広大寺源太 さん プロフィール

  •  
広大寺源太さん: 介護歌留多(介護カルタ)
ハンドル名広大寺源太 さん
ブログタイトル介護歌留多(介護カルタ)
ブログURLhttp://ameblo.jp/kaigokaruta/
サイト紹介文介護現場の職員を応援させていただきます。 介護歌留多は現場で働く「職員が主体」です。
自由文「いつも心に介護歌留多を…」

このフレーズを掲げ施設介護にかかわる全ての方々を応援いたします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/06/25 18:36

広大寺源太 さんのブログ記事

  • 入り明けに腹が減る
  • ☆入り明けに腹が減る☆【読み】 いりあけにはらがへる【意味】 昨日の夕方から夜勤に入って今日の朝は夜勤明け。開放感と空腹で大食いしてしまうということ。 炒り豆に花が咲く【読み】 いりまめにはながさく【意味】 衰えていたものが、再び栄えることのたとえ。また、ありえないことが実現することのたとえ。炒った豆に芽が出て花が咲くということから「炒り豆に花」ともいう。 [続きを読む]
  • 今日も嫁大方は嫁
  • ★今日も嫁大方は嫁★【読み】 きょうもよめおおかたはよめ【意味】 デイサービスで姑たちが集うと、その話題の大半は嫁のことである。☆京の夢大阪の夢☆【読み】 きょうのゆめおおさかのゆめ 【意味】 夢の話や夢のような話をする前に言うことばで、夢は不思議なものであるということ。夢では様々な願望が叶うものだということ。人それぞれ願望は違うということ。 [続きを読む]
  • すげぇ百まで踊り忘れず
  • ★すげぇ百まで踊り忘れず★【読み】 すげぇひゃくまでおどりわすれず【意味】 地元に伝わるお神楽や舞踊、伝統芸能はいくつになっても、身体が覚えているということ。☆雀百まで踊り忘れず☆【読み】 すずめひゃくまでおどりわすれず【意味】 雀百まで踊り忘れずとは、幼い時に身につけた習慣や若い時に覚えた道楽は、いくつになっても直らないというたとえ。   [続きを読む]
  • 背と腹を変えただけ
  • ★背と腹を変えただけ★【読み】 せとはらをかえただけ【意味】 適切な体位変換の為に体交枕を利用するが、その使い方がかなりいい加減だということ。☆背に腹はかえられぬ☆【読み】 せにはらはかえられぬ【意味】 大事なことのためには、他のことを犠牲にするのはやむを得ないというたとえ。 & [続きを読む]
  • 妄想の子象習わぬ経を読む
  • ★妄想の子象習わぬ経を読む★ 【読み】 もうそうのこぞうならわぬきょうをよむ 【意味】 妄想や幻覚の症状はいろいろなものがみられるということ。体調が悪い場合も考えられるので、熱や水分状況、便秘などにも注意が必要という意味。☆門前の小僧習わぬ経を読む☆ 【読み】 もんぜんのこぞうならわぬきょうをよむ 【意味】 門前の小僧習わぬ経を読むとは、日頃から見 [続きを読む]
  • 評論家ら困らせる
  • ★評論家ら困らせる★ 【読み】 ひょうたんからこまがでる 【意味】 介護に関して解説される評論家・コメンテーターの先生方は良いことばかりおっしゃられるので現場が困ってしまうということ。夜勤とか食事・入浴・排泄の介助を全然やったことない者に限って良いことが言えるという意味。 ☆瓢箪から駒が出る☆ 【読み】 ひょうたんからこまがでる 【 [続きを読む]
  • 園のイロモノ味なもの
  • ★園のイロモノ味なもの★【読み】 えんのいろものあじなもの 【意味】 舞踊ボランティアの催し物の合間に職員のお笑い芸を入れたら意外と好評だったということ。☆縁は異なもの味なもの☆【読み】 えんはいなものあじなもの 【意味】 縁は異なもの味なものとは、男女の結びつきはとても不思議なもので、うまくできているということ。 & [続きを読む]
  • 知らぬがホットケーキ?
  • ★知らぬがホットケーキ?★【読み】 しらぬがほっとけーき【意味】 調理レクでは職員が調理の全工程を行ってしまうため、何を作っているのか利用者にはよく分からないということ。知らんけど、どうやらホットケーキを作っているようだという意味。☆知らぬが仏☆【読み】 しらぬがほとけ 【意味】 知れば腹が立ったり悩んだりするようなことでも、知らなければ平静な心でいられるということ [続きを読む]
  • 今日はひなまつり…ではなく“○○祭り…”
  • ▼広大寺源太限定!ブログスタンプ 昨年の冬、アメトピに掲載され8万アクセス獲得した「介護歌留多」の題材が「ひなまつり」でした。 多くのコメント・メッセージを頂きウキウキだったのですが… 同時にブログ炎上… 内容が差別的・偏見であるとのコメントやメッセージが寄せられ賛否両論の嵐となってしまいました。 ですから、3月3日は、これを記念して「ブログ炎上の日」「祭りの日」な [続きを読む]