血糖改善 さん プロフィール

  •  
血糖改善さん: 糖尿病 血糖値を正常に下げる習慣講座
ハンドル名血糖改善 さん
ブログタイトル糖尿病 血糖値を正常に下げる習慣講座
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kenypoco/
サイト紹介文血糖値を正常に保つための秘訣を公開していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/06/24 13:29

血糖改善 さんのブログ記事

  • 改めて「肥満」はあらゆる疾患の最大のリスク
  • 「生活習慣病」や「内臓疾患」と呼ばれるものは非常に幅広い種類の症状・疾患をさしますがそれらに共通しているものとして、まずは「太っている人」が多いこと「肥満」はあらゆる疾患の、リスクとなることが挙げられます。その理由としては、太っているということは必要以上の「過剰な」エネルギーを摂取していることそれによって、内臓のあらゆる機能に様々な負担が大きいこと内臓が「疲れてしまう」ことによって、正常に機能しな [続きを読む]
  • 「運動療法」は血糖値を下げるため「だけ」ではない
  • 高血糖患者への、初歩的な治療である運動療法とは「血糖値」を下げるためではなく「インスリン」の働きインスリン環境の代謝を改善するために行われます。インスリンの働きが悪くなった結果として血糖値が高まるのと同時に、血糖値が高まることによって更に多くの弊害が現れることになります。そのため、インスリンを含めた代謝に関わるあらゆるホルモン環境への「刺激」として、体を動かすことが必要になります。運動による代謝へ [続きを読む]
  • サラシアで血液全体を綺麗にする
  • 血糖値の問題に悩んでいる人であれば「サラシア」という成分について、一度は聞いたことがあると思います。 サラシアは「南アジア」原産の植物であり「血液」に含まれる要素全般を、綺麗にする目的として「漢方」に近い手段として、利用されてきました。科学的な根拠のない中でも、その効果に着目され更に、現代の臨床実験においても血液への効果は、認められるものとなっています。 現代では、漢方の代わりに幅広いサプ [続きを読む]
  • 血糖値に対するサポニンの効果
  • 血糖値を正常化させる効果が注目されている栄養素の中に「サポニン」があります。サポニンは、血液に作用しながら血管内をめぐり「コレステロール」「中性脂肪 」といった血液の質を落としている、様々な疾患の原因になる要素に作用し、幅広い効果を与えることが分かっています。これらの効果によって、血液が循環しやすくなるため「動脈硬化」といった症状の予防にもつながります。そうなることで「腎臓」等の器官の負担も減り糖 [続きを読む]
  • インスリンを正常に保つためにまず心がけたいこと
  • 血糖値を下げることが出来る物質は「インスリン」だけです。このインスリンが分泌されない・機能しないことはそのまま糖尿病に直接的につながることになります。このインスリンをあらゆる角度から正常に・健康 に保つことが血糖値対策には避けることが出来ません。そしてその第一歩とは 、まずインスリンを「作る」ことです。インスリンは「膵臓」のランゲルハンス島と呼ばれる部分で作られますが、そのためには膵臓が健康であるこ [続きを読む]
  • 腎臓を健康に保つことが何より大切
  • 糖尿病は、血液が関わる疾患の最たるものですが血液が関わっている症状に欠かせない要素として「腎臓」 という器官が大きく関わってきます。腎臓の最も大きな役割が「ろ過」 機能でありそのろ過機能をくぐり、常に身体中を循環し続けるものが血液です。この腎臓が「壊れて」しまう最も大きな要因の1つが高血糖であり、汚れた血液をろ過し続けることによって「オーバーヒート」の状態になってしまうことで徐々に機能を失っていって [続きを読む]
  • 大腸の状態も血糖値に大きく関わる
  • 高血糖の患者には便秘の傾向がありその理由としては、血液がドロドロであること腸内の水分量が少なくなっていることが原因で便の水分・粘度が低下して出にくくなっていると考えられています。また「糖尿病神経障害」によって「便意」を感じることが出来なくなっていたりと深刻な理由も考えることが出来ます。この便秘の状態は 、高血糖を悪化させまた、そもそも腸内環境の悪化が高血糖を招いていることも考えられこの「大腸」とい [続きを読む]
  • 肝臓を元気に保つための食事・栄養素
  • 肝機能の改善・向上を考えた際、負担を軽減するだけでなく「肝細胞」を修復するということも、意識していきましょう。もともと、肝臓は「再生能力」が高い臓器として知られておりその能力こそが、非常に大きな役割を担うことが出来る理由です。肝細胞の再生には「タンパク質」が必須なのはもちろんのこと特にタウリン「肝細胞」の再生にとっては非常に有効な成分になります。また、タウリンの肝臓への働きかけは細胞の修復だけでな [続きを読む]
  • 肝機能の悪化も糖尿病を招く
  • 高血糖・糖尿病というと「腎臓」との関係が深いイメージがありますが「肝臓」とも、大きな影響を与え合っています。肝臓は、体の代謝を司っている臓器であり摂取した栄養素を効率よく消費するために分解・合成を行っている非常に大切な臓器です。もちろん、ブドウ糖の代謝にも関わっており肝臓の機能が低下することによって血糖値をコントロールすることが出来なくなり血糖値が悪化し、糖尿病を招くリスクが高まります。糖尿病を防 [続きを読む]
  • 食事制限中に気をつけるべきこと
  • 食事制限をしているということはダイエットしていることと同じことであり栄養素の「欠乏」 に関して注意しなければなりません。ビタミンが豊富に含まれる「緑黄色野菜」等はその他の野菜に比べて糖分も多く含んでいる傾向がありキャベツやキュウリなどの水分が多い野菜は食事制限時の満腹感に役立ちますが、栄養が少ないという現実があります。糖分・炭水化物を制限するのは 仕方がないことではありますがその際に必要な栄養素が不 [続きを読む]
  • 食事制限中のエネルギー源
  • 過剰摂取が糖尿病の根本原因となる「ブドウ糖」ですが最も大きなリスク要因になる反面、人間の活動にとってなくてはならない 、エネルギー源でもあります。糖尿病の初期治療である「食事制限」ではまず最初に制限されるものですがこのエネルギー源を制限することによって日常生活に支障が出るのではないかと心配になる人もいるかもしれません。しかし、エネルギー源となるのはブドウ糖だけではなくまた、血糖値を上げる栄養素もブ [続きを読む]
  • 高血糖の結果としての動脈硬化
  • 高血糖や高脂血などの血液にまつわるトラブルは結果的に、合併症などの様々な疾患につながっていきますがもう1つ、知っておきたい重要な結果として「動脈硬化」 につながってしまうことがあります。動脈硬化とは、血管が厚く・硬くなり血液が流れにくくなる症状です。「高血圧」の結果として考えられることが多い症状ですが高血糖や高脂血によるどろどろの血液によっても動脈硬化は発生します。体の重要な器官への負担も増え心筋 [続きを読む]
  • 血糖値を下げるために大切な体の器官
  • 血糖値を下げるためには、生活習慣の中で食事制限や運動療法を実践していくことが大切ですが現実には進行を抑える・現状維持しか出来ていないケースがほとんどです。血糖値を下げていくには、一歩先のアプローチが必要です。そして、血糖値を下げるホルモンは「インスリン」しかありません。 そう考えた際に、インスリンの分泌環境を改善していくことが血糖値を下げるために必要なアプローチになるはずです。 インスリン [続きを読む]
  • ストレスと糖尿病
  • 「ストレスが糖尿病を招く」ということは 聞いたことがある方もいるかもしれません。実際には、事実でありストレスを感じると血糖値を上げてしまうホルモンが活発に分泌されることになります。またそれに加え、ストレスが加わることによって体が興奮の状態になり 血糖値は自然と上昇します。 結論としては、ストレスを感じることによって二重に血糖値を上昇リスクが高まります。体の仕組みとして、危機を感じると血 [続きを読む]
  • 糖尿病に効果の有る「ピニトール」
  • 近年発見された、血糖値を下げるために有効な成分として「ピニトール」という物質があります。ピニトールはビタミンの一種であり体の浸透圧のバランスを保つ働きをしますがそれと同時に血糖値のバランスも整える効果があることが実証されています。糖の代謝をスムーズにし、エネルギーへの変換効率が非常に高くなる効果があります。これは、糖尿病患者の体が苦手とする作業を助けてくれるということでもありインスリンにに近い働き [続きを読む]
  • 糖尿病と血管障害
  • 糖尿病は様々な合併症を引き起こしあらゆる臓器・器官を蝕んでいきます。糖尿病性網膜症糖尿病性腎症糖尿病性神経障害以上が主な合併症になりますがその全ての根本は「糖尿病性血管障害」と考えられておりあらゆる合併症がその結果によって引き起こされます。血液は、栄養を運んだり、体の臓器を動かしたりと無くてなならない、常に潤滑に流れ続けなければならないものです。そして、その血液が流れる道が血管になりますが高血糖患 [続きを読む]
  • 痩せていても糖尿病になる
  • 糖尿病というと甘いものが好きな人お酒をたくさん飲む人太っている人がなるイメージがありますが痩せている人でもリスクは十分あります。 糖尿病は生活習慣、それによる体の構造が大きく関わっているため太っている人が糖尿病になりやすいのは疑いようのない事実ですが痩せていても、目に見える脂肪がない人でも「内臓脂肪」が多い場合もあり特に痩せている人の場合、内臓脂肪は目に見える脂肪よりも付きやすいという事実があ [続きを読む]
  • 高血糖と糖尿病と「克服」
  • 「果たして糖尿病は完治するのか」ということは現在糖尿病で悩んでいる方が必ず考えることであると思いますが「高血糖」の状態が一般に「糖尿病」と言われるレベルまで進行してしまっている状態であるとすれば「完治」することは難しくなります。「普通の高血糖」ということであれば日々の生活を改めることで「改善」することができますが「糖尿病」になってしまうということはインスリンを始めとした血糖値をコントロールする体内 [続きを読む]
  • 糖尿病にはコーヒーが効くのか
  • 糖尿病予防・改善にはコーヒが効果があるという意見がありますがこれには賛否両論あり、実験結果などからもメリット・デメリットが考えられます。カフェインは「基本的には」「あまり良くないもの」と考えられその弊害も何パターンも考えられるため、飲みすぎはおすすめしません。「糖尿病」に対しても、一度に大量に飲むことによって血糖値を逆に上げてしまうということが分かっています。ただし、「習慣的に」飲んでいる人の糖尿 [続きを読む]
  • 複雑な炭水化物制限
  • 糖尿治療の最初の段階である食事制限では全体的なカロリー制限を設けますが、同時に素材・栄養素の制限もしていきます。糖類には一番大きな制限がかかり、ほとんど禁止になりますが炭水化物も最終的に分解されてブドウ糖になります。 砂糖・炭水化物の制限の制限はその代表的なものであり「主食」を抜いていくことが最初の一歩であることが多いです。最近では「カーボンアウト」と呼ばれているようです。一口に主食の炭水化物 [続きを読む]
  • 3大合併症〜腎症〜
  • 重度の糖尿病の治療法として有名な「人工透析」に至ることで有名な「糖尿病性腎症」は腎臓が機能を果たせなくなってしまう合併症です。血液などをろ過するための期間である腎臓が機能しなくなってしまうため外部で専用の機械を使ってろ過(透析)するしかありません。初期症状としては倦怠感と蛋白尿が 特徴的です。基本的に高血糖の人は疲れやすいため腎症を発症してしまっているとは考えずに発見が遅くなることも多いです。治療 [続きを読む]
  • 3大合併症〜網膜症〜
  • 糖尿病の合併症の中でも最も恐ろしいものが失明につながる「糖尿病性網膜症」です。「糖尿病が悪化すると目が見えなくなる」 という話は聞いたことがある人も多いと思いますがこれは「糖尿病が悪化」 するのではなく「合併症」を引き起こしていることによるものです。高血糖が進行することによって血管がもろくなり網膜の酸素不足が起きることが原因です。症状はゆっくりと進行していき、だんだんと目が見えにくくなっていき [続きを読む]
  • 3大合併症〜神経障害〜
  • 糖尿病の合併症で比較的早い段階で症状が出始めるものが糖尿病性神経障害です。神経に影響する疾患のため、その症状は多岐にわたります。 手足の指などの末端部分の痺れに始まり最終的には大元である自律神経にまで影響が及ぶため女性の更年期障害のような、体全体の不調にまで発展します。一番最初に現れる合併症の症状であり糖尿病が進行している証でもあります。この段階で更に食事療法で様々な制限をしたり投与する薬の量 [続きを読む]