原山92 さん プロフィール

  •  
原山92さん: 八ヶ岳山麓原村から
ハンドル名原山92 さん
ブログタイトル八ヶ岳山麓原村から
ブログURLhttp://ameblo.jp/harayama92/
サイト紹介文故郷信州・諏訪・原村の歴史や文化、八ヶ岳山麓の自然などについて、感じたことを綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/06/22 16:34

原山92 さんのブログ記事

  • 都市住民の「田舎暮らし」意向調査結果からⅡ
  • (3)農山漁村地域への移住に対する考え問9.あなたは、農山漁村地域に移住してみたいと思いますか。あなたご自身のお考えとしてお答えください。(○はひとつ)全体で、農山漁村地域に移住してみたいと回答した割合は「移住する予定がある」(0.8%)、「いずれは(ゆくゆくは)移住したい」(5.4%)と「条件が合えば移住してみてもよい」(24.4%)を加算した30.6%となる。 男女別でみると、男性の方が女性よりも農山漁村地域 [続きを読む]
  • 都市住民の「田舎暮らし」意向調査結果からⅠ
  • アンケート調査結果の概要1 初めに総務省の「田園回帰」に関する調査研究会は、「田園回帰」の全体像を把握するため、「実際に生じている都市部から過疎地域への人口移動」だけでなく、潜在的な「都市住民の農山漁村地域に対する関心の高まり」を分析するため、都市に居住する住民に対してアンケート調査を実施し、過疎地域(アンケートでは、住民に分かりやすいよう「農山漁村地域※」とする。)への関心や移住に対する意向等 [続きを読む]
  • 田舎暮らし希望地ランキング2016
  • ふるさと回帰支援センターふるさと暮らしを希望する都市住民と全国の地方自治体のマッチングを行う認定法人ふるさと回帰支援センター(本社:東京都千代田区、理事長:見城美枝子)は、同センターが運営する「ふるさと暮らし情報センター」の来場者を対象に2009年より移住希望先も含めた地方移住に関するアンケートを実施している2016年の移住希望地域ランキングを発表した。同センターは昨年、設立15年目に入った。10月に北 [続きを読む]
  • 移住したい都道府県ランキング2017「長野県11年連続1位!」
  • 長野県が11年連続で総合1位!田舎移住を真剣に考える本誌読者はどこに移住したいと考えているのだろうか。移住希望者向け月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)の2016年1月号から12月号の愛読者はがきによるアンケートによる「移住したい都道府県」の集計結果が出た。 長野県が11年連続で総合1位を獲得した。2位は静岡県、3位は千葉県だ。トップ3の顔ぶれに大きな変化はない。長野県が11年連続で「移住したい都道府県」1位となった [続きを読む]
  • 長野県は犯罪が少ない
  • 1 刑法犯認知件数 [ 2014年第一位 大阪府 ]長野県35位こちらは人口1万人あたりの認知件数の順位です。警察庁の犯罪統計資料から刑法犯認知件数ランキング。資料には「交通業過を除く」とされており、交通違反などの刑法犯は除外されている。認知件数とは,警察等捜査機関によって犯罪の発生が認知された件数をいう。認知件数と実際の発生件数は一致しないことが多いがその差を暗数という。公的に認知された発生件数という意味にお [続きを読む]
  • 日本一住みたい「村」ベストランキング2017 原村 第5位!
  • 日本で一番暮らしたい村移住希望者向け月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)の2月号に暮らしたい「村ランキング」が掲載された。都道府県庁、移住・交流推進機構(JOIN)の協力のもと、全国の500市町村に独自のアンケート161項目に回答してもらい、その【総合部門】で10ジャンル82項目の調査結果を点数化しランキングした。その中から全国の「村」だけを抜き出した。5位までのうち4つを長野県の村が占めているが、長野県の村 [続きを読む]
  • 長野県の子育て世帯は豊である!?
  • 1子育て世帯年収[ 2009年第一位 東京都]長野県14位 全国消費実態調査から子育て世帯年収のランキング。同調査では世帯類型別の世帯数、平均年収が掲載されており、この中から以下の世帯の年収平均を比較している。・夫婦と子供が1人の世帯・夫婦と子供が2人の世帯・夫婦と子供が3人以上の世帯・男親又は女親と子供の世帯・夫婦と子供と親の世帯年収平均は各類型ごとの世帯数に平均年収をかけて合計し、それを子育て世帯総数 [続きを読む]
  • 長野県の子育て環境は恵まれている
  • 1待機児童数 [ 2015年第一位 沖縄県 ]長野県待機児童なし 厚生労働省の報道発表資料より待機児童数ランキング。2015年4月1日現在の待機児童数は23,167人で、0〜6歳人口1000人あたり2.76人の待機児童がいる計算になる。0〜6歳人口1000人あたり待機児童数が最も多いのは沖縄県で19.39人。全国平均の7倍以上、2位の東京都の2倍と待機児童数が突出している。沖縄の待機児童が多い理由として、米軍占領により保育所の整備が遅れ [続きを読む]
  • 原村が長野県の「移住モデル地区」に認定
  • 原村は、移住者を積極的に受け入れている。 原村の官民一体の取り組みには、移住パンフレット「自然豊かな大地 原村」による村の紹介、移住相談会、現地見学ツアー、住民ボランティアによる「田舎暮らし案内人」の移住相談、移住支援情報や住まい・生活情報の提供の他、イベント案内やお得な情報、原村活性化のための各種事業や交流を目的とした「原村ファン倶楽部」の活動などがある。 [続きを読む]
  • 子育てファミリーの移住したい都道府県「長野県第3位」
  • 子育てファミリーの移住意向調査2016結婚や出産、仕事、家族の都合などによって、決まってくる居住地。最近は都会を離れ、自然豊かなところで子育てをしたい、子どもが巣立ったら故郷に戻りたいという方も増えている。子育てファミリーを対象に、地方移住について調査したところ2,319件の回答があった。その中で子どもがいる(妊娠中含む)1,638件の家庭についてまとめた。1 移住したい都道府県ベスト101位 沖縄県2位 北海道3 [続きを読む]
  • 裂織・八ヶ岳美術館で全国公募展(中日新聞から)
  • ぼろ機と機小屋、そして母 名古屋圏では圧倒的なシェアを誇っている中日新聞に、裂織・八ヶ岳美術館で全国公募展の記事が載っていたので紹介する。 子供のころの記憶の中では、祖母も母も冬になると機小屋で「ぼろ機」を織っていた。機小屋は、蔵の前やその一部にあった部屋である。蔵は土蔵なので、内部は夏涼しく、冬は暖かい。南側の日当たりの良いところにあったので暖房がなくても過ごせるくらい暖かかったような気がする [続きを読む]
  • 原村の歴史(上原山の争い)
  • 原村と茅野市の境界はなぜまっすぐなのか?  上原山の土地は、北方面(柳沢・大久保は北)集落と南方面集落の土地とする分割協定が昭和十年に調印された。この分割の測量基準点が柳沢上のエコーラインと御柱道交差点角の位置で、そこには一番塚の石碑がある。  分割線は、およそ御柱道に沿い御小屋山頂に向かつて一直線(地図中の赤い線)のようである。地図中の赤①が「一番塚」、赤②の位置は「綱置場」で「上原山の二大分 [続きを読む]
  • 別荘地「軽井沢」と「八ヶ岳」の比較
  • にほんブログ村にほんブログ村1 別荘数    住宅・土地統計調査から別荘数ランキング。住宅・土地統計調査には別荘など二次的住宅の件数も掲載されており、人口10万人あたり二次的住宅数を調べた。統計では二次的住宅として「別荘」と「その他」があげられており、以下の定義となっている。別荘:週末や休暇時に避暑・避寒・保養などの目的で使用される住宅で、普段は人が住んでいない住宅。その他:ふだん住んでいる住宅とは [続きを読む]
  • アメダス「原村」は、原村試験地にある。
  • にほんブログ村1 アメダス「原村」     アメダス「原村」は、地図中の試験地敷地内の「A」と書かれているところにあります。航空写真では、中ほどの道路で囲まれたほぼ正三角形に見える場所内の下方で道路に面した正方形(3枚の畑の左下=西側)の中にあります(試験地建物の入り口)。人々のが生活している場所にあるアメダスの中では、全国約1,300か所のベストテンに入る高所(1,017m)にあります。(1番高いところにあ [続きを読む]
  • 信州 諏訪大社「御柱祭」里曳き(中日新聞から)
  • にほんブログ村中日新聞の「御柱祭(里曳き)」記事中日新聞に、御柱祭里曳きの記事が載っていたので紹介する。   本宮一の建御柱での事故の記事が載っていました。前日の前宮の建て御柱を見ている時、地元の年配の方が最近の御柱は昔とはだいぶ変わってしまったと話していました。安全への配慮がいたるところでなされ、細かな約束事が多くなったからでしょうか。   下社建御柱の記事でも安全への配慮やそのためか、予定時 [続きを読む]
  • 信州諏訪大社「御柱祭」(上社里曳き)
  • にほんブログ村上社里曳き4月30日から5月7日まで、諏訪大社上社の御柱祭「里曳き」で帰省しました。里曳きは、本宮(5月3〜5日)、前宮(5月3〜4日)です。祭り前に本宮などを訪ねた様子なども紹介します。1 建御柱の準備(前宮) 前回の御柱を抜いて片付けます。今年の御柱を建てる準備をします。2 「建て御柱」を控えた上社の様子   本宮拝殿、「御柱祭」(正式には「式年造営御柱大祭」)は、この拝殿 [続きを読む]
  • 信州 諏訪大社「御柱祭」(中日新聞から)
  • にほんブログ村中日新聞の「御柱祭」記事中日新聞は、中日新聞社が東海地方を中心とする地域で発行する日刊新聞である。名古屋圏では圧倒的なシェアを誇っており、250万部(朝刊)の部数である。長野県では、あまりなじみがないと思う。そんな中日新聞に、御柱祭の記事が載っていたので紹介する。  写真右は、「4月3日上社木落とし」(なんと一面に)。写真左は、4月4日「上社川越し」の記事   写真は、4月8,9日の「 [続きを読む]
  • 信州諏訪大社「御柱祭」(上社山出し)
  • にほんブログ村上社山出し4月1日から3日まで、諏訪大社上社の御柱祭「山出し」で帰省しました。「里曳き」には毎回行っていましたが、山出しは40数年ぶりでした。2日は、原・泉野地区の「本宮四」を曳いたり、写真を撮ったりしました。3日は、本宮一と前宮一の写真を撮りました。ネット上には御柱の写真がたくさんあるので、ちょっと視点を変えた写真を載せました。地図中の番号が写真の撮影場所です。 (写真左①) [続きを読む]
  • 日本一住みたい「村」ベストランキング 原村 第4位!
  • にほんブログ村にほんブログ村日本一住みたい「村」ベストランキング2016 原村 第4位!最近では国が地方創生を重点政策に掲げたこともあって、各自治体の移住者支援策も年々充実してきたことがきっかけとなって、地方での暮らしも昔ほど不便ではなくなってきたと言われる。実際、若年層からシニアまで幅広い年代の人たちが、移住するようになってきた。 全国に村は183ヵ村あるが、今回、エントリーした51ヵ村の中で今一番住みた [続きを読む]
  • 移住したい都道府県ランキング2016「長野県が総合1位」
  • にほんブログ村国が地方創生を重点政策に掲げ、各自治体の移住者支援策も年々充実していることもあり、若年層からシニアまで幅広い世代で田舎暮らしのニーズが高まっている。『田舎暮らしの本』(宝島社)は、1987年に創刊した月刊誌で、田舎暮らしに役立つ具体的な情報を発信している。2015年1月号から12月号の「愛読者はがきのアンケート」から、「移住したい都道府県ランキング」の集計結果を2016年2月号に掲載した。その概要 [続きを読む]
  • 田舎暮らし希望地ランキング2015 長野県1位!
  • にほんブログ村にほんブログ村田舎暮らし希望地ランキングふるさと暮らしを希望する都市住民と地方自治体のマッチングを支援する特定非営利活動法人(NPO法人)ふるさと回帰センターは、農山漁村の暮らしを応援するための情報発信や研修などを手掛ける。毎年、東京都内にある相談窓口を訪れる人の来場者を調査している。2月15日、2015年1月から12月にかけて「ふるさと暮らし情報センター」(東京)の利用者4,359人を対象に行っ [続きを読む]
  • もうすぐ信州諏訪大社「御柱祭」(上社御柱抽籤式・綱打ち)
  • にほんブログ村諏訪大社「御柱祭」(上社御柱抽籤式・綱打ち)御柱祭まで、あとひと月となった。この2月と3月の行事を経ていよいよ御柱だ。1 御柱抽籤式 諏訪大社上社御柱祭で、本宮(諏訪市)と前宮(茅野市)の計8本の御柱曳行(えいこう)担当地区を決める「御柱抽籤(ちゅうせん)式」が2月15日、諏訪市の上社本宮であった。   上社では、明治23年の御柱祭協議により村の組合せをおこない、籤引きで担当地区の御柱曳行 [続きを読む]
  • 原村(八ヶ岳西麓)の平均気温
  • にほんブログ村にほんブログ村原村の平均気温「八ヶ岳山麓原村から」で、「気候」に関連するブログの閲覧数がかなりあります。 平均気温といっても原村の標高は、低いところで838m(中央道の西側)から、一番高いところで阿弥陀岳の山頂2,805mまでと1,967mもの差があるので一口で言い表せません。他地区との比較や気候が影響する植生なども取り挙げながらまとめました。 気温について、日本は南北に長いので北と南では差が [続きを読む]
  • 原村の気候
  • にほんブログ村にほんブログ村原村の気候(八ヶ岳山麓西麓)   原村は、八ヶ岳連峰西麓にある。その気候の特色は、自然のみならず、産業にも大きな影響を与えている。例えば、夏の冷涼な気候を利用した農業(野菜…セルリ生産日本一、花き…アネモネ生産日本一)など、冬の寒冷な気候を利用した寒天や高野豆腐の生産(茅野市)などがある。1 雨温図から   気象庁の統計・データでは過去30年間の「平年値」を出しており、観 [続きを読む]