日本の方も合わせると日本からの参加は30余名現在、全体のお申し込みが約350名1割近く日本人だやっぱり日本ってすごぉーーーーーい(≧∇≦)私は今回、プレゼン企画書提出の [続きを読む]
  • 笑い=祓い【笑エムスタジオ】
  • 「ここに来てくれた人は皆自然に笑顔になれる場所にしたいな」と願って、笑??エムスタジオ(エムエムスタジオ)と命名し、2011年3月1日に開業・オープンした自宅内のスタジオ多い時で週9回クリパルヨガクラスを提供し、その他、笑いクラブ、養成講座、イベント、ワークショップ、他の講師の方をお呼びしての講座開催等…、一体今まで延べ何人の方が来てくださったんだろう??もはや全く分かりませんおかげさまで、来てくださる [続きを読む]
  • 制御から自由へ
  • 笑エムスタジオでのクリパルヨガクラスの提供を7月10日(月)をもって終了いたしますまさかの二度目の発表です(笑)去年の誕生日にこの発表をしたところ、「やめないで。」というフィードバックを予想以上にいただき、エゴが激しく刺激されました(爆)しかも、自分の中にも、ご縁があった生徒さん達と離れるのは寂しいなせっかくスタジオ建てたしなやめたら経済的にきついかな?クリパルヨガはやっぱり素晴らしいし、伝え続けるべ [続きを読む]
  • 世界平和とはあなたが笑うこと
  • 幸せ、健康、そして世界平和のために笑うそんなコンセプトで世界中に広まっている笑いヨガ創始者はインドの医師マダン・カタリア私は彼の日本語通訳をさせていただいています。私が「カタリア先生の声になりたい!」と思ったのは、ずばり!私自身が笑いヨガを始めた当初、カタリア先生の言葉が心に響かなかったからです。笑笑いヨガ自体にはすぐにはまりましたが、いわゆる「Dr. カタリアの名言集」みたいなリストを見た時に、どれ [続きを読む]
  • 一緒に歴史を作ろう (*^^*) ドイツで!(≧∇≦)
  • 歴史的に大きな出来事や、世界規模のムーブメント、時代の流れを変える社会現象などについて、私はよく、「この渦中にいた人は何を感じていたのかなー?」って考えたりしてました(歴史の授業中とかに)。そして、今まさしく、「世界の歴史を作るってこんなことなんだー」と実感しているのは、笑いヨガ(=ラフターヨガ)の活動。1995年にインドの医者(=カタリア先生)が5人で公園で笑い始め、22年後の今、世界108カ国に広まって [続きを読む]
  • 天使が飛べる理由
  • 軽く、軽く…気持ちを軽く心を軽く態度を軽く頭の中を軽く…英語の表現があります。Angels can fly because they take themselves lightly.訳:天使が飛べるのは、自分のことを軽く捉えているから。子供が1日に300回〜400回も笑えるのも(ちなみに平均的な大人は10回〜12回)心が軽いから。自分のことを、人生を軽く捉えているから。叱られても、おもーく真剣に受け止めるのではなく、かるーく流している(=聞いてない!笑)から [続きを読む]
  • 瞑想=「今」を完璧な、最高な瞬間にする
  • 瞑想は本当に本当に素晴らしいものだと思いますただ、「瞑想できません!」「上手にできるコツはありますか?」と聞かれることが多いのですが、瞑想の大きな目的とは、責任や重荷や仕事等、「抱えているもの」を手放す心を落ち着かせる自分の自然なリズム(波動)を取り戻すというものなので、「やらなきゃ!」とか、「もっと上手になりたい!」と力んでしまうと、逆効果になります。この時に、大きな助けとなるとが「音」。例えば [続きを読む]
  • チベット瞑想:トンレン
  • 去年のロバート・リベスト来日のワークショップで、恐らく一番、ご参加の皆さま(私も含む。笑)に衝撃を与えたのは、チベット仏教の瞑想法:トンレンウィキペディアによると他者の苦しみを自分が受け取り、 自分の幸福と功徳を他者に与えるとイメージするという瞑想法で、ダライ・ラマ14世も毎日しているそうです。ロバートが教えてくれたやり方は、自分が現在経験している、辛さ、苦しい状況、痛み等を思い出します。例えば、離 [続きを読む]
  • 自分の愛し方?
  • 本来の自分に還るハワイツアーに来週出発しますただ、「本来の自分に還る」という意味が分からないというご意見もあり…。確かにそうですよねさらに、最近、「自分の愛し方が分からない。」という相談もいただきました。言葉で説明しにくいのですが、これらについて感じることを書きます。私は、Happyちゃんのおかげで、エイブラハムの教えを知ることができ、実践を続けています。そして最近「全ては波動である」ということが体感 [続きを読む]
  • 宇宙へのオーダーの仕方
  • 久しぶりの更新です2017年が明けてからまだ二ヶ月も経ってないのが信じられないです今年に入ってからも人生…というか、引き寄せのスピードがとにかく加速して、大好きな人たち・魂の仲間たちと奇跡の連続のような毎日を過ごしていますそして、最近やっとスケジュールが一段落したので、「引き寄せの法則」で有名なエイブラハムの音声をよく聞いておりますエイブラハムとはアメリカの女性、エスター・ヒックスがチャネリングする、 [続きを読む]
  • 2017年皆が自分らしく輝きますように
  • 明けましておめでとうございます2017年、皆さまがますます自分らしく輝きますように、お祈りしておりますそして、この「祈る」という行為には、すごい力があるということが科学で証明されています…という書き出しが、ジョイ・マキちゃんのFacebook投稿のパクリのようになってしまったので(笑)、彼女のブログをそのまま引用させてください*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆「わたしたちの意識が現実を創ってい [続きを読む]
  • 広島被爆者の視点
  • 幼稚園時代の悩みは小学生になったら悩みではなくなる小学生の悩みは中学生になったら悩みではなくなる中学生の悩みは高校生の悩みじゃない高校生の悩みは大人の悩みじゃない視野がどんどん高く、広くなるから…Happyちゃんのワークショップ冒頭でのお話です。ほんと、分かりやすい例えがいつも素晴らしいです「美智」という名前の私も、幼稚園の頃、男子に、「みっちゃんみちみち、う●こ垂れて…」と歌われ、何度泣いたことか… [続きを読む]