four-leaf clover さん プロフィール

  •  
four-leaf clover さん: 毎日が読書日和
ハンドル名four-leaf clover さん
ブログタイトル毎日が読書日和
ブログURLhttp://ameblo.jp/takeshi-kai/
サイト紹介文読書が好きで毎日何かしら読んでいます。 印象に残った本のレビューを覚え書きがてら保存しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/06/26 15:33

four-leaf clover さんのブログ記事

  • 恋愛仮免中
  • 恋愛仮免中 (文春文庫) Amazon ★★★★ 5人の作家による恋愛アンソロジー奥田英朗 「あなたが大好き」窪美澄 「銀紙色のアンタレス」荻原浩 「アポロ11号はまだ空を飛んでいるか」原田マハ 「ドライビング・ミス・アンジー」中江有里 「シャンプー」の5編が収録されています。窪美澄さんの作品を楽しみにしていましたが2016/10/17に刊行された「すみなれたからだで」に収録されていた物で少し残念でしたが、それでも再び読 [続きを読む]
  • アニバーサリー
  • アニバーサリー(新潮文庫) Amazon ★★★★ 遅ればせながら最近、窪 美澄さんを知って嵌まってしまい過去の作品も立て続けに読んでいます。この作品もとても良かったです。マタニティスイミング講師の晶子有名な料理研究家を母に持ち何一つ不自由なく育ちながらも家族愛に恵まれないシングルマザーでカメラマンの真菜この二人が軸となり物語が展開して行きます。現在75歳になる晶子が幼少時に体験した第二次世界大戦晶子と真菜 [続きを読む]
  • 死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33
  • 死ぬときにはじめて気づく人生で大切なこと33 Amazon ★★★ 先日、小林麻央さんが若くして亡くなられた事に悲しみが深くこの本を読んでみたいと思いました。著者である大津秀一(おおつ しゅういち)さんは終末期がんの患者さん2千人に寄り添ったお医者様と言う事です。全205ページで活字も大きく33の項目で構成され、難しい用語なども一切ないので、とても読みやすかったです。33の項目ですが大きく分けて・社会編 13項目・ [続きを読む]
  • 母ではなくて、親になる
  • 母ではなくて、親になる Amazon ★★★ 山崎 ナオコーラさんの最新刊タイトルから想像出来る様に出産と子育てに纏わるエッセイになっています。1 人に会うとはどういうことかから始まり30 一歳の子どもまでの30編のエッセイが収録されていてどのエッセイも解りやすい言葉で綴られており読みやすかったです。私自身も著者と同じく前置胎盤での帝王切開だったので共感出来る部分があったり、又お産や子育て方法は100人いれば100 [続きを読む]
  • わたしたちは銀のフォークと薬を手にして
  • わたしたちは銀のフォークと薬を手にして Amazon ★★★★ 島本 理生さんの最新長編30歳の知世(ちせ)と年上のエンジニア・椎名(しいな)さんとの恋愛を描いた全12編で構成された連作短編集知世、椎名さん、友人の飯田ちゃん、茉奈、知世の母、妹の知夏登場人物がさほど多くないのでそれぞれのキャラクターも生きていてとても読みやすかったです。家族であれ他人であれそれぞれが違う人間であり、受け入れられる事、受け入れら [続きを読む]
  • あの子が結婚するなんて
  • あの子が結婚するなんて Amazon ★★★ 五十嵐 貴久さんの最新長編はブライダル・コメディです。主人公の西岡七々未(にしおか ななみ)は大手企業フクカネに勤める32歳ある日学生時代からの親友小松美宇(こまつ みう)から頼まれ結婚式の「ブライズメイド」を務める事になります。「ブライズメイド」とは初めて聞いた単語でしたが簡単に言えば結婚式前の準備(想い出の場所を巡って撮影し動画を作成したり)や結婚式、披露宴 [続きを読む]
  • 機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト
  • 機長、事件です! 空飛ぶ探偵の謎解きフライト Amazon ★★★★ 秋吉 理香子さんの最新長編です。本作はいつものイヤミスは一切封印、ポップで軽快に読めるストーリーでした。「氷の女王」 「クリニャンクール事件」「修道院の怪人」 「機上の疑惑」これら4編で構成された連作短編集です。登場人物が少ない上、一人一人のキャラ設定がしっかりとしているので読みやすく絶えず登場人物達が脳内映像で動いていました。恋愛要素、 [続きを読む]
  • 血 Amazon ★★★ 435ページもある長編ですが読みやすさもありあっと言う間に読了しました。主人公は15歳の女子高生・本庄沙耶沙耶の家族、親戚、全て自己中心的で、どうしようもない人間ばかりです。そして沙耶の行く先々で起こる不審死と殺人事件内容の重さとは裏腹に登場人物達のキャラがあまりにも幼稚でくさくて、その人物描写に思わず笑ってしまう場面が多々ありました。共感は出来ない物の沙耶に感情 [続きを読む]
  • あなたを奪うの。
  • 偏愛小説集 あなたを奪うの。 (河出文庫) Amazon ★★★★ 窪 美澄 「朧月夜のスーヴェニア」千早 茜 「夏のうらはら」彩瀬 まる 「かわいいごっこ」花房 観音 「それからのこと」宮木 あや子 「蛇瓜とルチル」略奪愛をテーマにしたこれら5つの短編が収録されています。窪 美澄さんの作品を楽しみにしていましたが、残念な事に「朧月夜のスーヴェニア」は昨年2016年に刊行された「すみなれたからだで [続きを読む]
  • ちょっとそこまで旅してみよう
  • ちょっとそこまで旅してみよう (幻冬舎文庫) Amazon ★★★ 益田 ミリさんの旅行エッセイです。1 石川 金沢〜19 山口 萩まで19編が収録されており「ちょっとそこまで」と言った近場があったり、ちょっとやそっとじゃ行けないフィンランドやスウェーデンの旅があったりと色々です。各編、誰と行ったか、そして大まかな旅費が掲載されていたりして身近な感じでほのぼのとしたエッセイになっています。旅先 [続きを読む]
  • BUTTER
  • BUTTER Amazon ★★★ 柚木 麻子さんの最新長編柚木さんの作品は『ナイルパーチの女子会』で嵌り、今までに何冊か読ませて頂きました。どれも一気に読める作品ばかりでしたが本作に限り中々ページを捲る手が進みませんでした。8年前の木嶋佳苗被告による婚活詐欺事件を元にしていますが、内容は完全なるフィクションです。結婚詐欺の末、男性3人を殺害したとされる容疑者・梶井真奈子、獄中にいる彼女に取材 [続きを読む]
  • あなたのゼイ肉、落とします
  • あなたのゼイ肉、落とします Amazon ★★★ 連作短編集です。ケース1 園田乃梨子49歳ケース2 錦小路小菊18歳ケース3 吉田知也32歳ケース4 前田悠太10歳各話の体型に悩む人々に大庭小萬里(おおば こまり)なる謎の人物が的確なアドバイスを与える事で身も心も軽くなれるダイエット小説です。この本のタイトルが大庭小萬里が出した本のタイトルとリンクしているのが面白い。そして登場人物がさほど多く [続きを読む]
  • ときどき旅に出るカフェ
  • ときどき旅に出るカフェ Amazon ★★★★ 近藤 史恵さんの最新連作短編集です。タイトルを最初に見た時にエッセイ?と思いましたが、「カフェ・ルーズ」という小さな喫茶店の店主、葛井円(くずい まどか)が毎月1日から8日までお店を休んで、その間旅に出て買って来たものや見つけた美味しい物を出すと言ったコンセプトからのタイトルです。そして、「カフェ・ルーズ」を訪れたお客さんもまるで自身も旅に [続きを読む]
  • 夜の谷を行く
  • 夜の谷を行く Amazon ★★★ 桐野 夏生さんの最新長編様々な作家さんに取り上げられている「連合赤軍事件」が題材の小説です。読み始める前に、巻末のズラッと並ぶ参考文献に目を通し、難しい内容かと思いましたがページ数にして299ページ、現代部分にはフィクションが融合されておりとても読みやすい作品でした。主人公の西田啓子はジムと図書館へ外出する程度で一人静かに暮らしています。事件から40年余 [続きを読む]
  • 招待状: 赤川次郎ショートショート王国
  • 招待状 赤川次郎ショートショート王国 Amazon ★★★ 学生時代に良く読んでいた赤川 次郎さん作品図書館で見つけ久々に手に取りました。全部で27編のショートショートが収録されています。面白いのはタイトルが赤川さんのファンクラブ会員の方から募集した物であると言う事 始めに目次にズラッと並んだタイトルを見た時、どれも興味をそそられる物ばかりでした。27編の中には、ちょっとオチが物足りな [続きを読む]
  • やめるときも、すこやかなるときも
  • やめるときも、すこやかなるときも Amazon ★★★ 窪 美澄さんの最新長編窪 美澄さんの作品はいつも短時間で一気に読める物が多いのですが、この作品に関しては数日間の時間を要しました。登場人物も少なく、決して読みにくいと言う事はないのだけれど、ページの中に漂う空気の重みと緩やかな流れのせいなのか中々ページを捲る手が進まなかった1冊です。主人公は家具職人の壱晴(いちはる)高校生時代のトラ [続きを読む]
  • 素敵な日本人
  • 素敵な日本人 東野圭吾短編集 Amazon ★★★★ 東野 圭吾さんの最新刊小説宝石に2011年〜2016年までに掲載された短編が9編収録されています。 「正月の決意」 「十年目のバレンタイデー」 「今夜は一人で雛祭り」「君の瞳に乾杯」 「レンタルベビー」 「壊れた時計」「サファイアの奇跡」 「クリスマスミステリ」 「水晶の数珠」どの短編も30ページ前後で、会話が多くテンポ良く話が進むので1冊あっ [続きを読む]
  • 黒い結婚 白い結婚
  • 黒い結婚 白い結婚 Amazon ★★★ まず装丁が凝っていて面白いです。黒い結婚編と白い結婚編が上下逆になっており、前後どちらからでも読める様になっています。結婚がテーマの7つの短編で〈黒い結婚篇〉は中島京子、窪美澄、木原音瀬、深沢潮〈白い結婚篇〉は成田名璃子、瀧羽麻子、森美樹女性作家7人による作品集で、それぞれの個性が出ていて楽しめます。私は白い結婚編から読み始めましたがお気に入りは [続きを読む]
  • だからあなたは殺される
  • だからあなたは殺される Amazon ★★★ 初読みの作家さんです。東京・立川で発生した女子高生モデル殺人事件が軸となり物語が進行して行きます。犯人を捜索する中で新たな殺人事件が起こり、ミステリー小説かと思いきや結末に向けて驚愕の真相が…。刑事の汐崎正義(しおざき まさよし) それに協力する形で高校生の妹、優羽(ゆう)が事件解決に向かい動きます。この刑事 正義(せいぎ)とは名ばかりで [続きを読む]
  • その手をにぎりたい
  • その手をにぎりたい (小学館文庫) Amazon ★★★★ 柚木 麻子さんの連作短編集1983年6月から1992年5月までの10年間を寿司ネタと共に描いて行く手法になっています。時代はバブル真っ只中銀座の高級鮨店「すし静」にハマり10年間に渡って通いつめる都内で働くOLの本木青子(もとき せいこ)が主人公です。著者の柚木さんはバブルの時代には幼稚園児でしたが、当時の事を良く調査されて書上げられた様で随所 [続きを読む]
  • 我らがパラダイス
  • 我らがパラダイス Amazon ★★★ 林真理子さんの最新長編今回は「介護」がテーマとあって興味深く読み進めて行きました。親の介護より女を優先する息子、舅の行動に我慢が出来ず家を出た兄嫁自分で見る決意はしたものの、行き詰まり、家を出た兄嫁に恨みを抱く娘など今回も癖のある登場人物が多かったですが丁寧な人物描写故、絶えず脳内映像で動いていました。舞台となっているのは高級介護付きマンション [続きを読む]
  • 下衆の極み
  • 下衆の極み Amazon ★★★ タイトルから想像していた内容とは異なり、いささか穏やかな感じのエッセイでした。興味を持って読んだのはSMAP解散、ベッキー、乙武さん、一連の不倫騒動などのエッセイ。中でもSMAPファン20万人が泣いた“神ブログ” についての林さんの考察や不倫に関しての考え方などは興味深く読みました。ただ何となくいつもより控えめな印象を受け、色々な裏事情があって遠慮されて言葉をか [続きを読む]
  • 結婚の嘘
  • 結婚の嘘 Amazon ★★★★ 柴門 ふみさんの最新エッセイ全212ページで活字も大きくテンポも良いのでサクサクっと2時間くらいあれば読めてしまいます。漫画は全て、エッセイも「オシャベリな目玉焼き」の頃から大好きで殆ど読ませて頂いていますが本著もとても面白かったです。綺麗ごとを並べるのではなく結婚生活の真実と嘘がリアルに描かれていて「あるある」がたくさん。結婚生活に夢と希望を抱いて結婚し [続きを読む]
  • SCS ストーカー犯罪対策室 下
  • SCS ストーカー犯罪対策室 下 Amazon ★★★★ 下巻には第六話〜第八話・最終話の4編が収録されています。六話から八話では上巻同様、様々なタイプのストーカーが登場し、やはりそこに並行して主人公、白井有梨につきまとうストーカー「S」の存在も描かれています。各話のストーカーの話も興味深く、緊張感を持って読みましたがそれ以上に「S」が誰なのか気になり、最終話の「白井有梨の事件」まで先を急ぐ [続きを読む]
  • SCS ストーカー犯罪対策室 上
  • SCS ストーカー犯罪対策室 上 Amazon ★★★★ 五十嵐 貴久さんの最新作は上下巻となっています。タイトルから難しそうなイメージを抱いていましたが第1話〜第5話までの連作短編集となっており一話毎に事件が解決して行くのでサクサクと読み進める事が出来ました。作品では様々なタイプのストーカーが描かれています。又それと並行してストーカー犯罪対策室に勤務する主人公の白井有梨自身がストーカーされ [続きを読む]