気まぐれ親父 さん プロフィール

  •  
気まぐれ親父さん: 信州諏訪発気まぐれ親父のブログ
ハンドル名気まぐれ親父 さん
ブログタイトル信州諏訪発気まぐれ親父のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/youichi37581486
サイト紹介文写真で信州諏訪を中心に今!を又山登り、草花、時に映画の感想も・・・自由きままなブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/06/22 06:27

気まぐれ親父 さんのブログ記事

  • 醬油樽の滝 2017新緑を・・・・のはずが?
  • 新緑の「醬油樽の滝」を楽しもうと出かけたのですが・・・     おや?何か怪しげな札が掛けてあるぞ・・・?? 近づいて見ると『土砂崩れの為醬油樽の滝へは行けません』へ!? 行ける所まで・・・           ホテイランが出迎えてくれました。  まだ咲いて居るんだ〜 と、言う事は? もしや未だ早かったか??? サクラソウは?  一の滝までは普通に来れました。 おっ!結構行けるんじゃ無いか〜〜? [続きを読む]
  • 山賊焼 発祥の店 浅間温泉『河昌』
  • 何時だったか、塩尻の山賊焼のお店を紹介した際、今度は浅間温泉の『河昌』さんを紹介しますと書いて・・・数か月            http://blog.goo.ne.jp/youichi37581486/e/cdb0a67a9e5ec6e1f6fca0eaa514ef1e 浅間温泉に来たので寄らせて頂きました     山賊焼がお店で出され始めたのが昭和37年だそうです。鶏肉も産地にこだわりタレに漬けこむ事2日間だそうです。        今回は王道の骨付きでは無く・ [続きを読む]
  • 浅間温泉でトレッキング?
  • 先日、「元向寺」さんへ行った際 私の第二の故郷「浅間温泉」に寄らない訳はありません・・・・が、訪れるたび変化しており少し少し高台から望もうと・・・あれ?何時の間に出来た???『浅間温泉 森林トレッキングコース』 へ〜〜 御殿山まで登れるんだ〜 此処は茸山で入山禁止だったからな〜森林浴には良いな〜道も整備されてるし              アオダモ                          [続きを読む]
  • 岡谷の美味しい中華屋さん 『来々軒』
  • 最近よく聞く「街中華」そんなお店だはありませんが開業は昭和24年と言う名店で、岡谷市民で知らない人は居ないと言います味は天下一品「来々軒」 店名が如何にも昭和ですよね〜 昼には入りきれないほどの込み様だそうです。。私は少し時間がズレていたので      入り口の窓にはこんなポスターが・・・更に店内にはこんな但し書きも・・・ こだわってるな〜 素晴らしい!! 楽しみだぞ!! 先ずは「ラーメン」おお〜 [続きを読む]
  • ワイルド・スピードICE BREAK
  • 誰よりも仲間を愛し大切にしてきたドミニク(ヴィン・ディーゼル)の裏切りにより、彼らの結束は崩れようとしていた。だが、彼の行動には謎のサイバーテロリスト(シャーリーズ・セロン)が関与していることがわかる。レティ(ミシェル・ロドリゲス)やローマン(タイリース・ギブソン)らはドミニクを取り戻すため、最大の敵デッカート・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むがワイルドスピードの8作目です。今回も期待に [続きを読む]
  • 塩尻市片岡 牡丹の『常光寺』
  • 私が松本市を訪れる際「中央道」を通るのはほゞ無く、市街地に用事が無いのもあるのですが大体「しののめ道」・「片岡線」・「赤城線」を走るのですが、ふと浅間温泉の帰路「あっ!そうだ!片岡北熊井に牡丹寺があるでは無いか〜」と、ふと思い出し寄り道することに え〜常光寺さんて石楠花じゃないの?と思われた方は鋭い!! 石楠花の常光寺さんは塩尻でも塩尻市上西条、善知鳥峠の側ですがこちらの「常光寺」さんは塩尻から松 [続きを読む]
  • 松本市 元向寺さんの牡丹
  • 久しぶりに長い事生活をした、松本市へ・・・女鳥羽山道樹院「元向寺」さんへ牡丹の花が見頃を迎えているので伺いました      ほゞ満開の状態でした この日は国営放送局のBSで特別放送が在る らしく撮影に来ておられました。その他にも人が途切れることなくお越しになられる方が居りましたよ。     牡丹は明治18年(1885)、戒譽隆説和尚が植樹して以来、現住職で5代目となり、現在120種、1250株の牡丹園となったそ [続きを読む]
  • 岡谷市鶴嶺公園のつつじが見頃を迎えました 2017
  • やっとですね〜  岡谷市川岸3丁目・・・・塩嶺王城県立自然公園の一部になるんですね〜 今年は開花が遅くやっと!満開白花は少し遅いのでこれからでしょうか? お掃除に来ていた方に聞くと「私がこの地に来た頃は20日位が満開だったからこれが普通よ〜」と・・・温暖化のせいでしょうかね〜 少しづつ開花が早まったようですね       つつじ祭りは延長してまだ行っているようですが『屋台』は無くなっているので少し残 [続きを読む]
  • 追憶
  • 「鉄道員(ぽっぽや)」「あ・うん」などの名作を手掛けた監督・降旗康男と撮影・木村大作が9年ぶりにタッグを組み、岡田准一を主演に迎えたヒューマンサスペンス。ひとつの殺人事件の刑事・容疑者・被害者として再会した幼なじみ3人が、心の奥に封印してきた過去と向き合う様子を描く。1992年、冬。親に捨てられた13歳の少年・四方篤は、似た境遇の田所啓太、川端悟と共に、軽食喫茶を営む仁科涼子と山形光男のもとで家族のように [続きを読む]
  • 高島公園の藤が満開
  • 桜も終わり高島公園は藤がピークを迎えました。 園内に入り「藤棚」の側まで行くと、藤の独特の強い甘い香りがしてきます      心字池の藤も見頃を迎えていますね・・・・ 心字池の水が少し少ないと感じたのは?? 園内を回っていると高島城の下のヤブツバキが花は残っているのですが足元には真っ赤な絨毯を敷き詰めた様な光景が広がって居ました 明治9年に植えられ樹齢130年超諏訪市の天然記念物となって居ます  [続きを読む]
  • 辰野町横川 そば処『三浦亭』
  • 蛇石を見に行った際、こんな奥地で蕎麦屋さんあるんだ〜と・・・帰りに寄って見よう〜 とあまり期待もせずに寄ったのですほとんど民家 昼の11時11時~14時までの営業のみ 火曜日定休 入って見ると・・玄関先だけカウンター付けました・・・みたいな此処で頂くのかな〜と思っていたら、奥に通されって!やっぱり普通の民家。。富士見の「新治蕎麦」みたいな処だな〜と       どうやらご年配の夫婦だけで経営してい [続きを読む]
  • 辰野町 横川渓谷の『蛇石』を見に行く
  • 前々より一度行って見たいと思っていた辰野町「横川の蛇石」丁度いい期会が出来たので行って見た。。 かやぶきの館までは行った事があるのだがそこから奥は未だ行ったことの無いのが実情で、奥に集落がある事にも正直びっくりでした。 蛇石キャンプ場に着くと直ぐにほ〜〜〜これが『蛇石』か〜黒色粘板岩に白い石英の脈が横切って「蛇」の背を思わせ「蛇石」と言われているそうです。少し分かりずらいねへ〜凄いな〜 で、ウイキ [続きを読む]
  • 飯山の美味しい蕎麦屋さん 『西之茶や』
  • 飯山に行った際 美味しい蕎麦が食べたいな〜と・・・ お土産を買い求めたお店で「この辺で美味しい蕎麦屋さんは何処ですか?」      すかさず教えて頂いたのがこちら『西之茶や』さん。飯山市内から飯山I・Cへ向かう117号線沿いの石臼挽き自家製粉の手打ち蕎麦屋。そば粉は県内の農家を訪ね歩き厳選されたもので、品種ごとにつなぎの量を調整し個性が引き立つように配合するのだという。                 [続きを読む]
  • 石楠花の常光寺 2017
  • 例年より大分遅いのですが塩尻市上西条の『常光寺』さんに石楠花が見頃かな〜と思い赴いたのですが・・・・早かった〜     て、咲いている部分だけを・・・山全体を見るとまだまだの3〜4分咲きですなので例年 拝観料(400円)を払うのですが未だ開花が少ないため無料でした。 今週末から来週が見頃でしょう!!そんな訳で              ゲンペイイカリソウ                         [続きを読む]
  • 蓼科湖畔 『聖光寺』 の桜2017
  • 生憎の空模様ですが、もう最後だろうと蓼科「聖光寺」に花見に向かいました。     大方の予想をしていたのですが、やはりな! と、言う感じですかね。 でも桜は散り際が一番美しいと思います若葉に散った花弁が乗っており少し面白い光景に      今日の花見は上を見るより    下を見る花見となりました。2017年の桜便りもそろそろ終わりです ある程度満足したかな〜 来年は地元から離れた桜を追いたいな [続きを読む]
  • 信州原村郷土資料館の桜が満開に 2017
  • 古木の桜では無いのですがピンク色の濃いシダレザクラ 信州原村郷土資料館 此処の佇まいが好きで毎年来ますが・・・ブルーシートが      資料館の周りには「ツルニチソウ」も      周りにあるヤマザクラも満開ですがこうして比べてみるとピンク色の濃いのが良くわかります 7日撮影なので多分満開だと・・・思います何時まで桜を巡っているんだろう???  後もう1ヵ所 蓼科『聖光寺』さんの桜を最後にしたいと [続きを読む]
  • 飯山菜の花公園 2017
  • 今年は花の開花が遅くて良かった〜 と、思う・・・幻の滝の帰路に「飯山菜の花公園」の菜の花が観れるとは思いませんでした。が・・・      毎年来ているとどうしても同じ『画』になってしまうので・・・又も登場のミラーレンズ  ボケの楽しさが意外と好きなんです     菜の花と千曲川      定番の赤い橋と菜の花  今年も小学校校庭の並木には御衣黄桜が咲いて居ましたよ。皆さん菜の花に気を取られ気が付き [続きを読む]
  • 飯山北竜湖の春 2017
  • 飯山に来て、私の外せない場所・・・『北竜湖』かれこれもう30年程前から来ています。今回新たな道が開通しており驚きでした   来始めた頃にはまだオフロード車で走るような山道を走って来たのに・・・年々道が整備され、観光客も増え有名になったものです。。菜の花もまだまだ見頃      新緑が毎年来ても感動できる場所です。 癒されるわ〜〜 この湖の上にボートで出たら泣いて居た息子ももう27歳・・・うう〜ん気 [続きを読む]
  • 木島平村の幻の滝 『樽滝』 
  • 行ってきました!! 木島平村の幻の滝『樽滝』年に2回だけ出現する滝 秋の出現は平成25年からですが・・・行ったことがありません      自宅をAM6時に出発 中央道・上信越道と走りジャスト2時間で到着! 多くのカメラマンが既におり滝の出現を待っていました                         8時半 さ〜来るぞ〜            来た〜〜〜〜                  滝出 [続きを読む]
  • 富士見町 鼎談桜が満開に
  • 数日前、北信からの帰路様子を見たかったのは富士見町田端の『鼎談桜』の開花状況 7分咲き位かなと思ったので再度 あれから3日  満開になって居ました。。 朝も早くからカメラマンの姿も・・・県外ナンバーの方が数組      鼎談桜はカスミザクラ 満開時には遠くから見ると霞が掛かったように見える事から「霞桜」と、言われています すると・・・・鼎談桜の下で『鼎談』する子供達・・・ (半分やらせ^_^;) お散 [続きを読む]
  • バーニング・オーシャン
  • 2010年にメキシコ湾沖で発生し、日本でも大きく報道された海底油田爆発事故を映画化。2010年4月20日、メキシコ湾沖約80kmに位置する石油掘削施設「ディープウォーター・ホライゾン」で、海底油田から逆流した天然ガスへの引火による大爆発が起こった。海上一面が火の海と化す最悪な状況の中、施設内に閉じ込められた作業員たちは被害の拡大を食い止めるべく奔走し、決死の脱出を図る。「ローン・サバイバー」「バトルシップ」のピ [続きを読む]
  • ナイスガイズ
  • 1970年代のロサンゼルス。シングルファーザーの私立探偵マーチ(ライアン・ゴズリング)は腕っ節の強い示談屋ヒーリー(ラッセル・クロウ)に無理やりコンビを組まされ、行方不明になった少女捜しを手伝うハメに。さらにマーチの13歳の娘ホリー(アンガーリー・ライス)も加わり捜査を進めていくが、簡単に終わるはずだったその仕事は、とある映画にまつわる連続不審死事件、さらには国家を揺るがす陰謀へとつながっていく二枚目役 [続きを読む]
  • 池田町の美味しいお蕎麦屋さん「鬼無里」とお酒・・・・山桜
  • 予定より少し早めの移動となったので考え付いたのが「西に吉野・東に陸郷複眼のヤマザクラ」と言われる池田町陸郷へと向かう     も・・・すでに終わり!! あ〜またも予定が・・・さてさてどうしたもか?と、女房の実家によって行こうか〜と・・・その前に寄る場所が 池田町の酒蔵『大雪渓酒造』さんです。 昔から此処のお酒が好きでこちらに来ると寄らせて頂きます。 が少し久しぶりでして   店舗が綺麗になっており [続きを読む]
  • 大町市中山高原の菜の花
  • 居谷里湿原を後に向かったのは、本日のメイン 「中山高原の菜の花」  やっぱり『菜の花』かい!! ん〜時期的にね〜〜〜      向かう途中の美麻村からの桜が綺麗だったので爺ヶ岳をバックに撮影   さ〜向かいます。旧大町スキー場 現在は中山高原 標高900m 北アルプスを望むHATAKEとなって居ます。鹿島槍ヶ岳をバックに咲く菜の花 NHK「おひさま」のロケ地ともなり訪れる方は徐々に増えているそうですね白樺の [続きを読む]
  • 大町市 『居谷里湿原』 の晩春
  • ゴールデンウイーク中にまさかの休日!! 例年なら北信でも飯山菜の花祭りに行くはずなのですが・・・例年と違い祭日なので・・・      そこで思いついたのが大町市・・・ その場所に向かう途中に『居谷里湿原』がある。 この時期の居谷里湿原は来た事無いなな〜まして、この地に来たのは30数年前? それも残雪残る頃に「ザゼンソウ」と「ミズバショウ」の撮影に来た時以来です。。。あ〜流石にもう、ザゼンソウもミズ [続きを読む]