never-been-peachier さん プロフィール

  •  
never-been-peachierさん: ピーチーはおふろが嫌いよ
ハンドル名never-been-peachier さん
ブログタイトルピーチーはおふろが嫌いよ
ブログURLhttps://ameblo.jp/never-been-peachier/
サイト紹介文ミニチュア・ブルテリア、ピーチー(14歳)の闘病記です。突然、てんかん持ちになっちゃったよ。
自由文4月の早朝、愛犬が突然の癲癇(てんかん)発作。元気いっぱいで、重い病気も乗り越えてきたけど、この発作にはビックリ。ネットで調べても、犬の癲癇を現実的に教えてくれる記事は少ない。それなら今の事、これからの事を書き留めて、これから同じ状況になる飼い主さんの参考になれば良いかなと思いました。あ、でも楽しい闘病生活なので悲壮感はありません。ブルテリアって、何をやってもおとぼけなんですよね。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供127回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2015/06/23 12:35

never-been-peachier さんのブログ記事

  • うちの子ってもうシニアなの? ――シニア用に作られた、人間年齢の換算表―
  • 犬と人間の年齢の換算表って、良くありますよね。大雑把なものから、細かいものまであって、中には犬種別というものまであります。 しかし、どの換算表も、出典が明らかではありません。誰かが書いたものを鵜呑みにして、そのまま伝えているだけなんです。これでは、もしも途中で間違った情報に書き変えられていても、確認のしようがないですよね。 最近、犬の年齢表について調べていたら、出典のしっかりしたものを1つ見つけま [続きを読む]
  • 君は幸せだったかい? ――天国のピーチーへ――
  • 今日は、天国のピーチーへのメッセージです。制作中の 『いつまでも君と……』 の中で、大事なパートである ”君がいなくなってから” が手つかずでした。 これは愛犬を看取った飼い主さんが、愛犬がいなくなってから、何を思うのかをまとめようとしているものです。 今日、このパートの最初の1ページに、ピーチーがいなくなってから1年の、僕の気持ちを書きました。 ■ 君は幸せだったかい? 〜天国の君へ、飼い主より〜 [続きを読む]
  • 今、記事を増やしているところです ――『いつまでも君と……』――
  • 毎日暑いですね。ちょっと歩くだけで、もう汗だくです。さて、愛犬情報サイト 『いつまでも君と……』 に新しい記事を4つ掲載しました。ご紹介します。 ■ 可愛いだけが理由じゃない 〜トラ、サブ、ゲンがうちの子になったのは〜 トラママさんのお家が、3匹の愛犬を迎えた理由は?犬を飼うのは、可愛いからっていうだけが理由じゃない。でも愛情いっぱいですよね、トラママさんは。 ■ 時間は優しいもの 〜数字からみた [続きを読む]
  • 崎陽軒、最高! ――食べました。メガ・シュウマイ弁当――
  •  皆さ〜〜ん シュウマイ弁当はお好きですか?  といっても、神奈川と東京の一部の方しか馴染みが薄いカモ。 全国の駅弁ランキングでは常に上位で、たいてい1位の座に座るのが、神奈川県の誇りである、 崎陽軒のシュウマイ弁当です。  そのシュウマイ弁当に、期間限定で、『メガ・シュウマイ弁当』と、『MINIプレミアム・シュウマイ弁当』 が発売されています  これです。   どれくらいメガなのかというと……   [続きを読む]
  • メイドのみやげ ――実は、この商標、僕が持っているのです――
  •  昨日、僕が持っている、ある商標の権利期限を更新してきました。  その商標とは……  『メイドのみやげ』  メイドというのは、縁起の悪い冥土ではなくて、メイド喫茶のメイドです。 といっても、商標は発音なので、どっちも僕のものなのですが。  メイドではありませんが、ピーチーのコスプレです。  この商標は、メイド喫茶のお土産もので使ったりすることを想定しています。 しかし今は、僕はメイド喫茶を経営してい [続きを読む]
  • ピーチー取って来い! ――良いもの、持ってくるかな?――
  •  実は、つい数日前、とても良い事がありました。 何が良いかと言うと――、まだ秘密なのですが……  で、その良い事があったお蔭で、あるものを、ある場所に送ることになりました。 えっ? 何だかわからないって?  それは7月の末に、お知らせします。  これが、あるものを送った時の写真です。 もっともっと良い事があるように、秘蔵のピーチーの毛を……  封筒に、テープで貼りつけました。  こんな感じです。 [続きを読む]
  • もう一度、虹の橋について ――いろいろと考えられる解釈――
  •   前回は天国と、生まれ変わりについて考えてみましたが、今回はもう一度、虹の橋に関して考えて みようと思います。  犬にとっての天国は、飼い主それぞれの心のなかにあるのじゃないか思います。 それでは虹の橋は? ? 虹の橋は天国の手前に   虹の橋は、天国の手前にあると言われています。 天国の存在=宗教と言い換えるとしたら、虹の橋は、宗教論議を行う以前のものとして、位置付け されるということです。簡単 [続きを読む]
  • 犬は天国に行けるの? ――まさか行けない? それはないよね――
  •   少し前、虹の橋についての考察をしてみたのですが、皆さんそれぞれに考えを持っておいでで、  色々とご意見をいただきました。  書ききれなかった事もあるし、考えが足りなかったこともあるので、本件はもう少しだけ、 踏み込んでみたいと思っています。  虹の橋の話だけだと、言いたいことが伝わらないと思うので、今回はもう少し視野を広げた お話しです。 ? まずは2つの疑問  虹の橋の話題に入る前に、まずは犬 [続きを読む]
  • 犬を飼うことの連続性 ――後悔は、希望と言うことでもある――
  •   愛犬の死に関しての考察では、沢山のコメントやメッセージをいただきました。 言葉足らずだったところが、沢山ありましたね。  テーマが深いので、どんなに書いても、なかなか書きつくせませんね。 ここからは、ご意見に対する追記をさせていただこうと思います。  まずは、愛犬を見送る覚悟の話。 そして老犬の介護は、幼犬の成長を見守ることに似ているんじゃないかということ。 それから、愛犬を見送ってから残る後悔 [続きを読む]
  • またね、という言葉 ――さよならだけでは伝えられない気持ち――
  •   前回に続いて、別れの言葉についてのお話です。  皆さんにとって、うちの子にふさわしい、別れの言葉はみつかったでしょうか? 我が家の場合は、「またね」と言って、ピーチーを見送りました。  それは、ピーチーがかつて、危険な状態にあったときに思着いた言葉。 ずっと、その言葉で送ってやろうと思っていました。  ? あー楽しかった  ピーチーの闘病の話に戻りましょう。  ピーチーが劇症肝炎に罹り、2度目の死 [続きを読む]
  • 別れの言葉は、生き方と同じ ――うちの子にふさわしい言葉って?――
  •   愛犬がいつの日か、旅立つ瞬間―― どんな言葉を掛けてあげたいですか?  もしも愛犬がもうシニアならば、ちょっと切実に思われるかもしれません。  逆に、もしも愛犬がまだ若くて元気なら、なかなか考える機会はありませんね。  もしよかったら、ゲームだと思って考えてみてください。 少し視点を変えてみると、別れの言葉というのは、実は悲しみに満ちたものではないように 思えてきます。  今日は、そんなお話です [続きを読む]
  • 最後の瞬間まで喜びはある ――楽しさは見つけ出せるもの――
  •   看取りと言うのは、臨終の瞬間という意味もあるのですが、そこにい至る手前の、ある一定の時間 でもあります。  その時間は、さぞかし悲しいものだと思われかもしれません。  しかし、そこにはちゃんと喜びも笑いもあるのです。 だだ、それを感じ取れるのか、或いは表現できるのかというだけのように思います。  一体、どんな看取りが良いのでしょうね? ? そこにあるのは、不安ばかりじゃない  愛犬の看護、介護の終 [続きを読む]
  • 別れは日常の先にあるもの ――何も特別なことではないんです――
  •   ”看取り”と言うと、なにか特別なもののように聞こえますよね。 僕も以前はそうでした。 愛犬がこの世を去っていく瞬間のことなど、愛犬が元気なうちは全く想像がつきません。  しかし、病を得た愛犬は段々と弱っていく体を自覚し始めて、やがて戸惑いの表情を見せ始めます。 「おかしいな? 今までとちょっとちがうぞ」 というような表情です。  それを目の当たりにして、飼い主も気が付きます。 別れが近いんだとい [続きを読む]
  • 泣いて見送る? 笑って見送る? ――もうひとつの選択肢。あなたは?――
  •   今回から4回は、愛犬がこの世を去る、終末期のことを書きたいと思います。  愛犬が日に日に弱って、そう長くはないだろうなと思った時、飼い主はとても不安になります。 自分に照らしてみると、その不安の中身は、漠然とした正体の無いものでした。  別れの最後の瞬間など、どうなるか想像などつきませんね。 だから、不安なんです。  この文章が、今、同じ境遇にある飼い主さんにの、見えない不安を拭い去る助けになる [続きを読む]