重翁 さん プロフィール

  •  
重翁さん: 重翁の写真俳句&紀行
ハンドル名重翁 さん
ブログタイトル重翁の写真俳句&紀行
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/seat3923toyo
サイト紹介文虚子句碑紀行、写真俳句紀行、写真俳句日記で構成しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/06/24 05:49

重翁 さんのブログ記事

  • 木瓜の花 初桜
  •  昨日、近所を歩いたら、色んな種類の木瓜の花が咲いていた。木瓜は中国の漢名で、「ウリのような実が成る木」という意味らしい。花言葉を調べてみると、木の高さが1m〜2mと庭木として手ごろだった所から、平凡の花言葉がつけられ、織田信長の家紋であったことから、先駆者や指導者という花言葉がつけられたと言う記載があった。 今日、八景島のゴルフ練習場に行った時に、桜の花が咲き始めていた。八景島シーパラダイスは、明日 [続きを読む]
  • 躑躅 三葉躑躅 連翹
  •  先日、横浜の日本大通りに三つ葉躑躅が咲いていた。花が終わってから、枝先に3枚の葉が着くのが名前の由来らしい。 駅の近くに障害児の養護施設があるが、その小さな花壇に、赤い躑躅の花が咲いている。丁度、駅を挟んだ反対側には、連翹を植えている家があり、もう葉も着き始めて終盤を迎えているようであった。             苑に咲く三つ葉ツツジの淡き色             シャツ着替え三葉躑躅の色と [続きを読む]
  • 桃の花 エリカ
  •  丘の上の公園に行く途中にエリカの花が咲いていた。ヨーロッパ等では、風の吹きすさぶ荒野に自生するエリカの姿から、「孤独」の花言葉がつけられている。 駅の裏側に保育園があるが、その向かいに桃の花が咲いている家があり、写真を撮ってきた。桃の花言葉は、恋の奴隷・あなたの虜・よい気立て等がある。             マンションの建つ丘の上花エリカ             花エリカ蛇の目傘射す仏蘭西人  [続きを読む]
  • 春大根 春キャベツ 春(春飛魚)
  •  最近、野菜売り場に行くと、白菜はまだ高いが、大根とキャベツが目玉商品となっている。大根は冬の季語であるが、晩秋に種蒔きをする春大根(季語)の方が、丸々と太っているような気がする。キャベツは夏の季語であるが、春キャベツ(季語)は水気をたっぷり含んでいて美味しい。 魚では、東京湾産の飛魚が売っていたので、先日、買ってきた。春先に最初に関東などの市場に出回る飛魚(夏の季語)は、八丈島などからの春飛魚(季語で [続きを読む]
  • 春分 彼岸 春休み
  •  今日は、春分の日で彼岸の中日である。小学校は春休みに入っており、グラウンドでは、母娘のサッカーの交流試合をしていた。我が家の牡丹は、芽吹きも終り蕾となっている。先日、横浜公園を通った時には、石楠花と牡丹が咲いていた。 今日は、近くの松の内公園の丘の上から、富士山に夕日が沈む日であるが、句会で見に行けないので、昨日、見学に行った。生憎の曇り空であったが、富士山の頂上の少し南側に夕日が沈む姿は、富士 [続きを読む]
  • 土佐水木 日向水木
  •  白金台を訪ねた道に、土佐水木が咲いていた。高知の銀座のアンテナショップでは、利き酒も販売している。小学校の修学旅行で、龍河洞、桂浜、はりまや橋や高知城に行ったが、句碑巡りで7月に高知県を予定しており楽しみである。 我が家には、日向水木が盛りを迎えている。土佐水木より小振りであるが、枝が纏まれば華やかさが出て来る。日向も、新婚旅行等での想いでの地である。             幹太き木に逞しく土 [続きを読む]
  • 菫(すみれ) 入彼岸
  •  昨日は、彼岸の入りであり、墓参りに行くことにした。その途中、コンクリートの隙間から、所々に菫が咲いていた。菫の花言葉は「小さな愛、誠実、小さな幸せ」等の可憐さがあるが、繁殖力の強い花である。 入彼岸で、僧侶が自転車で走っている姿にもあったが、我が家は霊園に墓地を建てたので、寺とも無縁になっている。墓地では、新しい墓も建設中であった。             コンクリの隙間に萌ゆる花菫       [続きを読む]
  • 白木蓮 辛夷
  •  今日、金沢文庫のフラワーセンターに出かけた時に、小流れ沿いの道に白木蓮が並んで咲いており、中には1本、辛夷も咲いていた。光を受けた白木蓮も綺麗であるが、もう散り始めるものもあった。公園や街角を含め、金沢文庫には、白木蓮や辛夷がたくさん植えられているように感じた。             小流れに沿いて花なす白木蓮             日を浴びて天に煌めく白木蓮             辛夷咲 [続きを読む]
  • 土筆 つくしんぼ つくつくし 木五倍子(きぶし)
  •  今日は天気も良いので、久しぶりに久良岐公園経由で、上大岡まで散歩することにした。公園方面に登る坂道の土手を見ると、一面に土筆が伸びていた。土筆は、スギナにくっついて出てくることから「付く子」と呼ばれたのが語源らしいが、実際には土筆(胞子茎)が出てからスギナ(栄養茎)が出て来る。 久良岐公園に行くと、方々に木五倍子が咲いていた。黒色染料の五倍子(ぶし)の代用になるところから命名されたらしい。久良岐公 [続きを読む]
  • 春寒 春寒し 風信子(ヒヤシンス)
  •  今日は、冬に逆戻りをしたような寒い一日であった。こんな日でも、ヒヤシンスがカラフルに咲いているのには、慰められる。             春寒やいびつに見ゆる日の光             春寒や血も凍てしかと思う指             春寒し鳥もひねもす隠れ家に             曇天に色鮮やかに風信子             風信子風の便りに聞く噂             明日へ [続きを読む]
  • 春の雨 芍薬の芽 牡丹の芽
  •  昨日、少し庭の手入れをして、鉢植の梅や椿を植え変えた。今朝まで雨が降っていたようであり、3日程、夜中に降り昼間は曇り空のパターンが続いている。朝のNHKの天気予報を浜離宮の菜の花畑から中継していたが、今晩も雨か地域によっては雪らしい。菜種梅雨の気配であるが、催花雨(さいかう)と言うと風情を感じる。 庭の芍薬も、真直ぐ伸びてきている。牡丹の芽もかなり解けて来た。各々を見ていると、「立てば芍薬座れば牡 [続きを読む]
  • 福寿草 柳の芽 芽柳
  •  昨日、我が家にも福寿草が咲き、光を受けて輝いていました。散歩がてら、河口に行って芽柳を見て帰ってきましたが、空が曇ってきて、福寿草も花を閉じていました。残念ながら、今日も曇り空で咲かないままの一日でした。             日を受けて光りを返す福寿草             日陰ればすぐに目を閉づ福寿草             福寿草いたずらっ子の輝く眼             釣り竿の垂 [続きを読む]
  • 菜の花 春 梅 白梅
  •  昨日は浜離宮への吟行句会でした。30万本咲くという菜の花の畠が立派で、鵯等も蜜を吸いに来ていました。 菜の花の下には、ところどころ仏の座が咲いていました。この仏の座は、紫蘇科で花葉が段々になることから三界草とも呼ばれる(春の七草のひとつの仏の座は菊科で別名田平子で新年の季語)が、季語にはなっていない。 老木に遅咲きの白梅が咲いているのも綺麗でした。             菜の花や蜜を啄む鳥の群れ  [続きを読む]
  • 馬酔木 花馬酔木 山茱萸の花
  •  先日、近所に馬酔木の花が咲いていたがカメラを持っていなかったので、翌日、写真を撮りに行った。また、白金の畠山美術館には、ひっそりと馬酔木が咲いていた。 白金から有楽町に行ったが、今年、初めて山茱萸の花を見ることができた。             馬酔木咲く家の前には道祖神             馬酔木咲く庭に雀の群れにけり             美術館静もる庭に花馬酔木            [続きを読む]
  • 花粉症 木蓮 白木蓮 白蓮
  •  目の痒さと鼻水等の花粉症の症状がきついので、内服薬と目薬、鼻の噴霧剤を貰ってきた。3点セットを使っていると、かなり花粉症が抑えられている。因みに杉花粉の大きさを調べてみると、20〜40?で、0訓練された目の良い人が見える大きさである。 白木蓮が咲き始めているが、幸い、地面に近い方から咲いてくれるので写真にも撮りやすい。             目に見えぬ敵を相手に花粉症             花 [続きを読む]
  • 緋桜 桜 花
  •   今日、日比谷に出た時に緋桜が咲いていた。先日は、上野公園で、おかめ桜をを見たが、イギリスの桜研究家イングラム(Ingram)がカンヒザクラとマメザクラを交配して作り出したもので、名前はおかめに由来している。寒緋桜と大島桜の自然交雑種である河津桜を始め交配種も綺麗な桜が多いが、紅白の桜が重なり合って見えるのも風情がある。             ビルを背に緋桜咲くや堂々と             緋桜の [続きを読む]
  • 椿 白椿 紅椿 落椿
  •  先日、街を歩いていると、白椿が綺麗で金網越しに写真を撮った。近所には、13cmぐらいの大輪の椿を植えている家もある。椿の花の大きさのランキングは、極小輪、小輪、中輪、大輪、巨大輪で、13cm以上が巨大輪らしい。植物園にベトナムの椿もあったが、花弁が長くて面白い形をしている。我が家にも小さいながら何本かの椿の花があり楽しんでいるが、椿が首から落ちるのは潔くて気持ちが良い。             金網 [続きを読む]
  • 沈丁花 雪柳 小米花
  •  沈丁花を植えている家が多く、どの道を通っても甘い良い香りがするようになった。沈丁花は、沈香に香りが似て丁子に葉の形が似ていることから名前がついている。花びらを持たず、愕は内側が白、外側は紅紫色(外側も白があり)。 また、雪柳の花も見かけるようになったが、枝が柳のようで花が白い雪のようだから雪柳と呼ばれている。中国原産の薔薇科の花で、米を散らしたように見えるので、小米花とも呼ばれる。         [続きを読む]
  • 啓蟄 芝青む 春の芝 春の海 暖か 水温む
  •  昨日から、15日間が啓蟄の候である。今日は、午後から雨が降り始めたが、一昨日、昨日は暖かくて穏やかな天気であった。コンサートを聞きに行った横浜港の山下公園の芝が青み、野鳩が餌を啄んでいた。波の無い海では、カモメものんびりとしているようだった。             啓蟄や啄みやまぬ野鳩かな             啓蟄や人の群れゐる大道芸             芝青む大桟橋に続く園      [続きを読む]
  • 蕗の薹(茎立ち) 金縷梅 三椏の花
  •  一昨日、舞岡公園に行った時に、蕗の薹、金縷梅、三椏の花を初めて見ることができた。 蕗の薹は、舞岡駅近くのJAで買っておいたが、公園を歩いている時に取り残しなのか一つだけ見つけて採ることができた。公園を出て、バス停に行ってみると、少し惚けた蕗の薹が群がって咲いていた。 金縷梅は、黄色と赤茶色の花の木が並んでいた。丁度、帽子を被った幼稚園児の散歩の列が通り過ぎた。 三椏の三の三角形は安定感があるが、 [続きを読む]
  • 春 暖か 初音 囀 春耕
  •  昨日は、朝から快晴の良い天気であった。花粉が多く飛ぶという予報が気になったが、森林公園である舞岡公園まで出かけて来た、 小流れに沿って歩くと、せせらぎの音が気持ち良く聞こえる。公園に入ると、鶯の鳴き声を初めて聞くこともでき、色んな鳥の囀りも聞こえた。野鳥のスポットでは、大勢のカメラマンが野鳥が来るのを待ち構えていた。 畑に水蒸気が湯気のように立ち上っていたが、地霧というらしい。畑の土は土壌粒子の [続きを読む]
  • 蛤 貝合はせ 内裏雛 吊るし雛 白酒
  •  今日は桃の節句、雛祭りで、雛人形を飾り、良縁を願い蛤を食べる日である。毎年、自作の雛人形を飾っている家内も、一週間前に伊豆・稲取で雛飾りを見てきたせいか、今年は飾るのを止めてしまった。 去年、蛤にお絵かきをして貝合わせをしたら孫たちが喜んだこともあり、蛤だけは一生懸命買ってきている。雛祭りに飾る白酒はアルコールが9%ほど入っているらしいが、最近は甘酒が使われているようである。 そういえば、稲取に [続きを読む]
  • 雨水 蕗の薹 青ぬた
  •  昨夜七時頃より雨音が聞こえ始めたが、朝起きた時には雨は上がっていた。今日の午後から、再び、お湿り程度の雨が降り始めた。2月の降水量は、平年値56mmに対し15mmと随分少なく、雨水の候らしい恵みの雨である。田畑や人間の生存に必要な水を、ダムや用水路を作り活用してきた先人の努力は相当なものである。 新潟に住んでいた頃は気軽に撮れた蕗の薹も店に出回っていて、早速、買ってきた。また、芥子菜や浅葱を茹でて酢 [続きを読む]
  • 剪定 スイートピー
  •  今日は風も無く穏やかな一日となった。午前中は、家内が庭の手入れをするというので、前から言われていた蝋梅と郁子の木の剪定をすることにした。新しい剪定鋏は、切れ味もよく気持ちが良い。 植物園でスイートピーの写真を撮り、そのままにしておいたが、一句詠んでみます。スイートピーの語源は「Sweet(甘い)」とマメ科である「pea(豆)」の組み合わせで、1982年の松田聖子の「赤いスイートピー」で国内の認知度が高まったよう [続きを読む]
  • 春寒し 二月尽
  •  昨日ほどではないが、今日も寒い一日であった。綿雲を見上げている時に飛行機が雲に隠れたが、改めて雲の大きさに驚いた。 今日で二月も終り明日から三月に入るので、春らしい日が増えるであろう。寒暖の差の激しい二月であったが、梅見を始め旅行を楽しむことができた。キャベツや白菜等の値段がまた高くなっているが、大船や松原、弘明寺の商店街に激安の店も探すことができた。             春寒し雲に消えゆく [続きを読む]