ある夫婦 さん プロフィール

  •  
ある夫婦さん: 便りがないのは、良い便り
ハンドル名ある夫婦 さん
ブログタイトル便りがないのは、良い便り
ブログURLhttp://nouvelles.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文ウクライナ駐在中の奥様と帯同を決めた研究者駐夫4コマ&写真ブログ。
自由文旦那は写真と文章で、嫁は四コマで日々を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/06/21 05:24

ある夫婦 さんのブログ記事

  • キエフの市場&蚤の市情報
  • スウェーデン訪問記を中断して。キエフの市場や蚤の市をまとめて巡ったので、これを機会にキエフの主要な市場(食べ物ではなく雑貨の)をレポートしようと思います。①キエフ骨董市(不定期開催)国際展示場開催です。日程はバラバラなので、かなり頑張らないと開催日を見つけ出せないのが難点です。毎月最終土曜と書いてある情報もありますが、必ずしもそうではないようです。http://www.iec-expo.com.ua/en/さすが国際展示場、広 [続きを読む]
  • スウェーデン訪問記①〜世界一臭いアレを食べる〜
  • えー、また随分ブログを放置してしまいました。夫に至っては、さも自分は執筆者ではないかの様な放置っぷりでございます。しかし、これは書かなくては!というトピックが鎮座しておりましたので、筆をとった次第です。そう、スウェーデンにいるA家(たらいまわし駐在員A家については、過去ブログ記事で散々取り上げましたので、別途当記事の終わりのリンク群をご参照ください)に会いに、そしてスウェーデンといえば!のアレを食べ [続きを読む]
  • ユダヤ人の巡礼地ウマニへ
  • 私には血の繋がらないユダヤ人の叔母がいる、という話はこのブログでも何度かふれてきましたが、彼女から聞き、そしてLonely Planetで読んで、ずっと気になっているウクライナの街がありました。それがウマニ(Умань)です。ウマニは、キエフから車で南方に約2時間半(約200km)ほど進んだところにあります。 なぜ有名なのか。それはこの街には、ユダヤ人に人気のラビ(ユダヤの宗教的指導者のこと)のお墓があるからなんで [続きを読む]
  • ブルガリア訪問記②〜バラの谷、カザンラクの街へ〜
  • ブルガリアに飛んだ一番の目的は、バラ祭りに参加すること。実は、ブルガリアでとれるバラは世界で流通するバラ香料の8割を占めているのです。毎年6月の第一週には、その年のバラ摘み解禁を祝うお祭りが、バラの名産地である、バラの谷に位置する色んな街で開催されます。目ざとくもバラ祭りの情報を聞きつけた私は、祭りの中でも最大規模のカザンラクという街で行われるバラ祭りを目指して、ここまでやってきた訳です。さあ、ソフ [続きを読む]
  • ブルガリア訪問記①〜旧共産圏の香り残る首都ソフィア〜
  • さて、またしても3連休がやってきたので、旅に出ます。ある祭を見たくて、ブルガリアを目指します。本当は1人で行く予定だったのですが、母に話したら、「あ?そういえばフランスも、そこ3連休だったわ」ということで、またしても母と旅へ。さて、キエフからブルガリアの首都、ソフィアまでは飛行機で1時間半強です。冬は飛ばない、シーズナル便で南下します! エアラインは、何々?んー、聞いた事ないぞ、「ドニプロ・アヴィア [続きを読む]
  • そういう趣味はないという話
  • いくら物好きだからって、私は臭いものハンターじゃないよ!!笑あと、キビヤックの方が、見つけ出すのが大変そうだね!ちなみにシュールストレミングは、臭気をはかる単位、”アラバスター”で8070と、世界の臭い食べ物の中でもダントツに臭いそうです。くさやは1267ですって。詳細はWikiの「臭い」の項目をご参照ください笑。先日、A家に会いにスウェーデンに行ってきました。(A家については色々ネタがあるので、過去 [続きを読む]
  • キエフおしゃれカフェ巡り④
  • 人知れず続けております。たまに、キエフに遊びに来た人にもつき合わせています。16軒目〜20軒目。16. YELLOW PLACE / Мечникова, 9https://www.facebook.com/YellowPlaceKiev/高級スーパー、GOOD WINEの中にあります。スーパーたまに利用するので、前を通るんですが、いつも割りと混んでいるかも。 あんまり期待はしていなかったんですが、さすが高級スーパーの中にあるだけあって、味は確かでした。少し酸味もありつ [続きを読む]
  • イスラエル訪問記④〜ユダヤ関連あれこれ〜
  • 大変時間がかかりましたが、イスラエル旅行記、今回でラストです。また文字が多いです。(すでにイスラエル以外に2件も旅行記のペンディングを抱えております。まずいです。)今回の旅で一番印象に残った存在がユダヤ人というアイデンティティ。実は私の血の繋がらない叔母がユダヤ人だったりします。身近なようでいて、全く知識に欠けていた、この文化について、自分の備忘録もかねて、学んだ事、思った事を書き残していきたいと [続きを読む]
  • キエフおしゃれカフェ巡り③
  • イスラエル旅行記の筆がいまいち乗らないので、カフェ巡りに一旦戻ります。さて、キエフのカフェ巡り、ひっそりと続けております。仲間がいなくなって、主に1人で回っています。11軒目〜15軒目です。11. BIG CUP / 27 Bol'shaya Zhitomirskayahttps://www.facebook.com/bigcup.ukraine/こちらも小さな1畳位のスペースでやってるカフェ。カウンター席が3つくらいと、小さなテーブルが一つありました。 カプチーノはこんな感じ。 [続きを読む]
  • イスラエル訪問記①〜地中海を臨むおしゃれ町、テルアビブ〜
  • さて、キエフカフェ巡りの記事を中断しつつ、新しい国の旅行記を。(夫は記事を書きたいらしいのですが、写真のアップロードが上手くいかへんねん!と執筆を断念しております。夫記事のファンの方がいらしたらすみません笑。)次の新しい国はイスラエルです!といっても、出発の前の週まで、イスラエルに行こうなんて思っていませんでした。(死ぬまでに必ずいこう!と思っていた場所ではあったけれども)キエフ仲間のO家が行くけ [続きを読む]
  • キエフおしゃれカフェ巡り②
  • さてさて。地道に続けております、キエフの休日カフェ巡り。暖かくなってきて、お散歩がてら歩くのも楽しいです。今回の6〜8軒目は、カザフから休暇でキエフにやってきたA家に付き合ってもらいました!お付き合いいただきありがとう!A家は我がブログのアイディア出しに一番貢献してくれております。4コマもいっぱいあるので、記事の終わりに参照リンク載せておきます。(尚、前回の3〜5軒目はパリから遊びに来た母に付き合っても [続きを読む]
  • キエフおしゃれカフェ巡り①
  • 少しずつ春めいたお天気になってきまして、その上、こんな本を発見してしまいました!!!!the CITY COFFEE GUIDE 2016-2017 実はウクライナはかなりコーヒー文化なのですよ。昔はロシアの様に、紅茶が主力だったようなのですが、西側から濃いコーヒー文化が入ってきて、今ではしっかりと根付いています。街中のいたるところにコーヒースタンドがあり、200円以下で挽きたて豆の美味しいコーヒーが飲める、知る人ぞ知るコーヒー天 [続きを読む]
  • 専門家が集まった時のパターン
  • SEの夫をもつとこうなる。少し前にベルリンに住む友人夫婦のところにお邪魔しました。関西弁をあやつるロシア人という、肩書きだけで面白すぎる同期と、奥様を暖かく見守りながらも、随時関西弁でたくみに突っ込みを入れる面白すぎるSEの旦那という、我が夫婦も大好きな友人夫婦です。(彼らのブログはこちら!面白いのでぜひに!→奥様は商社ウーマン)研究者が集まると、ディスカッションが始まって賑やかだと言ったところ、 [続きを読む]
  • モロッコ旅行記⑤〜おまけ:モロッコランプの魅力炸裂〜
  • おまけ。私がモロッコでたまらなく好きなもの、それはモロッコランプ。今回は完全にその魅力にとらわれてしまったので、ご紹介。店先ではこんな感じで、つるされているところが多いです。 お店に足を踏み入れると、キラキラ! レストランも至る所にモロッコランプを使っていてたまりません。下の二つは、マラケシュのレストラン、Le Foundoukのランプ。特に左下の方は、ゆらゆら揺れて、光もキラキラ。 それから、こちらの二 [続きを読む]
  • モロッコ旅行記④〜迷宮の古都、フェズへ〜
  • さて、次の街は迷宮と呼ばれる古都、フェズです。またしても、カサブランカから電車に乗って、4時間ほどかけて移動してきました。青空に白い壁がはえる、美しい駅でした、フェズ駅。 今回のリヤドも素敵すぎー!!ここは、本当に気に入ったので、是非ともまた来ようと思います。相変わらず、外から見ても想像のつかない素晴らしさ、リヤド。 中も素敵。 そして何より、屋上が素晴らしくって、太陽を浴びながら飲むミントティ [続きを読む]
  • モロッコ旅行記③〜海辺の港町、カサブランカへ〜
  • 早朝、まだ夜明け前ですが電車に乗って、次の街、カサブランカへ向かいます。 案内板はフランス語とアラビア語併記。 マラケシュから3時間ほどで、カサブランカ駅に到着。気付くとすっかり夜も明けています。道中、向かいのお姉さんが、ドライフルーツのおすそ分けをしてくれました。モロッコの首都はカサブランカ、と勘違いしてる方をよく見かけますが、違いますよー!モロッコの首都はラバト、カサブランカはモロッコ最大の [続きを読む]
  • モロッコ旅行記②〜アトラスの大地を抜け、砂漠へ〜
  • さて、マラケシュで一泊し、翌日は念願の「アトラスの大地と砂漠泊ツアー」です。朝食が始まる前に出発だったので、早朝におばちゃんが焼いている屋台のクレープを買ってみました。この大きなクレープにはちみつをかけて食べます。素朴で美味しい。ミニバンで丸一日走り続けます。山を越えるので、箱根もびっくりの山道です。車酔いする方は、酔い止め飲んだほうがいいと思います。 アトラスの山々はこんな。モロッコで雪が積もる [続きを読む]
  • モロッコ訪問記①〜南方産の真珠、マラケシュ〜
  • さて。年末年始のモロッコ旅の旅行記を書かないまま、次の旅に出てしまい、まずいぞ、と思い、急ぎこの記事を書いています。夫、仕事が立て込んでおり、日本で忙しそうなので、夫セレクト写真を元に、奥様が記憶を思い起こしながら、旅行記を書き上げたいと思います。===================================お休みが出来たら、さて次はどこに行こうと考えてしまう我が家ですが、年末年始は少し長 [続きを読む]
  • キエフのリラックス・スポット
  • 夫の書きかけ記事を嫁が引き継ぎます。キエフにはリラックス・スポットが色々あります。その中でも、旧ソ連っぽいのが、サウナ(バーニャ)!時間毎に場所を貸しきって、大人数で水着で入るのが、旧ソ連のバーニャスタイル。先日フレシャーチク(キエフの晴海通りもしくは表参道とでも言いましょうか)にあるバーニャコンプレックスを訪れましたので、レポートしたいと思います。WEBサイトはこちら:TRAVEL CLUB http://sauna-club [続きを読む]
  • 教科書のひどい例文④
  • 読み上げるのに時間がかかるので、読み上げてからようやく意味がわかるという。私の教科書、おもしろすぎでは?最近サボってるので、そろそろ再開します。もう少し上達したい。教科書シリーズはこちら:その1、その2、その3 [続きを読む]