気まぐれ親父 さん プロフィール

  •  
気まぐれ親父さん: 信州諏訪発気まぐれ親父のブログ
ハンドル名気まぐれ親父 さん
ブログタイトル信州諏訪発気まぐれ親父のブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/youichi37581486
サイト紹介文写真で信州諏訪を中心に今!を又山登り、草花、時に映画の感想も・・・自由きままなブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/06/22 06:27

気まぐれ親父 さんのブログ記事

  • D−800 オーバーホール
  • ニコンの新しい一眼レフがされましたがとても私の様な素人が扱える物ではなく(お値段も)・・・・しかし今使って居るボディーにも少しだけ気になるところもありまして。。。。 さて?どうしようか? オーバーホールに出してみるか〜 と、なり 一部、私の扱いで損傷した部分もあったのですが・・一番は『ピントが甘い』ところでした。 少しおかしいな〜と思いながら居たのですが、点検して頂くとやはり「本来より前側にピント [続きを読む]
  • 茅野市ビーナスライン添いの美味しいお店『心笑』再開
  • 先日、店主より連絡を頂きましたので では、と 伺ってみました・・・ 以前のお店より大分白樺湖よりビーナスラインを白樺湖・蓼科方面に走ると「花蒔(はなまき)」と言う場所になります 以前の「蓼科自由農園花蒔店」の後です ん? 此処か???以前と趣が違うが?   オムライス?パンケーキ? 嫌・・・店名は『心笑』だから間違いないだろう   お店に入ると間違いなかった以前のお店に比べるとこじんまりしたテーブ [続きを読む]
  • エイリアン:コヴェナント
  • 宇宙移住計画を遂行するため、コみールドスリープ中の男女2,000人を乗せた宇宙船コヴェナント号は、植民地の惑星に向かって宇宙を航行する。最新型アンドロイドのウォルター(マイケル・ファスベンダー)が船の管理を任されていたが、途中で事故が発生。乗組員たちは必死で修復作業に取り組み目的地「オリガエ6」に向かおうとするが・・・・この映画は前作「プロメテウス」の流れなので、エイリアンの世界観は引き継いでいます・・ [続きを読む]
  • 初秋の千代田湖
  • すっかり勘違いしていましたこの池『千代田湖』と言うのですが・・・茅野市になると思い込んでいました  違ったんですね伊那市藤沢地区になるそうです 標高1300mに位置し池の周囲は500〜600m 水深も1.5m程の人口湖です。 キャンプ場が併設されています 少し秋の気配を感じます 湖畔には「千代田荘」と言う建物もありますが夏だけの営業のようですね。             湖畔を一周している間ふと思い [続きを読む]
  • 初秋の入笠湿原
  •  折角来たのだからと、入笠湿原の朝も見て帰ろうと 初秋の入笠湿原は「エゾリンドウ」の花が咲き誇って居ます               ウメバチソウ               アケボノソウ              エゾリンドウ 湿原にはまだ日は差して来ません 少し朝もやが掛り静かな朝です     と、話し声が聞こえて いつの間にか一組の夫婦が  草紅葉が始まっているのが分かります・・・・と あれ [続きを読む]
  • 入笠山より日の出を拝む 
  • 台風一過の翌日、朝から晴れる事は解っていたので「久しぶりに早起きするか〜!!」と向かった先は『入笠山』 4時45分に自宅を出、余裕だろうと思ったのが間違い・・・ 意外と夜が明けるのは早かったです。  AM8時までは入笠山の直ぐ下「マナスル山荘」までは車で来れるので良いだろうと思い余裕だと思っていたのですが・・・ 朝焼けのピークが・・・・遅かった・・・雲海が広がっていたのが少し救われたかな? 朝の空気 [続きを読む]
  • 台風一過
  • 深夜の内に通り過ぎてしまったようです 何時も思う事ですが長野県は比較的台風などの被害は少ないですねアルプスなどの山々に囲まれ、大概手前で進路を変える事が多いですからね 昨晩は風は一時凄かったものの朝には・・・・パノラマスキー場の ??裏の水田の稲も倒れる事なく多少は倒れている所もあるのですが稲刈りで困る程の倒れ方ではありませんね。。。                        稲刈りが始まる前 [続きを読む]
  • 雨ですね・・・
  •  大型の台風が近づいていますTVでは台風の情報が流れて居ます自宅の庭の野菜は夏も終わり色付かなくなったトマトも・・・夏の間長〜く咲いていたマルバルコウソウの花も大分終わり始めました 小雨降る一日となりそうです キバナコスモスはほゞ散り始めて居ます・・・・秋  今朝一番にブログを開くと嬉しい知らせもありました                                         さて・・・仕 [続きを読む]
  • 自然のオブジェ
  • 少し仕事に行く前に時間が出来たので (山へ茸採りに行くか〜) と、向かったのですが・・・これ程9月中旬だと言うのに無いとは・・・どうした事だろう??? 無いので疲れる訳で、それならと 写真でも撮って楽しむかな? 切り株の上の頑張り屋さん    光の光芒                マルバダケブキ                       トリカブト   ホワイトハウス(毒ツルタケ) 未来住宅? [続きを読む]
  • 北杜市円野 美味しい「もじ煮」の『やま輝』さん
  • ネタが無くなったので・・・以前伺ったままでアップしていなかった美味しいお店を紹介します。   国道20号線沿いの食堂   山梨県韮崎市円野町上円井 軽い気持ちで入って食した所・・・ん?美味い!と三回目です  食堂やま輝 店内は普通のドライブイン 昼は定食屋さん夜は居酒屋? (ボトルキープもあるようですし) 最初来た時は「生姜焼き定食」此れが・・・あっ美味しいな〜と 再来店した時にこのお店の名物だと [続きを読む]
  • 三度目の殺人
  • 勝つことを第一目標に掲げる弁護士の重盛(福山雅治)は、殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を渋々引き受ける。クビになった工場の社長を手にかけ、さらに死体に火を付けた容疑で起訴され犯行も自供しており、ほぼ死刑が確定しているような裁判だった。しかし、三隅と顔を合わせるうちに重盛の考えは変化していく。三隅の犯行動機への疑念を一つ一つ紐解く重盛だったが・・・三隅が起こしたとされる2度目の殺人をメインにス [続きを読む]
  • ダンケルク
  • 1940年、連合軍の兵士40万人が、ドイツ軍によってドーバー海峡に面したフランス北端の港町ダンケルクに追い詰められる。ドイツ軍の猛攻にさらされる中、トミー(フィオン・ホワイトヘッド)ら若い兵士たちは生き延びようとさまざまな策を講じる。一方のイギリスでは民間船も動員した救出作戦が始動し、民間船の船長ミスター・ドーソン(マーク・ライランス)は息子らと一緒にダンケルクへ向かうことを決意。さらにイギリス空軍パイ [続きを読む]
  • 辰野町 農家とお菓子と御飯『こめはなや』
  • 映画を観終え、仕事に向かう前にお昼をと・・・最近通りかかるたび運悪く「定休日」だったり「夏休み」だったりと中々タイミングの合わないお店でしたが今日は大丈夫だろうと 辰野町小野のお店 「こめはなや」さん、変わった名前だな〜と思うかも知れませんが最初は「このはなや」でオープンする予定だったのですが長野の善光寺さんの側にこの名前のお店があるので店名を農家食堂だから『こめ』で行こうと変わったそうです店内に [続きを読む]
  • ザ・ダンサー
  • 19世紀末のパリ。アメリカからやって来た無名の女性ダンサー、ロイ・フラー(ソコ)の踊りに人々は熱狂する。シルクの布をはためかせながら舞う幻想的なパフォーマンスは、ロートレックやロダンら芸術家たちの心もつかんだ。女性によるダンスが社会的な地位を得ていない時代、ロイは照明や鏡を演出に取り入れダンスを芸術と化した彼女の半生が語られる。ダンスは確かに、現代でおいても幻想的だと思うし美しい。華やかさが欠如する [続きを読む]
  • 二本三大遺跡の平出遺跡
  • 月に二回程ある午後出勤の日 映画でも観てから出勤しようと思ったのですが映画の時間まで少し余裕があるな・・・と時間つぶしにと(失礼しました)向かった先は・・・ある事は知っていたのですが来た事が無かった『平出遺跡』  長野県の歴史的遺物の中でも最も古いとされるのが平出遺跡です。平出遺跡は長野県塩尻市にある、有名な遺跡で、なんと縄文時代から平安時代にかけて集落があったものがそのまま残っている大変珍しい [続きを読む]
  • おしゃれ泥棒
  • 贋作画家シャルル・ボネの家に、内偵中の私立探偵シモンが忍び込んだ。ところがたちまち、画家の娘ニコルに発見されてしまう。シモンを泥棒と信じたニコルは、美術館からビーナス像を盗み出すことを依頼する。警戒厳重な美術館に、二人は潜入することに成功するが・・・・・オードリー・ヘプバーンのロマンティック・コメディです1966年の作品です。 まだVHSビデオの時にレンタルで観たのを最後に久しぶりの鑑賞です。舞台は [続きを読む]
  • 高根町 韓国料理『おもに』
  • 以前より清里に向かう際や高根町に用事があると目にはついて居たのですが・・・前の会社の同僚からも「美味しいよ」と 聞かされてはいたのですが、初めて寄らせて頂きました。                   昼も過ぎていたので他に誰も居ませんでしたが店内は広く清潔感にあふれています メニューを眺めていたのですが・・・ん〜〜〜 定食は如何にも日本人に合わせた様なものばかり・・・   ふと見ると『単品』に如 [続きを読む]
  • 八ヶ岳の裾野の恵み・・・・からの西岳登山
  •  前日からの続きですさ〜ここからは登山支度に変更し西岳に向かいます    標高の表示があるのはこの地点まで 1990m地点暫くは森の中を進みます。 それ程展望も無く、時折「赤岳」「阿弥陀」が見え隠れするルートを進みます それでも一ヵ所だけ主峰「赤岳」と「阿弥陀」の見える場所がありました  途中で見かけた花は「セリバシオガマ」や「クサボタン」の花が見られました。 セリバシオガマの花を撮影していると一 [続きを読む]
  • 八ヶ岳の裾野の恵み
  • 9月最初の休日・・・・予定していた通りに西岳の裾野に茸採りに向かう  入った時から少し予感はしていました。 例年より無いかも      山に入った物の・・・・無いな〜 あったのは「タマゴ茸」と「カラカサ茸」だけです。 参ったな〜〜〜 正直ガッカリ そんなこんなして休憩地点にさて・・・・ここから先にあるかどうかだな!! しかし山は乾いて居ます。        カサカサに・・・夜、降ったりはしているの [続きを読む]
  • 関ケ原
  • 豊臣秀吉の死後、豊臣家への忠義を貫く石田三成(岡田准一)は、天下取りの野望に燃える徳川家康(役所広司)と対立を深めていくそして1600年10月21日、長きにわたった戦国時代に終止符を打った歴史的合戦「関ヶ原の戦い」は、早々に決着がついたと言われている有利と思われた三成率いる西軍は、なぜ家康率いる東軍に敗れたのか? を紐解く作品ですそれも合戦シーンを我が町「富士見町」で撮影されているので期待大で観に行かせて [続きを読む]
  • ワンダーウーマン
  • 人間社会から孤立した女性のみの一族のプリンセスとして生まれたワンダーウーマン(ガル・ガドット)は、自分が育ってきた世界以外の環境を知らず、さらに男性を見たこともなかった。ある日、彼女は浜辺に不時着したパイロットと遭遇。彼を救出したことをきっかけにワンダーウーマンは身分を隠して人間社会で生活していくことにする。アマゾネス伝説の起源からダイアナの秘密まですべてを、しかも簡潔にひも解いてくれている作品で [続きを読む]
  • 治部坂高原 コスモス祭りを訪ねる
  • コスモスと言うと「秋桜」と書くだけに秋の花の様な気がしますが・・・・ほぼ夏の花?? キバナコスモスはほゞ終わり  白・ピンク・赤の定番の色が  白花は後姿が綺麗だったので・・・口紅の様な花弁のコスモスも  マツムシソウと蜂 百日草とアゲハ蝶 少し「虫」シリーズ? マツムシソウやオミナエシを見ると秋だな〜と感じますね〜ゆっくりと100万本と言われる秋桜を楽しみました さて、最後はレフレックスレンズで [続きを読む]
  • 治部坂高原 ジャム工房さんの「鍬(くわ)そば」をいただく
  • 次の目的地に車を走らせている国道153号線は「信州中馬蕎麦街道」として売り出されている道筋なので蕎麦屋さんは多い中で私達夫婦の目を引いたのが『鍬そば』なる桃太郎旗・・・・くわそば?? それは試してみないといかんな!!   場所は下伊那郡阿智村治部坂高原 の「ジャム工房」さんの中のレストランです。 そうか〜新名物なんだ〜  取り敢えずテラス席に そうなんです! 此処までの流れで気が付く方もいるかとは [続きを読む]
  • 天竜ライン下りを楽しむ
  • インドア派の女房と休みがあったので、少し興味のありそうな事を言っていたので飯田市「天竜ライン下り」に・・・ 飯田天竜峡インターチェンジからは車で5分程の場所 ライン下り乗船所の横には「足湯」がありました。ちゃんと林檎が浮かんでましたよ〜   自宅を出た時には雨だったのが嘘の様な天気でして・・・暑い意外と穏やかな進行     途中で投げ網を披露してくれたり舟ガイドの女性が歌を歌ってくれたりと約10k [続きを読む]
  • 今年初の茸採り
  • 仕事仲間に前々より誘われていたのですが中々お互いの時間が合わず居たのですが、仕事の前に少し近場で行って見ませんか?と・・・・そうだね〜そこなら間に合うかな?と チョコっと行って見る事にしました アッ!ありますねヌメリイグチですね〜 まだこの辺で言う「じこぼう」ではありませんがまっ、良いでしょう更に歩いていると・・夏茸のタマゴ茸が大量にあり  ん〜〜これは・・・少し開きすぎたものは諦めよう・・と チ [続きを読む]