とと子 さん プロフィール

  •  
とと子さん: Nosetto
ハンドル名とと子 さん
ブログタイトルNosetto
ブログURLhttp://www.naturalspace.eu/
サイト紹介文フランス在住。少しお休みしてましたがまた書き始めました。散歩がてらに撮った写真などをのせています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/06/22 03:35

とと子 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 犬を預かる
  • 犬を預かる5日ほど、ワンコを預かりました。Mちゃん、女の子。私もGも動物は好きなのですが、犬を飼った経験がなく、変なもの食べて病気になったらとか、散歩中に逃げたり事故にあったらとか、不安の種は尽きませんでした。命を預かるわけだし。とりあえず「1日2回のご飯と散歩」というざっくりした説明のみだったので、後はもう手探りで。料理中、気づいたらまな板の上のモッツアレラチーズがなくなっていたり、私のスリッパ [続きを読む]
  • 最近の出来事いくつか
  • 最近の出来事いくつかスーパーにて、セルフで果物や野菜の重さを測って価格のシールを貼る機械で、セール品のマンダリン(みかんに似た、ていうかみかん?)の項目がなくて、近くにいたカルーセル麻紀風の店員さんに一緒に探してもらったんだけど、やっぱりなかったんで、麻紀はマンダリンによく似たクレモンティーヌ(これもみかんぽい)の価格でシールを出して、私の袋に貼りました。私が、マンダリンより高いです‥とおずおず訴 [続きを読む]
  • 海外から本を注文する
  • 海外から本を注文する以前から、時々日本のhontoというサイトに本を注文しています。ここの何が良いかというと、EMS便だけでなくSAL便や船便など好きな配送方法を選べることと、送料以外手数料がかからないことです。海外に商品を注文すると関税がかかると聞いたこともあるけど、今まで3回注文(平均5000円くらい)して一度もかからず。私はいつもSAL便で注文して、だいたい2〜3週間で届きます。パリのブックオフ閉店以降、日本 [続きを読む]
  • 皮膚科へ行く
  • 皮膚科へ行く去年の引っ越しシーズン中、急に目と口の周りが乾燥し始め、適当にクリームを塗っていたら、だんだん目の周りが赤く腫れて、外出できる顔じゃなくなってきたので皮膚科に行ってきました。とりあえず、アレルギーじゃないかということで、検査をすることに。フランスの血液検査は、街に点在するLaboratoireという場所で行います。私は注射がこわくてこわくて、こわすぎて倒れたこともあるほどこわくて、しかもフランス [続きを読む]
  • ストラスブールの旅(メモ編)
  • ストラスブールの旅(メモ編)ストラスブールについて、ちょっぴりネットで調べたので書いておきます。あと旅の覚書。フランスの北東、ドイツとの国境にあります。ストラスブールを含むアルザス地方(下図のオレンジ部分)の人々は、その特別な歴史的背景のため、フランス人というよりアルザス人としてのアイデンティティーを強く持っている‥等、少し調べただけでもとても興味深かったです。かつては神聖ローマ帝国、ドイツ領でし [続きを読む]
  • TGVに荷物を忘れてあたふたする
  • TGVに荷物を忘れてあたふたする旅の後編というより、今回はストラスブールとは関係ない帰路編です。帰り道、乗り換え駅のホームで、もうすぐ来るTGV(高速鉄道)を待っていたときのこと。ホームにある自販機に飲み物を買いに行ったGが、「おまけで二本も当たったみたい。また荷物増やしてごめんね‥」と、たくさんペットボトルを抱えながら帰ってきた時、ふと私はリュックを背負ってないことに気づきました。さっきのTGVに忘れた! [続きを読む]
  • ストラスブールへの旅
  • ストラスブールへの旅ドイツっぽいでお馴染みの、ストラスブールへ行って来ました。パリからだと近いと思いきや、昨年末にうっかり南の方へ引っ越ししたので、やけに長旅になりました。電車に乗り遅れたらどうしよう、とか、忘れ物したら、とか、お腹痛くなったら‥引ったくりにあったら‥等、心配要素が多いので、旅はあまり楽しめないのですが、駅でぼんやり行き交う旅人たちを見たり、TGV(高速鉄道)から眺めるいつもの緑の風 [続きを読む]
  • 初めてのプラモデル
  • 初めてのプラモデル昨年末、『スターウォーズ フォースの覚醒』を観に行った勢いで買った、BB-8 & R2-D2のプラモデルを組み立てました。私が子供の頃、プラモデルといえば、なんだか面倒なイメージがありましたが、今はかなり進化しているようです。色は最初からついているし(見よう見まねで線は入れてみた)、接着剤もいらず、同じようなパーツがいくつもあるのに、間違って組み立てる恐れのないような絶妙な構造になっていて、 [続きを読む]
  • ユーロビジョン2016を見た
  • ユーロビジョン2016を見た土曜日のお昼、なにげなくテレビを見ていたら、かつてヨーロッパで国別対抗歌合戦なるものが年に一度開催されており、若かりしフランス・ギャルやセリーヌ・ディオンなども出場していた、ということを知りました。そんな歌のオリンピックのようなおもしろそうな番組、見たかったな〜と思っていたら、なんとそれが今も続いていて、しかもその夜テレビで放送される!というので、見てみました。大会は、昨年 [続きを読む]
  • 出した葉書が戻ってきた
  • 出した葉書が戻ってきた。先日出した葉書が戻ってきました。というか、正確には、私の出した日本への葉書が私の家に配達された (*^∇^*)/ということですね。最初に一通戻ってきて、まあ一通だけなら封筒に入れて出しなおすか、と思ってたのですか、その翌日にもう一通、その翌日にももう一通。同時に投函して、なぜにこの時間差‥いや、今問うべきところはそこじゃない。La post(郵便局)に持って行ったところ、窓口の方は、「機 [続きを読む]
  • フランスから手紙を出す
  • フランスから手紙を出すパリを歩いていると、素敵なポストカードに目がとまります。それで、よーし葉書を出すぞっ!と意気込んで買うのですが、なかなか実際出すに至りません。なぜなら、切手を買うのがどうにも面倒なのです。どうせならフランスっぽい切手を貼りたい。でも、La post(郵便局)に置いてないことが多く、運よくあったとしても、微妙なデザイン。しかも窓口では、たいてい後ろにたくさん人が待っているので、ゆっく [続きを読む]
  • 蚤の市の季節がやってきた
  • 蚤の市の季節がやってきた私の住んでいる街で、今年最初の蚤の市があったので、行ってきました。みんなこの日を待ちわびていたのか、久しぶりの晴天もあいまってか、ものすごくたくさんの人が来ていて、みなさん、いろんな戦利品を大事に抱えて歩いていました。私の街の蚤の市は、そりゃあパリのものとは規模が違うだろうけど、出店数もそこそこ多いし(この日は多すぎて全部見られなかったと思う…)、プロっぽい業者と一般の人の [続きを読む]
  • ブックオフ・・・
  • ブックオフ・・・この間、ちょっと久しぶりにパリのブックオフへ行ったら、店内ガラーンとしてまして、本がほとんどありませんでした。嫌な予感がしつつも、とりあえず本を見ていると、二人連れの日本人が、「いつ閉まるんだろうね〜」と話しているのが聞こえました。「閉店するんですか?!」と、思わず尋ねると、いつかはわからないけど、近々閉店するらしい、とのことでした。とと子、死んだーっ!はい、しばらく魂が抜けたよう [続きを読む]
  • フランス語の問題集を買いにパリへ行く
  • フランス語の問題集を買いにパリへ行く家の近くの(そんなに近くもないんですが)Fnac にフランス語の問題集を買いに行こうとしたら、Gが、サン・ミッシェルの GIBER JEUNE に行ってみたら?というので、行ってきました。そこは品数も多いし、中古品もあるから、もしかしたら安く買えるかも?とのこと。サン・ラザール駅から、サン・ミッシェル駅まではバスで12駅あり、いつもわりと時間がかかるのですが、この日は降りる人も乗る [続きを読む]
  • クロード・フランソワを知らなかった
  • クロード・フランソワを知らなかった先日、「La folle histoire de Cloclo」というクロード・フランソワのドキュメンタリーを見ました。私はよくフランスの懐メロ放送を聴いていて、フランスの歌(懐メロ限定)はいくらか知っていますが、歌手の顔と名前はほとんど知りません。クロクロことクロード・フランソワについても、歌は知っていましたが、顔も名前も知らなかったどころか、なんとなくカルーセル麻紀のような女性をイメー [続きを読む]
  • フランスギャルによるミッシェルベルジェ
  • フランスギャルによるミッシェルベルジェ昨夜、「フランス・ギャルによるミッシェル・ベルジェ」という番組を見ました。フランスギャルというと、私はすぐにゲンズブールの曲を思い出すのですが、Gにはそっち(アイドル時代)はあまりピンとこないようで、フランス・ギャルといえば、後の私生活のパートナーにもなったミッシェル・ベルジェの曲のようです。Gによる一言メモ…スターマニア(ロック調のスペクタクルオペラ?)を作っ [続きを読む]
  • 過去の記事 …