madamefrance さん プロフィール

  •  
madamefranceさん: マダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ハンドル名madamefrance さん
ブログタイトルマダムのフランス暮らし 〜 La Vie en Rose 〜 オフィシャル
ブログURLhttp://ameblo.jp/mmefrance/
サイト紹介文フランス人と結婚した旅好きマダムが旅行、生活、美味しいもの、お役立ちパリ情報について綴っています。
自由文日々の暮らしや旅行、美容、健康、美味しいもの、国際結婚について綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/06/27 00:15

madamefrance さんのブログ記事

  • 最高気温37度!猛暑のパリ
  • 21日、日本は太平洋側を中心に、激しい雨だったそうですが、 こちらパリは晴天。 ただいまの気温、 湿気の多い日本のうだるような暑さに比べれば、 まだ、マシとはいえ、6月なのに、この気温。   暑すぎる! この暑さのさなかに、日向で読書って、 私にはまったくもって理解不能です。 ラテンの国の方々は本当に太陽がお好きですね。 室内はエアコンがあれば、快適ですが、パリの 一般家庭にはエアコンが普及していません。冷 [続きを読む]
  • 白昼の逮捕劇 in Paris
  • 本日はやけに、スリリングなタイトルですが、 まさに、そのタイトルどおり、わたくし、 白昼に、容疑者が二人組の刑事に逮捕される 瞬間を目撃してしまいましたの。 古くは 「太陽にほえろ!」(古すぎ?)、 一昔前では 「あぶない刑事」 の劇中で目にしたような 大捕り物の末に、刑事が容疑者の手首をとって、ガチャリと 手錠をかける瞬間をこの目でしかと見届けましたの。 なぜ、警官ではなく、刑事(デカ)という言い方をする [続きを読む]
  • 18区パン Le Grenier a Pain
  • パリの街の中で気に入っているもののひとつが、 フランスの建築家 Hector Guimard(エクトール・ギマール)が 手がけたアール・ヌーヴォー様式のメトロの入口です。 12号線の Abbesses(アベス)駅の入口はパリ万博が開催された 1900年のメトロ開通当初から残っているとても貴重な存在。 100年以上経過しても色褪せないデザインが素敵でしょう。 「METROPOLITAIN」の文字もギマール自身がデザインしたものです。 パリのメトロの駅 [続きを読む]
  • モンマルトルでダリダを偲ぶ
  • 皆さま、フランスを代表する歌手で、女優の 「DALIDA(ダリダ)」って、ご存知ですか。 エジプトに移住したイタリア人の両親のもと、1933年にカイロで誕生した 本名 Iolanda Cristina Gigliotti(ヨランダ・クリスティーナ・ジリョッティ)。 1954年度のミス・エジプトに選ばれるほどの美貌に恵まれ、 女優活動を開始。 芸名「ダリダ」はこの時に名付けられました。 両親の大反対を押し切り、さらなる活躍を夢見て、パリへ 飛び立 [続きを読む]
  • 気の向くままにモンマルトル
  • パリを代表する観光名所モンマルトル。 中心地よりも100mほど小高い丘の上にそびえる ロマネスク・ビザンチン様式のサクレ・クール寺院は 街の至るところから見つけることができる この界隈のランドマーク。 階段下のテラスからの眺めも素晴らしく、 ご覧のように街が一望できます。 オレンジの 2ch Citroen がカワイイ〜! これまでに幾度となく、足を運んでいますが、 世界中から訪れる観光客だけでなく、 パリに暮らす者 [続きを読む]
  • 6区パン LA PARISIENNE
  • 一時帰国からパリに戻り、しばらくは30度前後の 暑い日が続いていましたが、先週末あたりから 気温が下がり、街行く人々の装いも薄手のコートに、 ショールと、夏から初春に逆戻りです。 ちょいと近所のスーパーに行くだけだから、 と油断して、薄着で出かけたら、寒いのなんの。 数日前に、こんなに暑くては炭酸がないとやってられないわ〜 とペリエ を大量に買い込んだのはなんだったのかしら。 さて、1ヵ月の日本滞在中は和食 [続きを読む]
  • 料理が劇的に美味しくなる「魔法の粉」
  • 結婚前のことですが、ひとり暮らしの主人の家の キッチンの棚に、さまざまなハーブの入った瓶が ずらりと並んでいるのを見て、感心したことがあります。 フランスの家庭料理にハーブは欠かせませんが、 その時はまだ分かっていませんでした。 日本人の私には独身男性が種類も豊富にハーブを 取り揃え、それを料理によって、ブレンドしたり、 使い分けていることに新鮮さを感じました。 そんな主人がハーブと一緒によく使うものがあ [続きを読む]
  • フランスのミラクルオイル
  • 皆さまはサラダに何をかけて、食べていますか? 素材の味を最大限に味わうために、何もかけない という方もいらっしゃるでしょうが、ドレッシングを かける方が多いのではないでしょうか。 私もフランスに移住する前は市販のドレッシング、特に 胡麻ドレッシングが大好きで、欠かせない存在でした。スーパーには和風、フレンチ、イタリアン、サウザンアイランドに、 中華とさまざまな種類のドレッシングが並び、いつものサラダも [続きを読む]
  • 1年ぶりの実家にシェルターができていた件
  • タイトル通り、1年ぶりに実家に帰ったところ、シェルターができていました。 皆さまは「シェルター」と聞いて、どんなものを思い浮かべますか? 防災シェルター『SaveCapsule(ノアⅡ)』地震・津波・土砂災害から命を守る家庭用防災シ... Amazon       直径1m20cm(4人用)のこういうの? それともこういうのでしょうか? いづれにしても地下に設置されるイメージがあるのではないでしょうか。 日本は地震、台 [続きを読む]
  • 名古屋の絶品うなぎ「イチビキ」
  • 一時帰国時には友との会食、そう!女子会も楽しみのひとつです。 幹事から「何が食べたい?」と尋ねられ、 今年も迷わず、「うなぎ」 と答えました。 こじゃれた店で、グラスを傾けながら、語り合うのも良いですが、 「みんなが賛成してくれたら、イチビキのうなぎが食べた〜い!」と。 名古屋は柳橋にあります、昭和14年創業のうなぎの名店「割烹 イチビキ」。 異国の地 に暮らす、うなぎに飢えた友の要望を快く、 受け入れてい [続きを読む]
  • 蔵のまち半田・街歩き
  • 古くから酒、醤油、味噌などの醸造業で栄えた愛知県半田市。 日本一のお酢メーカーであるミツカンの本社があることでも知られ、 運河沿いには醸造蔵が建ち並んでいます。 今や巨大食品メーカーとなったミツカンの歴史は割愛しますが、 三本線に丸を加えた、このミツカン(三ッ環)マーク。 その由来をご存知でしょうか。 三本線は創業者の中野又左衛門家の家紋でもありますが、 酢の命でもある「味」・「利き」・「香り」の意味も [続きを読む]
  • 渡仏当時に日本で流行っていた芸人さんとは?
  • 1ヵ月の一時帰国もあっという間に過ぎ、一昨日、 無事にパリに戻って参りました。 名古屋も暑かったですが、パリも暑いです。 そして、家族旅行で訪れた香港はさらに蒸し暑かったです。 気候が安定して、一年で最も過ごしやすい、 この時期に狙いを定めて、毎年、帰国していますが、 今年も天候に恵まれ、有意義に過ごすことができました。 結婚後も毎年、1ヵ月も母と共に過ごせるのは&n [続きを読む]
  • リーズナブルなアジアンディナー
  • 今月、記事にした ドリンク付で10?以下の超お値打ちランチ の反響が大きかったので、もう一軒、サービスも良く、 リーズナブルで、(そこそこ)美味しいレストランをご紹介します。 今回はパリの南端 Porte d'Orleans(ポルト・ドルレアン) にあるアジアンレストランです。 観光エリアからははずれますが、日本人が多く暮らす15区からも 近いので、在住の方にとっては利用価値はあると思います。 [続きを読む]
  • 爪で一喜一憂
  • 先日、左の人差し指の爪に白い斑点を見つけました。 これは爪甲白斑症(そうこうはくはんしょう)と呼ばれる 病気の一種で、その症状によって、3つに分類されます。 ① 爪に白い斑点が現れる 点状爪甲白斑 ② 爪に白い線が現れる 線状爪甲白斑 ③ 爪全体が白くなる 汎発型(はんぱつがた)爪甲白斑 私は ① の点状爪甲白斑に当てはまり、 出典 : www.bidup.org 爪甲白斑 [続きを読む]
  • フランス人は議論がお好き
  • 只今、里帰り中につき、ただでさえ、滞りがちな ブログの更新がさらに滞っておりますが、 すこぶる元気に活動しています。 毎年、一時帰国中に母と旅行することが恒例となっていて、 昨年は ハワイ へ、そして、今年は香港を訪れ、 昨夜、再び、日本に無事、帰国しました。 日本でもかなり注目された今回のフランス大統領選。 その結果も香港で、朝食のお粥を食べながら、知りました。&nb [続きを読む]
  • ドリンク付で10?以下の超お値打ちランチ
  • 只今、日本に一時帰国中につき、思いっきり、 和食を堪能しております。 パリでお留守番のダーリンには申し訳ありませんが、 美味しい名古屋めしが食べられて、幸せです。 ところで、お店にもよりますが、フランスと比較すると 日本は外食が安いです。 特にランチは1,000円+消費税で充実の内容。 ディナーに比べて、ランチがお値打ちなのは日本も フランスも共通しますが、フランスのレ [続きを読む]
  • フランスで買える和食冷凍食品
  • 前回、Picard のイチオシスイーツ として、 「Tarte citron meringuée(タルト・シトロン・メランゲ)」をご紹介 しましたが、本日も引き続き、Picard の話題です。 フランス人が選ぶ好きな食べ物ブランド調査で、 5年連続1位を獲得するほど人気のブランド「Picard(ピカール)」。 冷凍食品の専門店というだけあり、取り扱い商品は1,200以上。 その種類の豊富さと美味しさが魅力です。 前 [続きを読む]
  • Picard のイチオシスイーツ
  • 女性の社会進出増加に伴い、日本の冷凍食品業界が 急成長しているそうですが、共働き世帯が多いフランスでも冷凍食品はとても充実しています。 その筆頭が本場フランスを中心に、ヨーロッパだけでも 1,000店舗を超える「Picard(ピカール)」。 昨年、東京に出店して、大きな話題となった冷凍食品専門店です。 以前、Picard のおすすめタルト として、「Tarte aux myrtilles (ミルティーユのタ [続きを読む]
  • 見ているだけでウキウキする黄色の絨毯
  • 月曜日にパリを発ち、ただいま、日本に一時帰国しています。暑いのも寒いのも、また、梅雨時も避けたい。 1年のうちで最も過ごしやすいこの時期に狙いを定めて、 1ヵ月間、帰国することが毎年の恒例となっています。 大好きなダーリンと離れ離れになるのが切なくて、 別れ際にはメソメソ 涙する私ですが、 1年ぶりの家族や友人との時間、そして、美味しい 日本食を堪能して、大いに満喫して [続きを読む]
  • シャンゼリゼのテロの前日、リヨン駅では
  • シャンゼリゼのテロがあった前日、SNCF(フランス国鉄)を 利用するため、リヨン駅に向かいました。 到着直後に撮影した写真ですが、なにか、おかしいですよね。 時刻は午前11時をまわったところ。 リヨン駅は大きな駅なので、早朝から深夜まで人の往来が絶えません。 普段なら列車を利用する人々で、にぎわっている はずですが、人がいません。 警官が何人かいて、駅構内へは立入 [続きを読む]
  • 大統領選にも影響を与えたシャンゼリゼのテロ
  • フランス大統領選の第1回投票を3日後に控えた20日午後9時頃、 皆さまもご存知のとおり、世界で最も有名な通り、 パリのシャンゼリゼ通りで、銃撃事件が起きました。 昨夜は大統領選の候補者11名が一堂に会する生放送番組を 観ており、その番組を通じて、事件の発生を知りました。 容疑者の男は駐車していた警察車両の横に車を停め、 車内の警官に向け、自動小銃で発砲。 銃撃戦の末、警 [続きを読む]
  • 19世紀の大劇場「オペラ・ガルニエ」後編
  • 19世紀の大劇場「オペラ・ガルニエ」前編 からの続きです。 公演がない日は劇場ホールもボックス席から見下ろすことができます。 ガイド付ツアーですと上の写真の左下部に写っている 人々のように舞台そばまで近づけるもよう。 ホール内部はビロードの赤とメッキの金を基調にした5階構造で、 席数はゆったりとした造りのため、約2,000と少なめです。 観客席は舞台を観るだけでなく、客 [続きを読む]
  • 19世紀の大劇場「オペラ・ガルニエ」前編
  • パリを訪れて、滞在中に内部見学はしなくてもおそらく、 一度は目にするであろう歴史的建造物のひとつ、 Palais Garnier(ガルニエ宮)、通称「オペラ座」。 風格あるたたずまいを前に記念撮影する人が絶えません。 1860年、ナポレオン3世の命により、上流階級の社交場に ふさわしい新オペラ座の建設計画が具体化。 行われた公募、171の中から当時、35歳の無名の建築家 Charles Garnier [続きを読む]