ディードットステーション さん プロフィール

  •  
ディードットステーションさん: ディードットステーション
ハンドル名ディードットステーション さん
ブログタイトルディードットステーション
ブログURLhttp://ameblo.jp/dstation1/
サイト紹介文ディードットステーションは宮城県仙台市に本社を置くアスネットコーポレーションが運営するパソコン教室。
自由文ディードットステーションは、シニア・初心者・主婦向けのパソコン教室です。全国展開を行っているので全国各地に教室があります。

ディードットステーションでは、月謝が月々安心の3000円です。しかも通い放題なので分からない所があっても集中的に学ぶことができます。また分からなくなっても何度でも教えてもらえます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/06/25 16:47

ディードットステーション さんのブログ記事

  • 独立準備に忙しいあなたへ。時間管理のポイントとは?
  • 大切なのは、物事を行う順番 環境の変化が多い4月から、5月へと移り、だんだんと仕事もプライベートも落ち着いてくる頃ではないでしょうか。とはいえ、忙しい日々が続いている方も多いと思います。 また、夏のボーナスを受け取った後に独立開業・起業を考えている方は、その準備の時間も確保しなくてはなりません。 今回はそのようなハードスケジュールの方に、より効率的に物事を遂行していただけるポイントをお [続きを読む]
  • 既存モデルを活用して独立したい方、必見!活用制度5選
  • 5つの活用制度 もうすぐゴールデンウィーク。連休を利用して、じっくり独立開業・起業準備を進めよう…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。 特に、既にあるビジネスモデルやサービスを活用したいと考えている方。おそらく調べていくうちに、いろいろな制度を目にすると思います。 フランチャイズ、代理店、特約店…。その他諸々。一体何が違うの?自分にぴったりなのはどれ?と、迷われないように今回は [続きを読む]
  • ”脱・いい人”がイノベーションを起こすポイント!
  • “いい人”ではイノベーションを起こせない? これから独立開業・起業を考えている方に質問です。 あなたは“いい人”ですか? そんな質問、答えにくいよ…という方。では、周囲の人に「“いい人”だね」とよく言われますか? 米国公認会計士の午堂 登紀雄さんは、『「いい人」にイノベーションは起こせません。』と話します。 ここで言ういい人とは、協調性の強い人のことです。協調性を重んじるという [続きを読む]
  • 開業資金を調達したい!本部はサポートしてくれる?
  • 開業する際の資金調達手段 事業を始める際、資金調達が必要となったとき、どのような手段があるのでしょうか? <政府系金融機関>民間の金融期間に比べ、融資が受けやすいのが特徴です。融資プランも様々あるので、業種や運営年数に応じて選ぶことができます。日本政策金融公庫、商工組合中央公庫などがこれにあたります。 <民間金融機関>自己資金や信頼性が借入する際に重視されます。また、保証人や担保が必 [続きを読む]
  • 副業解禁時代に、パソコン教室は必要とされる理由とは?
  • 副業解禁時代にオススメなのは“MOS“副業解禁に伴い、どのような副業を始めるかと悩む女性も多い中、キャリア&マネー協会代表の高村 祐規子さんは「副業解禁時代」におすすめの資格と習い事についてこのようにおっしゃっています。 「まず“副業解禁”の社会の流れに乗るためには、キャッシュポイントを知ることが重要です。そんななかニーズが高まっている資格が『マイクロソフト オフィス スペシャリスト マスター [続きを読む]
  • 移住を促進し、地域活性化を後押しする”地域コミュニティ”
  • 移住を促進する要因とは? 近年、”移住”がブームとなっています。 政府は地方移住の促進に向け、20年までに東京圏から地方への転出を13年の37万人より4万人増やす一方、地方から東京圏への転入を47万人から6万人減らす目標を掲げている。  移住希望者や受け入れ自治体をサポートする民間団体「生涯活躍のまち移住促進センター」(東京都)の渥美京子センター長は「東京に住む50〜60代は、介護施 [続きを読む]
  • 壮年こそ起業にチャレンジすべき理由とは?
  • ”壮年起業”がおすすめな理由 中央労働委員会の2007年の調査では、役職定年制を導入している企業の91.3%は役職定年後も一般の定年年齢まで在籍させているものの、給与面をみると役職就任時と同等の賃金を維持している企業はそのうち1割しかありません。長年会社のために働き、役職に就くことを目標に頑張ってきたのに、肩書はなくなり、給料も下がる―――それならばいっそのこと、早期退職者募集に応じて退職金の増 [続きを読む]