fumin' さん プロフィール

  •  
fumin'さん: no walk no life(fumin'のblog)
ハンドル名fumin' さん
ブログタイトルno walk no life(fumin'のblog)
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/taka230315
サイト紹介文ダイエットと肉体改造 DIY Fishing Basketball マイホーム ガーデニング シンプルライフ
自由文生まれ育った仙台で経験した東日本大震災を契機に、強靱な精神と肉体を手に入れるべくダイエットと肉体改造にチャレンジしました。現在は、細マッチョの身体を手に入れながら、ウォーキング、ランニング、徒歩通勤を続けています。念願のマイホームも手に入れ、ガーデニングやDIYに加えて、趣味の釣りや音楽や読書、健康や運動を取り入れたナチュラルでシンプルなライフスタイルを記録したブログになります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2015/06/25 17:20

fumin' さんのブログ記事

  • アイ・LOVE・トマト
  • モロヘイヤやオクラやインゲンなどの夏野菜が、地元のJAが運営している産直市場にたくさん出回りました。 僕は嬉しくなってズッキーニと茄子とパプリカを購入してきて、たっぷりのオリーブオイルで炒めてから、コンソメとカットトマトの缶詰と塩胡椒で味を加減したら、赤や黄や緑などのとっても彩り豊かなラタトゥイユが完成しました。 ケチャップ味のパスタ(スパゲッティやナポリタンと呼んだ方が僕らの世代には親近感が沸きま [続きを読む]
  • どんな言い訳も要らない
  • せっかく取れた五日間のお盆休みも、高校生の長女を試合会場まで送り届けたり、実家に顔を出したり、東へ東へ車を飛ばして釣り糸を垂れたりしていたら、あっという間に終わって仕舞いました。 それでも、ずっと雨模様だったので、読み始めて途中で栞を挟んだままにしていた小説を何冊か読み終えてから、ぼんやりとこんなことを考えていました。 それは… 週に二〜三度、 こうやってブログに自分が感じた事や考えた事について、ま [続きを読む]
  • 見失った夏と見習いたい雑貨達
  • 8月10日からお盆休みで5連休になったのに、空模様は相変わらずの曇り空で、ましてや降り止まない雨と高い湿度のせいで、部屋干しが続いて乾ききらない洗濯物がたくさんあったから、昨日の夕方にはコインランドリーへ出掛けて、乾燥機で洗濯物を乾かしながら、湊かなえさんのハードカバーを読み始めていた。 お盆休みになったなら、本当は西へ西へ車を走らせて、キャンプや海水浴や釣りを楽しみながら、夏の海でバケーションを満 [続きを読む]
  • 雨に濡れても気にならない時代
  • 夏休み中でも、朝早くから部活動へ出掛けてゆく高校生の長女に、夕方から雨だって。折りたたみ傘持ってる?って声を掛けた。原付バイクに跨がって、時給800円のアルバイトに出掛ける大学生の長男に、スピード出し過ぎるなよ。運転気を付けて!って声を掛けていた。子どもたちからすれば、分かってるよそれくらい、いちいち心配し過ぎなんだよなぁ、とは口に出さずに、傘を忘れても、雨に濡れるだけだからって、そう思っているんだ [続きを読む]
  • 旅人との再会
  • 以前から欲しいなぁと思っていたものがあって、通販やネットショッピングを利用さえすれば、安く購入できるし、すぐに手に入れることは理解していても、直接手に触れてから購入したかったし、必ず出逢えると信じていたのかもしれません。それはまるで、中学生の頃に好きな女の子に話し掛けられるのをじっと待っていたり、僕からはあえて距離を置いていたのに、向こうから近づいてくれることを期待している気分と同じで、決して僕か [続きを読む]
  • 桃と梨に挟まれた笑顔
  • 何気なくテレビ番組を眺めていたら、梅雨明け宣言が出されていたようで、そろそろ桃の季節だということを知り、そう言えば僕の家でも食後の後に、高校生の長女が朝食や夕飯を食べ終えてからデザートとして出されていた桃を美味しそうに食べていた姿に今更ながら気付きました。だから、旬の野菜や桃や果物を子どもたちに食べさせたて、地元の旬の野菜や果物を販売しているJAの市場に出掛けてゆきました。すると、インゲンや獅子唐や [続きを読む]
  • ミストサウナと不思議な体重
  •      八月に入いりました     今年の夏も もうじき花火大会や夏祭りが始まり     毎日暑いなぁと言っているのでしょうか    するとお盆も過ぎて だいぶ涼しくなったことに急に寂しくなって     夏が過ぎ去っていったことに気付いて     どこか切ない気持ちになることも いつも通りの繰り返しなのでしょうか さてさて、走ったり歩いたり身体を動かしたりすることが習慣になり、汗をかくことが心地 [続きを読む]
  • 橙色のランシューの夢
  • 「今、一番欲しいものは何ですか?」 勤務先のお昼休みに福利厚生用のアンケート用紙が回ってきて、その中のひとつに上記の質問事項がありました。 他の方々の答えを眺めると、「健康」や「丈夫な身体」と言った回答だったことが笑うに笑えませんでした。最近では病院の話や処方されている薬の会話や健康番組の話題が勤務先でもちらほ聞こえていたので、みんな大変なんだなぁと感じていました。アンケートの回答欄に、僕はなんの躊 [続きを読む]
  • 結果とハジマリ
  • 先月下旬に行われた勤務先での定期健康診断について、「空梅雨と健康診断」という文章で書き残していたことを今更ながら思いだして、ブログのリストからページを探してもう一度読み返してみたら、相変わらずの内向的で内省的な文章でしたが、以前よりも文章力や表現力があがったような気がしたのは、やっぱり気のせいかも知れないと思いました。 今週は空梅雨も中休みなのか、週初めの日月火と雨の日が続いて、30℃越えが続いて辟 [続きを読む]
  • 読書感想文でも書こうかな
  • 念願の図書委員になった高校生の長女が、図書館の先生と一緒に推薦図書の購入に行くだと言って、嬉しそうに家を出掛けて行った後ろ姿は、まるでシャボン玉のようにキラキラと弾んでいました。 そんな彼女から薦められた湊かなえさんの『リバース』が、幼い娘を亡くした中学校の女性教師が、加害者である男子生徒に対してHIVウィルスを凶器として復讐を加えるという、とてもセンセーショナルなストーリーだった『告白』と同じ作者だ [続きを読む]
  • 夏祭りの再会
  • 先週末 地元の神社で毎年恒例の夏祭りが行われました。 7月を迎えた頃になると、町内会の掲示板や道路沿いの電柱には、○○神社夏祭り開催!!の案内が張り出されていましたので、だいぶ前から知ってはいましたし、たぶん僕の高校生になる長女は嬉々として出掛けてゆくんだろうなぁとは思っていました。地元の神社の夏祭りは、ふたりの子どもたちが小学生の低学年の頃に、家族揃って仲良く出掛けた記憶があります。そんなに広くも [続きを読む]
  • 白い紫陽花とセダムの往来
  • 午後6時を過ぎても蒸し暑さが残ったリビングで、氷を入れたステンレスのサーモカップにメルローを注いで早めに寛いでいると、インターンホーンの音が遠慮しがちに鳴った。 お向かいに住んでいる○○○さんがやって来て、色鮮やかな紫陽花を頂いた。 庭いじりやガーデニングが大好きな○○○さんは、家の周りにもたくさんの植木鉢で植物を育てていて、先月は綺麗に咲いたアマリリスの赤い花を見せてくれた。 僕は紫陽花のお礼をした [続きを読む]
  • 図書委員からのお薦め
  • ブログに書き残した文章を、書庫という場所にカテゴリー別に分類して保管できることを知ったのは、ブログを始めてから暫く月日が経過した頃でした。画面左側にある書庫のカテゴリーをご覧頂ければ僕が設定した、    「music」    「workouts」    「happiness」    「life style」    「books」    「my home」    「family」    「diary」    「3.11」の中に、過去の文章が分類されているの [続きを読む]
  • 三連休の雨の狭間のしあわせ
  • 海開きの知らせや海の日を迎えても、土日月と僕は休みもなく仕事があって、それでも疲れたり悔やんだりすることもなく、ちっぽけなひとつふたつのことがあったから嬉しくなった。 土曜日の仕事はお昼過ぎからだったので、午前中は2時間ほどトレーニング室で大粒の汗を滴らせながら、ベンチプレスやカーフレイズやスクワットなどで全身に負荷を掛けたら、翌日には腹筋にも大胸筋にも三角筋にも心地よい筋肉痛があった。 前回のウェ [続きを読む]
  • 夏の記憶と音の感触
  • 何十回いや何千回聴いても、たぶん僕は涙が溢れるんだろうと感じながら、ふたりの子どもたちや子どもたちの母親のことを思い浮かべて、また今年の夏を迎えることが出来たことに、少しだけ心が落ち着いていた。                 「ONE OK ROCK - Wherever You Are」    梅雨の合間に感じた事    それは自然の非情さや季節の移り変わりや人の心の温かさなのかもしれない    そんなことを思いながら ま [続きを読む]
  • 夏野菜劇場の開演
  • ワイルドストロベリーと山桜桃の果実が朝の食卓に彩りを添えてくれて、赤い実の甘酸っぱい味覚と制服姿の高校生の長女の青春がシンクロしているように見えてきて、こんな朝の風景に出逢うことも小さなしあわせなのかもしれないと感じていました。 そんな気持ちと同じように、昨年はプランターでミニトマトや獅子唐やセロリを育て始めてみると、初めての家庭菜園で収穫できた夏野菜が食卓にのぼり、家族で話す会話の話題も賑わいを [続きを読む]
  • 蝶はまだ飛び続けているはず
  • 二十代から三十代にかけて熱中したバンド活動は、すべてオリジナル曲で60分ワンステージをなんなく熟しくらいにまで成熟しましたし、マネージャーといった演奏以外の様々な雑多な仕事を手伝ってくれる女性のマネージャーの協力を得ながら、ライブ毎にチラシを作って配布しながら、都内のライブハウスを回ったり、様々なイベントに出演したりしていましたが、とあるコンテストで賞を頂いて、その副賞として自主制作CDを制作した [続きを読む]
  • バルサミコ酢と僕の距離感
  • スクワットやworkoutに励みながらソリッドでシャープな身体作りをすることは、リメイクした空き缶に多肉やセダムを移植することと、ワイルドストロベリーや山桜桃の実を高校生の長女の朝の食卓のひと品に加えることや、2年目になったプランター菜園で初めてズッキーニを受粉させることも、それぞれがどこかで一本の糸で繋がっているような気がして、僕にとって今の暮らしが落ち着きのあるリズムを奏でていることを感じながら、身体 [続きを読む]
  • 夢の谷の住人たち
  • 今朝、お気に入りのランシューを履いて勤務先に向かう途中で、なぜか熱いコーヒーを飲みたくなったので、傘を畳んでから、立ち寄ったコンビニで雑誌コーナーを徘徊していたら、梅雨の雨に染められたような葉っぱに似た色鮮やかな緑色の表紙に目が留まった。                        「Pen+  ムーミン完全読本」 雑誌「Pen」は「上質な日常はすぐそこにある。」をコンセプトにした、男性向けのカルチャー・ [続きを読む]
  • 赤色と桃色と黄色の果実
  • 昨日の日曜日の夜のTV番組で、島で自生していた枇杷の実とテングサを使って、美味しそうなビワゼリーを作っていた場面を眺めていたら、僕の家の庭にも小さな枇杷の木があることも、ここに書き残そうと思った。6月はずっと晴れの日が多くて、どうも空梅雨のような気がしていても、もう7月になり初夏だと感じた風にお別れをしたら、ようやく雨の日が始まったようで、曇り空から振り零れる雨粒をみていると、この一粒一粒が生命を育 [続きを読む]
  • 空梅雨と健康診断
  • 今週の水曜日、勤務先で定期健康診断が行われました。 毎年実施される健康診断は、身長・体重・採尿・聴力。視力・血圧・採血・胸部レントゲン・心電図・腹囲測定・問診という流れで、例年と変わりありませんでしたが、前日の夜はお酒を控えたり、当日の朝食も軽めにしたりと、いつもの朝とはまた違った感覚もあり、少しだけ緊張感を感じた日になりました。 それぞれの計測もスムーズに進捗した中で驚いたことがふたつありました。 [続きを読む]
  • 今こそ女性の時代
  • 久しぶりの飲み会のお誘いがあり、先週の土曜日、定時に仕事を終えてから、地下鉄の駅から歩いて1分ほどで辿り着く居酒屋に駆け付けました。 一昨年に異動になった三十代の元同僚と、僕とその元同僚の共通の二十代半ばの知人だけという、三人だけが集った飲み会でした。 元同僚も共通の知人もどちらも女性で、飲み会を企画したのは二十代の知人でしたが、どうやら年上の僕と元同僚に、仕事の愚痴を聴いて貰いたかったようでしたが [続きを読む]
  • 梅雨入りと貝殻とフォトフレーム
  • 梅雨入り宣言がニュースで流れた日の午後には暴風警報が出されたので、早々と仕事を切り上げようかと南側の窓から西の空を眺めると、黒々とした雨雲が垂れ込めていて、木々を揺らすほどの強風で飛んできた大粒の雨が窓ガラスを叩き付けていた ほんの十日前に訪れた綺麗な西の海と晴れ渡った青い空が恋しいばかりか、たった二日間の車中泊の旅が懐かしくても、帰宅してから釣り上げた魚を丁寧に捌いて揚げ物と焼き物にして食卓に振 [続きを読む]
  • 変わらないKOKORO.の心
  • その訃報に驚いてすでに書き込んでいたふたつの文章を削除しました… 治療は順調に進んで少しずつ回復に向かっていると思っていたのに… 残されたご家族と幼いお子さんの存在を思い浮かべるともう胸が詰まって仕舞って… 今夜だけは両手の掌を握り合わせています… ご冥福をお祈りしますどうか安らかにお眠り下さい Friday.23.Jun.2017No.511 to be continued... [続きを読む]
  • 夏至の日に、しあわせの未来を信じて
  • ここ数年来、食生活を変えたことに併せて、ウォーキングやジョギングやランニングばかりか、workoutやストレッチやスクワットやチューブトレーニングが生活の中で習慣化すると、身体を動かさないと落ち着かないような感覚になりました。 長年ずっと車で通勤していましたが、あの震災以来、バスも地下鉄も使わずに歩いて通勤するようになり、朝には必ずストレッチを行い、時間を見つけてはスクワットとチューブトレーニングも継続し [続きを読む]