@^@ さん プロフィール

  •  
@^@さん: nm@world
ハンドル名@^@ さん
ブログタイトルnm@world
ブログURLhttp://azure-way.air-nifty.com/kioku/
サイト紹介文水辺の虫、街の写真などなどアップしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/06/21 22:12

@^@ さんのブログ記事

  • フタホシオオノミハムシ
  • ハムシ科ノミハムシ亜科 @敦賀市ノミハムシって、名前のごとく、ちっこいヤツが多いのですが、コイツは違ってました。♂♀両方居たのですが、自然界の摂理に従いメスが大きくて8mmほど、オスが6mmほど。ヌメッとした光沢をもつ綺麗な虫でした。  にほんブログ村 [続きを読む]
  • ダンダラチビタマムシ
  • タマムシ科チビタマムシ亜科 by α7II & FE90mm macro @京都市左京区 吉田山ハムシがそうであるように、チビタマムシも食草がおよそ決まっているので、最近は必ず食っている葉っぱも写すようになりました。で、この特徴のある姿から、食っている葉っぱを見るまでもなく何者か判りやすいですが、コナラの葉を食っていたということで、ダンダラチビタマムシですね。  にほんブログ村 [続きを読む]
  • こちらがヒメクロハナボタルかも
  • ヒメクロハナボタル?@吉田山 @吉田山同じ場所で、大きさの異なる黒いベニボタル科と思しき虫を目撃しました。すぐに飛んで逃げる小さい方をなんとか写真におさめ(デカイ方は悠々と交尾しておりました)、帰宅してから比較です。小さい方は、長さ約6〜7mm。大き方は、約8〜9mm。大きい方は、昨日ブログでヒメクロハナボタルとした虫と同じようです。ならば、小さい方は何者? こちらがヒメ?ヒメクロハナボタル [続きを読む]
  • ヒメクロハナボタル
  • ベニボタル科 @京都市左京区 吉田山全身つや消し黒。 ベニボタル科の虫なのにねぇ、あまりにも地味です。クロハナボタルかもしれないけど、サイズ的にヒメかなと思います。 そうそう、今日からFE 90mm f2.8 macroのデビューです。うわさ通り、写りのキレはすごいです。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • アオハムシダマシの件
  • アオハムシダマシ @京都市左京区花背タカハシアオハムシダマシ(ちょっと自信なし) @敦賀市地元で、『これぞアオハムシダマシ』という特徴を持ったアオハムシダマシを見るまでは、上の敦賀市でみたヤツをアオハムシダマシだと思ってました。両者を比べると、敦賀市のヤツの方は、上翅肩部基部に角張った縦稜があり、脚節先端は黒く、全体にごっついです。ここ→http://www.coleoptera.jp/modules/tinyd1/index.php?id=4による [続きを読む]
  • カクムネベニボタル♂
  • ベニボタル科 @敦賀市よお〜く似たヤツにクシヒゲベニボタルがいます。両者は、前胸部の形と前翅の隆条列で区別できるそうです。隆条が9本あって、隆条間の間室が四角い格子状になっている「カクムネ」に対して、「クシヒゲ」のほうは隆条は4本で、間室は無くてのっぺり。前胸部は単純な四角形に近い「カクムネ」に対して、「クシヒゲ」は中央のくびれた尖った五角形で、特に後角は突出。http://www.ishidashiki.sakura.ne.jp/mushi/ko [続きを読む]
  • オオシモフリコメツキ
  • コメツキムシ科 ベニコメツキ亜科 @敦賀市オオシモフリコメツキとシモフリコメツキは、とても良く似ている。区別は前胸背の中央の窪みは前方まで伸びないのが、オオシモフリコメツキなのだそうだ。お目にかかったコイツは中央に毛が生えていてよくわからないが、窪みは伸びていないようだ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • クビボソジョウカイ
  • ジョウカイボン科 @敦賀市樫曲前胸背が赤〜黄色のジョウカイボンには、ムネアカクロジョウカイ、クビアカジョウカイ、クビボソジョウカイがいる、と思う(少し不安)。この地では過去にムネアカクロジョウカイがいたので、写した時はそれかと思ったんだけど・・・・・現像してよくみると口器が前胸背と同じ色をしてる。あらためて調べてみると、クビボソジョウカイということで落着、でした。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • スカシシリアゲモドキ
  • キシタトゲシリアゲついでに、シリアゲをもう一つ。↑スカシシリアゲモドキ♀ @敦賀市樫曲↑スカシシリアゲモドキ♂ @敦賀市樫曲シリアゲムシ目なのだけど、シリアゲムシ科でなくシリアシモドキ科というのに属する。シリアゲムシ科とどう違うのかというと、シリアゲムシ科の特徴である背器官ちゅ〜のが見られないらしい。こんな違い、捕まえて入念に観るしか無いよな。それは置いといて、オスが地味なのは珍しいと思う。 [続きを読む]
  • キシタトゲシリアゲ
  • シリアゲムシ目シリアゲムシ科 @敦賀市樫曲出現時期が早く、個体数も少ないそうなので、お目にかかる機会は少ないのかも。ならば、もう少ししっかり写真を撮っておけばよかった。なんか、こんな後悔ばっかだなぁ。   にほんブログ村 [続きを読む]
  • 捕食するヤマサナエ
  • トンボ目サナエトンボ科 @深泥池目の前でハラビロトンボがヤマサナエに捕まった。そして、ふいにハラビロトンボの頭が落ち、ヤマサナエは抱えたまま飛び去っていった。綺麗なトンボも肉食なのだ。ヤマサナエはスリムだったので♂かと思ってたけど、後で写真をよく見ると♀だった。参加してます↓ にほんブログ村 [続きを読む]
  • マルハナバチに擬態するアブ
  • @深泥池最初、マルハナバチの一種かと思ったが、よく見るとアブ顔をしてる。おまけに樹液を舐めてるし。第一印象に従って、ネットで「マルハナバチに似たアブ」で検索してみると、ハラブトハナアブの一種のアシボソミケハラブトハナアブかニッポンミケハラブトハナアブのどちらかまでわかった。その先、脚の湾曲具合とか交接器とか細かいところをみないと区別できないらしいけど、ネット上の写真から判断すると、アシボソミケハラ [続きを読む]
  • 3年追ってきたサナエトンボ
  • @深泥池 3年ほど前から深泥池のあるポイントにサナエトンボらしきトンボが生息しているのですが、用心深いヤツで一度も写真を撮ることができず、ずっと、正体不明でした。今日、1枚だけなんとか写真を撮ることが出来、やっと何者か判った次第です。一瞬のショットだったので不鮮明ですが、前胸部のL字紋からコサナエ属なのが分かります。胸部の模様がよく分かりませんが、尾部の上付属器に突起がないので、コサナエかフタスジサ [続きを読む]
  • ムラサキヒメカネコメツキ
  • @ヒイゴ池湿地初見だったので、よく似たキンムネヒメカネコメツキが居るとは知りませんでした。知っていたら、もう少し同定し易い写真を撮ってたのに・・・(T_T)数枚撮った写真から判断すると、触角の鋸度が低いことからムラサキヒメカネコメツキだと思います。(参考:http://www.abenokohki.sakura.ne.jp/gz96/kouzatsu96.html)赤紫色の金属光沢をもつ綺麗な甲虫でした。参加してます。よろしければ を↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • オグマサナエ♂
  • 4〜5月連休で引越しをしました。あまりにも物が多く、しかも引越し先ではミニマルな生活を志向したため、廃棄物の多さに途方に暮れた有様でした。それもやっと片付き、回線も整ったので、ようやくブログを再開です。といっても、4月の土日と5月の連休は引越し準備・片付けオンリーだったので、どこにも行けず(T_T)この土曜日にやっと岡山のヒイゴ池湿地に遠征できました。まずは、そこで見たオグマサナエ♂尾部の上付属器に突 [続きを読む]