release-toxin-of-parents さん プロフィール

  •  
release-toxin-of-parentsさん: 私は「ラジコンカー」だった 自分でハンドルを握る今
ハンドル名release-toxin-of-parents さん
ブログタイトル私は「ラジコンカー」だった 自分でハンドルを握る今
ブログURLhttp://ameblo.jp/release-toxin-of-parents/
サイト紹介文毒親の意向をキャッチするアンテナは高性能発達&自分のハンドルは退化。一見人生はうまくいっているけど?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/06/24 06:16

release-toxin-of-parents さんのブログ記事

  • 自分を大切にするというのは、自分のために自分が戦ってあげること
  • 以前も何かにサラリと書いたかもしれませんが、親との絶縁後、サイキックアタックと思われる不審かつ不利益な出来事が多いです。(コチラの記事なんかにもちょっと書いていますね、、、) 今年に入ってからあからさまにエスカレートしてきていまして、最近はなんと突然暴力をふるわれるという傷害事件に巻き込まれ警察沙汰になりました。 また、私を本当に理解してくれて100%支持して丸ごと助けてくれる人がいるのですが、その人と [続きを読む]
  • ビジネス相手に失望し、人を見る目のなさを思い知らされた
  • タイトルそのままなのですが、以前、一緒にビジネスをしている人に失望する出来事があり、胃が痛くて明け方目が覚めるほどの怒りを覚えたことがあります。 私は、相互尊敬・相互信頼がある程度できていると思っていたんですよね。 なので、いま思えば、ちょくちょく違和感はあったんですが、当時は今ほど自分を大切にできていなかったので、スルーしてしまっていました。 それで一緒に仕事をしているような感じになってしまって、 [続きを読む]
  • どこでも誰とでもうまくやっていけるという妙な自信があった。
  • だいたい4月から新生活が始まりますが、5月病と言われるような時期も過ぎ、今ぐらいの季節になるとだいぶ慣れたー!という人も増えてくるのではないかと思います。 新生活を迎える前というのは、「新しい環境になじめるかな?」「うまくやっていけるだろうか?」と、不安が多いものだといわれます。 ただ、私自身は、そういった不安って子どものころからほとんどなかったです。むしろ、 どこに行ったって誰とだって私はうまくやっ [続きを読む]
  • 真性の毒親だと、表面上は意外とすんなり絶縁が成功する
  • コチラの記事にもありますとおり、親との絶縁生活もはや3年目に突入しています。 今はもう、悟られずに引っ越しもし、電話番号やメールアドレスも全部変え、転職もしましたので、私と連絡を取る手段はないのですが、それらを確立する間、彼らが私にやってきた事といえば、 宅配便を突然送り付ける祖母の訃報を一言メールしてくる入学祝い?を突然送り付ける誕生日おめでとうメールを送ってくる ぐらいで、もちろん私はすべて丸無視 [続きを読む]
  • 「OSが違う」ような違いがある、絶縁そして回復後
  • 毒親を捨て、周囲の人間関係もどんどん様変わりするなか、自分の生活から毒要素のある人間関係がとても少なくなり、それに伴って、自分が毒親から刷り込まれて気づかず持っていた自分を生きづらくする歪んだ前提に日々気づいています。 そんな日々につくづく沸き上がってくるのが、 「よくこんなんでやってこれたな」「なんでそんな風に思ってたんだろう」 という思いです。 相手の顔色を見て先回りして嘘をついたり、しょっちゅう [続きを読む]
  • 自分が憶えている以上に、実は虐待されている。
  • 私の子どもたちはまだ10歳未満で小さいので、いろいろ楽しい思い出づくりもしてますが、大人になったら忘れちゃうんだろうなぁ、、、と思うと、ちょっと寂しくなります。 実際、あなたは何歳頃ぐらいから記憶がありますか? 私は、絶縁前は幼稚園ぐらいから断片的な1シーンが2〜3個。意外と小学校や中学校の記憶とかもほとんどなく、ACの方々のブログで過去の毒親の狼藉などについて詳細な記事を書かれているのを拝見すると、「よ [続きを読む]
  • 毒センサーにしたがった仕事の断捨離で仕事運UP
  • 春分の日前後で、またさらにRice Workの断捨離を行いました。 私は基本的にフリーランスですので、常に大小複数の仕事を走らせていますが、こちらの記事で書きましたように、昨年末に毒で侵されたメインのRice Work先を離れました。 年明けからは、今まで培ってきたスキルが面白いぐらい満遍なく活きる内容で、かつ、処遇水準がUPした仕事に恵まれていました。 業界自体は初めてのご縁だったのですが、いただいたポジションは、私 [続きを読む]
  • 毒センサーが鋭敏になる。
  • 毒親とはっきり対立して決別して丸2年以上がたちました。 引っ越しをし、連絡先を変え、転職もして、先日などうっかり操作ミスをしてLINEのIDまで消す羽目になってしまい(!)ここまで皆から消息を絶たなくてももいいでしょ?(笑)と我ながら笑ってしまいますが(突然私がLINEのお友達から消えて、かつまだ復旧していない これをお読みのリアルの知り合いの方、 もしよかったらメールなどで連絡ください・汗 悪気はありません [続きを読む]
  • 転職もしました。
  • リアルタイムでいろいろ公開するのもちょっと憚られ、多忙にもかまけて遅くなりましたが、実は年明けからRice Workのほうを転職しております! もう2カ月近くたちますので、おかげさまで新生活にはすっかり慣れております 実は、転職活動は昨年の夏ごろからじっくり進めておりました。 まず、大前提として、昨年末までお世話になっていた仕事先は、我が毒実家が把握済みだったのです。 絶縁前、まだ一生懸命親子ごっこをしていたこ [続きを読む]
  • ドラマ『嫌われる勇気』の感想
  • ご無沙汰してしまいました。いつもブログをお読みくださっている皆さま、また読みに来てくださってありがとうございます。 年が明けてから生活にかなりの変化を起こし、周囲の人間関係が様変わりしております。そして立春を無事に過ぎ、多忙を極めておりますが、本当にいろいろなサポートをいただいています。おかげさまで元気です。 いろいろ、その辺も何かご参考になることかとかねてより記事にしたいと思っていたのですが、その [続きを読む]
  • 絶縁後の年賀状事情。
  • 仕事始めもすぎ、学校なども始業式で、お正月ムードはなくなりましたが、わが家にはまだ年賀状がちらほら届きます。 というのも、今年届く年賀状はすべて、転送で来ているからです。 コチラの記事にも書きましたとおり、引っ越しした際は、親は当然のこと、周辺のだれにも引っ越し先の住所を教えていないのです。 なので、今年私に届く年賀状は、 1)ま、転送で届くでしょ〜と出してくれた方2)住所教えて〜と尋ねてくれたけれど [続きを読む]
  • 実家と過ごさないお正月、3回目。
  • 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。 タイトルのとおりですが、実家と過ごさないお正月も3回目になりました。 昨年のお正月についてはこちらに書きましたが、まだ住所やメールアドレスなどを変えていなかったのでもしかしたら来るのでは、、、と内心心配していたところがありました。でも3回目となる今年は、そういったものはすべて変えてありますので安心して年明けを迎えられました。 でもまだ3回目な [続きを読む]
  • あなたは、悪くない。
  • 無事に冬至を過ぎ、もう2016年もあとわずかです。 いま、いろいろ身辺が大変なことになっている人が多いようですが、私もそのひとりです 2017年に向けて、一言で言うと浄化なのでしょうが、心身ともにハードでしんどいですでももうちょっとです、とりあえず年越しを乗り切って。そのあとのターニングポイントは立春があります。ワンタームずつ頑張ります! ☆ 毒親育ち・アダルトチルドレン(AC)の私たちは、 [続きを読む]
  • 善意なのに仕方なくそうなっていると思い込んでいた。
  • 前回の記事、目先の平和を積み重ねて自立心を失う のなかで、里帰り出産なんてとんでもないと夫婦二人で産前産後も乗り切ったこと(2回ともです)、私の両親がかつて赤ちゃんだった私にしたように私の赤ちゃんにも虐待するのではと警戒していたので、第一子は産後半年ぐらいたつまで両親には会わせなかったことなどに触れました。そして当時は、まだ私も甘かったので、「そんなことになったらいよいよ両親との関係は終わってしま [続きを読む]
  • 目先の平和を積み重ねて自立心を失う
  • 前回の目先の利益を追って、長期的なリスクを招くの続きで、私の子育て失敗談を一つお送りします。私が失敗したなと思っているのは上の子、第一子です。以下も第一子と記します。私は、妊娠当時は絶縁してはいませんでしたが、両親は両方ともおかしいのは分かっていたので、両親のような子育ては絶対にすまい、と固く誓って出産しました。里帰り出産なんてとんでもない。夫婦二人で産前産後も乗り切りました。本当に親を警戒してい [続きを読む]
  • 目先の利益を追って、長期的なリスクを招く
  • 毒親育ち・AC(アダルトチルドレン)の私たちは、長期的な視点に立って物事を見たり、その視点に基づいて計画を立てたり、ということが苦手な人が多いです。そりゃそうです、生まれ落ちた時からずっと常に、親の顔色、態度、声色、それこそ母が野菜を切る包丁の音がいつもより苛立たしい気がする、とかそういうレベルで周囲のモニタリングを続けなくてはどこから罵声や怒号が飛んでくるかわからない、異常な環境を生き延びてきたの [続きを読む]
  • ビジネスネームを変更しました
  • 突然ですが、ビジネスネームを変更しました。毒になる親兄弟から逃げ切り、自分と家族を守るため、住まいをはじめいろいろなことを変更しておりますが、ビジネスネームの変更もその一環です。相談員メンバーとして参加しているボイスマルシェのほうも同様に変更してあります。最近はrice workが忙しく、ほとんど予約枠を開けられておらず、life workであるカウンセリングは、直で依頼をお受けするメールカウンセリングが主となって [続きを読む]
  • 親の役目とは?
  • 私の好きな著名人の一人に、川本裕子さんという経済学者の方がいます。ご存じない方はちょっと検索してみるとすぐ見つかりますが、名門私立小学校→東京大学、卒業後は銀行→マッキンゼー→今は早稲田大学大学院の教授と、まさに「THE エリート」という経歴の方です。私生活ではご主人と二人の息子さんがいらっしゃるワーキングマザーです。私がこの方をひそかに好きなのは、ワーキングマザーを前面に押し出していないところです。 [続きを読む]
  • 歯にご用心
  • 1か月ほど前から歯科に通っています。きっかけは、左の下の奥歯が、ズキズキ痛み出した事。最初虫歯かと思いましたが、どうも違う感じがあって、、、妙に傷みが不定期だし、冷たいとか熱いとかというよりも、咀嚼したときに痛む感じ。知覚過敏かな?とも思いましたが、夜寝てる時に突然痛くなったりもする。受診の結果、診断は、なんと10年スパンとも思われる歯の食いしばりによって、歯が低下して歯の下の骨にめり込むための痛み [続きを読む]
  • ちょっぴり、復活します。
  • 子どもの泣き声が駄目で、かつ本当は男の子が欲しかった実父から、生後〜わりとすぐ泣きやすい3歳ごろまで実はかなり暴行をうけていた私ですが、その頃は、うるせえな、こんな子ども要らねえよ、どうやったら合法的に捨てられるんだろう、ぐらいまできっと思っていたはずなのに、今になって、絶縁されたら自分たちの世間体や老後の面倒のためにあれやこれやと必死に娘を探しだして吊し上げてやろうとする。心底身勝手な毒実家の怨 [続きを読む]
  • いったん、控えます
  • 先日公開した記事を、いったん非公開にさせていただきました。いろいろ、感づく事態があり、どうも、我が毒親は、息子(精神障がい者の私の弟)にあれこれけしかけて私への恨みを募らせさせ、これまたあれこれと行動させるよう仕向けているようです。いろいろ書きたいのはやまやまですが、いったん、私自身、特に絶縁プロセスに関するトピックはブログにアップするのを控えることにしました。何が彼らへのヒントになってしまうか、 [続きを読む]
  • 引っ越しを察知した後の、我が毒親の反応
  • (※誹謗中傷を言いふらされたことを書き忘れましたので 追記しました。 7/18 9:19)この春、毒親に知らせることなく引っ越しを完遂した我が家です。※その記事はコチラ その後、メールアドレスも変更して(詳しくはコチラ)、あとはどのタイミングで携帯番号も変えるかなど、様子を見ながら着々と完全なる絶縁へのステップを踏んでおります。そんな中、最近こちらとしても感づく出来事があり、どうやら我が毒親が引っ越しを察 [続きを読む]
  • 営業のススメ(2)
  • 営業のススメ(1)の続きです。そんなこんなで、毒親育ち・アダルトチルドレン特有の対人恐怖や失敗恐怖をかかえつつ、ヘッドハンターとして身を立てていこうという中で、私は営業に関する本をあれこれ読むことになったのですが、その中ではっとするコラムがあった本が、営業組織をゼロから最速で20億にする法―5年で業績を20倍にしたカリスマ・マネージャーがあかす/アチーブメント出版¥1,404Amazon.co.jpこの本のP.98〜99、「売 [続きを読む]
  • 執拗なるバカの一つ覚えにより、少々早くメアド変更
  • 予定を変更して、ひとつ別テーマの記事を挟みます。 以下の過去記事  毒親宅配便問題、私の場合。典型的な「事実の否認」 毒親訃報問題。事実の否認&罪悪感を持たせる手口の合わせ技。 毒親お祝い問題。どこまでも繰り返すしつこさ。 をお読みくださっている方は、「またか!」と驚かれたり、はたまた「うわー毒親あるある(笑)」と思われたりするかもしれませんが、 そうなんです、またあったんです、同じ [続きを読む]