ひらたげんごろう さん プロフィール

  •  
ひらたげんごろうさん: ひらたげんごろう
ハンドル名ひらたげんごろう さん
ブログタイトルひらたげんごろう
ブログURLhttp://hiratagengoro.blog.fc2.com/
サイト紹介文ゲンゴロウやタガメなどの水棲昆虫、南西諸島のヒラタクワガタの繁殖を生業とするオッサンのブログ。
自由文来世は希少昆虫に生まれ変わりたいと願う中年。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/06/24 00:09

ひらたげんごろう さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • まいなつかしがぞうVol.2
  • シャープゲンゴロウモドキDytiscus shapi関東に生息しているものをアズマゲンゴロウモドキ、関東以西に生息しているものをコゲンゴロウモドキと区別されている。画像は関東に生息する「アズマゲンゴロウモドキ」。2011年4月1日、種の保存法により国内希少野生動植物種に指定。採集は勿論、譲渡や販売も禁止。絶滅を逃れるにはそれがいいのかも。また関東の生息地では自治体レベルで保護活動を行っているらしい。将来、野生個体の [続きを読む]
  • まさか今日の更新で新年の挨拶するんじゃねーだろうな
  • お久しぶりでございます。みなさま、1月も下旬、もう正月ではありません。がっ、挨拶しないわけにはいかんでしょう?で、この画像のエイリアンな生物は何者でしょう?正解は記事の最後に。今日はホントに寒い。年末から結構忙しく、餌採集にもナカナカ行けないイケてない毎日。やっとこさ「今日は行けるぜ」って日が大寒波。マイナス4℃。ヌマエビでも獲ろうと池へ来てみた。やはりな…凍ってるではないかっ。1cmほどあるわ。き、 [続きを読む]
  • 540分北行きフルコース本番あり。
  • 今日はjyun氏と彼の友人のF氏とでミヤマクワガタの幼虫採集に出かける日だ。ミヤマの幼虫を捕りたいF氏を満足させられる器量は私には無い。安請け合いをしてしまったか…。F氏とは夏のイベントで知りあい、今日は2回目。F氏の満面の笑顔は私には結構プレッシャーだった。「私にプレッシャーをかけるパイロットとは一体何者なんだ?」と小太りなシャア、不安に駆られながら北へと愛車を駆る。2年ぶりのポイント。「天空の城産ミヤ [続きを読む]
  • まいなつかしがぞうVol.1
  • Lamprima adolphinaeパプアキンイロクワガタ通称「パプキン」キンイロクワガタの代表種。画像は13年前の2002年入荷個体、ワメナ産。当時人気のカラーは甲虫類では出にくいブルー系統。↓グリーン系♂↓ブルーグリーン系♂↓ブルーパープル系♀孵化から羽化まで比較的短期でお手軽色虫ですね。 [続きを読む]
  • 慣らしDay
  • 待ちに待った日曜。先週は仕事の都合で、不覚にも日曜出勤する始末。毎日の残業も堪えて頂きたい。らしくない…。私は年中趣味に忙しいのだ。今日はスタッドレスの注文も完了したし、来週からの北行きの準備も万全にしてかないと。で、すぐに前回のリベンジに向かう。そう、「ノルウェーの森産ミヤマクワガタ」採集に。一度ガサガサしてみたい池コナラ、クヌギ、クリ、ニレの林へ整備しすぎで倒木もほぼ皆無。高圧線の鉄塔のメンテ [続きを読む]
  • 下見Day
  • そろそろミヤマ熱を患う季節。少し北方を目指し愛車を走らせる。手袋も免許証も家に忘れてきたわ。今日は下見っちゅう事だから、装備が不十分でいいのだ。獲れる時なんてそんなものだ。トンネル越えると目指す高原。「ミヤマトンネル」、幸先よろし。去年は雪で登れず。時期も遅かったしな。映画のロケ地で使われたこともある。ススキの草原で昔から有名。観光客を尻目に林の中に入るも、切株無し。倒木あさりに切り替える。「スジ [続きを読む]
  • ハチジョウヒラタ羽化報告Vol. 0.5
  • ご無沙汰しております。虫達と共にどうにかこうにか生きております。10月のゲンゴロウ遠征はコトゴトク撃沈され、今季の採集は幕を閉じました。近畿、中国のゲンゴロウ採集は結果が出せないので思いっきり疲れますわ。コガタノゲンゴロウも今年は全くでした。これは来年の繁殖、やばい状況ですねん。ヒラタクワガタは、やはり、案の定、言うまでもなく、ゲンゴロウ53頭ブリードの影響で悲惨極まりない。昔みたく、寝ないで働くのは [続きを読む]
  • 真紅の稲妻
  • 虫屋M氏採集血統Prosopocoilus inclinatus kuroshimaensisクロシマノコギリ湾曲が強く、赤味が強い。黒化型も存在するらしいが、真っ黒が出りゃこの業界のことだから「ニセモノ」とか吹聴する輩がいるんだろね。2006年6月三島村昆虫保護条例により、現在は採集禁止。↓♀個体昨日ウチに来た。が、私のではない。ちっちゃいけど。それなりにカッコいい…。※こないだウチに来てた(知らんて)ヤエコク、どっかの虫売りに「ホンモノ [続きを読む]
  • こけ
  • 自然界でゲンゴロウはカラダに付くカビを水草や水底の落ち葉、流木等に擦りつけて掃除をしたり、抽水植物などの水面から突き出た茎や葉にぶら下がって甲羅干ししたりしてカビの発生を抑制しているらしい。残念ながら野外ではクロゲンゴロウの甲羅干ししか見た事ない。飼育個体も水槽の中で後脚の掃除に余念がないし、たまに鉢底ネットにぶら下がってる。新成虫の管理水槽が殺風景だったし、水草代わりにコケを入れてみた。いつも取 [続きを読む]
  • ゲンゴロウ2期目脱出開始。
  • 毎年の事ながら、悪い癖が出まして、先月は一つも更新しませんでした。5月、6月で「コレでもかっ」ちゅうくらい一人盛り上がり、7月はスタミナ切れで「適当」。8月は「真っ白な灰」になってまっただ。ゲンゴロウに明け暮れ、ヒラタクワガタは無残な結果になりそ。いや、もうなってるわな。お陰様で、っつうか「お分け」が9月分まで達成してしまったので、今月やめます。後半、口コミと虫屋関連が数件づつ「ババーン」てな感じ [続きを読む]
  • ゲンゴロウお分けしようと思います。
  • 暑いです。とことん暑いです。ウチのゲンゴロウたちも春先と比べて食欲が落ちてる気がしますが。今季1回目のブリード個体、♂23頭、♀26頭っちゅういい感じのバラツキであがってます。49頭全て羽化。自己ギネスw。寝れない日があったりして苦しかったが、嬉しいものです。全体的に少し小ぶりだとは思いますが。僕の知ってる生息地では、昔飼育してた東北の個体ほど大きいのは見てません。今回、最小個体で、最大計測(頭起こし [続きを読む]
  • ゲンゴロウ屋外飼育12日目
  • 暑いっす。皆さんいかがお過ごしでせうか。水鉢に変化が。1齢幼虫発見。屋内飼育ではこんなに速い孵化の経験はない。単に水温の違いだろうが。画像は無いが顔だけ黒い。ガングロやね。一昨日イトトンボ、ギンの若ヤゴを若干数投入。共食いチト遅らす魂胆。↓2頭目確認。こヤツもガングロ。このまま野生の幼虫の色目指すぞ。 [続きを読む]
  • №57
  • 雨だ。梅雨だから仕方がないのだが、午後より雨足も強くなり、仕事が中止に。「帰ってゲンゴロウに給餌すっぺ」親も個別水槽管理してるのだが、♀親の水槽を何気なく見てると、居るではないか。産卵床など入れてないので、産み落としたようだ。他を探したが卵も幼虫もいない。産卵してるの確認してた方の♀だ。今羽化中の兄弟か。「№57」、羽化まで行けば50頭目のゲンゴロウになる。にしても、今?いまですか?餌も何も無い。明 [続きを読む]
  • 惰性で書きくけこ。
  • ゲンゴロウの新成虫がぞくぞくと脱出してきてる。↓摂食完了個体は現在16頭。↓本日進水の個体3頭。↓残り30頭。↓№21土潜出来ず組、今季2頭目。↓発見6/26  コーヒー豆の計量スプーン(?)φ42?で人工蛹室作成。デカくないんで、この径で充分っしょ。こうやって画像見ると、蛹、何か大きくなってない?土潜組の容器。約1ヶ月で、こんな穴が現れる。もう2日〜4日ってトコでで出てくる。あっそうそう、屋外飼育で卵確認 [続きを読む]
  • 屋外飼育3日目。
  • ベランダの水鉢に、ごろ美を放り込んだのが先月28日。今日が3日目。一昨日は餌を入れてみて、彼女が健在なのか確かめるにとどまる。産卵床は無傷だった。今日は雨の為、仕事が中止になった。帰ってしなければならない事がいくらでもあるので、休みが出来ると結構助かるわ。産卵用で使ってた(大)水槽4つをやっと片付けた。「そうそう、ごろ美に餌を」水鉢のネットをはずしてバスの切り身を水の中で揺らす。昨日は餌を与えてな [続きを読む]
  • ゲンゴロウ経過報告。
  • 6月30日現在。♂4頭、♀8頭、計12頭が羽化。内「食い初め」完了が9頭。↓№1 ♀ B・Bの刺身を初食いこれから餌が要る。自己記録を遥か超えた「49頭」分。全数羽化すればの話だが。今のトコロ雌雄のバラツキが大きい。♀が♂の倍。12頭しか産んでなければ4ペアだけ。ウチの家庭と同じく「どちらかと言うと女系」的位置に属する。しかも全体的にサイズは小ぶりだ。せめて38、39?クラスを作っておきたい。↓№8 [続きを読む]
  • すじぶっと2。
  • 請島のスジブトヒラタが羽化した。「8月のイベントで出品出来る生体ない?」ってjyun氏に聞かれたんで、「んじゃスジブトはどう?」って。68は無くとも65は堅いと思ってたわけ。「65はあるやろとおもうでえ、はははっ」とも言ったわ、確か。「あれっ」「あれれっ」「こ、これは…」「どうしたことだっ…」「………」「さ、3齢回収だから………」「や、やっぱ初齢から添加マット食わさんとね…………」「デカい口叩くなって [続きを読む]
  • 訃報
  • 今朝、ゴロウが底に沈んでいた。古い個体でもないのに死んでしまうとは。管理ミスなのか?水も汚れていないのに。前胸背板に陥没キズのある個体だった。ウチに来てから私の所為で右後脚欠損となってしまったが、屋外越冬を乗り越え、今まで元気に泳いでいてくれてた。手厚く葬ってやろうと思った。↓ゴロウWD♂38.1?「手厚く葬るとは、こういうことだぁ。」(ランバ・ラルのセリフっぽく)終わる命あれば、始まる命あり。(切り替 [続きを読む]
  • おとこ、岩鬼!
  • 一番手が蛹室を脱出してた20日、別のケースの蛹室の天井が穴開いてたんで、少し暴いてみた。♀だ。連チャンで。実質トップで潜った個体だったが、二番手に越された格好。自力脱出するのを待ってた。今朝、覗いてみると、ほぼ埋め立て完了。もう出してもいいでしょ。念のため次のケースも覗く。羽化してんのに放っとかれて、土の上でそのまま☆ってあったなぁ。5月23日上陸分。出てきてるやん。「また♀かい。」№1(孵化一番手)↓ [続きを読む]
  • ご近所産オオクワガタ !!
  • 捕れてしまった。それも近所で。私にとってはあまり縁のないクワガタムシ。オオクワガタ。35、6?くらいかな。放虫の可能性も考えたが、クワガタブーム以前から採集例があるので、天然のオオクワガタと判断してもいいのではと思う。ダニもついてるしね。捕るとき脚たたんで落ちたしな。天然でいいでしょ?ちゅうことで、ご近所産天然オオクワガタに認定。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …