esclipts さん プロフィール

  •  
escliptsさん: メランコリック-12
ハンドル名esclipts さん
ブログタイトルメランコリック-12
ブログURLhttp://floor12.blog.fc2.com/
サイト紹介文憂鬱な事を書いていきます。
自由文何故未だ生きているの?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供131回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/06/25 23:54

esclipts さんのブログ記事

  • 本の事
  • 先日、久し振りに本を買いました。一つは、中村元氏の『思想の自由とジャイナ教』。今一つは、『自尊感情と共有体験の心理学』です。前者は、以前から買いたいと思っていた本です。中村元氏の文章は平易で読み易く、且つ科学的な観点から書かれているので、とても好きです。(唯、科学的であるが故に冷静で落ち着き払っていて、熱情に乏しく、心を扇動しないという点では残念ではありますが。)これを買ったのは、とても厳しい修行 [続きを読む]
  • 和解し得ないもの
  • まともにご飯を食べずにお酒を飲んでぐちゃぐちゃの内に寝るわたしがご飯をまともに食べない時煩わしさからそうしたのではなくて「こんな生を生きる値打ちなんてないから、まともにご飯を食べずにこんなもの潰してやる」という事の、意志表示なのだカウンセラーから言われて、改めて理解した事はわたしは「生きていきたい」という、多分、「普通の人」なら自明に持っている認識を持っていないのだという事自殺の可能性は決して絶望 [続きを読む]
  • 弱者
  • 人が、その口で何を言うかを当てにする事勿れ。言うは易し、行うは難し、である。その人が、実際に何をしているかに依って、人を判断せよ。口では何とでも言えるのだ。わたしの様に。わたしは、苦しんだ時、聖母崇敬に走る。わたしが、本当に絶望し掛かった時、わたしは、スッタニパータに依る。何て弱い人間だ事。何て弱い人間だ事。心の中で、「助けて下さい」「御許し下さい」そうして甘え、腐って行く。牧師先生が、「人間には [続きを読む]
  • ナンセンスと思われて仕方が無い記述(行為という試み)
  • 何をどう書こうか、迷う。空(くう)に指で文字をなぞる行為の様に思える。GWに帰省して、例年に無い程の大渋滞に巻き込まれた話を書こうか。1歳になった姪っ子に会って、その可愛らしさに心がほぐれた事。久し振りに夜の六甲(付近)を車でブッ飛ばした事。それとも、抽象的な、格言染みた話?わたしの敵と味方。自軍陣地の様な地元と、敵地の様な場所。気兼ねなく話が出来て、且つ敵対する事のない人物の存在の貴重さ。妹。努め [続きを読む]
  • 飲酒をした時のブログの記事を見るのはとても嫌だけれど、半分以上の記事は飲酒時に書かれている。・・・・目を覚ましているのは、難しい。目を覚ましている為には、ずっとそれを意識して、能動的に努めなければならない。その事を妨げるだらしのない快を、自らシャットアウトしなければならない。自分で自分の背中を押さねばならない。でないと、すぐに盲になる。目を覚ましているとは何か?若し真理とか、事実とか、曇りの無い認 [続きを読む]
  • broken and torn
  • sometimes i feel like suicidingunstablesplit into twoburied under the surface thats all you can seetorn [続きを読む]
  • 崩解
  • 床に倒れ込んだ時はもう、地面に還ってしまう様な感じがして。人は死ぬ為に産まれて来たんだ、と言うよりは寧ろ、人は生きて最期には死ぬんだ、という事を全く知らないというか。何れ死ぬんだから、それを出来るだけ先伸ばしにしようとするのか、それとも、何れ死ぬんだから、いっその事その刻を早く自分の身体の元に手繰り寄せ様とするのか。わたしが嫌いなのは、そもそも理解する脳ミソが無いのに分かった様に思い込む人間と、悟 [続きを読む]
  • ネガティブを肯定すれば最早
  • 肯定が、必要なのだ。賢明な人達と共に、生きていく事の苦しみについての話をする時、彼等彼女等が、その話の結論として、「苦しみはあるけれども、そんな中でも希望を見出だして生きて行こうとする姿勢を持つ事」を前提(討論の最終目的)として話をしている様を見ると、幻滅する。若し彼等彼女等が、常識に捕らわれた並の人間共ならば、仕方が無い。並の人間から学ぶ事等何一つ無いのだから。(そいつ等の事を知ろうとするならば [続きを読む]
  • 否定性
  • 私が酒を飲み過ぎてゲロッたり、孤独感に心臓が押し潰されそうになったり、或る程度具体的に自殺を考えたりする時、私はそれを否定するだろうか?身体が本能的に平穏を求めているのだとしても、身体が本当に生きている感覚を得られるのは、その平穏の内に於いてというよりも寧ろ、平穏とは対極の場所、即ち、苦痛の真っ只中に溺れて、溺れながら平穏を希求している正にその時にこそ、人は生きているのではないか?若しそうだとすれ [続きを読む]
  • 大きな違い
  • 大きな違い無力について歌われた歌わたしはその歌詞の最期を″I choose to leave″なのだと信じて来たしかし英語圏の歌詞のサイトを見てそれが″I choose to live″であるのだと知ったこれは両極端だ「わたしは(この場から)立ち去る事を選ぶ」というのと「わたしは生き続ける事を選ぶ」というのとではしかしそれでもわたしは″I choose to leave″と歌う事を選ぶ何故なら無力にうちひしがれ人が地面に突っ伏した時そこで生き続け [続きを読む]
  • 輪廻転生の効能
  • 最近良く思う事。仏教(現代の複雑に体系化、宗派毎に分離化された仏教ではなく、ゴータマ・シッダールタ氏の原始的で素朴な仏教)やジャイナ教に於いて、その強力な厭世観が希死念慮へと移行しなかったのは、その時代には輪廻転生が信じられていたからなのではないかと、わたしは思う。若し、輪廻転生の思想が無くて、この世に於いて(善ならぬ)業を成したり、悟りを開かなかったからといって、来世に再び生まれ落ちる事にはなら [続きを読む]
  • 融解と凝固
  • 氷が有る時に、どう思う?その氷が暖かく成って少しずつ溶けて丸く軟らかくなるのを想定する?それとも、その氷が一層冷たく成って極限迄固く冷たく為るのを想定する?わたしは、後者だな。いっその事、氷が割れて潰れてしまわん事をと欲する。 [続きを読む]
  • 為に成らぬものを欲するのが自然な事
  • 怠惰さへの欲求安い快を貪る生きている?不思議なのは危機(意識)こそが衝動を生み危機(意識)こそが意志を駆動し危機(意志)こそが、皮肉な事に生きている感覚を呼び覚ますのだという事穏やかさを欲して、穏やかさに浸れば浸る程時間は虚しく経過し意志は衰えて飼い慣らされた家畜の様に死んだ目をして餌を食う対照的に実に不思議な事にわたしが欲する筈も無い危機(意識)はわたしを目覚めさせ行動へと向かわせるわたしが欲す [続きを読む]
  • you've already known the day
  • 何処までの落差に耐えられるかとか何処までの落下を落差と感じるかとか諦念にも、達観にも似た楽観主義に成れるかどうかとか或いは、何かに没入して、自分自身の破滅すら目に入らない状態だとか又或いは、自殺の可能性を自らの喉元に音も無く手繰り寄せるだとかそういった事こそが、生きるとか死ぬとか言う上で一番大切な事なのであっていざと言う時に「こんな事に成るとは知らなかった」と言うのは、一つの嘘であってあなたは、意 [続きを読む]
  • あなたはとても怒っているんですね
  • お前が「助けてくれ」と言って誰かが助けてくれると良いけどなお前が自殺の淵迄行って其処でドラマか映画宜しくお前を救ってくれる異性が現れると良いけどな私も夢見ていたものだよ現実を知らぬ幼稚だった頃はなそうだよカウンセラーわたしは貴方が言う通り他人を殺したいんだわたしを威圧する輩共の首を絞めて顔面を殴って撲殺したいんだ [続きを読む]
  • 大学3回生京都の下宿の近くの道路歩道を歩くわたし目に入ったのは車道にへばりついた車に轢き殺された雀の死骸ぺしゃんこになって車道にへばりついた死骸汚い死骸もう12年も前の事 [続きを読む]
  • 自殺の扉から踵を返した処には
  • 蟻が歩く時蟻は遊んでいるかヒトが遊ぶ時ヒトは真剣に生きているか体重60kgの生物が遊ぶ事と10gにも満たぬ生物が真剣に生きる事と夫々を天秤に乗せたとしたら果たして天秤はどちらに傾くだろうかわたしには多くの場合真剣さが欠けているわたしが前につんのめり倒れそうになる程に迄強くわたしの背中を押す衝動鮫が口を開けてヒトに襲い掛かる様に、わたしの今の生活の土台が崩れる事すら丸呑みしてしまう程の、衝動それこそが只の [続きを読む]
  • あなたは崇高でなければならぬ
  • あなたの心をコントロール出来れば人生は達成されたも同じ愚か者と話をする時わたしの話を相手が理解しないその相手が愚か者なのかそれともわたしの言う事を理解出来ない愚か者に対してわたしの話を説いて分からせようとするわたしの方が愚か者なのかネット上の関係性は稀薄わたしは再び現実に還るそうしてわたしは愚か者を愚か者と為し理解出来る者を理解出来るものとしなければならぬ只娯楽の為に愚か者に話をしたいという欲求を [続きを読む]
  • 思考 → 執行
  • 深夜夜闇の中に浮かぶマンションの灯、灯、灯わたしを10年前の死に還る様にと呼んでいるかの様一番大事なのはそう、思い出すシェイクスピアが言った通り「肝要なのは、『心構え』なのだ」と云う事をそして又カミュが言った通り物事が重大かどうかはその物事が当人をしてその物事を実行に移さ使めるかどうかによって測る事が出来るのだと云う事をつまり当人が思考に依って或る種の事柄を考えているのだとしてもそれが何らかの形で実 [続きを読む]
  • 何でそんな下らない歌が売れるの?
  • 「人は平和に生きる為に作られた筈なのに、互いに嫌悪して殺し合う」とか、人種差別とか、「この『ノーマル』な世界の中で、お前は僕を変人扱いして虐めたんだ」とか歌ってる傍らで、「君を全力で愛するよ」とか、「君と出会えた事は奇跡だ」とか歌ってる。勿論、海外にも商業主義の中身すっからかんのポップソングは数多有るし、日本にも、思慮深く意識的な歌は有るのかも知れない。しかしながら、深刻なテーマについて歌っている [続きを読む]
  • 希望志望念慮
  • 「人は平和に生きる為に作られた筈なのに、互いに嫌悪して殺し合う」とか、人種差別とか、「この『ノーマル』な世界の中で、お前は僕を変人扱いして虐めたんだ」とか歌ってる傍らで、「君を全力で愛するよ」とか、「君と出会えた事は奇跡だ」とか歌ってる。勿論、海外にも商業主義の中身すっからかんのポップソングは数多有るし、日本にも、思慮深く意識的な歌は有るのかも知れない。しかしながら、深刻なテーマについて歌っている [続きを読む]
  • 自殺
  • 死にたいのか死ねる様に頑張りなさいあなたが本気で死のうと思はないならばあなたは本気では受け取らないでしょう死ぬには努力が要るのですよ死に相当する程の原動力が有るのでない限りはわたしは死を遊び半分で観念的に弄びはしない死は死で それは自殺  中途半端に死を考える人達はさっさと生に勤(いそ)しみなさい若し貴方達が真剣に死を思ふならばどうすれば御前に自分自身の命を叩き潰せるかを努めて 努めて考えなさいそ [続きを読む]
  • 返っては来ぬ山彦     
  • 死にたい人が居るなら、死にたい人が居るなら、言ってあげたい。死にたいなら、早く死ぬが良い。死ねないなら、死にたい等と言うな、と。構ってちゃんじゃない。唯、吐き出したいんだ。どうしてこの身は、生きようという糞みたいな事をするのか?身体は無脳だから、生きようとする。しかし、精神は、死にたいと思う。自殺は、精神の極限の意志が、身体の根源の本能に、勝利する事。あなたが生きているのは、この先に何かしら、希望 [続きを読む]
  • 苦痛とは、自我と世界との軋轢に因る痛み
  • わたしが学んで来た大事な事柄に共通する要点を、一つの諺が見事に突いている。それは、「人事を尽くして天命を待つ」という諺。この諺に関するインターネット上の記述が誤りでなければ(つまり、原意の通りなのであれば)、この「天命を待つ」という言葉には、「待って訪れた天命を、受け入れる」という意味も含まれている。大事なのは、ここなのだ。人間は、元々がそうなのか、或いは、近現代になって科学技術が発達して、人類が [続きを読む]
  • 溺れさせる為に生む
  • 何れ終わる物を一分一秒でも永らえさせんとするか何れ終わる物を早に終わらせんとするか何れ終わる物を何としても続けねばならぬのは苦痛か何れ終わる物を何時でも終え得るという余地は救いか終えるというは苦痛か続けるというは苦痛か続けるというは苦痛か終えるというは安心か生み落とすというは罪ならざるか、否か苦痛とジレンマとの海の只中へと [続きを読む]