daiou さん プロフィール

  •  
daiouさん: 無料動画大王2
ハンドル名daiou さん
ブログタイトル無料動画大王2
ブログURLhttp://muryoudougadaiou.com/
サイト紹介文映画/ドラマ/アニメ/バラエティー
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1565回 / 365日(平均30.0回/週) - 参加 2015/06/21 01:17

daiou さんのブログ記事

  • 旅の重さ
  • 旅の重さ 1972年日本製作。16歳の少女は、男出入りの激しい母との生活や学校がいやになり、家を飛び出して四国お遍路の旅に出た。途中出くわした痴漢からご飯をおごってもらったり、旅一座に加わってレズビアンを体験したり、やが[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • 鬼公子炎魔
  • 鬼公子炎魔 2006年日本製作。主人公の炎魔は、パートナーの雪鬼姫、情報収集担当のカパエルと炎魔探偵事務所を営み、魔界より逃げ出した魔を狩っていた。ある日、大学でドイツ史を教えるハインリヒが依頼に訪れ、行方不明の娘を捜し[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • 顔のないスパイ
  • 顔のないスパイ/THE DOUBLE 劇場公開2012年2月。メキシコ、アメリカに隣接するソノーラ砂漠。国境警備員を殺害し、アメリカに渡ろうとする一団がいた。6カ月後、ロシアと密接な関係を持つダーデン上院議員が何者かに暗[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • ピックポケット!
  • ピックポケット!/CARRY ON A PICK POCKET 腕利きのスリであるマイケルとチムニーは、師父キムとその娘アンの親子と組み、今日も街ゆく人々の財布を見事な連携プレーでスリとっていた。ある日、マイケルが美女リ[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • 実録 痴漢電車 III
  • 実録 痴漢電車 III 2012年日本製作。R18+指定。痴漢の指に絶頂する白衣の天使・すみれ、未亡人・エリ、義母・唯。淫らに秘部を撫で回す指、それがすべての始まりだった。あっ、そこはだめ。感じているのバレちゃう。屈辱と[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • WE ARE X
  • WE ARE X 2016年アメリカ製作。97年に解散し、2007年に再結成をした同バンドの歩んできた道のりは、メンバーの脱退、解散、HIDEとTAIJIの死、ToshIの洗脳疑惑騒動など、過酷な現実の連続でもあった。1[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • 笑の大学
  • 笑の大学 2004年日本製作。日本が戦争へと突き進んでいた昭和15年。国民の戦意高揚の妨げになると様々な娯楽が取締りの対象となっていたこの時代、演劇もまた台本の段階で厳しい検閲を受けていた。警視庁の取調室では2人の男が新[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • 花宵道中
  • 花宵道中 2014年日本製作。江戸時代末期の新吉原。囚われの身ながらも地道に働き、間もなく年季明けを迎えようとしていた人気女郎・朝霧は、縁日で半次郎という青年と出会う。幼い頃に母から受けた折檻のつらい記憶から、心を閉ざし[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • 別の顔
  • 別の顔 女性の多面性をテーマに、冷ややかな緊張感で日常にひそむ女の狂気を艶やかに描く。夫の史郎は、愛する妻・蓉子との平穏で幸せな生活をかたくなに信じていた。一方、蓉子は良き妻でいることに違和感を覚えていた。そんな日々のな[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • BLAME!
  • BLAME!(ブラム!) 劇場公開2017年5月。テクノロジーが暴走し、巨大な階層都市が無限に増殖を続ける未来。人類は、都市のシステムをコントロールできなくなり、防衛システムのセーフガードによって、駆除・抹殺される対象に[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]
  • 暴行クライマックス
  • 暴行クライマックス 1987年日本製作。1985年、映画「狂った触覚(劇愛!ロリータ密猟)」で監督デビューをした「ピンク四天王」と称される『眼球の夢』の佐藤寿保監督による、エロティック・ドラマ。 岡田きよみ、山口麻美、水[…]↓ Read the rest of this entry... [続きを読む]