@^@ さん プロフィール

  •  
@^@さん: nm@world
ハンドル名@^@ さん
ブログタイトルnm@world
ブログURLhttp://azure-way.air-nifty.com/kioku/
サイト紹介文水辺の虫、街の写真などなどアップしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/06/21 22:12

@^@ さんのブログ記事

  • いろんな角度が合わない家
  • @京都市中京区前から何となく気になっていた建物。結構古い気がします。正面から写真を撮ってみると、扉や窓の角度に対して、いろいろなところの傾きが微妙にズレてます。これが、気になった原因だったんですな。人の眼って意外とシビア。それとも、ワタクシの性格か。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ウバタマコメツキ
  • コメツキムシ科サビキコリ亜科 @左京区吉田チャリ通勤中、突然顔に当たり、はたき落としたヤツ。よ〜くみるとウバタマコメツキじゃないですか。なかなかお目にかかれないけど、意外な出会いってあるんですね。死んだふりしてるから、ゆっくりと撮ってやりました。しかし、結構痛かったなぁ・・・・  にほんブログ村 [続きを読む]
  • ミドリシジミにサカハチチョウ夏型
  • ミドリシジミ表を観たいなと、待ってると、人が来て逃げられてしましました。気を取り直して、近所をみると、人の存在を物ともせず開翅しているサカハチチョウがいるじゃないですか。サカハチチョウ夏型 サカハチチョウの夏型は、いつ見てもきれいだと思うのはボクだけでしょうか。  にほんブログ村 [続きを読む]
  • オトシブミ
  • オトシブミ科@敦賀市ヒメクロオトシブミやカシルリオトシブミはよく見るんですが、無印オトシブミを見たのは初めてでした。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • カツオゾウムシ
  • ゾウムシ科カツオゾウムシ亜科 @敦賀市普通だったら、『サビなんたら』というような名がつきそうな色合い。茶色く長細いから『カツオなんたら』なんですかねぇ  にほんブログ村 [続きを読む]
  • フタホシオオノミハムシ
  • ハムシ科ノミハムシ亜科 @敦賀市ノミハムシって、名前のごとく、ちっこいヤツが多いのですが、コイツは違ってました。♂♀両方居たのですが、自然界の摂理に従いメスが大きくて8mmほど、オスが6mmほど。ヌメッとした光沢をもつ綺麗な虫でした。  にほんブログ村 [続きを読む]
  • ダンダラチビタマムシ
  • タマムシ科チビタマムシ亜科 by α7II & FE90mm macro @京都市左京区 吉田山ハムシがそうであるように、チビタマムシも食草がおよそ決まっているので、最近は必ず食っている葉っぱも写すようになりました。で、この特徴のある姿から、食っている葉っぱを見るまでもなく何者か判りやすいですが、コナラの葉を食っていたということで、ダンダラチビタマムシですね。  にほんブログ村 [続きを読む]
  • こちらがヒメクロハナボタルかも
  • ヒメクロハナボタル?@吉田山 @吉田山同じ場所で、大きさの異なる黒いベニボタル科と思しき虫を目撃しました。すぐに飛んで逃げる小さい方をなんとか写真におさめ(デカイ方は悠々と交尾しておりました)、帰宅してから比較です。小さい方は、長さ約6〜7mm。大き方は、約8〜9mm。大きい方は、昨日ブログでヒメクロハナボタルとした虫と同じようです。ならば、小さい方は何者? こちらがヒメ?ヒメクロハナボタル [続きを読む]
  • ヒメクロハナボタル
  • ベニボタル科 @京都市左京区 吉田山全身つや消し黒。 ベニボタル科の虫なのにねぇ、あまりにも地味です。クロハナボタルかもしれないけど、サイズ的にヒメかなと思います。 そうそう、今日からFE 90mm f2.8 macroのデビューです。うわさ通り、写りのキレはすごいです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • アオハムシダマシの件
  • アオハムシダマシ @京都市左京区花背タカハシアオハムシダマシ(ちょっと自信なし) @敦賀市地元で、『これぞアオハムシダマシ』という特徴を持ったアオハムシダマシを見るまでは、上の敦賀市でみたヤツをアオハムシダマシだと思ってました。両者を比べると、敦賀市のヤツの方は、上翅肩部基部に角張った縦稜があり、脚節先端は黒く、全体にごっついです。ここ→http://www.coleoptera.jp/modules/tinyd1/index.php?id=4による [続きを読む]
  • カクムネベニボタル♂
  • ベニボタル科 @敦賀市よお〜く似たヤツにクシヒゲベニボタルがいます。両者は、前胸部の形と前翅の隆条列で区別できるそうです。隆条が9本あって、隆条間の間室が四角い格子状になっている「カクムネ」に対して、「クシヒゲ」のほうは隆条は4本で、間室は無くてのっぺり。前胸部は単純な四角形に近い「カクムネ」に対して、「クシヒゲ」は中央のくびれた尖った五角形で、特に後角は突出。http://www.ishidashiki.sakura.ne.jp/mushi/ko [続きを読む]