神童章 さん プロフィール

  •  
神童章さん: 実録!駄目人間ブログ 日々是にて我散策す
ハンドル名神童章 さん
ブログタイトル実録!駄目人間ブログ 日々是にて我散策す
ブログURLhttp://hannoranekomike.blog.fc2.com/
サイト紹介文駄目人間の小生が日々の出来事や思ったことをつらつらと綴っていくブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/06/21 01:40

神童章 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 欠陥ロボット人間とおばあさんの爆弾
  • 先日、僕が歩いていると、後ろで杖をついていたおばあさんがゆっくりと崩れるように倒れていった。近くにいた女性が真っ先に駆け寄り、僕もつられるように近寄っていった。おばあさんは起き上がれないようで僕と女性とで起き上がらせようとしたが、まったく力が入らないのか、いくら強制的に起き上がらせても、すぐに崩れ落ちる糸の切れた操り人形のように頼りなさげな様だった。僕が救急車を呼びましょうか?と言うとおばあさんは [続きを読む]
  • グッパイ、マイ節分
  • 大抵の人は節分というと家族でにこやかに豆まきをするような、ほんわかとした催し物を思い浮かべることだろう。事実、僕もそうだった、このイベントに参加するまでは。これからはもう節分を奇跡的に綺麗なお嫁さんと可愛い男の子と女の子の双子の子供を迎えるまでは楽しいものとは思えないだろう。近所のお寺で節分イベントがあるということで僕は軽い気持ちで参加することにした。どこの節分イベントでも有名人が誰かしら来るとい [続きを読む]
  • 迷探偵猫田一中年の事件簿
  • 何故、私が自らを名探偵ではなく迷探偵と名乗るのか?それは迷うことこそが探偵の本質であると捉えているからだ。いっそのこと迷という名前にしようかとも考えたが、そこまでするとマイナスの部分が多くなりそうなので思い止まった。世間一般で言う迷という文字のイメージが、あまりよろしくないからだ。ただでさえ木造のボロアパートを住居兼事務所にしていてイメージがよろしくないのに、これ以上悪くなっては探偵の看板をそう遠 [続きを読む]
  • 御朱印帳とカメラとポンコツと
  • 僕はどこに向かっているのだろうか?確かお昼に家を出たときには明確な目的場所を頭の中に描き御朱印帳とカメラを片手に家を出たんだ。それが御徒町駅に来た辺りから目的地の名前を僕は見失っていた。寺だったか神社だったか、それすらも怪しい。御徒町駅を通り過ぎた辺りにあるという記憶に間違いはないと思うが交番で道を訪ねようにも目的地の名前はもちろんのこと寺であるか神社であるかも分からないのだから恥を掻きに行くよう [続きを読む]
  • さようなら、こち亀
  • 2016年9月3日、こちら葛飾区亀有公園前派出所、略してこち亀の漫画連載終了が作者のである秋本治先生の口から発表された。正直驚いたが、週刊少年ジャンプからも縁遠くなり作品からも疎遠になっていた僕に何かを言う資格は持ち合わせていなかった。ただ自称プロブロガーとしては、なんとかこのネタに関することを書くことによってアクセス数を伸ばせないかという野心もあった。ちょうどいい具合にこち亀ネタがあったのでそのことに [続きを読む]
  • 向日葵弁天に会いたい!
  • 向日葵という名前の女の子がいたとして僕はすぐにヒマワリと読めるだろうか?向日葵という名前の子に日焼けのよく似合う健康的な子でボーイッシュながらも美少女というそんな勝手なイメージを僕は作り上げていた。ただヒマワリ畑には麦わら帽子を被り白いワンピースを身に纏った美少女がよく似合う。僕の向日葵ちゃんには日焼けとは無縁の色白であってほしい。僕の向日葵ちゃんに会いに行くために僕は自転車に跨った。選択肢は東京 [続きを読む]
  • 半ノラ的靖国ファッション参拝のススメ
  • スマップが解散するというニュースがやっていてスマップの解散を悲しむ人達がインタビューを受けていた。それを見ていた僕には、その人達が本当に純粋なスマップファンなのかという底意地の悪い疑問が浮かんでいた。それは今日、僕が行く予定の靖国にも通じることだった。終戦記念日の今日、何故、多くの人が靖国に訪れるのか?僕の母方の祖父も父方の祖父も病弱のため戦争には行っていない。だから戦争には縁遠く、教科書の中の戦 [続きを読む]
  • 吉原タイムスリップランデブー
  • 吉原に行くと僕がツイッターで呟いたら間違いなく石鹸王国に行くんだと思われ、わざわざそんなとこに行くことを呟くな、気持ち悪いと思われていただろう。いや、まだ反応があるだけマシかもしれない。吉原に行くと呟いて何の反応もなかったら目も当てられない。さすがにどちらに転んでも地獄が待っているのにそこまでのリスクを負って飴玉一個の価値も見出だせないとしたら、呟かないという選択は正しい判断だったと思う。吉原へ行 [続きを読む]
  • ぼっち系男子の花見ツアー
  • 土曜日の昼下がり、髭と頭を剃刀で剃って仕上げにDHCの男性用薬用ローションを顔と頭に馴染ませていると、ある考えが浮かんできた。そうだ花見に行こう。それは何度も脳内を反芻する程に休日ニートにとって魅力的な考えだった。桜なら人気あるし、SNSでもきっと人気だろう。問題は写真を撮る人の技術だが、これはどうにもならない。となれば話題性で戦うしかない。さて、どこへ行こうということだが自転車で行くんだし一つの場所だ [続きを読む]
  • 今更ジローだけど初詣のことを書こうと思う
  • 何度も言いますが信仰を否定するつもりもないですし、あなた方の信仰心は素晴らしいものだとも思います。ただ私には信仰という概念がないんです。ですから何度言われても入ることはありません。信仰する気がないのに、ただ言われたから入るのは真面目に信仰している方達に失礼ですし。とあるカルト宗教施設へ数時間滞在させて頂いたときに僕が言った言葉だ。概念という言葉が適切だったかどうかは今もってよく分からない。何かこい [続きを読む]
  • 広島中学生の自殺について稚拙な考えをまとめてみた。
  • 広島の中学3年生が自殺という不幸な結果を招いたことについて書こうと思う。深くは知らないので自分の感じたことだけを言うが、まず生徒一人に万引きをしたから推薦を受けられないと伝えたことはあまりに酷じゃないかと思われる。生徒一人で受け止めるのはあまりに重く、その後にそれを家族に自ら伝えなければならないかと思うと、ましてや無実であったわけだから心中察するに余りある。親を呼び三者面談という場で言うべきことで [続きを読む]
  • 歌舞伎町の中心で恥を晒す
  • 僕のいいね!ボタンは電脳世界から隔離されていてリンクすらされていないのではないだろうか?SNSを映した画面を見ながら、その疑問を宙に浮かせると彼は勝手にボールのような形状に模して網で掬って見せた。君は道端に転がっている石ころに興味を持つのかい?ましてやその石ころを拾おうとしたことがあるか?彼は僕を一切見ようとせずアイフォンの画面を見ながら、ただ暗唱するように呟いた。その様が厭味ったらしく思えた僕はつ [続きを読む]
  • コミュ障系男子の一日in渋谷ハロウィーン
  • ネットだけで付き合いのある知人がツイッター上で東京はハロウィンで騒いでいて羨ましいという旨の呟きをしていた。それは僕に対して言ったわけではなく多くの人に向けての発信であったが僕はそれに対し東京に住んでいたってハロウィンなんて関係ないよ、君がもし東京に住んでいたとしても、きっと行かないんじゃないかと返した。すると彼はちょっと行きたいかもしれないとすぐに答えた。彼のことをそう深くは知らないが一定のシン [続きを読む]
  • 重箱隅突付き夫の祭だワッショイ!
  • 戦場、それは何も銃弾が飛び交い生死のやり取りをする現場だけに当てはまる言葉ではない。風になびく旗に書かれた文字を見た時、僕はもう一度戦場に向かことを決意した。三社祭で還暦は過ぎてるであろうスキンヘッドのお爺さんが30過ぎてるか過ぎていないかというイキった若者達の群れに拳を振り上げながら特攻して行こうとし、それをお爺さんの仲間たちが諌めるそんな光景を見た時に切り取られた夢か幻のような現実の喪失感はあっ [続きを読む]
  • 人に見せられる花火の写真が撮りたいです、安西先生!
  • 独り身にとって花火大会とはなんとも行きづらいものである。花火大会会場までの混雑する道を幸せそうなカップルの背中を見ながら歩いているとそれはまるで奴隷が過酷な労働を課せられながら、ふと見た先に雇い主の家族が幸せそうに庭で団欒している姿がいたときのような情景に酷似している気がした。ついに僕は奴隷にまで身をやつしたのか。もう目の前の世界には戻れないのかもしれない。そんな奴隷に10代と見受けられる彼氏の声が [続きを読む]
  • ブロガーと呼ばれて2
  • スターバックス ディスカバリーズ(R)」楽しみ方、再発見。〜夏の宴〜”というブロガー参加型のイベントに参加してきた。スターバックス ディスカバリーズ関連のイベントに参加するのはこれで二度目だ。招待されるという形でイベントに参加するのはとても気分のいいもので会場前で名前を言って入るのはブルジョワ感を醸し出し気分を高揚させてくれる。前回同様にブロガーとして招待されているのは8割方女性で男性は少ない。これはブ [続きを読む]
  • 過去の記事 …