じゅくちょう さん プロフィール

  •  
じゅくちょうさん: エフォートアカデミー塾長日記
ハンドル名じゅくちょう さん
ブログタイトルエフォートアカデミー塾長日記
ブログURLhttp://ameblo.jp/effortaca/
サイト紹介文静岡県三島市のマンツーマン個別指導塾です。塾での日常をお知らせしております。
自由文静岡県三島市にて個別指導塾を創業して15年目となります。塾での日常についてお知らせしています。硬軟織り交ぜた内容ですので、時には真面目な教育問題、時には教室で発生したオモシロ話など、私「じゅくちょう」の気が向くまま書いております。当塾HPは、
http://www.effort-aca.com/
です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供138回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/06/22 03:26

じゅくちょう さんのブログ記事

  • 真の友人とは?。
  • いよいよ夏休み目前となりました。受験生にとっては今夏をいかに充実したものにするかによって、合否が大きく左右されます。覚悟を持って臨んでください! 夏が過ぎ、秋を迎える頃にはいよいよ焦燥感が高まり、尋常な精神状態でいられない子がでてきます。これは普通のことで、このような追い込まれた精神状態にいつまでも至らない子の方が「おかしい」といえると思います。 高校受験とは自分自身の人生の中で、はじめての重要な「 [続きを読む]
  • 「証拠」を残す。
  • 前回、間違えたところをきちんと残しておくことが重要だと書きました。今回もそれに関連することなのですが、先日の授業時にこんなことがありました。 ある中学生が必死に一次方程式の計算問題を解いています。計算をメモにびっしり書くのですが、私から見ると、そのほとんどが「殴り書き」状態(笑)。後から見返して、どこにどの問題の計算がしてあるのか、全く判別がつかない状態です。 さほど難しくない計算問題でポロポロとケ [続きを読む]
  • 「間違い」は宝!。
  • 小学生に多いのですが、間違えた箇所を時間をかけて必死に消しゴムで消す姿が散見されます。 当塾のそろばん教室では、消しゴムの使用を禁止しています。といいますか、そろばんの検定では、そもそも消しゴムの持ち込み自体が禁止となっています。 できることなら消し去ってしまいたい思い出のひとつやふたつは誰にでもあるでしょう、その気持ちは痛いほど理解できます(笑)。 ですが、勉強においては、「間違い」は「宝」だと断 [続きを読む]
  • まだまだ遅くはない!
  • 長年塾をやっていると、想定外の面白い出来事に遭遇することがあります。 そんな中でも、最も面白いのは「想定外の解答」をする塾生です。本人たちは真剣に解答しているのですが、完全なる勉強不足が露呈してしまうというか、それともあえて「受け」を狙っているのか(笑)。もう10年以上前の英語の授業にて。中1レベルの簡単な英作文です。 「この机は、私の父のものです。」 という英作文。これを、 「My father is besk.」( [続きを読む]
  • 夏休みに注意すべきこと。
  • 前回より夏休みの過ごし方について書いています。 前回は勉強面について書いたのですが、今回は勉強以外の面について、注意すべきことを指摘したいと思います。 当然のことながら、夏休みは昼間から時間的にゆとりがあるので、明るいうちから塾に通わせ、勉強させる方も多いと思います。当塾でも授業時間を多少前倒ししたりします。ですが、あくまで「多少」であり、極端に早い時間に設定することはありません。特に受験生について [続きを読む]
  • 夏にすべきこと。
  • 連日蒸し暑い日が続いております。熱射病など、体調を崩されないようご注意下さい。南中の2年生では、なぜかこの蒸し暑さの中、インフルエンザが流行しているようですね。ご自愛下さい。 さて、夏休みも近づき、そろそろ夏休み中の学習計画を立て始める頃ではないでしょうか?当塾では夏期講習を実施いたしますが、例年ギリギリまでお知らせをしておりません。大きな他塾様が大々的な宣伝をされた後に、こっそりとお知らせをする [続きを読む]
  • 「宿題」とは何なのか?
  • 学校でも塾でも、大抵の場合、「宿題」が課されます。 そもそも「宿題」は何のために課されるものなのでしょうか? ゆとり教育以前は、特に長期休暇の際の宿題の量は、さほど多くありませんでした(もちろん学校ごとに差はあるとは思いますが)。現在のように週休2日制ではなく、土曜日も学校に通ったため、現在よりも学校での学習量が多かった影響もあるでしょう。逆に言えば、週休2日に移行した現在では学校での学習量が少なく [続きを読む]
  • 「頑張る」意味とは?
  • ベンチ外れた3年生同士、雨中の引退試合「皆が一つに」http://www.asahi.com/articles/ASK747RB7K74UHNB00J.html 第99回全国高校野球選手権群馬大会の開幕を前に、前橋商と前橋工のベンチ入りできなかった3年生の「引退試合」が4日夕、前橋市民球場であった。選手たちは台風に伴う雨が降りしきる中、泥だらけになりながら懸…久々に大変良い記事でした。夏の高校野球を主催する朝日新聞ならではの記事だとは思いますが、最 [続きを読む]
  • 「七転び八起き」の精神で!。
  • 私は常々、テストごとの結果について、過度に一喜一憂しないように指導しています。 満足いく結果が得られなければ、しっかり検証・反省し、次に繋げれば良い。期待以上の結果であれば、それに満足することなく、更なる向上を目指せばよい。 テスト結果に絶望したり、逆に慢心したりすることなく、次のテストに向けての対応に力を注いでいけばよいのです。 受験期に近くなると、一度のテストの失敗で、まるで人生が終わってしまう [続きを読む]
  • 省いてはいけないこと。
  • 受験生、特に数学の授業を見ているとよく感じるのですが、元々持っている能力に比べ、点数が伸びない子には共通の「悪癖」があります。 それは、「省いてはいけないところを省いている」ということです。 テストにおいては、数学はもちろんのこと、どの教科でも「試験時間」が決まっています。当然のことですよね。だからこそ、特に数学などは、「速く、正確に」計算をし、時間にゆとりを持たせつつ、「見直し」をしっかりやらなけ [続きを読む]
  • 学歴と品格。
  • 「豊田真由子」学芸会&ミュージカル罵詈雑言 ♪たまげた〜たまげたよ〜〜■「豊田真由子」その女代議士、凶暴につき(2)  6月22日に自民党を離党した豊田真由子代議士(42..........≪続きを読む≫[アメーバニュース] 大相撲において、最高位である横綱に推挙される条件として、「抜群の品格」が求められるそうです。これまで数多の横綱を見てきましたが、本当に「品格」が備わっているのかな?と感じてしまう方もいらっしゃい [続きを読む]
  • モチベーションと目的意識。
  • 勉強でもスポーツでも、人一倍打ち込むためには、確固とした目的意識があり、かつモチベーションを維持していくことが大切だと思います。 辛い練習(勉強)に耐えていくには、単なる「我慢強さ」だけではどうにもならない部分があるのではないかと思います。 目標の「高校」なり、「職業」などがしっかりと定まっている子は、やはり勉強(スポーツ)に対する取り組み方が違います。目標達成のために少々の困難にも立ち向かうだけの [続きを読む]
  • 「時間を割く」重要性。
  • 何事にも「効率」というものがあり、それは大変重要なものだと考えます。スポーツをやっている高校生などによく言うのですが、勉強に充てる時間が十分にとれないのであれば、他人が2時間かかることを1時間でやればよい、スポーツをやっている以上は、そのような「集中力」を高めることが重要だ、と説いています。本格的にスポーツに取り組み、勉強も頑張ろうとする子にとっては、十分な勉強時間を捻出するのはなかなか難しいこと [続きを読む]
  • テストができれば、それでよい?
  • 高校受験生の皆さんは、そろそろ自分の「内申点」が大いに気になっているはずだと思います。 特に私立高校を第一志望とする受験生にとっては、その合否が「内申点」のみに左右されることを決して忘れてはいけません。テストで少々良い点を取ったところで、通知表の評価が上がらなければ、何の意味もありません。 「テストで良い点を取れば、通知表の成績だって自然に上がるんじゃないの?」 という方もいるかもしれませんが、それ [続きを読む]
  • 目標とは、大層なものではない。
  • 中高生といえば、思春期真っ盛り。異性のことが気になって仕方ない時期でもあります。保護者様にとっては心配が尽きないものとお察しいたしますが、私どもの成長の過程を省みても、致し方ない部分はあるでしょう。 以前、当塾でもお付き合いをしている塾生がおりました。ほぼ同時期に入塾してきた二人は、当初は女の子の方がやや勉強ができた状況でした。二人の希望は「同じ高校に進学すること」。学力が劣っていた男の子からすれ [続きを読む]
  • 「奇跡」は「起きる」のではなく、「起こす」もの。
  • 市川海老蔵、ブログで「人生で一番泣いた日」に心配のコメント多数歌舞伎俳優の市川海老蔵が23日、7時54分にブログを更新し「人生で一番泣いた日です。」と明かしたこと..........≪続きを読む≫[アメーバニュース] 先ほどテレビのニュース速報で大変残念な知らせがありました。 闘病の甲斐なく、小林麻央さんが亡くなったとのことでした。まだ幼いお子様を遺してのご逝去について、その無念さは筆舌に尽くしがたいものがあるでし [続きを読む]
  • 最後は気力と体力!
  • 昨日は台風並みの暴風雨で、公共交通機関を利用して出勤する複数の講師に大いなる影響が出てしまい、滞りなく授業を遂行するための「対策」が大変でした。 本日は蒸し暑い一日でしたが、季節の変わり目は寒暖の差が激しかったり、湿度が急上昇したりして、少なからず体調に影響を及ぼすことも多いと思います。 受験生の皆さんにとって、最後の「頑張り」を支えるのは、何と言っても「気力」と「体力」です。まずは万全の体調を整え [続きを読む]
  • 何かを我慢すること。
  • 各中学校で定期テストが終了し、それぞれにその「結果」を受け止めています。特に中3生は進路に直結する重要な定期テストだったこともあり、まさに悲喜こもごもといった感じです。 1回のテスト結果に、過度に一喜一憂する必要はありませんが、きちんと検証し、反省することはとても大切な作業です。何事も「やりっ放し」では進歩がありません。 当塾のある中学生、今回のテスト結果が思いのほか振るわず、とある決意を固めたよう [続きを読む]
  • 「うんこ」の効用。
  • 『うんドリ』今年度初の4週連続首位 女性誌で大人版も登場 「うんこ」という言葉を全例文で使った、ユニークな内容の学習ドリル(小学1〜6年生対象)として話題を..........≪続きを読む≫[アメーバニュース] お食事中の方には大変失礼いたします(笑)。ふざけたタイトルとはいえ、記事自体は至って真面目です(笑)。 当塾では時折、ホワイトボードに「うんこ」のイラストが書いてあります。犯人は「私」です。塾生ならみんな [続きを読む]
  • 忙しさを楽しむ。
  • 昨日はなぜか同じ記事が2度投稿されてしまったようです。教室や自宅からではなく、行きつけの喫茶店で記事を書いて投稿したので、その影響があったのかもしれません。大変失礼いたしました。 ここのところ週末は長男の部活動(サッカー)の送迎に追われています。沼津教室や三島教室に新規入塾生もあり、その準備で週末も忙しくなっています。中高生の皆さんも、定期テストやいよいよ大詰めを迎える部活動などで、とても忙しい日 [続きを読む]
  • 遅すぎることなどないのだ!
  • 中学生の皆さんは、来るべき高校受験に向けて、皆必死で勉強に取り組んでいると思います。高校生は大学受験に向けて、私立中受験生は私立中受験に向けて、同様に頑張っていることでしょう。勉強のみならず、何らかの目標に向かって頑張っている姿を見るのは、私にとっても大変心地よいものです。勉強でもスポーツでも、決して「始めるのが遅すぎる」ことはない、ということを最近改めて実感しています。当塾は個別指導塾ですので、 [続きを読む]
  • 遅すぎることなどないのだ!
  • 中学生の皆さんは、来るべき高校受験に向けて、皆必死で勉強に取り組んでいると思います。高校生は大学受験に向けて、私立中受験生は私立中受験に向けて、同様に頑張っていることでしょう。勉強のみならず、何らかの目標に向かって頑張っている姿を見るのは、私にとっても大変心地よいものです。勉強でもスポーツでも、決して「始めるのが遅すぎる」ことはない、ということを最近改めて実感しています。当塾は個別指導塾ですので、 [続きを読む]
  • チャンスを逃すな!。
  • 三島北中では本日をもって定期テストが終了、お疲れ様でした。山田中は明日ですね。頑張ってください! 北中の生徒はテストが終了してやれやれ・・といったところでしょうが、今こそがとても大事であることを忘れてはなりません。テストが終了したことで、一気に気が抜けて、怠けている子も少なくないと思います。そんな時こそ「差を詰める」「さらに差を拡げる」チャンスなのです。この絶好の機会を逃す手はありません。 テスト終 [続きを読む]
  • 夏期講習は、まだ早い!。
  • 他塾様、特に大手と呼ばれる学習塾様では、既に「夏期講習」の宣伝が盛んになされているようです。 当塾はといえば、例年同様、ギリギリまでご案内はいたしません。それは私が忙し過ぎて手が回らないという理由だけでなく(笑)、ちょっとした狙いもあるからです。 まず、当塾のような小さな塾では、大手様の塾と同時期に宣伝をしても、全く効果がないからです(笑)。時期をずらすことで、より近隣の皆様に認知していただきたいで [続きを読む]
  • 偉大すぎる後輩。
  • 私の出身中学の後輩に、有名な陸上コーチがいます。 かなりの有名人で、陸上の短距離や、サッカーに傾倒されている方ならすぐにおわかりになるのでは、と思います。我が母校である中学には、砲丸投げの室伏選手と並んで、彼の写真と業績が飾られています。この場では、あえて名前は伏せます。 私は中学3年生の時に生徒会長をしていて、陸上競技のみならず、学業も極めて優秀であった彼とは、生徒会の活動で少々の接点があったよう [続きを読む]